フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

冬の花 ・・  ・・□

移動性の高気圧にすっぽりと覆われ全国的に気温も急上昇!


 関東でも気温が14℃まで上がり久しぶりにポカポカする陽気となりましたので、カメラを

片手に近くの公園まで出かけてみました。

Ike_0216

冬の花の代表は、「さざんか」ですね! 息の長い花です。

一見華やかに見えても、所詮は冬の花 ・ ・ と言うことで

寂しさを表している歌詞が多いですね!

Ike_0216ss

情熱的な赤色が眩しいです。

続いては、最近咲きだした梅の花です。

Ike_0200

梅の花は、桜に比べてピンク色と花の香りが強く感じます。

青空と梅の花のビンク色のコラボは心和む一時です。

Ike_0204

今日は2月最後の日、明日からは、全国的に渓流釣りが解禁ですね!

狩野川の情報も入って来ておりましたが、私は当分渓流釣りに

出かける予定は今のところはなく、3月の末あたりから出かけようと思ってます。

 

 皆さんは、新しい鮎竿の購入は決めましたか?

オークションを見ていると、鮎竿の人気商品はかなりの高額で取引がなされており

ビックリ致しました。

 私も、既に2本嫁に出し新たにも1本嫁にだそうかなと思っております。

 

大鮎ブログランキング参加しております。
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

                 鮎釣りランキングが見られます。
                  ↓↓↓
                 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
                   にほんブログ村

                         釣り今日の総合ランキングは??                                                        
                              ↓↓↓
                            にほんブログ村 釣りブログへ
                             にほんブログ村

ポチッとありがとうございました。

実は尺鮎対決!のHPもありますので飛んで見て下さい。最近はブログの更新が

忙しく本体の更新はあまりしておりません。

        ↓↓↓↓↓

尺鮎対決!
        尺鮎対決! HP用バーナーです。

   

2013年2月26日 (火)

NEW 竿の手入れ!

新しいSP-T90の手入れをしました。

外観上は、お店でチェック出来ますが竿の内側となるとなかなか見えにくいものです。

そこで、今日はティッシュペーパーとガーゼを使い竿の内側を少し綺麗になるように

掃除してみました。

Ike_0193

写真ではなかなか表現が難しいのですが、高額な商品こそ見えない部分も綺麗で

あって欲しいと願うのは私だけではないと思います。

しかし、これも他社と比較してしまうと少し残念な結果でした。

 昨年、シマノトラスティの内側を同じように見ましたがシマノの竿の場合、内側が

鏡のような綺麗さで感動しました。

 しかし、ダイワのこのSP-T90の内側はカーボン粉末が残りガーゼがかなり

汚れる結果と、内側のカーボンの合わせ部分がシマノのトラスティのような

綺麗さを感じません。

 どこか雑な作りに見えてしまい残念でした。

次回、釣具店に持って行って ”これ大丈夫?” と聞いてみます。

大鮎ブログランキング参加しております。
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

                 鮎バーナーランキングが見られます。
                  ↓↓↓
                 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
                   にほんブログ村

                         釣りバーナー 今日の総合ランキングは??                                                        
                              ↓↓↓
                            にほんブログ村 釣りブログへ
                             にほんブログ村

ポチッとありがとうございました。

2013年2月24日 (日)

大物釣り師必見!!ダイワ硬派35%off!!

ネット通販ですが、ダイワ硬派鮎竿が35パーセント引きとなってます。

大物釣りの竿を考えている方は、狙い目かと思います。


 ダイワ鮎竿開発担当者に聞きましたが、現在の鮎竿の販売のおおよそ9割が9m竿

で残り1割が9.5mの竿との事でした。

 では、11mの竿と言うと年間で全国で20本程度!!

来年も開発はしない。との事で10mから先は殆ど売れない竿との事でした。

 長竿は、やはり「がまかつ」さんには敵わないようです。

 私が、見つけたのはフィッシングタックルオンライン FTO と言うショップです。

他にも沢山の商品があるのでご覧になって下さい。

 更に、FTOでは硬派の在庫処分ではなく今年生産されて来る竿を35パーセント

引きとのことですので、竿本体は新しい商品となるようです。

Ike_0175

 私が感動したのは、硬派狙い11メートルです。この竿が35パーセントオフ!!

岡野釣具店主に問い合わせてみましたが、うちでは無理との回答でした。wink

    FTOのURLは こちら↓↓↓

http://www.bun2.jp/search.php?c=10&k=10904+12109+12099

大鮎ランキング参加してます。
↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

        

              鮎バーナー ↓↓↓                                                                                                  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ             

                    にほんブログ村
        
                                 釣りバーナー ↓↓↓                                                                                                                                                                        にほんブログ村 釣りブログへ
                                           にほんブログ村

2013年2月22日 (金)

ダイワ競技SP-T90について!

問合せありがとうございます。

  本日もお忘れなくボチットお願いします。

     ↓↓↓↓
    にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
   にほんブログ村

 持った感じや感覚だけで竿を選ぶことは、難しいとは思いますが

私が決定した項目は

  ・ 昨年良く釣れて良かったと思った川はどんな川で ?

  ・ 昨年一番良く釣ったポイントは、どんな場所で ?

  ・ どの竿の出番が一番多く、どんな竿の何が不満と感じたか ?

などを考えて決定しました。

Ike_0162

 SP-Tの実測状況です。 

上栓と下栓のない状態で215グラムです。

Ike_0160

 下栓を含めて222グラムとなります。

ほぼ公表どおりの重さで販売されてます。

ご参考まで!!

大鮎ブログランキングに参加してます。今日のランキングは?                                                
                               ↓↓↓↓                                                                         
                               にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
                              にほんブログ村

釣りランキングにも参加してます。今日の釣りランキングは?

                               ↓↓↓                                      
                              にほんブログ村 釣りブログへ
                              にほんブログ村

            ご協力ありがとうございます。

2013年2月20日 (水)

NEW 鮎竿到着!

 釣具店から竿が届いたよ!と連絡がありましたので早速、お店にとりに行って来ました。

何が届いたと思いますか?

 鮎バーナー ↓↓↓
       にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
      本日も  ポチリ!  お忘れなく → にほんブログ村

 この時期ですからシマノさんのNEW FWではなさそうですよね~!!

