フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

SUPER GAME POWER SPEC ZS HHH 80-87で遊んで来ました!

鮎釣り情報2013

fish 

 GWも前半戦から中盤へと入って来ました。山の事故が続き心配しておりますが

皆さんはお変わりなくお過ごしでしょうか?

 さて、私はと言いますと貴重な今日の休みはシマノスーパーゲーム トリプルHを持ち出して

虹鱒と遊んで来ました。

 

 このスーパーゲームと言う竿は、鮭釣りや本流釣りをやる方はご存知な竿だと思いますが

長さが8m70センチ、重さが365グラムありますが、鮎竿の半額以下の値段なんですね~

驚きませんか?

Ike_1638aa

 

 私はモデルチェンジとの事で特売の45パーセント引きで手に入れた竿ですが、この長さの

竿で4万円程度と鮎竿にはない割安感を感じてしまいます。

 虹鱒の方はと言いますと、今日は50センチジャストをキャッチして来ました。wink

Ike_1643

 

 鮭釣りの練習をするのであれば全然大きさが足りませんが、なかなかの引きで

竿をグイっと絞ってくれました。

 

 トリプルH(HHH)は流石に50センチ程度の魚では、最初の引きをグイっと堪えてやれば

魚は簡単に寄って来ました。

 この竿は胴に乗る竿ですが、頭が重くもなく1号以下の錘でも竿のしなりを利用して

簡単に飛んで行ってくれるのでとても気に入りました。

 

 ダイワのサーモンハンターですと少し棒のような硬さを感じてしまいますが

虹鱒程度から桜マスjまでスーパーゲームHHHは幅広く使える竿だと思います。

sun  竿が入っていたケースを見てみると この竿はインドネシアで製造組立と書いて

ありました。 なるほどね~ だからこんなに格安なんですね!!

 シマノの鮎竿もそのうちMADE IN インドネシア になってしまうのかも!?

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

 

ご協力ありがとうございました。



            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月29日 (月)

漁期延長と友釣り専用区拡張問題!

鮎釣り情報2013

fish 

 神奈川県内水面漁業調整規則は10年をスパンに更新・変更されているようですが

そろそろその更新の時期に来ているようです。

 噂では、漁期の延長と言うことで現在10月14日をもって禁漁とする規則を

1ケ月延長の11月14日に変更する作業をしているようです。

 そもそも禁漁とする理由について??もつきますが、川鵜との共同生活を選択する

相模川にとっては、解禁とともに居なくなった川鵜が禁漁とともに帰ってくる10月14日

その相模川の姿は、川鵜のパラダイスです。

 川鵜に産卵真近の鮎を取られるか、釣り人に狙われるか?等難しい選択だとは

思いますが、静岡県の狩野川や興津川をみてもわかるように禁漁なんて無意味なこと。

 だと私は思います。

鮎がいなければ釣り人は来ません。鮎が居れば釣り人は集まります。

 川鵜の方が人間様よりもずっとたちが悪いように思いますが・・・


fish


また、友釣り専用区の拡張問題として現在の相模川では小倉橋から上流と

鵜止まりの瀬の下流区となる神澤の瀬の一部、昭和橋付近から下流が鮎釣りが

解禁日となる6月1日からコロガシが出来る場所です。

 

 このコロガシ区域内に友釣り専用区を更に広げようとするものですが、相模川では

コロガシも盛んに行われている為、そう簡単にはコロガシを禁止して友釣り専用区を

広げることは難しい状況のようです。

fish

 私は、もっとも近い河川として相模川や中津川がありますので今年の鮎の状況も?

ではありますが、例年通り相模川の年券を購入しました。

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。



            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月27日 (土)

GW初日は大物釣りへ!

鮎釣り情報2013

fish 

日中は真夏並みの暑さになった関東神奈川エリアですが皆さん楽しまれましたか?

さて、私は某河川へ大物狙いで出かけて来ました。

Ike_1600

 しかし、そう簡単に大物なんて釣れません。

暑さと倦怠感と眠さが襲って来ました。

・ ・ その時 ・ 来ました! ご覧のニジマスでした。  狙っているものは50センチ

オーバーでしたが、引きが良かったのでまずまず楽しめました。

 ・ ・ しかし後がなかなか続かず、お腹も空いたことから気分転換に一度現場を離脱し

車で街並みまで移動し、なんとなくすき家に立ち寄ってみました。

 そこへなんと”よっちゃん”が ・ ・ 現れて ”よう 久しぶり” なんて声を掛けてくるものだら

こちらは想定外の人でビックリ店内で大声を出してしまいました。

 5年ぶり?それ以上だったかな~ よっちゃんはバスの運転手だった。

そう言えば、店のすぐ近くにバスの車庫があったな~! 

