フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

球磨川最終日に来たか!?

鮎釣り情報2013

無事に帰宅の途に着いてます。
今日最終日も28日300グラム級の当たりがあった人吉市内に入りました。
まだ来ないだろうと思っていた開始早々の午前10時一発目から強烈な針当たりの振動が伝わって来ました。すぐさま囮を引いて2メートル程上る鮎に対し竿先でガツンととどめの針り合わせをすると一気に下り出しました。
瀬は水深が1.5~2メートル程度、ヘチは流れが弱いトロ場、直ぐに座り込むように狙い11メートルが大きく曲がる。
しかし‥球磨川の鮎は全く寄って来ない。
自分の記憶の中では鮭釣りの大勢になったと思います。
かなり重心を低く全体重を掛けていたところポロリと外れて囮だけが浮いて来ました。
今の私の考え方では球磨川の尺鮎をタモに納める事は出来なかった。

反省と今後の展望などをまとめてみたいと思います。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ

にほんブログ村

 

2013年9月29日 (日)

明日は最終日!

日曜日とあって午前6時半頃に目指すポイントに行ってみると既に3人竿を伸ばしていた。
これはダメだと思い三波迫の瀬の上流に行ってみると三波迫の瀬が空いていた。
今日は勝負とばかり急いで下る。
現場に到着すると同じわナンバーの車が‥川まで歩いて行くと丸山水産社長が絶賛する尺鮎釣り師のS山さんが居た。
運よく竿一本半程空いていたので私は、下流に入った。
S山さんはバカバカ釣っている。
私は、時々掛かる程度。囮も苦しい状況になったので上流に歩きトロ場に入って数匹掛かる。
日も傾いて来たことで三波迫の瀬と対決!
左岸ヘチで2匹来て右岸の深瀬芯脇で2匹立て続けに来て‥いよいよ瀬のガンガンの右岸岩盤へ錘を打って勝負する。
囮が馴染みガンと小さな当たり!これはもしやと思い慎重に下って寄せる。
網に入れてみると28.5センチ位と平凡なサイズだった。
これを囮に更に厳しい所を狙うも‥当たりは無く終了。
帰り際にS山さんと暫し鮎談義‥番号交換 をしまた来年を誓った。
ホテルに到着するや歯は痛み身体は動かない。
一日中11メートルの竿を昼飯抜きで操るのは死に近づいた気分。
気分も悪く風呂上がりに栄養剤を飲んで早々に床に就きました。
初めてビールも飲みたく無いほど気分が悪かった。
朝パン、昼パン、夕飯は白木屋の生活は終わりに近づいて来ました。
運を相模川で使い切ってしまったようです。
最終日の今日も少し竿を出してから飛行場へ向かいます。
皆さんの期待に沿えられなくてごめんなさい。
やることはやりましたが‥今年の球磨川は少し変わっていて厳しく感じました。

応援ありがとうございました。

6日目の結果写真

6日目の結果写真
6日目の結果写真
30.3センチには遠く及ばない。

2013年9月28日 (土)

5日目の釣果!

5日目の釣果!
もう苦しい‥何か釣れない。

球磨川5日目の朝を迎えて‥

鮎釣り情報2013

人吉市内も朝晩はメッキリ冷え込むようになりました。
今朝は何時もの歯のヒリヒリ感と風邪気味なのか頭痛も少しします。
疲れもピークのようです。
何が大変かと言うとオトリを入れたオトリ箱の川まで運ぶことです。
重くかなりの重労働となります。
さて、今日の球磨川も快晴で濁りなし。
地元から稲刈り真っ最中の「まさきさん」がコンバインに乗って球磨川まで来てくれると言うことで力強い助っ人の登場となります。
もしやして少し期待出来るかもしれません。


 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ 

2013年9月27日 (金)

球磨川4日目の結果!

鮎釣り情報2013

今日は三カ所車移動しました。
それが大失敗に繋がりました。
今朝は急な冷え込みと日中の急な気温上昇を読んでじっくり釣った方は、数も大きさも出てました。
私は、凹み部屋行きです。
片手の釣果に

明日は、大鮎カテゴリーの又左さんとやることに決まりました。

30.5センチの立派な鮎がたまたま掛かるようです。
大物が潜んで居るところは鮎超薄いようです。
さあ明日からどうにかしないと尺鮎ちゃん

球磨川4日目の朝

鮎釣り情報2013


   

皆さんおはようございます。
今朝はひんやりする秋を感じる朝を迎えました。
空はどんより曇り空です。
今日も歯医者に行ってから頑張って来ます。
中々手強い状況で鮎を一匹釣り上げるだけでも厳しいとの声も上がってますが‥頑張ってみます。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ  

2013年9月26日 (木)

3日目の写真!