そうです違います。

 その正体は、これで決めました。ヽ(^o^)丿

Ike_0159

 この上栓です。どことなくゴールドに輝きカッコよく見えました。

この上栓が着いた竿と言えば ・ ・ ・

Ike_0126_2   

 黒色にゴールドのSPECIALの文字!懐かしくないですか?

そうです。4年前のダイワ競技スペシャルT、カラーも似て竿の調子も

少し似た

Ike_0147

 この竿を持って帰って着てしまいました。

この竿も面の釣りと言うよりも点の釣りに近い気も致しますが、少し押しの強い

瀬釣りが好きな私にはどうしてもトラスティtypeRでは満足出来ず、かと言って

NEW FWでは、オトリのコントロール技術が私には足りない!

 そこで色々と悩んだあげく、点の釣りでもなく面の釣りばかりでもなく

どちらもこなせる NEW SP-T が何となく良く感じられ、一番初期の竿で

飽きてしまいがちな7月中旬頃からの元気な鮎に対しても、どんどん攻撃的な釣りが

可能であると思われ SP-Tに決定しました。

 今年のSP-Tは、噂では余り良い話はありませんでしたが実際に手に取り

目で見てみるとそんな悪い噂話は吹き飛んでしまい、4年前のSP-Tを思い出す

ような竿の張りの中にも#1~#3のファジー差が感じられ、それでいて

4年前のSP-Tよりも張りを感じ、持ち重り感も軽減されております。

 ダイワの竿開発担当の岩崎さんの言葉にもありましたが、細身・肉厚路線から

少し太めの少し肉薄路線に変更!との言葉が私の思う急テイパーの竿と

感覚が似ており、購入の決め手にもなっております。

 勿論、シマノさんのNEW FWも使ってみたい気持ちはありましたが

皆な同じ竿では面白くはないですし、誰かのNEW FWを借りてNEW SP-Tと

比べてから買い替えても遅くはないと思われたので、今年は Z-SVFカーボン使用の

NEW SP-Tに決定致しました。 (^v^)

Ike_0148

SMT(スーパーメタルトップ)も標準装備!

標準穂先は、1.8mmのチューブラ穂先、シマノを意識して少し堅めの材質を

使用しております。

上栓は少し窮屈くらいでとてもいいです。

この竿の欠点としてはグリップが少し細いです。

グリップに、もう一枚カーボンシートを巻いて頂ければ、ビクビクせずに

      えいや~ ・ ・ と

かかり鮎を引抜く事が出来ます。

Ike_0124_2

 これで先ずは標準の竿は配備完了です。wink

 ついでに、がまかつロングレンジⅡ12メートルを見て来ました。

うん~ん ・ ・ 悩ましいです。

Ike_0131

 岡野釣具店の女将さん力作のタオルです。

鮎タオルからアマゴタオルに変更してもらいました。奥さん絵が上手ですね!


今日もポチリをお忘れなく!!

大鮎ブログランキング参加用しております。今日の順位は??
                          ↓↓↓↓
                        にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
                        にほんブログ村

鮎ブログランキング今日のランキングは??
       ↓↓↓
      にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
     にほんブログ村

    釣りブログランキングは今日は何位??

                    ↓↓↓
                   にほんブログ村 釣りブログへ
                  にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

2013年2月17日 (日)

川漁師が使う鮎竿とは ・ ・

 土日と神奈川県相模原市の相模屋さんの鮎竿展示会に行って来ました。

 土曜日は、ダイワさんの新作を主としてのお話しで

日曜日の今日は、シマノさんの新作の展示と小澤兄弟のお兄さんの

聡さんが来られておりました。

 Ike_0064

 土曜日は、竿先に200グラムの錘を付けて竿の曲がり具合の確認や、地面に置いた

錘が浮く瞬間の竿への力具合等を感じながらダイワの竿を交換し持ったり

ダイワスペシャルSとシマノリムプロ typeSとの比較をしてみたりと中々面白い企画で

竿を思い切り曲げる事が出来ました。

 ダイワ竿開発担当に率直に2013年モデルSP-Tの開発について聞いてみたところ

マンドレル(芯金)についても、新たな設計で作り直してテストし製品化したとの事でした。

 ダイワ側では、Zカーボンとシマノリムプロカーボンはほぼ同じ物である。との

見解でしたがシマノ側は、ダイワのZカーボンとリムプロカーボンとは多分違うだろう

とのコメントでしたが、プリプレグ(カーボーシートの入荷状態の物)は同一会社から

仕入れているようなので、多分同じ材質のカーボンを使用しシート状にしたりテープ状に

したりとその形状を変えつつも基本性能は同一のカーボンシートを使用して

鮎竿作りをしているように思います。

 最近のダイワ鮎竿開発担当者が言うには、細身・肉厚の竿から少し径を太くし

少しカーボンを薄くした持ち重り感の少ない竿を作っているとのこと。

Ike_0060

 日曜日の今日は、シマノテスター小澤 聡さんが来られて竿の調子や使い方、釣り方等

を話して貰いました。

 その中で一番の注目はやはり今回のリムプロFWtpeSでしたが、聡さんは

こっちも忘れて貰ったら困りで ・ ・ と言うことトラスティtypeRについても大いに

語って貰いました。

Ike_0109

 そんな中で、一番頭に残ったものは小澤 聡さんが言い放った

 トラスティが乗心地の良い高級自動車としたら リムプロFWは、レースカーですよ!

 剛が言っているけど、オトリを引けばガンと来る感度は凄い竿です!

 でも僕が漁師をやる時は、トラスティtypeRを使ってます!

 24センチくらいまで楽に抜ける。 と ・ ・ 

相模川では、鮎が抜けてこないのでtypeRよりもtypeHの方が良く思いますが、

聡さんに言わせると、竿の胴から曲げるつもりで曲げていかんとダメですよ!

もっと信頼して曲げても折れません!

と ・ ・ 言うことで、聡さんは仕事の時はトラスティtypeRを使って釣りを

しているとのことでした。

 鮎2013入れ掛かかりDVDを見ても聡さんは、動きながら鮎の着いた場所を

探り当てて釣るのが得意とのコメント通りに、オトリがある程度自由に動ける穂先の

軟らかなトラスティが向いているのだと感じました。

 反面、島さんのようにしつこく1つポイントを責める選手にはFWtypeTが良い

ようです。

 typeSは、前作のFWの流れを継いだオトリコントロールを大切にしtypeTは

オトリを自由にさせない釣り師が思い通りにオトリをコントロール出来る竿と言えます。

 Ike_0103

 聡さんもtypeSよりも typeTがお勧めとか!!

