フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

松茸山山頂までハイキング!

 早戸川の左岸側となる林道を宮ケ瀬湖畔公園から車で移動して来ると

国際マス釣り場に出て来ました。

Ike_hayatogawa_01

 天気の良さもあつてか今日は多くの釣り人が釣り堀に押寄せほぼ満員の状況です。

私の見てる間に二人のお客さんが大きなニジマスらしき魚を釣り上げてましたので

良く釣れるのだと思います。

 私はここから少し下流へ車で戻り松茸山へのハイキングコースへと入りました。

車は、松茸山の入山広場に駐車出来ます。広場と言っても少し道路の幅が広くなって

いるだけです。

 入山当初は、急な登りで交換レンズの入ったリュックと三脚にカメラを首から下げた

格好で、首にはマフラーを巻いて歩きましたが、またマスクもしていたことから

早々に息苦しくなり身体も火照って来ました。

Ike_matsutakeyama_01

しばらく歩くと少し平坦になり、また登り坂が続き、また少し平坦となる連続で

上空からは、太陽光が漏れて来て足場は明るく、コースも良く整備されており

道幅も十分ありました。

Ike_2012matsutakeyam

 やはり足で稼ぐと紅葉の綺麗さも増して来ます。

Ike_matsutakeyama_03

山頂少し手前のところに、展望できるよう余分な木々を伐採してあり

見晴らしを良くしてくれてありました。ここから北側の斜面を見た所です。

山々が綺麗に色づいておりました。

Ike_matsutakeyama_04

遠くには、高層のビルも見渡せました。残念ながら富士山は見えませんでしたが

見晴らしは十分です。

Ike_matsutakeyama_05

 山頂付近にあるコースの立て看板です。

私は、看板の右下の早戸川口から登って来て現在地におります。

ここから、山頂まで約3分です。山頂からこの場に戻って来て

左上の水沢川上流へ下りるルートをとりました。

表示では、1時間くらいのコースですが私には2時間掛かりました。

Ike_matsutakeyama_sanchou_01

松茸山山頂です。570mの表示です。

登坂口には、581mと表示されていたように思いましたが 、 、

Ike_hayatogawa_03


松茸山降りて水沢川を渡りました。

上流部は水が細い為、短靴でも無時に渡る事が出来ました。

おにぎり等持参せずに登ってしまいましたが、次回からは飲み物も

しっかり準備して登ろうと思います。

 いい汗流しました。

ハイキングコース以外の山は、猟銃区になっているようで

鉄砲撃ちの姿もおりました。ハイキングコース以外の安易な入山は

危険ですし、熊注意の看板もありましたので勝手に山に入らない方が

良いでしょう!

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

宮ケ瀬湖畔公園へ!

明日から天気は下り坂とのことで天気の良いのは今日は今日が最後かも

と思い宮ケ瀬方面へ紅葉狩りに行って来ました。

Ike_miyagase_02

日曜日とあって、早朝から人だらけかと予想して早めに出かけてみましたが

お客さんは殆どおらず数名程度。

Ike_miyagase_hasi01

駐車場から公園に降りる長い階段のところにイルミネーション用のライトがセット

されておりました。夜間の方が賑わっているのかもしれません。

 公園から湖畔よりに大きな吊り橋が見えましたが、歩いて渡っては

みませんでした。

Ike_miyagase_momiji_01_2


宮ケ瀬湖畔公園前の紅葉です。

綺麗に紅く染まっておりました。

Ike_miyagase_hasi_01


 湖畔公園で写真を撮った後に、車で移動して林道側から宮ケ瀬虹の大橋を撮影

してみました。道路際の木や枝がじゃまになり良い撮影スポットはあまり見当たらず

林道をそのまま走って、早戸川へ移動しました。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

二郎の美味しい季節!