球磨川3日目!晴れ
球磨川3日目!晴れ
晴天が続くも昼から強風に見舞われました。

球磨川3日目!

こちらでの日課となりました鮎釣り前の歯科医通い。
痛みはかなり弱くなり薬を飲まなくても我慢出来る程度まで回復して来ました。
朝早く起きなくても良いので朝風呂に浸かりのんびりしてかれ歯医者へと行きます。
鮎の方は予想を反して厳しい状況です。
網の親父さんに聞いた所、250グラム級は入りおる。ばってん300グラムはたま~に入りおる。とのことsign01
今日の最大は27センチ級‥数はッ抜け出来ましたが‥
明日は勝負の日なんだけどな~‥sad

2013年9月25日 (水)

球磨川2日目に釣れた鮎!

球磨川2日目に釣れた鮎!
球磨川2日目に釣れた鮎!
球磨川2日目に釣れた鮎!
氷で絞めて車移動後の測定ですが28.5と28.0の綺麗な鮎です。

今日は歯医者に行き患部をグリグリされてしまい歯の神経4本が腐っていたとの事で毎日来なさい。
と言うことで明日も歯医者通いとなりました。
今日の球磨川は厳しい洗礼を受け午後3時過ぎまでオトリが変わらないと言う事態にsign01
それも開始早々飛び切り元気で綺麗なメスオトリを根掛かりブレイクその後、雄オトリを約2時間引くもまた根掛かりブレイクsign01
そしてメスオトリに交換後、直ぐに掛かるもバレた。
その後も時間だけが経過し雌オトリを選んで引き舟に入れて流れの弱いところまで移動し、やっとの口掛かりでゲットsign01
これをオトリにしたら直ぐに2匹目が来ました。
やはり最初の囮交換が要です

2日目の朝を迎えて‥in 球磨川

皆さんおはようございます。
昨日は、狙い11メートルを球磨川本流で初めて使用してみました。
瀬でも中々のもので27センチクラスの鮎なら何ともなく寄って来ました。
竿が長い分竿全体で弧を描きパワーは9→10→11と格段に強くなる感じです。
私より先に球磨川入りしてた長さんから31センチ305グラムの綺麗な尺鮎を釣り上げたとの情報が入りました。
現在、歯医者に来てますが、終わり次第私も球磨川へ向かう予定です。
結果は如何に‥

今日の球磨川も青空が広がってます。

風弱く水量は渇水気味で水色の良い現在の球磨川です。

2013年9月24日 (火)

球磨川一日目

球磨川一日目

 

川辺川オトリ屋まっちゃんの前辺り入りオトリ5尾取り(1尾腹掛かりは放流)
球磨川本流は観音の瀬に入りました。
最大で27センチ程度と苦戦sign01総釣果10尾で初日終了。
明日は午前中歯医者に寄ってから川に向かいます。
また歯が激痛sign01

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ  

一年振りの球磨川に到着!

鮎釣り情報2013

朝3時半に起床、4時40分羽田空港行きのバスに乗って午前6時35分発鹿児島空港行きの飛行機に乗りました。
空港近くのレンタカー屋さんで予約しておいた車に乗り込み球磨川へ‥ホテルに到着し荷物を車に積み込んで‥丸山水産へ‥さあ今年も尺鮎対決!始まります。happy01
先ずは川辺川へsign01

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ

にほんブログ村

 

2013年9月23日 (月)

左下奥歯から激痛!

鮎釣り情報2013

歯が痛いのには参りました。
鮎釣りどころか夜も眠れない激痛がした。
最寄りの駅で休日でもやっている歯医者を見つけこれから治療に向かいます。
明日は予定通り飛行機に搭乗する事が出来るかな‥いやいや参りました。

球磨川は現在、28センチ以下のチビ鮎は沢山釣れてるようで釣り人は多く動くのも大変なようです。
歯医者を終えたらまた大物用本仕掛けを作ります。

チビ鮎だsign01なんて油断して細い仕掛けをを使うとジャンボ鮎が来てしまうんだな~‥

しかし、幾つになっても歯医者には行きたくないな~‥


2013年9月22日 (日)

球磨川遠征準備に追われ!!