 トラスティ typeRは、面の釣りに適したファジーな釣りが可能との事で

オトリ優先の広範囲の釣りが出来る竿と言えるでしょう!

貴方ならどちらを選らびますか ・ ・ ?

 

  大鮎ブログランキング参加しております。
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

   鮎ランキングを確認することが出来ます。
   ↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村


 釣りランキングを確認出来ます。
↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

励みになりますので、ポチリ!お忘れなく!!

                     ありがとう御座いました。

2013年2月15日 (金)

ダイワ・シマノ相模川大会予定を見る!

 皆さんこんばんは。

いつもポチリ ありがさうございます。

今日も宜しくお願いします。
       ↓↓↓
     にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
     にほんブログ村

 各河川の大会予定も出て早くも作戦を練られている方もおられることと思います。

私の大会エリアとなります相模川と、お隣の中津川の予定を見ますと

 7月5日(金)ダイワ鮎マスターズ相模川 250名 ・ 

 7月6日(土)ダイワ鮎マスターズ中津川 200名 ・

                            ・ 7月6日(土)シマノJC鮎 相模川 200名

                              ・ 7月7日(日)シマノJC鮎 相模川  150名

となっており3日続けての相模川大会となっております。

 6日(土)を見ても中津川と相模川で合計400名もの鮎釣り大会のために選手が

集まることになります。

 大会には出ない相模川鮎釣りファンにとって、3日間も鮎釣り大会が続いてはうんざりな

日程となっており、また大会参加者にとっても、3日間で楽しみにしていた

シマノジャパンカップとダイワ鮎マスターズの予選が終了してしまうので、あっと言う間の

幕開け終了になってしまう人も多いかも知れません。

 ダイワ鮎マスターズのブロック大会は、山形県の寒河江川となりますので下見に行くのも

大変でしょうが、頑張って行って来て欲しいと思います。

 シマノJCのブロック大会は、那珂川の町裏なので寒河江川に行く時間よりも半分以下

で済むので今年は、シマノJCの方に力を注ぐ選手が多いかもしれません。 

Ike_daiwa_2013
      ↑↑↑↑↑↑
fish ダイワ鮎マスターズ大会日程表

Ike_shimano_2013_9813
      ↑↑↑↑↑
fish シマノジャパンカップ大会日程表

 何れにしても、大会に出られる日程調整が結果を大きく左右する

作戦になるかも知れません。

 

 
また昨年を振り返ってみると、相模川での大会全てが増水の為に1度または2度も

延期となってしまい、1度延期になったお陰で出場出来るようになったシマノJCに私は

エントリーしましたが、またしても延期となってしまい結果、出場出来ませんでした。

 G杯やシマノJCの時など、相模川では鮎釣りが出来ているのに大会が延期となり

残念だと思われた方も多かったのではないでしょうか?

 大会主催者側からすれば、鮎釣りが出来る状況であったとしても地区予選の場合は

安全を優先し、上流の城山ダム放水量が毎秒40トンを超えていると大会本部前の

肩を横切るのに少し危険な水量と判断し、鮎釣りは出来るのに大会が中止となる

こともあるので、城山タム放水量も注視することをお勧め致します。

 ダム放水量は、相模川第一漁協でもアナウンスしておりますがリアルタイムに

知る方法として、ダム情報(関東)

http://www.river.go.jp/nrpc0702gDisp.do?areaCode=83

にアクセスし、城山ダムの項目の全放流量 ㎥/s の数値にトンを付けたものが

相模川の水量となります。

 時々、数値が出ていない場合もありますが時間をおけば表示されます。

 城山ダム放水量の数値を頭に入れて相模川で釣りをするようにすれば、他の河川に

行っても上流のダム放水量を聞いただけで大よその川の状況が分かるようになり

鮎釣りの作戦を練るうえで重要な要素となる場合もあります。


Photo
ダム情報(関東)の表の画面です。この18.06(トン)と言う数値が現在の相模川の

水量と言うことになります。

penguin

  鮎釣りのテスター等が使っているタモ網は金属のフレームに網がついた物が多く

雑誌等で私もこの製品が格好良く見えて良く使って来ましたが、毎年のようにタモを流して

しまい毎年のように新しく購入しておりました。

 昨年、富士川の芦澤オトリ店さんで木のタモ枠を購入し使ってみたところ

この木のタモ枠は非常に軽く水圧抵抗も、メーカーの金属タモに比べて

数倍から数10倍もの少なく、勿論、流れ止めを着けて使用していますが、

この流れ止めにかかる抵抗が少ないことから改めて、木のタモの良さを知ることになり

昨年から愛用しております。

 興味のある方は、是非木のタモも使ってみてはと思います。

特に、流れや深いポイントに入って行くとその違いが現れて来ます。

Ike_0394

 昨年購入し愛用した36センチ枠の木のタモです。ウレタン塗装がしてあって

とても綺麗で軽く水圧抵抗も低く鮎も良く釣れました。

 網は、ダイワの大鮎用5ミリ目を着けての使用です。


fish

大鮎ブログランキングに参加しております。

ご退場の際には、下記バーナーをポチリとクリックお願いします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

2013年2月13日 (水)

鮎竿展示即売会にて!in秋川(岡野釣具店)vol2

 皆さんおはようございます。

関東地方に雪の予報も出ておりましたが、今朝は抜けるような青空が広がり

丹沢の山々も浮き出るように眺めることが出来ます。

 こんな日には山へ行きたくなってしまいますが、予定も色々とあることから

山行きは、おいといて鮎竿展示即売会の続きを少し書いてみます。


いつも励ましのポチリありがとうございます。鮎釣りはまだ遠い先ではありますが

頑張って更新していきますので、今日もお忘れなく!お願いします。

鮎バーナー ↓↓↓

      にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ 
     にほんブログ村

Ike_00477

 今朝の丹沢山系です。左側が1252mの大山!中央付近が1491mの塔ノ岳、

更にその右側がでは1567mの丹沢山、一番高い山が1673mの蛭が岳ではないかと

思います。

Ike_00477ss

 ネットで調べてみました。上の写真をクリックすると山の名前を見ることが

出来ます。もし間違っているようでしたらお知らせ下さい。

 私は、大山、塔ノ岳、丹沢山まで登っておりますが、一番右側の蛭ケ岳(ひるがだけ)