秋も深まり冷え込みも日に日に厳しくなって来ました。

こんな日にはやはりラーメン二郎へ行ってしまいます。

温かスープとホカホカのモヤシ、キャベツを麺に絡めて

食べるとパクパク食べれてしまうから不思議です。

Jirorian


写真は、麺少なめに野菜を増したものです。

二郎を愛する客を「ジロリアン」と言うようですが、私はさてどうなんでしょう?

二郎インスパイヤー店も何軒か行ったことがありますが

所詮はインスパイヤー店です。スープの味や麺のツルツル感が全く違います。

是非、お近くの黄色い看板の「ラーメン二郎」に足を運んでみて下さい。

「ニンニク入れますか?」と聞かれたら、

そのまま ・ ・ とお答えすれば、ニンニクが入ってないラーメンが出て来ます。

どの二郎店にも、少なめ、ぶた、大二郎とありますので

初めての方は、少なめから食べられてはと思います。

麺の量は、少なめ200g、並み280g、大400gくらいが

各店舗の目安のようです。

二郎一杯、650円~850円 とリーズナブルです。

二郎の基本は、ニンニクの有り無し、野菜の増し、なしですが、

お店によっては、麺の硬さを硬めや軟らかめ、麺少なめ等

注文することが出来ます。

寒い日のランチには、二郎が美味しいですよ~!!

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

2012年11月19日 (月)

鮎竿運搬用塩ビ管のグレードアツプへ!

 今日は寒い一日でした。都心部でも気温は10度以下と1月下旬頃の

寒さとの事です。

 紅葉狩りでも津久井湖方面へでも出かけてみようと思ってましたが、どんより厚い

雲に覆われ、昼頃には雨が降り出して来たので出かけるのは止めました。

 そこで昨日塩ビ管についてブログに書いたところ、色々とアドバイスを頂きましたので

早速、近くのホームセンターまで出かけて、塩ビ管のパーツを購入して来ました。

20121119_enbi_partsike_7544

 塩ビ管のパーツがこんなに揃って販売しているとは知りませんでした。人の意見は

聞くものですね!接着剤、中継用アダプター、栓、ネジ切り栓です。これらのパーツに

接着剤を十分に塗りたくって組立てれば終了です。時間にして約30分。

20121119_enbi_01ike_7552 

 完成したものです。パーツとパーツの間には補強用のアルミテープを巻いてみました。

20121119_00ike_7549

 下の蓋になる部分です。随分と昔に竿専用のケースとして購入した塩ビ管の竿

ケースの底の部分が抜けて、鮎竿を吊り橋の上から河原に危うく転落しそうになった

経験から接着部分には、アルミテープを補強材として巻きました。

20121119_enbi_ike_7557

 ネジ切りパーツの接続部分です。

直径9センチの塩ビ管ですので、鮎9m竿であれば楽に4本入れる事ができます。

10m、11m竿でも3~4本は入ると思いますので、鮎竿の運搬には重宝します。

 

・・・・・ 塗装ですか?

 塗装は、N氏さんのものを拝見してから決めようかと思います。

個人的には、塩ビ管のままでもいいかな ・ ・ ・ と思ったりもしてます。

 塩ビ管のパーツの接続には、接着材を貼り付ける両方に塗りますが

接着剤を塗る前に、200番くらいのサウンドペーパーで接着部分を鑢がけして

表面のクリア塗装を剥がしてから、接着剤を十分に塗った方が効果的との

販売店店員からのアドバイスでした。

 少し面倒でも、ペーパー掛けしてから接着剤を塗り接着剤が乾く前に

パーツを組み立てた方が良いです。従って、作業は1個のパーツ毎に行います。

接着剤は速乾性で匂いがかなり強く出ます。

 

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

2012年11月18日 (日)

航空機を使用した遠征について!