鮎釣り情報2013

皆さんおはようございます。 遠征先からもブログを更新出来るよう携帯から更新を可としました。 昨日の午後に鮎竿や引き舟、オトリ缶等一式を人吉市内の宿泊先宛て発送しました。 結構な大きさのダンボール箱3箱と竿入れ用に作成した塩ビ缶に鮎竿3本を入れて送料6900円でした。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

 

2013年9月20日 (金)

早くも36トン/秒台に! in相模川、お隣中津川は渇水で濁り

鮎釣り情報2013

 城山ダム放流量を見てみると、なんと放流量はほぼ平水に近い36.6トン/秒

となっていた。

 これはもしかして友釣りが出来るのではと思い慌てて釣りの準備をし上大島へ

向かってみました。

 しかし、相模川の水量は大したことが無くても濁りは皆さんの読みのように強く

カフェオレのような水色に愕然としました。

 P9201129


 彼岸花が綺麗に咲き誇っておりました。

本格的な秋も直ぐそこまで来ているように感じますが、まだまだ日中の太陽光線は

強く、車の中はエアコン無しでは苦しい状況です。

 

 P9201131


 相模川売店前には、常連客とみられる釣り人がシルバーシートから

数人オトリを泳がせておりましたが、釣れているのかは分かりません。

 鮎は時より跳ねておりましたので、残っていることは確かです。

P9201133


 上大島売店前の水の色です。

P9201132


 売店前の下流側です。キャンプ場前に釣り人1名がおりました。

P9201141

 鵜止まり一本瀬に入る道は流されずに残っておりました。

車の出入りは可能な状態です。

P9201138


 鵜止まり一本瀬の状況ですが、大きな地形の変化はないように見えました。

P9201149


 上大島まから葉山島へ移動し、葉山島の堰の様子です。

 川鵜が堰の落ち際の流れの中へ何度もダイブし魚を捕食している姿が

見られました。

  鮎は、流れの強い所に入っているようで川鵜もしきりに流の中へ入ってました。

P9201151


 中津川八菅橋の下流の様子です。

中津川は相模川に比べて濁りが薄く水量も5.5トン/秒前後と少なく

釣り人も沢山入ってました。

P9201153


 中津川八菅橋下流の様子ですが、釣れているのか分かりません。

P9201155


 中津川でも30.5cmの尺鮎が釣れたようです。

このポイントには大物が居そうです。( ̄ー ̄)ニヤリ

P9201156


 下流にも釣り人は入ってましたが、風が強く私は竿を出す気にもならず

写真撮影後帰宅しました。

以上現在の相模川と中津川の状況です。


Ike_2134s
    (300mmで撮影切り出しです)

  

 昨日は、中秋の名月でした。私もマイカメラでお月様を撮影してみました。

宇宙が少し手短に感じる撮影となりました。

 

 今日の河川情報 ・・ うんうんと思った方は、下記アイコンを

ポチット!クリック願います。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

 

2013年9月17日 (火)

中津川は現在友釣りは出来ません。

鮎釣り情報2013

 

 皆さん大変失礼しました。

 組合の17日の中津川情報は、午前中の情報であって

現在、中津川にはダムの濁りが入ってしましい友釣りは不可能な状態との

ジモピーの方からメールが飛び込んで来ました。

 従って、中津川への明日の釣行も先ず友釣りは

不可能と思われます。

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

台風一過の秋晴れの下、鮎釣り可能河川があった!!

鮎釣り情報2013

  台風18号の接近する昨日の朝、私は出勤するために最寄りの駅へと向かいました。

この時は、風と雨が丁度強くなり出し革靴とズボンはびしょ濡れに!

 

 電車に飛び乗ると45キロ/時速の速度規制となっていたが取り合えず

動いていたのでホットした。

 そんん祝日の月曜日を勤務先で迎え、時より相模川のダム放流量を携帯で確認すると

なんと最大で1442トン/秒にまで増水していた。

 これで相模川は終わったと思い、知り合いのネットをチェックすると富士川や狩野川

等、何処の河川も大洪水の情報で鮎釣りの出来るような河川はないだろうと半ば

諦めの気持ちだった。

 Ike_2093


 そう言う訳で、帰宅した今日は寂しい気持ちとやっと少し体を休めることが出来る

安堵の気持ちとが複雑に絡んでいた。

 空は秋晴れで大山や塔ノ岳等の南丹沢山系が久し振りクッキリと見える。

 今日の夕焼けも綺麗だった。

Ike_2117


 ブログで相模川の今シーズンの思い出話しでも書こうかと思いながら、とりあえず

来週から遠征する為の天井糸を作った。

Ike_2105


 接写してみたが久し振りの接写で接写し過ぎたか分かりにくい写真に!

Ike_2104


 このラインで完成品は、こんな感じです。

Ike_2107


 防水パックに入れて完成です。

 今日の昼までは、90トン/秒まで落ちた相模川の水量を見ようと、相模川

第一漁協のホームページに飛んで見たところ

なんとなんとお隣の中津川は、ダム放流量が5.7トンと平水であり

 

鮎釣り可能と表示されているではないか!!