よっちゃんも暫く鮎釣りはしていなかったようですが今年からまたやると言ってました。

 よっちゃんと別れて私は、夕まずめ狙いでまたポイントへと向かいました。

 何度と竿を振っていると反応が出たので合わせてみると、グイグイ引っ張る

大物の予感! サンテックの9m本流竿がグイグイ曲がって折れそうな勢い!

これは不味いと思いながら竿を絞り掛り魚が走れないよう抑え込みに掛ります。

 しかし、このデカそうな掛り魚は更にグイグイと竿を持っていこうと左へ下へ前へと

動き、時間が経過しそろそろ浮いてくるかなと思いきや最後の力で下に潜りだし

・ ・ あ~バレタ! weep

 ハリスとの結束のより戻しの部分からスッポ抜けていました。 crying

 
Ike_1603

 その後は、全く反応なし。 

 気を取り直し少し散歩してみたところ、野に咲く花を発見!

タンポポです。

こんな山の中でそれも岩場の土に咲き誇っておりました。

 明日は仕事です。

連休は大会てまお預けです。weep

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。



            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月26日 (金)

ゴールデンウイークまっしぐら!!

鮎釣り情報2013

fish 

 鮎釣りの準備も真っ盛りのことと思いますが、GW9連休なんて方もいらっしゃるんじゃぁ

ないかと思います。

 海に山に川へと事故の起こらないことを願います。

fish

 さて、私の鮎釣り準備は例年のごとくですが、昨年作ったものや3年前にも作った水中糸や

イカリ針がどうしても蓄積されて、解禁から昨年の仕掛けを使ったなんてことも良くあります。

 解禁前に針や仕掛けを作られる人は殆どだと思いますが、私が思うに余り気合いを

入れすぎて作りすぎない事が良いのかなと思ってます。

 私は、針がどうしても余ってしまって ・ ・

 シーズンに入ってから針を巻くのは大変ですが、どうしても川の状況や釣りに行く川に

よって若干変わってしまうので困りものです。

 よくよく考えてみると、例えば相模川が90パーセントの仕掛けを作るのであれば

そう難しい話ではないのですが、川の状況と鮎の状況によっては昨年のように

桂川に行く回数が増えたり、秋川や羽村等流れの緩い川になったり

狩野川や興津川に主になったりと状況により鮎釣りスタイルが若干変わってしまうので

なかなか針の備蓄が出来ないでおります。

fish

 針の種類とハリス選びは難しいです。

同じ用に難しいと感じるのはハリスの長さです。

 短いハリスが私は好きでしたが、短いハリスは根が仮は免れても目に掛ったり鰓や口に

掛り易くなります。

 一番困るのは、目が掛りと腹掛かりですね!

 目に掛かる時は、ハリスが短すぎのセッティングが多いと思います!

 腹掛かりが多い時は囮が少し沈み過ぎか、ハリスが沈み過ぎていると思うので、囮を

少し浮かし加減でハリスを少し太めで長めでなんてやってますが、中々上手くは

行きません。

 だから針の作り置きは中々出来ないでおります。

fish

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月24日 (水)

静岡県 茶畑地滑り現場ルポ!

鮎釣り情報2013

fish 

  テレビで報道されていた静岡県の茶畑での地滑りは何処かで見たような

景色だった ・ ・ その瞬間まさか ・ 春野町?