にはまだ登ったことがありません。

 penguin

 展示会場でしたが、広さの制限もあってあの会場になったとの岡野社長の言葉でしたが

竿を思い切って振れないのはやはりどこか消化不良の1日でした。

 Ike_0003

 展示されていた竿の本数なんと130本です。全てを並べると165本とか ・ ・

これだけでも大変な作業となります。

 竿を持っても精々10本~20本位でした。

penguin

Ike_0017

 シマノNEW FWの開発は、過去に蓄積されたデータを基に計算式等で

約70パーセントの完成をみて、上手な釣り師に使用して貰い、意見を交わし、

修正を加え、また上手な釣り師に使って貰い、意見を交わし ・ ・ の繰り返しで

完成に至ったものとのこと。

 この完成に大きな影響を与えているのが、写真の名人小沢剛さんです。

彼とお話するのは那珂川のブロック大会の時に少しお話をしたことがあるだけで

特に、親しい仲と言うことはありません。

 FWについて聞いてみると、やはりお勧めは ”typeT” との事です。

彼が言うには、トラスティやtypeSに比べるとかなり張りの強い設定になっているけども

初期の段階から使えて良い。との事です。

 ちなみに、ダイワのSPECIAL T や SPECIAL typeSについても聞いてみると

ダイワのSPECIAL Tは、初期では少し強すぎるイメージのする竿で、special typSの

方が初期からも使えていいのでは ・ ・ との事でした。

 更に、竿について持っただけである程度分かりますか?

については、ある程度はわかるけど糸を付けてみないと完全には分からない。

との事で、やはり鮎竿の決定的なところは実際に釣り比べてみないと何とも言えない

のが真実かと思います。

 penguin

 私が思うのは、一つのメーカーや一つのTYPEの竿に拘ることも良いと思いますが

出来ることなら、色々なメーカーの竿を使ってみるのもまた新しい感触や発見も

出来て良いのかなとも思います。

 そうそう安い買い物ではないので、次から次へとは行けませんが少し余裕がある時には

冒険してみるのも鮎釣りの楽しみかもしれません。

 

大鮎ブログランキング参加中です。何時もご協力ありがとうございます。

最初か後か何れか一度のみのポチリで結構です。

                   ↓↓↓↓
                 にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
                にほんブログ村

釣り部門総合ランキングはこちら ↓↓↓
                   にほんブログ村 釣りブログへ
                  にほんブログ村

2013年2月10日 (日)

2013鮎竿新作展示即売会 in秋川 (岡野釣具店)

秋川駅を下車し駅前のルピア3階会場まで行って来ました。

 みなさんご協力誠にありがとうございます。

システム的に毎日がポイント加算ですので、お立ち寄りの際はお忘れず

ポチリお願いします。<m(__)m>

↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村  

 本日も多くのポチリ感謝致します。

 土日と出勤で、11~12日も出勤でした。

本日は、北の方でドカン!とやってしまったようでビックリも致しましたが

平和な世界が続かないことには、鮎釣りもままなりませんので困った問題となってますが

平和で静かな日々を迎えたいと願ってます。

 

 プログ村のポイントは、お1人様 10ポイントです。

         ご参考まで!

fish

 さてお待ちかねの鮎竿のお話に入りましょう。カタログ上だけではやはり分からない

ことが沢山あります。実際に手に取ってみても分からないことが沢山あります。

 改めて感じたことは、人によって感覚は違うんだな~と言うことです。見たり・聞いたり

して自分で触ってみることが一番重要なことと感じました。

 従って、感想なんて人によってまちまちであり本当にどれがいいの?

と迷ってしまいますが、自分で使って良いと思える竿が一番良いのかも知れません。

fish

 今年は、展示会場に行き先ず声を掛けて頂いたのが尺遊会のKさんでした。

Kさんとダイワの鮎竿が並べられているところまで、人を掻き分け前進し

ちょうどダイワ鮎竿担当の岩崎さんの顔が見えたので今年の鮎竿について

早速、お話しました。

 岩崎伺ってみました。来週も行くよ~と言われたので「いやな奴が来たな ・ ・」

と思われたかもしれませんが顔を覚えていてくれたのには少し嬉しく思いました。

fish

 今年の大鮎竿について、岩崎さんとテスターの瀬田さんも加わり 何故?ズームなの?

と言うお話からスタートしました。

 私以外のお客さんからも、ズームなんか要らないのでは?

との意見も出ましたが、ダイワ側の言い分としては大鮎釣りは胸まで浸かる深場に

入るので、オトリ交換の際に水中糸のオバセが多くなり絡まったりのトラブルが

発生するので竿を短めの時に仕掛けをセティングして、オトリ交換の時は竿を長くして

やると非常に効率の良い大鮎釣りが出来る。とのお話で ・ ・ 

fish

 そもそも大鮎釣りは、深場に入って釣る時もありますがトロ場であったとしても

一歩も動かずに掛り鮎をタモに入れるなんて、相当高度な技であり大鮎とのやり取りの

中で、一歩も動けない状況も起きる時もありますが可能な限り流れに乗って下って

いったり、鮎が上に走れば上に着いていかなければ大鮎釣りは成り立ちません。

 kさんが、来年はズームなし出るよね?

なんていきなりアッパーパンチ喰らわしてました。(笑)

 でも、90-95と95-10を持ってみましたが、軽いこと軽いこと

感度も良さそうな感じで、この竿で瀬落ちの深いトロ場での450グラム級の

大鮎もジャンジャン行けそうな気が致しました。

 ま~ズームは釣っていて使いませんがこの大鮎竿は使ってみたくなりました。

Ike_0036

(場が狭いくらいに大入りでした。)

  天井に竿が直ぐに届いてしまうので、竿を持つお客さんも気を遣いました。

Ike_0012

 今日来られたメーカーの方々は、全員鮎竿設計担当との事でしたが

私は、シマノ担当者と少しお話出来た程度で下野担当者とは挨拶程度でした。

 写真の奥にあるグリップの塗装が完了していない竿が今年発売となる下野の

大物用の95の竿です。持った感じは ”強い” と言う感じであまりじっくりとは

観察して来ませんでした。

 また鮎竿全般の印象として持ってみた竿のバランス的には、がまかつさんは

従来どおり。

 下野さんも、ほぼ従来どおり。

 ダイワさんは、少しシマノさんに傾いた感じ。

 シマノさんは、逆に少しダイワさんに傾いた感じ。

と私は感じました。

Ike_9997

 写真は、シマノのNEWロッドですがダイワ鮎竿担当の岩崎さんに、

今年の鮎竿でSPECIAL typeSは、シマノfwを真似て作ったとのお話もありますが

如何でしょう?