 明日も鮎釣りに行こうかと思ってしまう程に良く釣れて楽しかった終盤の鮎釣りでは

ありましたが、何時までも鮎釣りに未練を残しても仕方ありません。来年の為に今年は

終了としました。鮎釣りで昨年から九州へ航空機により遠征する機会を得てからと

言うものこれはと思う代物を忘れないうちにまとめておきたいと思いました。

 釣リ人によっては、大切な鮎竿は手荷物として機内持ち込みで現場まで運んだと

言う方もおられるかと思いますが、私の場合はエンビ管と言われる水道管の直径90mm

に竿3本を入れて宅配便で送りました。長さを150~155センチに切って

(販売店で切断してもらえます)10m竿でも3~4本まで入れる事が出来ます。

 竿と竿の隙間には、プチプチを巻いてやれば運送途中多少の事故が発生したと

しても竿は大丈夫と思います。

Enbikan_ike_7543

長さは、鮎竿の元竿の長さにもよりますが150~155センチあれば全ての鮎竿が

収まると思います。

 上と下には、発砲スチロールの板を丸く切ってガムテープで固定すれば出来上がり

です。一本700円前後で購入できるので高価な竿ケースに入れて運搬する

必要はありません。 このエンビ管は、強度はかなりあるので有効です。

 続いて必需品と思ったものは、移動にはレンタカーを使用するのでETCカードが

あった方が断然有利です。福岡空港からいくにしても鹿児島空港から行くにしても

九州地区を移動するには高速道路を使用しますので、ETCカードは忘れずに準備

して下さい。私は、今年の球磨川行きでETCカードを忘れてしまいました。

 

 以外と荷物と言うか、面倒になるのが鮎タモです。

流れタモ直径30センチを持って行くにしても枝が取れないと結構場所をとります。

直径39センチのタモでも枝の取り外しの出来るものが運搬上楽ですが

釣をするとなると水抵抗の少ない少し粗めの網のついて木枠のタモが凄く楽です。

 私は、今年5ミリの網のタモを使ってみましたが1.5ミリタモに比べて断然楽に

Tamo_img_0394

感じました。また、金属枠のものと木枠の物を比べても流された場合の水圧抵抗が

全く違います。木枠の方が楽です。しかし、枝が取れないことから運搬は面倒でした。

 私は、テニスラケットのようにして航空機内まで手荷物として往復持ち込みました。

D社のケースにギリで入ったので助かりました。 

 2012927_08

 写真は、球磨川で釣り上げた自己最大級の泣き尺鮎30.2cmです。

こうして見るとまだ若くて色つやが違います。来年もまた球磨川の鮎に挑戦したい

と思ってます。

  次回は、球磨川と狩野川の釣行の様子を私なりにまとめてみたいと思ってます。

2012年11月13日 (火)

狩野川!お忍び千秋楽!!

