フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

ダイワ鮎マスターズ会場!

相模川田名地区!

餌となる魚がいるのかな?鵜がこんなに沢山!

Sce_0942_3

久振りに高田橋に行ってみると、堰からの流れが工事の為に人工的に左岸寄りに流れていましたが、左岸側の様子は昨年とは全く違います。

故中島ポイントと言われた、左岸のテトラポット前辺りには水は有りません。

完全な陸となってました。

また、堰の下は大きな淵の状態であり、川鵜の巣と言った状態です。

Sce_0963

工事が終了すれは、水はまた堰の真ん中からも落ちてくると思うので、この辺りの様子はがらりと変わるものと思われます。

Sce_0966


こうして見ても魚道が大して機能出来ない代物であることが伺えました。

鮎は、たまたま魚道を上りますか?やっぱり殆どの鮎は本流の流れで止まってしまうと

考えられませんか?

工事の終了後が楽しみですが、余分な石や砂を流されるとここから下流域への影響が出ますので注意して欲しいところです。

Sce_0970


ここから高田橋下流は到って単調に!

気になるところは、高田橋付近の右岸の流れでした。

岩盤が出ているようなので、もしかしたら良いのかも知れません。

Sce_1004


高田橋下流の一本瀬は本当に一本だけの瀬に(=_=)

柳の木の前は何処だ?と思うくらいに川が綺麗になってます。

もう柳の木なんて跡形もなくなりました。

Sce_1007


瀬の中間地点、変化に乏しい!この辺りが釣れるのかもな~

瀬は、長いです。中間に休むところも少ないですね!

しかし、天然鮎が来れば楽しめると思います。

流れは、岸よりに芯があり右岸側が緩やかな駆け上がりとなっています。

川幅は、18.5トンくらいでもかなり広く感じられるので、40トン60トンと増水した時には

更に川幅は広がり楽しめるものと思いますが、果たして鮎が何処に行くかが楽しみです。

Sce_1014


下流の石切りに続く瀬尻です。瀬尻が下流にかなり移動したので、この辺りも

楽しめると思います。

Sce_1020


テトラポット側も掘れて大鮎が付きそうです。

Sce_1024


支流も良さそうですが、本流との直接な繋がりはありません。

現在のところは、フナ釣り場からの水と地下水とで流れて来ております。

次は、望地こと石切り場に行ってみようと思います。

高田橋下は、トロ場とその肩が良いかもしれません。瀬の途中のプールがなくなってしまったので瀬の連日釣果は苦しいかもしれません。

2012年1月27日 (金)

相模川葉山島地区

写真撮影には厳しい冷え込みでした。

大鮎の期待出来る葉山島に入ってみました。

Sce_0762

堰の上です。流れはかなり強い状況でした。この堰の上で更に左岸よりに一本の支流が出来ておりました。この支流に鮎が入れば出水の時には楽しみなものと思われます。支流は堰の上から左岸側へ流れ本流へと繋がっております。昔の葉山島の流れです。

Sce_0736

堰下はドン深な貯め池が出来ております。この深さであればかなりの大鮎が貯まる事が出来るものと思われます。

Sce_0754s


ドン深から堰下の流れも真っすぐになってしまいましたが、少し段差のある瀬が出来ておりました。川がストレートになりすぎて鮎の休む場所はかなり減ってしまったと言う印象です。

Sce_0915


下流のトロに続き、左岸よりに落ちて行く瀬と右岸よりのチャラチャラは健在でしたが、左岸寄りへ落ちていく瀬の規模が小さく弱い瀬となってました。

Sce_0913


大水前のこの瀬は一本で33センチ426グラムの大鮎の実績もある瀬ですが現在の形状では26センチ代が出れば良いくらいのちっぽけな流れとなってしまいました。

Sce_0902


瀬の途中で二本に分かれてしまっているのは勿体ない。少し水が出れば直ぐに一本瀬になるものと思われます。

Sce_0897


瀬落ちのトロの様子です。かなりいい感じに仕上がってます。

下流のオオトロから大物が差してくれば尺鮎も夢ではないポイントになりそです。

Sce_0890

更に下流域です。ここから下流は、高田橋上流の堰へと続きます。

このトロ場も深く川底のゴミが流れてしまったものと推測できるので、豊かな垢が付けば大物狙いに間違いなしのポイントになると思います。

次は、ダイワ鮎マスターズ会場となる高田橋に行ってみようと思います。

2012年1月24日 (火)

二度目の雪

神奈川県にもの雪の予報が出た。

予報よりも多く降ると困ってしまうが、都内程の積雪ほどもなく助かったと思う。

都内では、車のスリップ事故が1000件を超えたとか警察・消防は大変な一日だったと思う。

Sce_0849

大山方面の雪景色を撮影してみました。

Sce_0835

近くの木にも雪が積もってクリスマスツリーのような情景となってました。

道路には雪が殆どありませんが、歩道の一部にまだ雪氷が残ってました。

足を滑らさないように注意したいものです。

2012年1月22日 (日)