fish

 直ぐに親父に電話してみるも誰も出ない。固定も携帯電話も呼出し音はするが

誰も出ないことから、心配になり静岡県の現場まで車を走らせて来ました。

fish

Ike_1449

 現地入りした23日の午後、テレビでも放送されておりましたが、2度目の崩落の

様子が目の前で起こってました。

 急いでシャッターを切ります。    それがこの写真です。

ちょうど向かって右側の黒くなった上の部分から木が落ちている瞬間です。

dash

 避難勧告の出ている家は、高杉地区で2軒、久原地区で4軒の合計6軒となってます。

私の実家は7軒目となり、もし今後崩落現場が広がり次の避難勧告が広がれば避難しな

ければならなくなりますが、今回は辛うじてセーフでした。

 久原地区の避難勧告を受けた家は、カジヤ、アラヤ、チカボー、オバタ の4軒と

なります。

typhoon

Ike_1467

 現場の正面の道路は報道関係車両で埋め尽くされておりました。

衛星アンテナを上空に向けライブ放送してました。

typhoon

Ike_1440

 杉川に掛る三協橋から上流を撮影しました。

川の水は、少し青みかかってますが濁りは出ておりません。

typhoon

Ike_1569

 更に現場に近づいてみると杉川一杯に土砂が堆積しておりますが完全に杉川が

堰止められている訳ではないので、今のところは一安心です。

 しかし、24日から雨が予想されいてるため急ピッチで杉川オーバーフローの場合の

バイパス水路を夜通しで工事しておりました。

Ike_1549x

翌朝、工事の進捗状況を見て来ました。

Ike_1574

 ここは元は、田んぼです。農家には頭の痛い話ですが災害発生時には致し方ありません。

Ike_1474

 崩落現場の直ぐ上流側の杉川の様子です。川の水が堰きとめられダムが出来て

ます。

Ike_1583

 マンジロー淵まで溜まってますが、23日の午後と24日の朝では水深はそう変わって

おりませんでした。

rain

 今回の崩落事故は、原因がはっきりしないこと。雨でも地震でも何が原因なのか

が謎の崩落事故です。

 杉川の水が溜まるような崩落は、かなり昔に気田子で起きたことがあったと思いますが

その時は、台風によるものです。

 これから雨が強くなると言うので下流部の方は土石流が心配です。

fish

 崩落現場は、幅約80m高さ160mの内、中腹から高さ90mの部分が杉川まで

落ちたようです。

 崩落現場の上の高杉の部分には幅150mでひび割れが見つかっていることから

今回の崩落は、その2分の1にしか過ぎないと現場ではみているようです。

 杉川が濁れば気多川もダメです。今年の鮎釣りは、石切り川、熊切川、杉川でも久原

から上流が良いと思います。

fish

 この崩落事故による犠牲者は今のところ出ておりません。


杉川の久原から下流は現在のところ危険ですので、立入らない方が良いと思います。

 国道362号線は、全線通行可能となってます。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月21日 (日)

DAIWA アンダーウェア DU-5003P インプレッション

鮎釣り情報2013

fish

 朝から雨ふりで超寒い今日の天気は、またまた真冬に戻ってしまったように震えが来ま

す。

こんな日には行きつけの釣具店に足を運び2013年のNEWモデルを購入して帰って
まいりました。
 以前、ブログでも記事にしましたダイワの高機能フィッシングアンダーウェア

DU-5003Pを購入して来ましたので、その着用の様子とその他モロモロについて

感想を述べたいと思います。
Ike_1421
上の写真は、DU-503Pを着用したものです。足は私の足ですのでご了解下さい。happy01
サイズは、サイズ表に入っているMサイズを購入しました。
 足首と脹脛の部分は、キュッと締まってます。歩いても屈伸をしても違和感は全くありま

せん。
 これに、シマノ3D設計の靴下を着用してみました。
Ike_1424
 


上の写真のハイソックスのタイプをチョイス!

Ike_1427
 

こんな感じです。気持のよい履き心地です。
続いて、ダイワのタイツを装着してみます。
Ike_1431_2

更にブーツを装着します。タイツは、LAをチョイス!

Ike_1436
ブーツは、27cmをチョイス!
足首辺りが少しゴワゴワした感じはしますが、普通の釣り場であればこれで行けるのかな
と言ったところです。
 足のかぶれについては、下半身を完全装備して家の中を少し歩いてみましたが
少しチクチクするようなところもありましたので、新しいタイツ類をネットに入れて
洗濯機でグルグル回してみました。
 新しい生地のゴムが肌荒れの元となるようなので、洗濯して余分な油等を洗い流して
からまた着用してみることとします。
fish
 アンダーウェアーの上着は、同じMサイズとしましたが胸の辺りが少しユルユルな感じで

した。
fish




sun


岡野釣具店での現在のところでの売上を見ると、鮎ベストに関しては圧倒的に
シマノが多く、タイツでは在庫不足になるほどダイワが多い と ・・ なんか
変なんだよな~ ・・ と こぼしておりました。



sun

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月20日 (土)