今シーズン最後のお忍びシリーズin狩野川です。

天気は、晴れの予報でしたが午前中は厚い雪雲に覆われ木枯らし1号が吹き抜ける

寒い1日でしたが、午後2時過ぎからは雲が切れだして青空が広がりました。木枯らしは

時頼強く吹き荒れ、竿を持つ手には掛かった鮎の重さ+木枯らしの風力が加わり

大変な取込みとなりました。

20121113_chuoudo_ike_7530

午前中は、私と長○さんの二人切りかと思いましたが、午前10時頃から釣り人が

一人、また一人と増えだし、弟も現れて釣り人は6~7人となりました。

しかし、余り釣れている様子はありませんでした。私も、大きく4箇所程歩きましたが

釣れたポイントは殆ど一か所のみ!その他は、2匹、4匹と言ったところ。

20121113_jouyama_ike_7531

球磨川以来、大鮎には長竿有利と思い狩野川でも毎回10メートル竿を使うように

なりましたが、今日の強風に煽られると勝手に鮎が宙を舞っていたり竿と掛かり鮎の

流れる向きがチグハグになったりと10メートル竿の辛さも感じました。

20121113_ayu_ike_7524

釣れた鮎は、弟のお土産用に持たせてやりました。

20121113_ayu_mochikaeri_ike_7525

クーラーの鮎が私が持ち帰って来た鮎です。

やはり雨降り若干増水後は、良く釣れたと思います。

釣れるポイントに鮎が溜まっていると言う事です。

今日の鮎は、全般的に大型でした。私が釣り上げた鮎は下の写真の32.0cm

写真撮影用に気持ち背伸びした状態ですが、今シーズン自己最大の鮎が

釣れました。しかし、この鮎よりも大きいと思った引きは3回ありましたが

掛かると水流に流されて水圧が掛かると身切れしてしまいました。

針を9号のチラシでもやってみましたが、3回とも身切れしてしまい

取り込めませんでした。この時期は、大型の鮎にしては当たりが弱いために針の

刺さりが浅く感じられます。

 結局取り込めた鮎は、32.0cmを含め30cm未満の29.5cm、28.5cm

でした。

20121113_32cm_ike_7517

オスのように見えるメスの鮎です。各鰭が成長しているために

重さありませんが長さは十分にありました。たまたま尾っぽ付近に針が

掛かってくれたので水圧が掛かっても浮いて来ました。

20121113_281g_ike_7540

11月の鮎ですが、281グラムあれば立派なものと思います。

20121113_287cm

この鮎は、弟が釣りあげた28.7cmの鮎です。

弟は、今シーズン最大の鮎に興奮してました。

20121113_fuji_ike_7533

帰りに見える富士山は綺麗でした。富士山も平和の象徴と感じてしまいます。

今シーズンの狩野川は、結果だけとをみると例年になく十分に楽しめました。

予想通り朝から活発に針掛かりして来ましたが、なかなか取り込めない状況で

掛かり鮎は30匹はいたものと思います。

弟は、午前10時半頃から午後3時頃までに6匹でした。

私は、7時からでしたが釣果も22匹と満足な千秋楽となりました。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

2012年11月10日 (土)

お忍び日帰りin狩野川!

立冬が過ぎ11月も二桁の暦となりましたが今日もポカポカの陽気に

釣り人もわんさかと狩野川へ詰めかけて来ました。

 私は、昨夜午後9時過ぎには床に着きましたが、夜中の午前1時には目が

覚めてしまいなかなか寝られませんでした。しかたなく午前3時には起きて

コーヒーを飲みながら狩野川へ出発する準備をしました。

 今日の狩野川到着時刻は、午前5時30分でしたが井口オトリ店が開店した

午前6時10分には、既に4~5人の釣り人がスタンバイし私がオトリを購入した

直ぐ後にも、釣り人が続いており朝の早い段階から川へ向かう人たちが

増えたように思います。

 今日の釣果は、納竿も視野に入れたもので余り釣れなくてもよいだろうと

思いながら竿を握りましたが、1匹掛りだすと欲が出てしまいいつの間にか

何時ものように真剣になってしまった自分がいたかもしれません。

 20121110_oohashi_ike_7497


 天気も良く釣り人も多く、午後になっても釣り人はなかなか帰ろうとしませんでした。

私は、もう疲れが出てきて午後2時45分にオトリを外しました。

 20121110_ike7500

 

 釣り人は、中央道側にも沢山見えましたが私が川から上がって撮影した時には

釣り人が見えなくなってました。

 20121110_cooler_ike_7496


 今日釣れた鮎です。大きい物は27センチ位でしょうか?!