 流石に大雨に強い中津川です。

 そんな訳で中津川は、鮎釣りが出来ますよ~!!

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月15日 (日)

台風18号接近中でも釣行! in 相模川

鮎釣り情報2013

 午前4時半に起床し外を見るとバシャバシャと音を立てて雨が降っている。

昨日のオトリ取りに苦戦した私はどうしても今日竿を出したかった。

  
 

310261aut018


 朝一番になら間に合うだろうと思った私は、普段と変わらず準備し相模川へ

向かった。

 

 昨日浸けたオトリ箱は、雨水で増水した沢からの勢いが強く流されそうな

状態ではあったが辛うじて間に合った。

 中を確認すると全ての鮎が元気だった。

 

 このオトリ箱を持って少し上流へと車で移動し、もしもの増水の時は

直ぐに逃げれる体制で車を止めた。

 

 辺りはようやく明るくなりだしたがまだ薄暗く雨の音が煩く感じる。

時計を見ると、午前5時50分。

 私は、その場でオトリ箱から全ての鮎を引き舟に移しポイントへと

向かった。

 天井糸を何とか穂先に装着できる程度の薄明かりしか無い。

雨は、相変わらず強く風も台風接近を思わせるように時より突風が

吹く。

 さあ何処から始めようか ・ ・ 野鮎のオトリがあるので尺狙いのポイント

へと向かいオトリに鼻環を通し、針はハリス3号、10号の3本イカリ

で行き成り勝負に出る。

 ヘチを止めては引き上げ止めては引き上げ何処に鮎が居るんだと

想いながら竿を動かすも当たりすら無い。

 この雨ではダメかと諦めかけた ・ ・ その時 ビンクン と反応が

来た。

 竿が曲がる。風で更に曲がる。 これはもしや行き成りの尺鮎か??

P9151086_2


 そそくさと下ってへちに寄せてタモで掬った。

P9151078


 まあまあの良型27cmのオスが釣れた。

 

 オトリは、メスだった。

P9151077


 このオスの鮎をオトリに入れ掛りを期待したが、この雨と風では

次が来ない。

 

 時よりペットボトル等のゴミに混じり草が流れて来る。

この草がオトリの体力を消耗させグロッキー!!

 P9151094


 オトリを昨日購入した養魚に交換し少し下流の流れの強い所に入れてみると

急に竿が重くなった。

 ゴミかと思って竿を立ててみると鮎だった。

 

 P9151099


 午前9時に、増水と濁りが強くなったことから終了。

釣果は、5匹!!

 

 P9151117


 一本瀬もかなり水が高くなって濁りも強くなって来ました。

 身体も冷えて身震いするくらい。

 釣れた鮎を全て放流し帰って来てお風呂に入りました。

 あ~気持ちよか~・・・・ 目標は尺鮎でしたが

こんな天気ですから釣れただけで感謝の相模川となりました。 

 

 

P9151120


帰りの道も水が溜まってました。

P9151119


 沢のよになってました。

 これはヤバイヤバイ!!

 

 無事に帰ってこれて良かった。

 売店前では、10名程がまだ真剣に鮎釣りをしておりました。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月13日 (金)

ハリス切れが続発している・・ in 相模川

鮎釣り情報2013

 朝一番で目的のポイントに入るも余り釣れる気配がないことから

ここで2尾釣り上げて下流へ移動。

 今日の相模川は、ダム放流量が16トン/秒台と両岸の石が黒く

乾いている。

 

 朝の水温は、23℃と以前と低水温のままですが青空が広がり

太陽がサンサンと照らしている。

 風弱く釣り日和となった。

P9030948

 午前中は、下流が気になり移動してしまったが昼の休憩の時に

監視員の方が回ってこられて、私が朝方入ったポイントで丈夫な

中ハリスが切られたと言っておりました。

 また監視員のお話では、今日は上流側でも多くの釣り人がハリスを

切られており、1.5号のハリスではダメなような事を!

 私は、1.5号はオトリ取りの時に使用するくらいで常時

2号から3号のハリスを使用している。

 釣れた鮎の大物サイズの個体は、どことなく貧弱でオトリ箱に入れて

綺麗な水の所に1日置いただけで死んでしまっていた。

 特に、今日釣れた鮎の27cmの鮎は一旦オトリに使用しただけで

引き舟の中で死んでいた。

 なんか弱い。

 掛かった時の引きも最初だけで竿でグイと保持すれば簡単に

寄って来る感じに。ただ重いだけに竿はそれなりに腰が必要ではある。

 こんな状況下で、ハリス2.5号を切る大鮎が

いるのか?

 いるなら是非、出会ってみたいものだ!