川鵜の対策について!相模川漁連から回答がありました。

鮎釣り情報2013

fish

 相模大堰は、河口から12km上流に位置し飲料水の取水の為に平成10年に完成し

現在に至っていることが分かりましたが、この日水鳥も近くに見えないことから上流の

ダイワ鮎マスターズ等大会会場となる石切場まで車移動し、平成23年の大水以降護岸

工事が行われていた個所等を見てまいりました。

fish

 石切場は、相模川右岸側を走る県道をリバーサイド田名と言う老人ホームから河原に

向かって降りて行きます。

 昔、岩盤の石を切って採石していたことから、石切場と言う名前が残っているようです。

ここまで車で降りてくると稚鮎の放流は今月14日に行われたとあって河原には沢山の

水鳥を見ることが出来ました。

Ike_1363

 一番目につくのが、カラスではなく川鵜です。

Ike_1369

 駐車場から少し上流田名よりのトロ場の柳の前には羽を広げて魚をおびき寄せている

鵜の群れを見ることが出来ました。

 Ike_1342

 ここから少し下流へと目を向けてみると、護岸工事が既に完了したようで左岸側の

鮎が溜まるトロ場は石で埋められてしまい、なんの変哲もないざら瀬に変貌して

おりました。

 Ike_1351

 更に下流へ歩き大会会場の最下流域から上流を見てみたところです。

残念ながら現在の様子では鮎の溜まり場となるようなところはありません。

 また水が出て工事をしたじゃ籠の前が掘れてくれたらと思います。

Ike_1389

 更に下流の新しい圏央道の橋辺りに目を向けると真っ黒い鳥の群れが見えました。

この群れを暫く観察しておりますと、川の上流から群れで水中に入り魚を威嚇または

採取し次から次へと川を下りながら川魚を虐めている様子が良く見えました。

 Ike_1392

 私は、更に近づきこの黒い鳥の集団を写真に収めに近づいて行ったところ

川鵜は一斉に上流へと羽ばたき逃げて行きました。

 Ike_1410

 その数、石切場だけでも約50羽おりました。

fish

 これではせっかく組合が稚鮎を放流しても鳥の餌になって何も残らないと思った私は

川鵜の写真と漁業組合の対応について質問状を相模川連合宛てメール送信して

みました。

 内容は以下のものとなります。

私の質問状: 

相模川漁業協同組合連合会 様

17日の午前中に石切りへ鮎の状況を見に行って来ましたが

鮎の姿は確認出来ませんでしたが、約50羽もの川鵜が三ヶ所に分かれて

川に入っては飛び、川に入っては飛びと

魚を採る動きが何度も見られました。

私は、相模大堰から車で上流へ移動して来ましたが

圏央道の新しい橋の上と、石切りの蛇かごの前辺りと、更に上流のトロ場に

それぞれ15羽ずつの川鵜の群れがおります。

この鵜の群れをこのまま放置していては、せっかくの鮎の放流事業が台無しになる

恐れも有ると思いますが、何か手当はお考えでしょうか?

お知らせ下さい。

XXXXX XX XX

mailto

相模漁連からの回答:

X X 様

 貴重な情報をありがとうございました。

川鵜対策につきましては、神奈川県内水面漁連が

銃器による撃ち落としや、アユの放流前にテグス張りなど

を行っておりますが、絶対的な効果が見いだせないのが現状

です。

 メールをいただいてプリントをした時、たまたま内水面漁

連の事務局が漁連に来ており、文面と添付の写真を渡しました。

漁連としても対策を考えてまいりますが、追い払いを強化すれ

ば他の場所で同じ事になり、対策には苦慮しているのが現状です。

 

 一方で、川鵜は人が居れば河川にはいらないことから、なるべ

く解禁まじかに放流するのも一案かなとも思っておりますが・・

             相模川漁連   XX XX


typhoon

 組合からの文面からは、具体策は無く現在は共存するしか方法が無いように

見受け致しますが、神奈川県の河川の場合10月14日には禁漁となり

禁漁後の相模川は、また川鵜で埋め尽くされて産卵準備の鮎も多数食べつくされて

おります。

 

 私は、機会あることに証拠となる写真を撮影し組合に上げてみようと思います。

行政も証拠写真が無い限り、なかなか動きづらいと思うからです。

 また、川鵜は人が居れば河川にはいらない・・との文面も納得出来ますが

春先から川に釣り人を戻すための、方策を何か行っているのか例えば天竜川で

行っているような桜マスや五月マスの稚魚放流事業等、現在の相模川

周辺の放流事業は、鮎以外は相模川や中津川の上流域だけであって

漁協が言う上流部から中流部・下流部には特に何もしていないように思います。

漁連の放流事業参照:http://sagamigawa-gyoren.jp/gyojou.htm

typhoon

 私が思うには、川鵜との共存もとても宜しい事ですがある特定数以上に繁殖

した川鵜は、他の河川に対しても迷惑となることから毎年の稚鮎放流事業のように

川鵜駆除を定期的に行い、川鵜の撲滅を図るのではなくある特定数以上には増やさない

地道な取組みも必要ではないのかと思います。

sun

 何か良い案がありましたらお知らせ下さい。

また、川鵜の写真撮影も写真日時・場所をお知らせ下されば幸いです。

 

にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
にほんブログ村

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月18日 (木)