時の栖

御殿場「時の栖」に行って来ました。

夜の宴会前に少しカメラ小僧をやってみました。

初めて見る「時の栖」のイルミネーションは感動ものでした。

Sce_0783


雨降りとあって、傘をさしながらの撮影となりましたが適度な反射がムードを盛り上げてくれます。

Sce_0791

雨が結構降っている中、行きかうお客さんも多くシャッターを切るタイミングも難しい状況でした。しかし、見慣れないイルミネーションは何となく別世界へと気持ちを導いてくれます。

Sce_0796

暗闇とキラキラな夜のコラボは素晴らしい「時の栖」ならではの演出です。

Sce_0809


駐車場もご覧の別世界となってました。

手持ち撮影でしたので、少し手ぶれが起きてますかね~!!

富士川「尺鮎遊会」の方々お世話になりました。

また、「芦沢おとり店」ご夫婦も来られて賑やかな夜でした。

帰りにお土産まで頂きありがとうございました。

2012年1月18日 (水)

相模川神澤地区

相模川神澤地区を歩いてみました。

田名方面から上大島方面へ相模川の左岸側の道を遡って行くと左側にローソンが

見えてます。このローソンの手前を左折して河原へと降りて行きます。

Sce_0687_2

田名と上大島との丁度中間付近にこのローソンがあります。

Sce_0689


この道を真っ直ぐに入っていくとT字路になり、そこを左折してUジコーナーを右に曲がると河原にへと延びる道に繋がってます。途中に民家やオートバイのトライヤルコース等もあります。

Sce_0692


河原に降りる道は、大水の後も殆ど変わらずに車で降りていくことが出来ました。

少し川に入ってみると瀬肩の部分が少し深くなったような気もしましたが、頑張って渡りきって右岸へと行ってみました。

Sce_0693_2


上流側を撮影してます。

上流には、鵜止まりの瀬尻が見えます。

Sce_0695


神澤地区で最も尺鮎に巡り合えるポイントです。

トロから瀬に落ちていく肩の辺りが午後から活性が上がった大物鮎が下の大トロから差して来ます。

Sce_0696


乾いた石には大きなハミ跡が残ってました。禁漁後にも大きな鮎が流されずにいた所でしょう。

Sce_0697


ここから見る下流域はまだまだ先です。

Sce_0701


この辺りがトロの中央部くらでしょうか?深さも十分あります。

殆ど、大水前とは変った様子はありません。

大水によりトロ場のゴミやテトロが動き根掛りが少なくなるのかもしれません。

Sce_0710


かなり下って来て上流を撮影してみました。だだっ広い印象です。

Sce_0720


トロの下には良い瀬があります。

しかし、残念なのはここはコロガシポイントとなります。

友釣りでも釣れますが、コロガシゴロゴロやってます。

Sce_0728


コロガシゴロゴロポイントから上流の友釣りポイントを撮影しました。

神澤地区は、かなり広いです。

しかしオトリ店がないことから地元か知った極一部の釣り人でしか賑わっていません。

Sce_0763


葉山島まで行ってみました。

カメラ小僧は葉山島の壊れ堰をカメラ小僧的に撮影してみました。

Sce_0747


24mmにND8フィルター使用です。

三脚は、カーボン三脚を使用しています。

ソフトによる手直しは一切しておりますせん。

2012年1月15日 (日)