 との質問に、岩崎さんからは今までダイワには無かった竿調子を取り入れたので

シマノさんの竿に似ているかも知れません。

 との事でした。早速、ダイワSPECIAL typeS を持ってみましたがSPECIAL Tと

比べると、遥かに鮎釣り競技用の竿って感じが伝わって来て、そう悪い感じは

しませんでした。

 ただ ・ ・ 昨年のSPECIAL A もそうでしたが、糸を付けずに単に竿を

振っただけでは分からない部分が鮎竿にはあって、この感覚が良いのか悪いのかは

ハッキリ言って分かりません。

 言える事は、強いか弱いか ・ ・ 先調子か 同に寄った調子か ・ ・ 

竿の張り等も気になますが、強さは別な人に穂先を持って貰って

グイっと竿っを持ち上げるのが一番分かりやすいのですが、この会場ではそんな

ことは出来ません。


fish

 シマノNEW FWはパーソナルスペックのモデルが何種類も展示してありました。

FWってこんなに張りがあったかな?と思える程、ピンピンした感じを受けました。

Ike_9990

 写真は、ダイワの鮎竿です。気になる大鮎はズームがなければ凄くいいかも!

ですが、ズームがあってもいいかも!と思ってしまいました。

 昨年の狩野川の大鮎釣りであれば、もう安心して1日持っていられる大鮎用の

竿だなと感じました。 球磨川でも、9月20日以降の大鮎であればなんとか行けそうな

気もします。

 続いて気になった、SPECIAL Tでしたが、噂程に悪い設定とは思いませんでした。

ただ、2モデル前のSPECIAL Tに近い設定で競技用の地区大会モデルとして

使うには少し豪竿に感じました。この竿は18~24センチクラスの鮎が出る

ブロック大会終了くらいからの出番が良いかとも思います。

 そうなるとダイワの競技モデルとして地区大会から狙うならやはりSPECIAL typeS

となると思います。typeSかSPECIAL A かと言ったところ、どちらも嫌なら

シマノトラスティかNEW FWが良いと思います。

Ike_0004

 がまかつさんの竿ですが、もった感じでは全く違いが分からないです。

PSⅢもPSⅣも、糸を付けてみないと何とも言えません。

 もうずっしり感は変わらず同じでした。 


Ike_0021

 小沢剛 名人に背針を作って頂きました。ヽ(^o^)丿

 疲れたような顔をしていた小沢剛名人でしたが、昨年のG杯優勝でしたので

がまかつの竿について質問してみました。

 がまかつの大会では、ファインマスターを使用して全国大会優勝!したようです。

 感度は?と聞いてるみると ・ ・ ファインマスターでは ”ポン”くらいな感度が

シマノのNEW FWでは ”ガガガン”と来ると言ってました。

 やはり感度の違いはあるものの感度が無い訳ではないので、感度を感じる感覚を

磨くことががまかつ竿を使う上では要の要素であると思います。

Ike_0038

 背パリは、伊藤正弘さんに聞いて作ったと言ってましたが、仕掛け作りは意外と

繊細でミリ単位まで気にして丁寧に作ってました。

 現在の鮎竿の良いところは、一昔前はテスターと言えばそのメーカーの竿しか

使わない! 大会と言えば、そのメーカーの大会しか出ない!

 本当に強い・上手な鮎釣り師は誰なの?? と

皆さんが感じ、釣り雑誌を見ても メーカー毎に XX名人がいて、 XX名人の宣伝を

ある意味信じるしか方法が無かった時代もありましたが、現在はボクシングで言う

世界統一王者みたいに、メーカーのしがらみを超えた本当の王者が出現したことで

どんな竿が良くて、どんな仕掛けで釣っているのかが分かりやすいと思います。

 シマノと言えばズーム竿でしたが、現在のシマノの傾向としてはノンズームで

竿の張りも強く、ズームをしなくても引き抜ける竿に生まれ変わりました。

 従って、穂先を受け持つ先端部にも必要な強さを出すために単に軽い竿の

感じからダイワのような、少しずっしり感を持たせた竿に変わって来たように思います。

Ike_0033

瀬田名人もダイワ大鮎竿を熱弁してくれました。

Ike_0031

シマノのNEWベストです。 みなさん試着されてましたね!

Ike_0034

  シマノ鮎竿設計担当者ともお話をし、竿に使用されるカーボンについてや

そのカーボンを巻くマンドレル(芯金)についても色々と伺って来ましたので

このお話はまた次回に記事にしてみたいと思います。

fish

 今日はこの辺で! (^v^)
fish


何時も応援ありがとうございます。<m(__)m>


  大鮎ブログランキング参加してます。

ポチリとお願いします。 ↓↓↓↓ 
                               にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
                              にほんブログ村

2013年2月 8日 (金)

丹沢表尾根ピストン(蓑毛~二ノ塔 ・・ 塔ノ岳 ・・三ノ塔 ~蓑毛)

行って来ましたよ~表尾根ピストンです。

今日は、無謀にも蓑毛スタートの蓑毛ゴールを目指し雪の舞う丹沢表尾根

縦走約20キロを9時間30分(休憩約60分)で歩いて来ました。

Ike_9833

蓑毛バス停からヤビツ峠に出て富士見山荘までは雪もなく快適でしたが

富士見山荘からニノ塔を目指す登山道に入った瞬間から冬山登山の始まりとなりました。

Ike_9838

やっとこニノ塔まで登って来ました。雪はご覧のようにあります。

ここでアイゼンを着けて三ノ塔を目指しました。

Ike_9850

 ニノ塔を登っている途中から雪が降り出し、私が歩く登山道は新雪で真っ白です。

Ike_9865

木ノ又小屋を通過し塔ノ岳を目指します。

Ike_9883

1300、塔ノ岳山頂に無事到着しました。

ここまでの間に、3人の方とすれ違いました。

 塔ノ岳山頂の尊仏山荘で約35分の休憩と昼食を済ませ、元来た尾根を反転し

再び、三ノ塔、二ノ塔を目指します。

Ike_9912

今日の尾根伝いは雪がずっと降っておりましたが歩いている私には寒さよりも

視界不良の方が少し心配になりました。

 しかし、新雪のパウダースノーを満喫!