今日も、井口オトリ店さんに鮎を分けて来ました。

 20121110_ayu_ike_7505

 持ち帰って来た鮎です。最大は氷漬けの状態で25.5cmでした。

 20121110_ayu01_ike_7507


 今日は、天気も良く朝のうちは肌寒く震えも来ましたが日中は

晴天で風もなく鮎も良く追って掛ったものと思います。

 この鮎を見ると雄でもまだ白ぽいものも多数おりましたので、上流エリア

(嵯ケ○付近)には相当数の数の鮎を放流したものと思います。

釣れてくる鮎が一雨ごとに全く違っているように感がられます。前回はお腹が凹んだ

メスが多い中、今日はお腹パンパンのメスが多く掛かりました。

 井口オトリ店は、明日で終了ですが鮎はまだまだ釣れるので迷ってしまいます。

今日の釣果は、16匹でした。午後からは睡魔に追われ集中力が切れて

疲れが出てしまった1日でした。

 帰りは、中央道に天皇陛下の車が通るとのことで警備が集中し、更には東名の

渋滞とあり、午後4時頃に狩野川を出発しましたが帰宅時間は、午後8時と

4時間も掛ってしまいました。途中、ラーメンを食べたり睡魔に襲われて

SEで仮眠をとったりと無事に帰宅しました。

 今年の狩野川は異変ですね!

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

2012年11月 7日 (水)

お忍びで一泊二日の釣行!

納竿された方は読まない方が良いかと思います。

人間の心理として、いい思いのまま終わる筈は絶対ない。と言うほどに雨の予報が

出ているにもかかわらず狩野川へGO!しました。happy01

2012116_01


流石に雨の予報が出ておりますので釣り人は誰もいません。

私一人だけの貸し切り状態!

読みも当たって雨の中、良く掛かりましたが午前9時過ぎには濁りが入り出すとは

計算違いでした。

朝の0700-0900の間に、11匹掛かり9匹取り込みしまた。

雨でもこの時期は全く関係ないですね!

さて、続く7日は打って変わって晴天となりました。

2012117_0001

朝のうち霧が出て狩野川大橋も霧に隠れてしまった程です。

朝陽を受けて城山が雄大に見えます。

2012117_001_2

今日も朝一番に河原に向かい、朝一番から元気な鮎が掛かりました。

目印が2メートルくらい吹っ飛びます。

 昨年と比べると、寒さ加減が全く違うように感じます。震えるような寒さは前回だけ!