今日の相模川

上大島売店前から下流域を歩いてみました。

川原の様子は、城山ダム放水量2000トン越えの凄まじさを物語るかのように変わり果て、護岸の木々が根こそぎなくなってしまった箇所もありました。

売店前のテトラポットの配置は変わってないと思いますが、テトラポットに乗せた土の部分が削られており、シルバーシート復活?かと思われました。

友釣りをしたら、テトラポット側では取り込みが危険です。



Sce_0603_s


売店前の上流側を撮影しました。

Sce_0602_2


売店前から下流側の様子です。逆光になってますが、今日はここから下流に少し歩いてみる事とします。

Sce_0606_3


左岸のテトラポットが終わり、車進入禁止の辺りから下流へと流れる瀬が始まってます。

昨年までの絞り込みの部分から右岸側へ落ちる瀬落ちが消えた部分です。

キャンプ場前の階段辺りは良い瀬となってます。

Sce_0608

この瀬は、途中で流れが若干変わってますが勢い良く真っすぐ鵜止まりの瀬の瀬肩まで流れてます。

Sce_0610


瀬は、途中で休むことなく一気に流れている感じです。

ダム放水量が18トンくらいならなんてことはないですが、ダム放水量が40トンを超えるとなるとかなり厳しい瀬になるかと思います。

さて、この新しい瀬の終わりはと言うと、

Sce_0613_2


右岸側の小さな流れとぶつかりやっと魚が休めるポイントになってますが、あまり深いようには見えません。

ここら鵜止まりの瀬が始まります。

Sce_0612

流れ的にはあまり変化が無いのかもしれませんが、以前よりも瀬落ちの段差が少なくなったように思われます。

また、瀬の中間付近の溜まりはなくなり変化の少ない普通の瀬になってしまいました。

天然遡上が多ければ楽しめそうな瀬ですが、放流鮎主体でダム放水量が650トン位あった場合は、一気に鮎がいなくなってしまう恐れがあります。

Sce_0618


相模川禁漁となって川の水が落ちてからも沢山の鮎が上大島地区にいたことが、岸辺の石のハミ跡から確認することが出来ました。

Sce_0622_2

鵜止まりの瀬尻へと続きますが、直線的な瀬になってしまい鮎が休むようなところが少なくなりました。

Sce_0626

瀬尻の様子です。瀬尻の淵にも砂が入りかなり規模が小さな淵となってます。

下流域が神澤地区となりますが、ここからは様子は分かりません。

Sce_0681


カメラ小僧的に売店前で餌を摘んでいるカモを撮影してみましたが、逆光で上手く撮れませんでした。

カモは、10羽程で群れをなし流れに乗りながら水中に潜っては餌をとり流れては潜ってを繰り返していました。

石の上と石裏で休むカモです。

2012年1月12日 (木)

相模川上大島売店前付近へ

上大島売店前の道を中州へ渡る橋の上から写真撮影して来ました。

Sce_0535

橋の左岸側より上流側を撮影してみました。

この時期の城山ダム放水量は、18.3トンです。しかし、昨年まで岸となっていた
右岸側が川幅一杯まで水に浸かってしまっている状況です。

Sce_0536

橋の中央部付近から上流の状況です。左岸側のテトラから右岸にかけて深いトロとなってます。

左岸側の車止めのある細い道路を少し上流側へ歩いてみました。

Sce_0540

テトラ前の状況です。大きな沈んだ石が川の真ん中付近に見えます。

更に上流へ行ってみました。

Sce_0542

昨年までは、上流の瀬の落ち込みからこの辺りで左岸にぶつかり深瀬が始まっていたところですが、流れは右岸側に変わってました。

左岸より(手前)には、数羽のカモが群れてました。

ここはら、最初の中州へ渡る橋まで戻って売店前の下流側を見てみました。

Sce_0538

橋から下流は、昨年とはあまり変わらないトロに見えますが深さはあるように見えます。

石も点在して見えます。

更に、右岸に渡り売店前に行ってみました。

Sce_0547

上流には、先ほど渡ってきた橋が見えます。この辺りは昨年と殆ど変った様子はないように見えました。

桜の季節には良いロケーションとなるところなので、春先を楽しみににしております。

次回は、売店前から下流へと行ってみることとします。

今日は、時間が無くて「カメラ小僧」の出番はありませんhappy02

2012年1月 9日 (月)

相模川小倉橋下の川見に!

上大島上流、小倉橋下の様子を見に行って来ました。

中州から小倉橋の上流を望むと下の写真のように大トロから緩やかに瀬が始まっているのが分かります。

Sce_0459_2

河原に降りて撮影してみました。かなり緩やかに瀬が始まっているので面白いポイントになるかと思います。

Sce_0496_4

瀬は結構強そうです。

Sce_0461

フィルターをカメラに装着して撮影してみました。happy02

Sce_0465

水が流れる写真の出来上がりです。
更に、フィルターを足してカメラ小僧的に撮影してみました。
水の青さが増し冷たさが伝わって来るような写真となりました。

Sce_0478

2012年1月 7日 (土)

厚木へら鮒釣りセンター!

初めて厚木ヘラ鮒釣りセンターに行ってみました。

高速の下と言うこともあってか、カーナビでは正しくポイントが出ませんでした。

最近の新しいものであれば大丈夫だと思います。Sce_0409

Sce_0413

天気も良く空気が綺麗に透き通っておりましたが、気温はがっつりと低い!

釣り人の皆さんは、しっかり着こんで氷上のワカサギ釣りのような格好です。

Sce_0446

釣り堀に写り景色も綺麗で、思わず持ち込んだデジ一眼でパチリと撮影してみました。

Sce_0449

カメラは、ニコンD700にPLフィルターを付けての絞り優先で撮影してみました。

綺麗な色と、釣り堀もご覧の情景が写りこんでます。

紅葉の季節ではないので色鮮やかさは無いにしても夕日と重なり綺麗に撮ることが出来ました。

Sce_0455


ヘラブナは、三匹ケットしました。

尺ヘラです。

引きは、まずまず楽しめましたが冬場のヘラブナは渋いと言うように正月連休後の釣り堀は厳しい状況でした。
また、おじゃましたいと思います。

寒い一日でしたが、楽しめた釣り堀でした。

一日券は、2000円、半日券は、1500円(冬場だけかも・・)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

最近の写真