 

 午後の開始早々、車から少し上流に歩き到着してから

タモを忘れた事に気付く。

 朝、声を掛けて頂いた年配の釣り師の方が心良く私にタモを

貸してくれた。

 

 

 そんな訳で、午後4時、川から上がる時にタモのお返しと引き舟に

入っていた元気な鮎を全て年配釣り師に渡して来ました。

 その方は、大変喜んで鮎を受け取ってくれたのでこちらとしても

嬉しかった。 

 

 釣果は、午前中3尾のみ。 

 午後から、6尾であった。 大きさは、24cm~27cm
 

 今日は、動くタイミングが悪く、大物の釣れるポイントを外して

しまったと反省。

 大物鮎釣りには辛抱が必要と改めて感じました。 

 今日のゴールデンタイムは釣れたのか?少し気にはなりましたが

友人が遊びに来ていたので、私は早々に上がりました。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月11日 (水)

減水と水温の低下 in 相模川

鮎釣り情報2013

 水温が23℃とここ平日の水温よりも2℃下がった今日、午後2時半頃から

竿を出して来ました。

 

 オトリは、売店で一匹購入し釣れるか心配だったので富士川尺遊会メンバーの

O氏から元気な野鮎を一本頂いてから開始しました。

 その理由として、今日私が向かった相模川の瀬にはダイワ鮎マスターズ全国

大会で優勝した山○さんや、そのお仲間の人達が来ていて昨日尺鮎を釣り

上げたとの情報から、簡単には養魚では釣れないだろうと読んだから

です。

 読み通りに野鮎からの開始ですと随分と楽に野鮎との交換が

出来ました。

 状況としては、水温が平日よりもマイナス2度と低いことから

流れの緩い垂水の部分を練ってみました。

 

 こんなところを狙って、なんとか明日のオトリを確保出来ました。

P9111067


 私の本日の最大は、27cmでした。

 明日は、朝から相模川へ向かうこととします。

 マイナス2℃となる23℃でも、神経質な相模川の鮎は動いてる

いると思います。

 その理由として普段掛からない小さな鮎が掛かって来ました。

 

 明日が本番尺鮎目指して頑張るぞ!!( ^ω^ )

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月 9日 (月)

オーナー荒瀬12号を使ってみる!!in相模川

鮎釣り情報2013

 仕事帰りに相模川へ向かいました。昨日は雨と言うことで皆さん苦労された

ようですが、今日は晴れ間の広がる天気です。 

 絶対に釣れると思って球磨川用に購入しておいた

「オーナーの荒瀬12号」 でチラシ2セットを作り、午後1半頃より相模川で

竿を出してみました。

 今回は、しっかり上大島の売店でオトリを購入してからの釣行です。

P9091066


 オーナーの荒瀬は、ASTEA激流長良に似たようなガクガクした針の形を

してます。 

 今回は、オトリが変わってから本命の大鮎が潜む深瀬で使用して

みましたが、掛り方は理想とする背掛りが多かった。 

 この針ですと途中でバレルような気がしない。

 特に、エイヤー ・・ と引っこ抜きたい人には良い針だと思います。

P9091057

 開始早々の養殖おとりの時は、3本イカリを使用。(養魚の根掛り防止

 

今日の釣果は、釣れた小さな鮎や死んでしまった鮎は川へ置いて来ました。 

最後に掛かった28センチ級は、根掛り放流でしたが、この針は意外や意外に 

良く掛かります。 

 オトリを交換するために三本イカリを使用し2匹までは、ある程度すんなり

行きましたが、3尾目は3連ちゃんのバレ続き。 

 9号三本イカリでしたが、バレました。

 

 バレた内の 1匹は大物の予感がした鮎で、口掛りでギュンギュンと

下流に持って行き、すんなりとヘチに寄って来て浅い石と石との間で

身をネジリ針を外して逃走した強者がおりました。

 この時は、まだオトリ取りをしていたのでメタコンポ0.07号を使用し

余り無理せずに鮎の言いなりに竿を操作してましたが、まさか姿も見せずに

針を外す鮎が居るとは ・ ・ ・ 

 掛かった野鮎5尾を持って大鮎を狙いましたが、時間が午後4時を少し

過ぎた頃だったので、気持ち遅かったのか持ち帰ってきた最大は

27.5cmでした。

 

 尺鮎は、出ませんでした。

************************

相模川 ダム放流量 18トン/秒前後 少し減水中

水温25.0度 風弱く釣り日和 釣り人多数

************************

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月 8日 (日)

昨日の尺鮎との対決! in 相模川

鮎釣り情報2013

 相模川で待望の30cm鮎が出たのは良かったが、直ぐオトリ店である

上大島売店に持って行き測定して貰った。

 

 間違いなく30cmはあると売店のご主人も喜んではくれましたが

どことなく白けたムード! 