Ike_9944

眩しい白さでする

Ike_9949

 写真奥に見えるのが塔ノ岳です。すっかり天気もよくなり視界も開けて来ました。

塔ノ岳から烏尾山までは比較的スイスイ楽に来れましたが、烏尾山から三ノ塔へ

登る急斜面は、また足に来ました。

 烏尾山から三ノ塔を目指す急斜面でヤマガラのさえずりにしばし耳を傾けて

からヤマガラの姿を探しましたが、中々カメラに収めることが出来ませんでした。

Ike_9955

烏尾山から三ノ塔の登りは本当に厳しい!

Ike_9973

 三ノ塔から二ノ塔へ横浜方面の眺めは最高!でした。

Ike_9974

 何処から見ても大山の形はあまり変わりません。

8時間を超える登山はどうしても膝が痛くなってしまいます。

それも何時も右膝です。ハーフマラソンの時に痛めた膝の痛みが登山でも現れてしまい

最後は、何時も苦しい思いをします。

 今日は雪が舞い落ちる天候での丹沢表尾根縦走でしたが、アイゼンを付けて滑落を

防ぎ安全に往復出来て良かったのですが、二ノ塔からヤビツ峠に戻る下りの道と

ヤビツ峠から、蓑毛までの林道が非常に長く感じられました。

危うく真っ暗になる前にバス停に到着出来ましたが、もう30分遅れていれば

辺りは真っ暗の暗闇の中を歩くことになり、背筋がぞくぞくとくるような冷たさを

感じました。

タイムテーブル

0750秦野駅発→ 0816蓑毛発→ 0904ヤビツ峠→ 0920富士見山荘→ 1014 ニノ塔

→1028三ノ塔 →1205m 1058烏尾山→ 1123行者岳→ 1146正次郎の頭→ 1205新大日

1340m→1227木の又小屋 →1300塔の岳→ 1337塔の岳出発→1353木又小屋


→ 1402新大日→1415正次郎の頭→1433行者岳→1453烏尾山→1530三ノ塔→


1549二ノ宮塔→1630富士見山荘→1650ヤビツ峠売店→1740蓑毛バス停着用

→ 1745バス発→1810秦野駅着

応援宜しくお願いします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

2013年2月 7日 (木)

2013 ダイワ鮎竿!(個人的な偏見で ・ ・)

何時まで続けるんだ?と言われそうではありますが、今回がカタログとの

睨めっこ最後の記事と致しますので、 にほんブログ村 釣りブログへ

   
      ブログ応援ポチリ宜しくお願いします。今回は沢山の花を準備しております。

 さて、今年のダイワ鮎竿の一番の要となりそうな商品は、SPECIAL TYPE S

なんでしょうか? この鮎竿は、シマノを強く意識して作られた製品とのことですので

展示会等で手に取って見る場合は、シマノリムプロFW(2013年モデル)と比較してみると

面白いと思います。

 

 極端な話、リムプロFWの設計図が存在するとしたら、その設計図を元にダイワが

自社の材料と道具及び工程を経て製品化したようなものとまで言われておりますが

果たしてその真相は、持ち比べてみないことには何とも言えません。

Ike_daiwa_01

前評判ではモッタリ感がある等の感想もありましたが、実際に製品化された商品は

軽い!と言った意見も聞こえてくるので何とも言えませんが楽しみな

1本と言えるでしょう!

 

 続いて、期待度の高かったZカーボン使用によるSP-Tはどのように進化したので

しょうか?

 カタログの数値を見る限り、シマノ新商品となるリムプロFWのようなマンドレル交換

までの大掛かりな見直しと言うりも、マンドレルは従来のSP-Tの物を使用し

カーボン素材等の材料を変えたのみで、商品化したのではないかとも思える

内容となっている。

Ike_9794

 その証拠として、竿の元竿の太さには変化はなく穂先のみが1.7から1.8ミリと

変更が加えられ、竿の自重自体も223グラムと3グラム程度の違いの表記となっている。

 これらも展示会で実際に竿を持って感じると良いと思います。

 正直な話、マンドレルの変更も無しに新しい商品としてSP-Tが生まれ変わったと

したならば、かなりのコストダウンにも繋がることから、SPECIAL TYPE Sへの

開発投資が容易に出来たものと思えてしまう。

 最後は、やはり楽しみとしていた大鮎モデルのメガトルクではないだろうか?

数釣りも楽しいものではあるが、やはり終盤の大鮎釣りはまた格別に面白いと

思う。

    10m 350g と言う基準は何か存在するのか?

 
これもよくよくカタログを見ていると、あったあった ・ ・

  シマノアドバンスフォース10m 急瀬 と同じ規格となっている。

これをそのまま製品化したらバレバレだから、敢えて50センチマルチにした?

なんて考えるのは、考えすぎだろうか?

Ike_9797

 こちらの商品も展示会では、シマノアドバンスフォース10m 急瀬と持ち比べて

購入を決定されてはと思います。

 さて、昨年のダイワのブースの様子です。

Ike_2012

 ニコやかにポーズを決めて頂きました。

早く来い来いフィッシングショー2013!!

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ

          ブログの応援よろしくお願いします。

更に、今回は昨年のフィッシングショーから  →   camera  

Ike_1917

カメラを向けられた時のポーズが既に決められているようでした。

更に ・ ・

Ike_1922

DUELさんは、今年もセクシー路線でしょうか?

Ike_1931

最後もポーズを決めて頂きました。

 今日はこのへんで!!  

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

          ブログランキング参加中です。

 

2013年2月 5日 (火)

2013 シマノ鮎竿!(改定)

 昨年話題沸騰だったTRUSTYパーソナルスペック!今年は、LIMITED PRO FWが

生まれ変わりまたまた話題を独占しようとしています。

Ike_01

 見出しの「本能、直撃」と言う言葉は、釣り人が鮎を釣りたいとの強い想いがそのまま

LIMITED PRO FWに乗移って爆釣をイメージします。

 また、シマノとしては竿やタイツ等だけではなく今年から仕掛けも新登場と

謳っているだけに、そのシェアを更に拡大しようとしていますね!

