フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 相模川葉山島地区 | トップページ | 2012 AYU FISHING TACKLE CATALOGUE »

2012年1月30日 (月)

ダイワ鮎マスターズ会場!

相模川田名地区!

餌となる魚がいるのかな?鵜がこんなに沢山!

Sce_0942_3

久振りに高田橋に行ってみると、堰からの流れが工事の為に人工的に左岸寄りに流れていましたが、左岸側の様子は昨年とは全く違います。

故中島ポイントと言われた、左岸のテトラポット前辺りには水は有りません。

完全な陸となってました。

また、堰の下は大きな淵の状態であり、川鵜の巣と言った状態です。

Sce_0963

工事が終了すれは、水はまた堰の真ん中からも落ちてくると思うので、この辺りの様子はがらりと変わるものと思われます。

Sce_0966


こうして見ても魚道が大して機能出来ない代物であることが伺えました。

鮎は、たまたま魚道を上りますか?やっぱり殆どの鮎は本流の流れで止まってしまうと

考えられませんか?

工事の終了後が楽しみですが、余分な石や砂を流されるとここから下流域への影響が出ますので注意して欲しいところです。

Sce_0970


ここから高田橋下流は到って単調に!

気になるところは、高田橋付近の右岸の流れでした。

岩盤が出ているようなので、もしかしたら良いのかも知れません。

Sce_1004


高田橋下流の一本瀬は本当に一本だけの瀬に(=_=)

柳の木の前は何処だ?と思うくらいに川が綺麗になってます。

もう柳の木なんて跡形もなくなりました。

Sce_1007


瀬の中間地点、変化に乏しい!この辺りが釣れるのかもな~

瀬は、長いです。中間に休むところも少ないですね!

しかし、天然鮎が来れば楽しめると思います。

流れは、岸よりに芯があり右岸側が緩やかな駆け上がりとなっています。

川幅は、18.5トンくらいでもかなり広く感じられるので、40トン60トンと増水した時には

更に川幅は広がり楽しめるものと思いますが、果たして鮎が何処に行くかが楽しみです。

Sce_1014


下流の石切りに続く瀬尻です。瀬尻が下流にかなり移動したので、この辺りも

楽しめると思います。

Sce_1020


テトラポット側も掘れて大鮎が付きそうです。

Sce_1024


支流も良さそうですが、本流との直接な繋がりはありません。

現在のところは、フナ釣り場からの水と地下水とで流れて来ております。

次は、望地こと石切り場に行ってみようと思います。

高田橋下は、トロ場とその肩が良いかもしれません。瀬の途中のプールがなくなってしまったので瀬の連日釣果は苦しいかもしれません。

« 相模川葉山島地区 | トップページ | 2012 AYU FISHING TACKLE CATALOGUE »

相模川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530292/53864119

この記事へのトラックバック一覧です: ダイワ鮎マスターズ会場!:

« 相模川葉山島地区 | トップページ | 2012 AYU FISHING TACKLE CATALOGUE »

最近の写真

  • 20170924ikejima_g
  • 527931101952212
  • Img_760912
  • Img_7605
  • Img_7600
  • Img_758512
  • Pb180225_2
  • Pb120206
  • Pb140220
  • Pb140216
  • Pb140214
  • Pb140211