 特に、何時もの笑顔のおばちゃまから笑顔が無い!!

 そうだ良く考えてみると今朝、売店でオトリを購入しなかったことに気づく!

オトリは、食道癌を克服した栗ちゃんが都内から釣りに出て来ると言うので

前日にオトリ取りをし、川に漬けて置いたのだ。

 

 こうすれば栗ちゃんにも元気なオトリが行くし、自分も朝一番から目的の

場所に入る事が出来る。

 しかし、礼儀的に余り良くない行為であった。

これからは、オトリはしっかり購入してから釣行したいと反省。

 さて、そんな訳で昨日の尺鮎の情報は、昼頃には友人・知人に届き

川で行き交う釣り人から、おめでとうと声を掛けて頂いた。

 

 昨日、午前6時半頃に現場入りし、午前7時頃より竿を出しました。

オトリを付けて開始15分くらいで、流れのヘチよりで待望の野鮎をゲット!

 そして2匹目も少し時間をおいて午前8時頃に26cmが釣れた。

ここまでの仕掛けは、前回良く釣れたメタコンポ0.1号に付け糸0.8号

の仕掛け、今日は良く掛かると判断し、なんか尺が出る予感がした。

 土曜日は、相模川で29cmを釣った曜日でもあり釣れると想い

私は、メタコンポ0.15号に付け糸フロロ 0.8号の新調した仕掛けに

張り替えて釣りを続行。

 今日釣れた鮎2尾は何れも口掛り! 針は3本イカリだった。

チラシにするかイカリにするか悩んだが、今日はイカリが良いと

判断し、9号3本イカリで26cmのオトリを付けて似たようなヘチ寄りの

筋を狙って行くと、 グン! と来て上に走って行く、私も直ぐさま竿を

寝かせて上に引き上げ、少し溜めながら下流へと誘導する。

 なんだか、嫌々をしながらヘチの溜まりに寄って来た。

 これはデカイと思いながら慎重にタモで掬った。

P9071010


 何とこの尺鮎は、口掛りで釣れた。

だから尺鮎対決!と言うより少し大きなアマゴが釣れたような感じで

手元に寄って来てしまった。

 

 時刻は、午前8時半を少し過ぎたところ

 

もう釣れてしまったと言う感じ。

P9070998

 

 時間もまだ早く、オスが釣れたと言うことはメスの尺鮎も潜んでいるだろうと 

思いコイツに鼻環を付けて泳がせて見るも約1時間半全く反応は無かった。 

 

 釣った感想から言えば、午前中は錘を着けずにオトリが自分で泳げるような 

少し流れの止まるような所で掛りました。 

 午前中は、この3尾のみで休憩へと車まで向かいました。

P9071001

 上大島売店内での検量の様子です。 検量器に入れての記念写真です。

 

P9071013


 午後5時頃に撮影したものですが、多くの釣り人がびっしりと並んだ

土曜日でした。

P9071019


 私の釣果は、尺鮎が釣れてしまうと余り釣る気が出なかった。

 

手ごろなオトリサイズが釣れないこともあったかな・・・・

P9071035


 写真の上の2尾は、27.5cmのオスとメス。 

このメスに飛びついて来たのが、27.5cmのオス。 

しかし、オスをオトリにしても釣れなかった。 

 今思えば、このメスをもっと効率良くオトリに

使えば良かったと反省。 

一番下の鮎が、今回釣れた尺鮎ちゃん。

 

P9071053


 メスの27.5cmは、200グラム超えてました。

 

オスは、マイナス10グラムと軽量でした。


 
次回は、メスの太った尺鮎を釣りたいと思います。

**********************

相模川の天候 くもり 時頼薄日 午後から晴れ

ダム放水量20~18トン/秒 午後3時頃よりかなり減水

水温25℃ 竿がまかつ急瀬v5 9m、水中糸メタコンポ0.1~0.15号

付け糸フロロ0.8号 中ハリスフロロ1.75号

ハリス 2号、 針ダイワ大鮎9号 及びASTEA 9号3本イカリ

***********************

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月 7日 (土)

ついに ・ ・ 尺鮎出る!! in 相模川

鮎釣り情報2013

 待望の尺鮎が思いもよらない時間帯に釣れてしまいました。

こんなのんでいいのか?