 

  では、生まれ変わったLIMITED PRO FWは以前のモデルと何処が変わったのか

2012年のカタログと比較してみることにしました。

 Ike_2012

 上の写真は、2012年のLIMITED PRO FW NZの数値です。

Ike_9766

 こちらが2013年モデルのLIMITED PRO FW NLのものです。

 2012年は、9mから10mまで、硬さはLight SpecialからH2.75、Gentle Powerと

7種類のLIMITED PRO FWが存在しておりましたが、今年は Light Specialと

Very Best、Gentle Powerの3種類に絞られ、竿の長さも9.0mに限定されました。




 Light Specialは、2012年モデルは、自重185g、先径/元径 1.6(1.8)/23.0mmが

2013年モデルでは、自重177g、先径/元径 1.6/22.5mmと竿の軽量化と

穂先は、1.6mmのみで 元竿の径が 0.5mm細くなっており、H2.25相当と言う

一般的には中硬クラスの竿と言えるでしょう。

 しかし、自重 8gの軽量化には驚きです。

Ike_04


 次は、トーナメンターが1番気になるであろう Very BEST(H2.75)を見てみよう!

 2012年モデルの90NZ H2.75を見ると、自重200g、先径/元径 1.8(2.0)/23.5mm

となっていますが、2013年モデルでは、自重200gは変わらないものの元竿の標準径が

24.5mmと1mm太くなっています。

 標準のチューブラ穂先も1.8mmから1.6mmに変更されどちらかと言うと、TRUSTY typeR

(自重215g、先径/元径1.3/24.6mm)のような急テイパーの竿に近いかなと思われます。

 何れにせよ、Very BESTは2012年モデルとは明らかに変更が加えられています。

昨年からの傾向としての先調子をFWにも導入し操作性を更にアップしたものと

思われます。

 相模川のような少し大きな河川では、同じ LIMITED PRO FWであっても、もう少し

パワーのある GENTLE POWER 90が気になるところ!

 GENTLE POWERはどのように進化したのか? 同じく2012年モデルと比較して

見てみよう。

 2012年、GENTLE POWER 90NZは、自重210、先径/元径 1.9(1.6)/23.7mmと

なっていますが、2013年では、自重210g、先径/元径 1.8/24.6mmと重さは変わらない

ものの元竿の径が Very BESTと同じく少し太くなっており、標準穂先も1.9から1.8mmに

変更されていることからGENTLE POWERにも少し先調子の操作性の向上を

図ったものと思われます。

 最後は、お楽しみのパーソナルスペックです。

私は、ダークレインボーのシャインレッドなんかが良いのかな~なんて

思っています。

 今年買うとしたら、パーソナルスペックで決めたい!wink

Ike_07

中物クラスのトリプルフォースも新しくなってます。

 前作に比べてノンズーム急瀬パワー90が290gから270gと20グラムの軽量化が

図られております。

 このトリプルフォースは、相模川の尺鮎フィーバーの時に葉山島の瀬で私の向かいで

釣っていた人が、元竿からパキッ!!と凄い音を鳴らせて折れた状況を思い出しました。

 あの竿からの軽量化ですから、真剣に尺を狙う竿ではないと思います。

Ike_1905

 関西方面では、既にFショーが行われ 現物である NEWの鮎竿を手にし

その違いや調子を感じ取ることが出来たと思いますが、関東ではまだ

カタログとの睨めっこが続いております。

 Ike_1957

3月のFショーなんとかまた2月にやってもらえないだろうかと願うばかりです。

今日も応援宜しくお願いします。
  ↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ


他の鮎釣りサイトはこちらからどうぞ!

          ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


他の釣りサイトはこちらからどうぞ!。

            ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ

2013年2月 4日 (月)

G杯アユ釣り選手権 予選会2013 予定!

関東地区は、会場が少ないのでエントリーに注意ですよ~!

Ike_g_hai_2013

がまかつの大会に出場を予定してる選手は、頑張って下さい。


 相模川は、6月13日(木)です。 予備日6月27日(木)


 例年であれば、まだまだ釣れない時期ですが今年から漁組合長が変わり

皆さんの意見として、解禁日に1匹や5匹では ・ ・ と言うことで桂川のように

琵琶湖産を入れたらどうだ? との意見があったようです。

 もしかしたら相模川の様子も今年は変わるかも知れませんが、いずれにしても

6月の大会は釣れない大会として厳しいと予想されますので、相模川の

解禁日の様子を見て作戦を練って下さい。

 南関東地区の予選会場は、興津川と2会場しかないので予選会に

出られるかどうかがカギになりそうですので、エントリーは釣具店に

早めに出す事が良いかもしれません。

 全国大会は、8月4日(日)~6日(火) 和歌山県 日置川 です。

頑張って下さい。

私は、多分 ・ ・ 出れません。

応援宜しくお願いします。
  ↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ


他の鮎釣りサイトはこちらからどうぞ!

          ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


他の釣りサイトはこちらからどうぞ!。

            ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ

2013年2月 2日 (土)

がまかつ鮎竿 

 ダイワやシマノの情報は飛び交っている割には話題が少ないような気がする

がまかつさんですが、根強いがまかつファンは多いはずです。

 私は特にがまかつファンではありませんが、G杯出場用として現在、競技スペシャル

V5急瀬抜き90を所有しております。

 目的は、鮎釣り大会用ではありますが最近は、もっぱら主としてこのV5急瀬抜きを

持ち出す機会が増えています。

 相模川でも多摩川でも25~26センチの鮎が出るようになった場合、ダイワSP-Tでは

竿が可哀そうな気がしてしまい、このV5急瀬抜きの出番となる訳ですが、瀬であれば

20センチクラスから抜群の操作性と竿への信頼性の高い製品として私は気に入って

おります。

 ただ、がまかつの竿はネジレに弱く 竿が上から落ちてくる現象が多発しました。

 何度か、このV5を釣具店に持っていき落っこち防止のための意見や

点検・調整をメーカーにお願いして来た訳ですが、今回がまかつが採用した
23443gc_sub_2 
PCS (パワークロスシステム) が威力を発揮すれば、竿の落っこちは防止され