昨日、今日は南風の影響でポカポカした暖かさです。これなら鮎が良く釣れても

おかしくはありません。周りの釣り人も良く掛ってました。

2012117_01_3

 大きな鮎は、お腹が凹んだ鮎が殆どですが、24センチ前後の天然鮎らしきものは

まだ若くお腹もパンパンです。

2012117_03_2

雄は、色の着いた鮎が多い中、白色の雄も何尾か混じりました。

2012117_04_2

 河原から堤防を見ると銀杏の木が綺麗です。毎年、銀杏拾いの方もみえてます。

狩野川の水位は、昨日+30センチ程高くなったと思いますが、朝釣っていて見る間に

水位が下がりだしておりました。朝と夕方では水位が10センチ程違うと思います。

従って、鮎も動いたり止まったりして釣れ始めたのではと思います。

2012117_05_2

ススキの穂が重たそうでしたが、綺麗に色づいておりました。

真っ青の空とススキと城山が何とも言えない気持ちです。

下のオオトロ周辺にはトンビや大きな白鳥や鵜も姿を現していたので

鮎が溜まりだしたのかもしれません。

2012117_06

 釣った鮎はオトリ店に置いて来ましたが、一部弁当のおかず用に持ち帰って来ました。

まだ若い鮎も居ます。写真のものは最大27センチでしたが28.0センチもいました。

ハミ跡も夕方から急に増えて来ましたので明日からは狙い目かと思います。

今日は、時頼強風の吹く1日でしたが、前回よりも1匹だけ少ない17匹でした。

二日日間のトータルは、26匹です。

立冬の今日ですが、今年はまだまだ暖かな秋のため鮎はジャンジャン釣れる

と思います。

今日の鮎は天然と思えるような強烈な引きが殆どで楽しい思いをしました。

お忍びと言っても、6日の午後2時ころには鮎釣り迷人さんが烏賊釣りの

餌を購入のついでに、井口オトリ店さんに寄られたようで直ぐにメールが来て

バレバレでした。

 また、7日にはアトムさんが来られていて河原で初めて挨拶されました。

ブログの件は了解しました。他人を載せる時やコメントを付けて掲載するような

時には特に注意が必要です。

 さて、今日の狩野川も釣り人で賑わいましたが、井口オトリ店は今週末の日曜日で

終了との事です。

 今年は、まだ釣れそうなので残念です。鮎は、元気な若鮎が移動して来てます。

一時、垢腐れしていた石にも新たなハミ跡が着くほどでした。

 今年の狩野川は楽しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

2012年11月 1日 (木)

狩野川へ納竿のお泊り旅行!

狩野川へ行ってまいりました。

球磨川以来の連日釣行です。二日連続となると一日目にこけてしまっても

二日目を立て直すことも出来ます。

先ず、狩野川一日目となる10月31日は、天候も良く秋晴れに見舞われました。

風も弱く、朝のうち曇り空で肌寒さもありましたが大したことはない釣り日和です。

 例の如く朝一番で狙ったポイントからは、午前中に7本を釣りあげたものの

トータルで9本とツ抜け出来ませんでした。釣れるだろうと思ったポイントから

1匹も釣れません。狙ったエリアを上下にして約100メートル行ったり来たり

3往復しましたが全く反応もありません。

121031_02

 釣れて来る鮎は若いのですが、ハミ跡があるポイントを狙っても針に軽く触るだけで

なかなか掛からず、午後2時からの2時間をあと1匹の為に頑張りましたが

結局のところ9匹で終了でした。weep

121031_01_4

色々とオトリを交換しては、送り出すも針先にゴンゴンと感触があるものの掛からない

時間帯が続きました。これは困った。ツ抜け出来なければ、即納竿と決めて

おりましたが幸いにして、今日は帰りません。宿泊予約しておりました。happy01

 宿は、大仁橋直ぐの温泉村にある「ホテルオリーブの木」です。

ネットで早い者勝ちで4名の広い部屋を私一人で、5000円で泊まれて

また、温泉も+500円で入れるとあって、ポイント割引等で3600円程で

泊まれました。少し贅沢ですが狭いマイカーよりもGOOD!です。

お泊りと言っても期待する同伴はありません。一人旅です。coldsweats01

 温泉村の温泉は、少し低めの温度設定でしたが中は広くて綺麗な作りでした。

今日の9匹の釣果に愕然とした私は、戦略を練ることとしました。

さて、竿は今日と同じ。仕掛けも少し変更したいが編みこみ器等道具を持って来て

おりません。

変えられるものは何か?

 翌朝、部屋の中が冷え込んでいるので目が覚めてしまいました。

時刻は、午前5時35分。ちょうど起床には都合の良い時刻です。

身支度をしてホテルを出て、井口オトリ店に行くと水温は13度とのことで

今年一番の寒さです。

 こんな寒くて鮎は釣れるのかな~?

心配もそこそこに、狙った朝一番の場所で竿を出して30分も経たない間に

1匹を釣り上げることが出来ました。これはラッキーです。今日はもしかして

もしかすると・ ・ ・期待出来るかもhappy01

 最近の流行りとしてワンタッチ鼻環を使わないトーナメンターは多いようです。

私も最近はすっかり旧式のフック式鼻環です。

しかし、この冷たさですと鼻を通した後のフックがしずらい!