 釣れたから良かったとしよう。

 先ずは、報告まで ・・・・

P9071031
 

 釣れた尺鮎は、オスです。

P9071051


 細身の242グラム軽量級と言ったところです。

 

後ほど追記しまいす。

 

 今朝売店でオトリを購入しなかったことを悔やみます。(ノд・。)

 次回は、売店でオトリを購入しメスの尺鮎を狙います。

 いよいよ尺鮎対決!の開幕です。 in 相模川

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月 4日 (水)

オトリが変われば一変!!地獄から天国へ・・雨・風も加勢してドカン・ドカン!!

鮎釣り情報2013

  起きると雨の跡、今日は変化があるだろうと思いそのまま相模川へと

向いました。

 河原に到着したのが午前7時頃、秋晴れの青空が広がり大雨の予報が

嘘のような天気。

 上大島売店前のトロ場には、何時もの半分以下の釣り人の姿しか

無かった。釣り人が激減したのかと ・・ この時は思いました。 

 
 

 早速、釣り支度をして目的のポイントに入り養殖オトリに錘1.5号を

付けて流れに送り出すも、針当たりもないまま時間だけが経過。

 対岸に渡り少し流れの弱いところに送るもオトリが白く変色し泳がない。

 これはダメかと思い、上流のキャンプ場前に移動し、瀬脇のヘチ寄りを

2匹目のオトリで泳がす。

 瀬の中では、フナヤオリジナル「龍星竿」と思われ青色ラインの入った

竿で巧みに大鮎を掛けては上に飛ばしている白髪の釣り人の姿があった。

 釣れている人は、この方だけ。

 傘を被ったメガネの釣り人が私の所に ・・ どうですか?と声を

掛けて下さった。

 私は、いや~全くダメだと伝えると傘の方も ・・ 釣れません。

とのこと。

  

 あれだけ晴れ間が広がっていたのに午前8時過ぎには、空は黒い雲に

覆われ雨がポタポタと落ちて来た。 

 オトリの回りでは沢山の鮎の跳ねが見えるも針にも当たらない。 

 釣れている人が居ると言うことは違うものは 「オトリだ!」 

 

 また、少し下流に移動し2匹目のオトリもヨレヨレになりだした頃、錘を

付けて永遠の旅立ちへと瀬の流れの強い所に送り込むも ・・ 根掛り。

 おいおい地球を釣ってどうすんだ!! と昔子供の頃言われた先輩からの

言葉を思い出す。 

 これでオトリ2匹を使い切ってしまった。

 現在の相模川は、たまたま良い養殖オトリに当たれば釣れるのかも

知れませんが、そんなに甘くはありません。

 釣れている人は、朝から釣れてますが殆どの人がオトリが変わらず苦戦。

 そんな私も、朝7時から竿を出すも午前10時近くになるのにオトリが

変わらず生きたオトリが手元に居ない。(ρ_;)

 これは、昨日の二の舞になると判断し私は車に乗って一気に友釣り

専用区の最下流へと移動する。

 オトリを1尾購入し、こで約1時間、野鮎を取る為に友釣りを再開。

約1時間やって、20センチ前後と小ぶりだが5尾釣れたので

これを持って、また車移動した。

 

 再び上流に戻ってくると正午のチャイムが鳴っていた。 

 昼飯をチャッチャッと済ませ、下流で釣れた鮎に鼻環を通していよいよ

 待望のポイントにオトリを送り込む。 

 しかし、来ない。

 時より来る激しい雨と風 ・・ そうかと思えば太陽が照っている。 

 また雨 ・・ そして ・・ また 強風!!  

 突風が吹いて竿が苦しい。 

 私が狙っていたポイントには、既に3人の方が入っていた。 

一人は、「謎のTさん」 ・・  

 約1時間、対岸で竿を出すも反応が無いことから、午後2時頃から 

下流へと移動した。 

 上流からオトリを流しながら適当に止めているとググと来た!! 

タモに引抜いて見ると25センチ程の地元の野鮎が掛かって来た!! 

 久しぶりの野鮎ちゃんだ!!

P9040966

  コイツに鼻環を通して手元から放し2m程行ったところで目印がキュンと

動いた。 

 え~もう来たの!! 

 これも引抜てみると26センチ程のまずまずのサイズ!! 

これをオトリにまた手元から泳がせると、ススッと瀬に入って行ったと

思ったから行き成り対岸へ走る。  えっ・・・ 嘘??  もう来た? 

 急いで下り引き船をガラガラさせながら寄せタモで慎重に掬った。


P9040971


 写真の上のが釣れた27.5cmです。

これをオトリにして掛かったのが下の28.5cm(推定)です。

 調子に乗り Mステージ0.15号に付け糸を0.6号のまま

釣り再開と同時に付け糸を、取り替えたばかりだったので写真の下の鮎を

オトリに付けて、手元から泳がせてみると真っ先に瀬に入って行きました。

 ここでガガンと直ぐに来た!