パワー伝達のロスもなくなり格段に良くなると思います。

Ike_1634

 正直言って、ダイワやシマノから見れば今になってですか?みたいなところも

23443gcsc_sub

ありますが、穂先にテクノチタントップを採用するなどしてがまかつも大きな

前進の年であるように感じます。

 また、がまかつは昔からの工法で竿全体にエポキシ樹脂で塗り固めているため

竿の感度を樹脂コーティングの無い竿と比べてしまうと半減してしまうかも

知れませんが、エポキシ樹脂の竿でも感度が取れない訳ではないので

あえてがまかつの竿を使用し、自分の竿感度を上げ感覚を磨くには良い方法かも

知れません。

 がまかつの良いところは、エポキシ樹脂により竿をある程度乱暴に扱っても

大丈夫な所です。

 良く見る光景で、鮎が釣れる度に竿を石の上に置いてからオトリ交換をする

釣り人がおりますが、あれをノン樹脂コーティングの竿でやろう

ものなら直ぐに竿に傷がつき、折損の原因となります。

 がまかつの竿であれば大丈夫ですが、なるべく竿は石の上に置かないようにしましょう。

 

 また、がまかつの竿で人気の高いパワースペシャルモデルですが、私もPS IIIを

愛用してます。

 Ca3i0225

 この竿は、感度については殆ど分からないくらい悪い竿ですが

何度か使っていると、僅かな感度が手に伝わって来るようになりました。

 これが感度なんだ ・ ・ ・と言うくらい ノンペインやエアグロスフィニッシュの

竿から比べると非常に分かりにくい感度ですが、大鮎に対してのネバリは昨年の

狩野川や球磨川で使用して改めて良いと思いました。

 2013モデルでは、PCS(パワークロスシステム)を搭載し

POWER SPECIAL Ⅳ に生まれ変わりました。

 がまかつファンだけでなく、大鮎ファンにも注目されることと思います。

Ike_1902

 写真は、昨年のFショー横浜でのがまかつブースのものです。

笑顔で迎えてくれたレデイー達が印象的でした。

 今年は、パワースペシャルⅣだけでなく FINE MASTER FⅢも新しく

エントリーされました。

 更に、がまかつには最上位のEXCELSIORもありますが、この次元の竿になると

私は、使用したことがないので何とも言えません。

 また、少し短竿のDANCING SPECIALも登場です。

 がまかつの竿のイメージとしては、強くて丈夫ではないかと思います。今年も

黒い竿が火を噴くか楽しみです。

 過去にがまかつの竿で釣り上げた鮎の写真をご覧下さい。

442

2011.8.16多摩川川辺にて、がまかつ競技SPV5急瀬90で釣り上げた鮎です。

443

午後3時頃から入れ掛りとなり、周囲のBQのお客さんから拍手喝采でした。

V5急瀬完成度が高い竿だと思います。


2013年G杯 相模川大会は、6月13日(木) 予備日 6月27日(木)

        興津川大会は、6月 6日(木) 予備日 6月19日(水)

となってます。

 狩野川も酒匂川もG杯はありませんよ~!!coldsweats01

応援宜しくお願いします。
  ↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ


他の鮎釣りサイトはこちらからどうぞ!

          ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


他の釣りサイトはこちらからどうぞ!。

            ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ

2013年2月 1日 (金)

フナヤオリジナル鮎竿

 鮎竿で忘れてならないのはフナヤオリジナル!

 メーカーの竿だけが鮎竿ではない!との頑固な意思を持ちカーボンシートの

選択や、竿の調子・長さ等もメーカーにはない独特な拘りで作ってしまう福井県発

九頭竜川生まれの釣具店フナヤ社長監修による オリジナル鮎竿です。

 

 私も以前、手持ちの鮎竿の9割をフナヤオリジナルで揃えたこともありました。

メーカーのウン十万円もする鮎竿なんて買えない! しかし、メーカーの十数万円の

竿の感度では張りも感度も満足出来ない。

 と思っておられる方ならフナヤオリジナル鮎竿の購入を検討されてみてはどうかと

思います。 

Ca3a0530

 竿の調子は、どちらと言うとガンガン瀬に向いた超硬竿が主でしたが

最近では、急瀬から早瀬 ・ 中硬硬 クラスまでラインナップされているので

好きなタイプの竿を選ぶことが出来ます。

 相模川や狩野川でもフナヤオリジナル鮎竿を持った釣り人を良く

見かけるようになりました。

 竿の調子的は、先調子であって感度はメーカーのうん十万円もする竿とそう

変わるものではありません。

 ただフナヤオリジナルと言うことで、メーカーのようなダイワ銀影競技スペシャルTとか

スペシャルSのようなブランド名は有りませんが、個々の竿には翔龍竿龍星竿

言った名前が付いており、竿を購入する前にプロト竿の貸し出しもしてくれることから

使用してから購入を決定することも出来ます。

Ca3a1008_2

 東レ60トンカーボンなど釣り具界では最高級品と言われたカーボンシート等を

使い、竿の仕様書やテストはフナヤが行い、竿の製造はサンテックが受け持って

おります。

 サンテックは、下野の竿やサンテツクオリジナル竿も製造販売しているので

安心して購入することが出来るメーカーです。

 私が使用していた頃のフナヤオリジナル早瀬 征龍竿など、チョットした衝撃で

節の直ぐ上の部分が折れてしまったこともありましたが、現在は改良が進み

そのような折損事故も減っているようです。

 正直、鮎を釣るだけの楽しみであって、メーカー等は問わず、ある程度の

性能があって、可能な限り リーズナブルな値段で鮎釣りを楽しみたいと

言う方にはもってこいな竿だと思います。

勿論、鮎トーナメンターの方でも全然行けますのでフナヤオリジナルで

報知オーナーカップ等、優勝を狙うことも可能な竿です。

フナヤオリジナル SUPER LIGHT II94で釣り上げた大鮎の一部です。

573

2011.9 矢部川で釣り上げた32.5cm 340g お腹が凹んでいてとても残念でした。

090924_001

相模川が尺鮎フィーバーの時に釣り上げた33.0cm 362gの鮎です。

SUPER LIGHT IIは昨年の狩野川でも活躍しました。

今日もプチッと応援宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ


他の鮎釣りサイトはこちらからどうぞ!

          ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ


他の釣りサイトはこちらからどうぞ!。

            ↓↓↓↓
にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログへ

フナヤオリジナル竿はこちらからご覧になれます。
  ↓↓↓↓
http://www.fs-funaya.jp/sinnseihinn.htm

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近の写真