フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« ちょっと練習ニコンD700 | トップページ | カメラを持って湘南へ・・ »

2011年12月23日 (金)

ウインターカップ2011高校バスケin東京体育館

久し振りの東京体育館でしたが、良く冷え込んだ郊外と違って体育館の中は熱気に溢れておりました。

20111223_02

体育館に着いた頃には、選手達は既にアップに入ってました。

20111223_04

メインの体育館内には三つのコートが出来てました。

20111223_03

屋内写真は、ここまでです。

バスケットは動きが早過ぎて、F2 200ミリのレンズが欲しいところ!

20111223_06

Jスポーツのカメラマンも大変です。

20111223_07

さあいよいよ試合開始! 午前09:00 スタートです。

20111223_08

ボールの動きや手の動きについていけません。

観戦席の一番後ろで、立見でカメラを撮っていると、関係者から座るように促されます。

20111223_09

自分のコート側の観戦者は一杯であるため、相手側高校の観戦席で撮影しました。

20111223_10

動きの速いバスケットボールには、試合の雰囲気だけお伝えします。
後半に同点となった時は、負けてしまうのかと冷や冷やさせられましたが
後半終盤に入り、少し点差を離す事が出来なんとか勝利に!

20111223_11_2

バスケットボールもテレビ観戦が、顔も良く見れて良いと思いました。

観戦席からですと、選手が小さすぎることと、動きが早過ぎてカメラマンは大変でした。

« ちょっと練習ニコンD700 | トップページ | カメラを持って湘南へ・・ »

その他 情報」カテゴリの記事

コメント

シャッタースピードを上げてみましょう。
動きは止まると思いますよ。
1/1000まで上げればまずぶれません。

ISO感度とシャッタースピードの調整がまだまだ取扱い不慣れで恥ずかしい写真となってしまいました。
コメントありがとうございます。
次回の体育館撮影でトライしてみます。

NIKONですと「S」に、シャッタースピード優先に設定すれば絞りも自動で合わせてくれますよ。
屋内ですとシャッタースピードを上げた分明るさを維持する為に絞りは開放状態になります。それでも明るさが足りない場合はISO感度をあげて補います。
ISO感度も自動に設定してあればシャッタースピードに合わせて感度を上げてくれます。感度が上がるとノイズが発生しますが被写体ぶれほど気にならないので。
ノイズを気にするよりも被写体ぶれを止めた方が全然見れる写真になりますよ。

アドバイス誠にありがとうございます。
カメラ設定を「S」にし、ISO自動として、シャッタースピードを500~1000位でテスト撮影してみました。
ISO感度が自動で変わり、シャッターの落ちもカシャンと遥かに良くなりました。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530292/53548814

この記事へのトラックバック一覧です: ウインターカップ2011高校バスケin東京体育館:

« ちょっと練習ニコンD700 | トップページ | カメラを持って湘南へ・・ »

最近の写真