相模大堰に行ってみました・・・相模川

鮎釣り情報2013

fish

 漁協への取材で76万尾もの鮎が遡上したと言う相模川の相模大堰まで

天然アユの遡上状況調査へ出かけてみました。

fish

 相模大堰は海岸から約12km上流に飲料水を取水する目的で、作られたもので

東名厚木インターよりも南に位置し相模川を渡る時に、海側方向に見ることが

出来ます。

 私は、この大堰には行ったこともなく、天然アユが多数遡上しているようなので実際に

見てみようと思いました。

Sagamiozeki

ヤフー地図で見ると東名下の橋の部分が相模大堰となります。

Ike_1333

 これが相模川の相模大堰と言うものです。相模川の流れがここで一旦切れて

湖のようにのどかな流れてとなてます。

 私が出かけたのは、大堰の右岸側となります。

Ike_1329

 大堰の下流側です。

ここで魚が一旦止まって魚道へと入る重要な地点ですが、鳥もいなければ魚も見えません。

Ike_1327

 魚道の部分です。三本の流れに分かれており一番左側が最も流れの緩い魚道と

なってましたが、鮎を確認することは出来ませんでした。

Ike_1330

 こちはら魚道の上流側となります。鮎は既に遡上が終わってしまったのか時間が合わな

いのか水鳥すら見ることも出来ません。

Ike_1336

 魚道の脇にはフェンスがあって、近づけない為に詳しい調査は出来ませんでしたが

組合が鮎の遡上調査に使ったと思われる椅子とテーブルが置いてありました。

fish

 今日も相模川の鮎を見ることが出来ません。



fish

 相模大堰から上流のダイワ鮎マスターズ等大会会場の最下流エリアとなる

石切り場へと移動してみました。

 このエリアは相変わらずの川鵜が約50羽、三ヵ所のグループの群れとなって漁をして

おりました。

 ・ 次回は、石切りを紹介します。

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月17日 (水)

相模川の鮎 初放流!

鮎釣り情報2013

fish

 例年、四月上旬頃から更新されていた相模川第一漁協のHPが、四月の中旬になっても

更新されないことから、今年の相模川の鮎放流事業はどうなっているのか?

 少し心配となり情報収集をしてみました。

happy01

 まさか相模川第一漁協の組合長が変わったことにより 、ホームページの更新が

なされなくなった?  なんて 心配してみましたが、そんなことはないく組合員は

忙しく出払っていることが良く分かりました。

fish

 相模川第一漁協のHPの平成24年度事業速報を見てみると、相模川の友釣り専用区と

なる昭和橋から上流の小倉橋までの間の稚鮎放流は、3月下旬ころから開始されて

おりましたが今年はずっと遅く 

 4月の14日(日)に初の放流が実施されたとが分かりました。

 稚鮎の大きさは、

    海産鮎 350kg 平均4.5cm 約87,500尾となっております。

 2回目は、4月16日(火) 海産鮎 125kg 平均4.5cm 約37,500尾となって

おります。



このエリアは、相模川では上流部と表示されており、昭和橋付近から高田橋付近、

葉山島、上大島、小倉橋下付近と鮎釣り専用区のメジャーポイントがあります。

 この間を現在、475kg、125,000尾あまりが放流されたこととなります。

 この遅れた放流事業が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、推測するに今年の

相模川の解禁も例年のようにあまり釣れない!解禁日となることが予想されます。

 県の人口産鮎も放流されておりますが、人口産は相模川の三川合流付近から下流部

に放流されており、現在のところ友釣り専用区には放流されておりません。

 一番関心のある天然遡上ですが、今現在 相模大堰を、約76万4千尾が遡上した

とのことです。

 今後の予定について、組合員の皆さんが出払って詳しいことは分かりません。

との回答でした。




 今後の動向は、相模川第一漁協のHPも参考とし

更には、 相模川漁業協同組合連合  

   HP http://sagamigawa-gyoren.jp/index.htm

を参考になさって下さい。





 お隣の中津川、中流部及び上流部の稚鮎放流も4月14日と16日に実施されて

おります。


 現在の相模川は、城山ダム放水量が毎秒30トンとなっており理想的な水位で

鮎の遡上も順調であると言えます。





 相模川の 6月1日の解禁予想は、今後の成魚放流がどうなるかにより多少の

変化はあると思いますが、チビ鮎にたまに大きな成魚が混じる例年のパターンで

特に、変化はないように思われます。


  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月11日 (木)

なんとかならないかな~川鵜!