何故、フック式を使うか?と言う疑問もあるかとか思いますが

フック式は、オトリが弱ったとしても正しい姿勢で泳ぐことが出来る仕掛けを

作りやすいと言う利点を感じてます。個人的には面倒臭いでが、大鮎には特に有効と

思います。オトリが逃げる逃げないの理由では無く私は使用してます。

121101_070801

 1匹釣れてホットしました。時刻は、午前7時を回ったくらいですから

終盤の鮎には、時刻も水温も殆ど関係ありません。

 生きるか死ぬか鮎の生涯を掛けた縄張り争い最終戦と思ってます。

121031_ca3i0732_2

そうです。昨日の夜に戦略を立てました。

昨日は、歩き疲れるほどに歩きましたが釣れません。鮎の釣れるポイントは

人間に例えると、「峠の茶屋」のような一休み出来る場所ではないかと思いました。

従って、峠の茶屋で待っていれば人は入れ替わり、自分が動く必要がありません。

 今日の戦術は、「石の上にも3年」戦法で、釣れないと直ぐに移動したく

なります。また、釣れていても釣れなくなると同じく動きたくなります。

 こんな気持ちをぐっと抑えてじっと待つことにしました。

意味合いは全く違いますが、辛抱して釣れたポイントに留まり

スポット的に狙うことに集中してみました。

 大会であればギリギリの細い水中糸の選択や、針、ハリス、付け糸の長さ等々に

微妙な変化を加えますが、今回はフリーですから

とりあえず大物は余り考えずに数釣りの頭で釣りを進めることとしました。

Kanogawa_121101_jpg

頭の中からか大物は関係ないとすれば、下手に動くことは考えなくてよいので

幾分楽になります。

 しかし、鮎は盛期のようにオトリ鮎にまとわり着いてくるような感じがなくなりました。

従って、オトリを野鮎まで誘導しなければなりません。

この誘導がなかなか難しいと思います。

20121101_ike_7415

  「、「石の上にも3年」戦法にも弱点はあります。それは、対岸に立たれるとお終いと

言うことです。この戦法を成功させるためには他の釣り人の動きも良く見ておかなければ

なりません。こちらに近づいて来る釣り人がいれば対岸際までオトリを誘導し

「ここに入るなよ!」意思表示しなければなりません。

 何故「、「石の上にも3年」戦法に出たか?と言うと、朝一番から水温の変化に

関係なく背掛かりして来ると言うことは、よほど鮎が群れて集まっている

ポイントであると読んだからです。

 結果、午後2時半までに18匹を釣り上げました。

昨日の倍の釣果です。

20121101_ike_7417_3

31日分も加えると、クラーボツクの中も鮎だらけです。

20121101

鮎の殆どをお世話になりました井口オトリ店のおばちゃまに置いて来ました。

おばちゃまも喜んで頂いて私も嬉しかったです。

 持ち帰った鮎の大物映像です。最大は、27.5センチでした。

 
20121101_ike_7418_2


朝は、雲が出やすく橋の陰になり私は、中々太陽光に当たる事が出来ずに

寒い思いをしましたが、こんなに良い天気となりました。

風も少し出て来ましたが竿を折るほどの強風ではありません。

20121101_ike_7424_3

帰りには、井口オトリ店でコーヒーを御馳走になりました。

20121101_ike_7428

今日の富士山は残雪の残る冬の富士です。

この雪は来年の春まで消えることはないでしょう。

良く富士川の帰りに根雪の富士山を横目で見ながら東名高速を上り方向に

帰って来ました。今年の納竿は、狩野川で終了です。

まだまだ釣れる秘策は考えられますが、今年はこれで終わることとします。

 2日間の釣果は、27匹でした。

オトリ店で他の釣り人も見ていただいて驚かれていましたので

満足な釣果であったと思います。

 地元と言う釣り人の方が、針の大きさについて質問して来ました。

その方は、7.5でやったが掛かったも身切れ2回してしまったと言ってました。

 私は、どちらかと言うと大きい針が好きなので太い軸の8号や8.5号の三本イカリ

を今年は、多用しました。

 2日間の鮎釣りは1日の日帰りと違って釣れなかった事を即翌日に応用することが

出来、結果上手くいけば楽しいものです。

今年の鮎釣りはこれでお終いです。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

最近の写真