 しかし、これが一瞬にして付け糸0.6号の8の字結びの結び目から切れて

しまった。

 何としたことだ!! まさか尺鮎のチャンスが

こんな場面で来るとは・・
 

 

 オトリの状況とポイントから間違いなく29.5センチ以上の大鮎が

 

来た!!今シーズン初の尺鮎だったかもしれない。

 

 

 痛恨の親子ドンブリで私は、皆さんに言っているように私も反省。

 

付け糸0.6号では切れてしまう。

 

 ここ数日釣れなかっただけに油断してました。

 直ぐさま、メタコンポ0.1号と付け糸0.8号の大物仕掛けに張り替えた。 

中ハリスは、2.0号。 

 更に下流に移動すると午後3時を回ったところ、対岸を見ると○澤さん

居る。 

 もう釣れないから上がるとのこと。

 私はここからまたプチ入れ掛りが 始まった。 

 下っ腹皮1枚で掛かって来た大鮎は、久し振りの28.5センチ。 

慎重に網で掬って良かった。  

 引抜いていたらバラシていた筈。 

 久し振りの相模の大鮎と出会えた。 (^-^)  

 午後1時から開始して、午後5時までの釣果。 

 下流で釣り上げたチビ鮎はは放流して来ましたが、写真には2尾が 

写っている。

P9040982


 オトリか変われば一変する。 

地獄から天国のような近い。

P9040974


 午前中は、全く釣れずボーズだったのにオトリが変わった瞬間世界も変わる。

 

P9040980


 ドカンドカンと一時入れ掛りになるも、付け糸0.6号が切れて親子ドンブリ

は痛かった。  

 しかし、仕掛けを張り替えてトライ!!

P9040986


 相模の大鮎は、最大28.6cm 235グラムと

まずまずの大物。 

 しかし、切られた鮎はもっともっとデカかった。

 

 P9040990



 2番目の大鮎も28cmで200グラムオーバー!! 

 今日の午後からオトリが変わると一変した相模川。 

 

****************************

今日の天気は、昼前から雨が降り出し強風も吹いて竿が折れそうな

荒れ模様となりました。 そんな状況での釣果です。

 相模川ダム放流量23.0トン/秒前後 午後3時頃より大雨による濁り有り

竿:がまかつ急瀬V5 9m、水中糸Mステージ0.15号 付け糸0.6号

付け糸0.6号は切られます。 メタコンポ0.1号 付け糸0.8号

中ハリス 2.0号 ハリス1.5号~2.0号 イカリ及びチラシ

久し振りにがまかつGハード10号パワーチラシを使用。

痛恨の親子ドンブリ!!

*******************************

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村 24日に釣り上げた相模の大鮎です。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年9月 3日 (火)

絶不調なあたし in 相模川!

鮎釣り情報2013

 大物鮎師にとっては待望の9月に入り2回目の竿入れです。

しかし、昨日の午後4時30分からの竿入れではボーズを喰らいました。

 夕方に入っても全く掛かりません。

針に軽く当たるだけでガガンと来ない。あえなくボーズ!

 続いて、今日は朝6時に高田橋下の一本瀬へ

実に久し振りの一本瀬ではありましたが、石色はそれほど良くありません。

 竿が入らなくて溜まった鮎が掛かったのではないかと思えるような

雰囲気。

 

 たまに鮎が寄り添うような弱い当たり。

 ここでは2度弱い当たりらしいものがありましたが午前8時まで我慢して

ボーズ!掛かりません。

 

 一本瀬の肩から下流テトラ前まで大体のポイントにオトリを送り込むも

掛からない。

 続いて、定番の鵜止まりの瀬に移動しました。

しかし、ここもビクンと弱い当たりが出たには出ましたが針掛りせず。

 P9030947

 雲は真夏の積雲です。

何をやっても釣れません。

 P8310938

 もう嫌になってしまいます。

 昼までやりましたが、ボーズ!

 まだ養魚から野鮎に変わってません。

P9030952_2

 こうなったらここへと最上流域まで 来ました。

ここでやっと掛かるも(;_:)

P9030959

 12cm足らずの超チビ鮎でした。 

 午後2時過ぎには諦めて相模川を後にしました。 

 昨年に比べてかなりハイペースで相模川に通ってましたので 

オーバーヒートか夏バテか?? 

  私のオトリには野鮎が昨日から掛かってくれません。 

見ていると約9割の釣り人は釣れてませんが、残り1割の釣り人は 

コンスタントに釣れてます。 

 最初のオトリ交換が最重要な相模川です。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村 24日に釣り上げた相模の大鮎です。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近の写真