鮎釣り情報2013

fish

 6~7日の爆弾低気圧の影響は、神奈川県を代表する相模川にあってはダム放水量が

最大で90トン前後と約1メートルくらいの増水でおさまり、昨年のような1600トン超え

のような大増水になることもなく無事に経過しました。

 そんな状況のダイワ鮎マスターズ・シマノジヤパンカップ・G杯 会場となる

高田橋上流の堰へ鮎の溯上を確認すべく出かけてみました。

Ike_1280

 昨年の今頃は、堰の工事ために左岸側の流れを堰止め、右岸側の流れだけと

なってましたが、現在は堰の工事も完了し写真のように満遍なく水が流れてます。


 特に、工事によって変わったところは右岸側の魚道のツラと堰の流れ落ちのツラが

一直線となり下流から溯って来た鮎が魚道に進みやすくなってました。

 河口から溯って来た稚鮎が必ず一旦休むであろう、この堰は今や川鵜の餌の捕獲場と

なっており

Ike_1293

沢山の川鵜が潜っては、首を出し潜っては首を出し、川鵜の餌場となってます。

 お腹が既に一杯になったと思われる川鵜は、右岸側の岸辺で休んでおり

お腹が空けばまた川に入って魚を捕獲す状況で、私が見ていた約1時間の間に

15羽程がおりました。

 


   相模川のこの場所は、川鵜退治も川鵜を追い払うラインも張ることなく放置状態と

なってます。

 川鵜をなんとか駆除して頂きたいと思います。


川鵜が居るためかは分かりませんが、一匹も稚鮎を見ることなく高田橋を後にしました。


 

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村





2013年4月 9日 (火)

オトリのタナ取り

鮎釣り情報2013

fish

友釣りにタナなんて必要?

fish

なんて思う方もいるかも知れませんが、水中糸の比重の違いを考えてみると

瀬やトロを泳ぐ鮎に対して、オトリの泳ぐタナは友釣りの重要な要素であると

言えます。

fish

 オトリが奇麗に泳いでいるのに掛らない! 追ってくるのに掛らない!

こんな思いをしたことはないでしょうか?

 現在、針は小さく軽く根掛りし難くなりました。

そのお陰で、オトリの操作を誤ると鮎が掛って来ません。

 野鮎よりもオトリが底深く泳いでいたとしたら、針はオトリの下に配置されているために

野鮎が近づいて来ても針には掛りません。

 この現実から、今回は仕掛け作りの前に頭を軟らかくする為に、オトリのタナ取り

について考えてみましょう。

fish

 昔話で恐縮ですが、私も鮎釣りはナイロン全盛の時代に覚え現在に至っておりますが

比重の小さなナイロン糸で友釣りをやっていた頃は、オトリをどうやって底に入れるか?

と言った技術が必要でした。

  ナイロン糸を超細いものを使用したり

  錘や背針を使用したり ・ ・ 等

 比重の小さなナイロン糸は、水中に沈みにくい為にオトリがどうしても浮き易くなって

しまいます。

そこで、錘を付けたり、背針を打ったり、糸を更に細くしたりとあの手この手で

他の釣り人よりも一匹でも多く釣りたいと思った懐かしい時代がありました。

fish

 現在はと言うと鉄や鉛の比重と同じか、それに近い比重の大きな水中糸や

金や白銀のような特別大きな比重に近い物質のタングステンを使用した

水中糸の製品も良くなって来て、釣り人の多くは、現在ハイテクと言われる

比重の大きな水中糸を使用する機会が増えたのではないでしょうか。

fish

 ハイテク糸を使用した鮎釣りは、オトリを底に沈めることは昔のナイロン全盛の頃

に比べれば簡単になって来ました。

 しかし、私が感じていることはラインの比重が大きくなりオトリが簡単に川底に沈む

今は、逆にオトリをある程度まで浮かせる事が難しいこと。

 これは、鮎が川底に入りかんじ~(カジカ・吸盤)のように川底に張り付いていては

絶対に鮎は釣れない。

 かんじ~のように川底に張り付いていないまでも、野鮎の泳ぐ層かそれよりも

若干浮いた層を泳がせた方が掛りが良いと感じたからです。

 この野鮎の泳ぐ層よりも若干浮いた層をオトリのタナ取りと考えてます。

fish

 その理由として、チラシにしてもイカリ針にしてもオトリよりも下(川底)に配置されます。

これが一般的な針とオトリの配置となり、この配置で野鮎が掛るには

野鮎は、更にオトリよりも若干下(川底)を泳ぐ必要があります。

 この事を考えて、比重の大きな水中糸を使う場合は、オトリのタナ取りも考えて

仕掛け作りが必要となります。

 具体的に言うと、比重の小さなナイロン糸と比重の大きな水中糸とを連結する

付け糸と言われる鼻環からハイテク糸までの長さと太さが問題となります。

 材質にはあっては、ナイロンとフロロカーボンとの比重は僅かなものですが

比重 1.14と1.78 この数値の差が、実際に川の中でどのくらいの差になる

かははっきり分かりませんが、私はどちらかと言えばナイロの付け糸を使用し

なるべくオトリを浮かせて泳がせるイメージで仕掛けを作ってます。

 また、付け糸が最近太くなった? なんて感じている方はおりませんか?

これも釣っていて自然とオトリの沈む層を感じとりセッティングした結果によるものと

思います。

   俺は底に付いたオトリを上下に動かして釣りたい!

と思う人は、付け糸を極端に短くしマスターズ優勝した名人もおりますが

これを真似しようとしても普通の釣り人には無理なことと思います。

 名人と言われる人は、それなりの蓄積があるからこそ名人であって

単に名人の仕掛けを真似ても釣れない! にはやはり理由があるからです。

先ず仕掛け作りの前に、頭を軟らかくしてオトリの泳ぐ層 ・ ・ そう ”タナ取り” を

考えてみましょう。

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村






2013年4月 6日 (土)

比重から見た水中糸の選択!

鮎釣り情報2013

fish

各メーカー毎年新しい水中糸を発売し購入するのに迷ってしまいますが

選択の方法として、釣り糸の比重から選ぶ方法もあります。

Ike_1260

 


この比重をある程度頭に入れておくのと、おかないのとでは鮎釣りの場合

釣果に大きな差が生まれる場合もありますので、今回は比重について考えてみます。

 比重の難しい定義は、各人で調べて頂いてここでは比重として釣り糸に表示されている

数値を見て選択する方法を考えてみます。

 先ず、比重の基準となる   比重”1”って 何なんでしょうか?

比重 1 になる基準値は、”水” の定められた水温での質量から定められています。

 従って、比重 1 よりも小さな数字 例えば  0.97 は水に浮き

       7.9の数値は、1よりも大きいので水に沈む。 となります。

 一般の材質として、木材は川でも浮いて流れてい来ますが木材の比重は0.4~0.5

となります。

 鉄は、比重7.8    、銅は、比重8.9  、  鉛は  比重11.3 となります。

では、比重の一番大きなものは何だろう?と 調べてみるとこれが良く釣り糸でも使用

されている ”タングステン” 比重 19.3 と鉛よりも遥かに大きな値となります。

  比重には単位がありませんので、数値のみの表示となり数値が大きければ

大きいほど、水に沈みやすく小さければ沈み難くなります。

 タングステンは、電球のフィラメントに使用されているものと同じ材質です。

 ここまで頭に入れておいて、釣り糸に戻ります。

釣り糸で、ナイロンとフロロカーボンとありますが、どちらが水に沈みやすいですか?

        答えは、 フロロカーボン  です。

ナイロンは、比重1.41  釣り糸の ターボV 等

フロロカーボンは、 比重 1.78 ゴーセンPRO 等 (ナイロンよりも重い)

ダイワのメタコンポは、 比重 2.1 (ナイロンやフロロよりも重い)

ゴーセンの感激は、 比重 7.9 

ワイヤーキングポイントは、 比重 7.93  ここまで来るとかなり重いです。

ダイワMステージは、 比重 8.0   キングポイントよりも重い!

最近流行りの北越 ランスペシャルは、 比重 9.3  

ゴーセンのビィンテージは、比重19 となります。

これは、あくまでも比重を重視して見た水中糸の傾向ですが、北越のメタビートや

ランスペシャルは、かなり比重の大きな(沈む)糸を使用していることが理解出来ると

思います。

 この比重以外に、摩擦抵抗や伸縮率等 釣り人が求めるものは数多くありますが

水たまりのような鏡のポイントを釣る場合と、ガンガンの瀬を釣る場合では

少し水中糸を変えてやるだけでかなり釣りやすくもなるし、鮎も釣れるように

なると思います。

 参考までに、PEの比重は、0.97となり 水に浮きます。

比重を頭に置いて、良く鮎釣りをするポイント と 使う糸を決めるようにし

どの水中糸を購入するか決めてみたら良いと思います。

sun

  ・  一般的には、比重の小さな ナイロン や フロロでは流れの緩い

  泳がせ釣りに有利。

  ・ 急な瀬や荒瀬等には、比重の大きな金属ラインが有利。

sun 

 ・ 増水時は、ナイロンやフロロよりも少し比重のある複合ラインが有利。

 ・ 渇水時や場荒れの時などは、比重の大きな金属ラインよりも比重の小さな

  複合やナイロン、フロロラインが有利。

sun

 川の状況に応じて釣り方や、錘や背針等の使用により変わって来ますが

比重の違いによる基本的な水中糸の選択は以上のようなものと思います。

  

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月 2日 (火)

横浜FS コレクション!癒しの妖精達 2013

鮎釣り情報2013

fish

 早くも4月に入りました。 来月から鮎釣りの始まりです。

2013FSの締め括りとして残りの写真を公開します。

 お好みの写真をお知らせ下されば光栄です。

Ike_0838

 横浜みなと未来は、桜が開花し桜並木を楽しむことが出来ました。

まだ未公開写真もありますが、それはまたOFFシーズンにでもとしまして、これにて

Fショー関係は千秋楽と致します。

 
 皆さんの鮎釣り準備も本格的に始動したことと思います。

 

Ike_0749

ENTRY NO.1 megabassの 圭ちゃん(仮名)  接客中!

Ike_0643gg

ENTRY NO.2 がまかつさん スカーフが航空会社みたいです。

Ike_0648s

ENTRY NO.3  daiwa製品(リール)の説明から プレゼンのお姉さん

Ike_0656

ENTRY no.4 EVER GREENさん 逆光ですみません。

Ike_0659

ENTORY no.5 黒髪が素敵なアジエンス! 椿ちゃん(仮名)  私は、JACKALL

Ike_0674w

ENTRY NO.6 シマノさんから 語らいのお姉さん(仮称)

Ike_0703_2

ENTRY NO.7 GOSENさん 釣り糸使ってますよ!

Ike_0706

ENTRY NO.8 サーフフィッシングを語る ミニミニちゃん (仮名)

Ike_0716

ENTRY no.9 スマホアプリ ”hapyson”の  キユーティーちゃん(仮名)

Ike_0713

ENTRY no.10 スマホアプリ hapysonの ポンポンちゃん(仮名)

Ike_0721

ENTRY no.11  超グラマスな VAGABONDさん

Ike_0725

ENTRY N0.12 VALLEYHILLさん

Ike_0729

ENTRY NO.13 P・ボート買っちゃいましょう!さん  daiwa監修YAMAHA製作

Ike_0739

ENTRY NO.14 ECOGEARちゃん

Ike_0747

ENTRY no.15 どうぞ! ベリーパーク ガラガラ抽選会の お姉さん

Ike_0776

ENTRY no.16 JACKALLさん  二人が接客中にパチリcamera 

Ike_0796

ENTRY NO.17 マグロ釣りの解説 フリーアナさん(仮名)

Ike_0817

ENTRY NO.18 SASAMEちゃん

Ike_0777_02

ENTRY NO.19 JACKALL 美貌ちゃん(仮名)

Ike_0777

ENTRY no.20 JACKALL 私がセンターよ!(左)

Ike_0809

ENTRY no.21 seabassのimaさん    いま~?  いまでしょ~!!

Ike_0821

ENTRY no.22 EVER GREENさん 

Ike_0766

ENTRY NO.23 FISHING トークショー

Ike_0678

ENTRY NO.24 SHIMANOさん 白と青のコントラストが素敵でした。

Ike_0646

ENTRY NO.25 DAIWAさん  上着は脱いで欲しかったですね!

Ike_0792
ENTRY no.26  黒のgamakatsuさんは 汐の香りよりも大人の香りが





以上、最後まで見ていただきありがとうございました。




  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年4月 1日 (月)

F1スペシャルシューズ

鮎釣り情報2013

fish

 ベリピタロックシステム搭載のF1SP-1000BLを観察してみるとダイワらしからぬな

技術が搭載されておりました。

 これも横浜Fショーからの情報収集ですが、なんとこのベリピタシステムを復活させた

技術とは、    downwardright

Ike_0819

 upwardright    一般に電気部品として販売されているインシュロックから生まれておりました。

 随分と、多方面からの部品を流用することで一旦廃番となったベリピタロックシステムは

復活したのです。

 Ike_0820

上の写真のフェルトと赤色のボッチとを繋いでいるのが、黒色のインシュロツクです。

フェルトも以前の物よりも圧縮を掛けて消耗を遅らせているとの説明で年間40日程の

釣り人であれば、シーズンをフェルト交換なしで過ごせるるとの事です。

 また、フェルトに打った金属ピンの太さも少し太い物へと交換されているようなので

これはもしかして、今年の岩盤はこれで行ける?かな~と思いました。


Ike_0820ss

 もうツルツルの岩盤には登山用のアイゼンを噛ませてトライするしかないかも

しれませんが、このシューズでもかなり行けそうです。

  ログランキングに参加しております。どれかポチッとお願いします。

ご協力ありがとうございました。

            ↓↓↓↓                           ↓↓↓↓                 ↓↓↓↓
         にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

最近の写真