フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月29日 (金)

オーナーのサーモン針を使ってみる 

鮎釣り情報2013

 日曜日の夜、鮭釣りに出発する予定で現在、鮭釣りの準備をして

おりますが、久し振りの釣行で他の釣り人の車に同乗させて頂くと

あって、主な釣り道具を自分の車から一旦降ろして、準備する必要

もあって、餌箱やサングラス、老眼鏡から、下着、ウエアー、ウエーダ

ー類まで、また寒さ対策として、ホッカイロも必需品となります。

 

 また、釣行を予定している新潟地方は、連日雨や雪の天気とあって

雨具も忘れずに準備する必要があります。

 

 着替えも勿論ですが、風邪を引かないように楽しく行って来たいと

思ってます。

 

 前にも、鮭釣りの針の紹介をしたことがありますが、鮭釣りの針は

大きければ良いと言うものでも無いようで、現在は、針のサイズで

言えば15号から22号位までが主流となっており、私が昨年使用した

20号の針と、今回は少し小さ目の15号の針も作ってみました。

 サーモン関係の番組を見ていると、海外ではサーモン針は殆ど赤針

と言われる赤色の針を使用しているようです。

 

 その理由として、サーモンは赤色が大好きとあって好物として食べ

ているオキアミ等のピンク色に反応するようです。

 

 そんな訳で、オーナーから出ているサーモンの15号赤針を購入し

主に今回は、使ってみようと思ってます。

Ike_25271

 このような理由からタコベイトの色も赤やピンク系の色をチョイスしてます。


 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月26日 (火)

駅前はクリスマスムードに!!

鮎釣り情報2013

 この時期ら尺鮎に育つ鮎は遡上を開始しているのかは分かりませんが

狩野川のチビ鮎が掛かる理由もなんとなく納得出来てしまうものですが

世間は既にクリスマスモードに入っております。 

 先ずは、今年オープンしました相模大野ボーノです。

Ike_24221

 元F1レーシングカー ドライバーの片山右京さんを見かけたこともある

場所ですがすっかり綺麗な相模大野駅前と変身しております。 

 ボーノイタリア語で美味しいと言う意味らしいのですが、何が美味しい

のか? 

 もしかして、ラーメン二郎が美味しいの?   それはないなぃ ・ ・ 

 相模大野の新しい駅前ショッピング街はボーノと名付けられております。

Ike_2414

 

 りそな銀行の1階部分に設置されたツリーです。

 

Ike_24251_2

 

 こちらは相模大野駅前に毎年設置されるツリーで改札を出て直ぐの所に

あります。 

 まだクリスマスまでには時間がありますが、少しはクリスマス気分を

味わって、たまには一杯ひっかけてから帰りましょう!!

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月24日 (日)

激混みの大山へ ・・ 下山は蓑毛バス停ルート 

鮎釣り情報2013

 小田急線で、伊勢原駅を下車し大山ケーブルカー入口行きのバス停乗り

場を目指しますが改札を出て間もなく、最後尾のプラカードを持った誘導員に

出くわし長蛇の列へと吸い込まれて行きました。 

 バス停までの距離は階段を降りた先となりますので、ここからバス停まで

移動するにはかなり時間が掛かりそうです。   

 しびれを切らしてタクシーで大山へ向かう人もいる中、約1時間後の正午

過ぎにようやくバスに乗車することが出来ましたが、バスが発車してから

大山に近づいた登坂の道路では、一般ハイカーの車が駐車場の空きを

まって数百メートルに渡り渋滞しておりました。 

 こうなるとバスも車も全く動かなくなります。バスは、最初この渋滞に嵌った

ままでしたが誘導員の指示により反対車線に出て牛蒡抜きし、約30分後の

午後1時過ぎにようやく大山ロープウエー乗り口の入り口となるバス停に

到着。 

 バスを降りた先のトイレでも混雑が酷く、トイレを済ませてから急ぎ足で 

行き交う人をかわしながら階段の先にあるケーブルカー乗り場へと向か

います。

 ケーブルカーの乗り場にも150人程の長蛇の列が出来ており乗車出来る 

までには、更に1時間待っていなくてはならない状況でした。 

 一旦購入したケーブルカーの乗車切符の払い戻しを受けてケーブル

カーを断念し大山中腹にある阿夫利神社までの経路となる男坂と女坂へ

の分岐に向かい、少しでも楽な女坂を選択し大山中腹の下阿夫利神社を

目指して歩き出しました。 

 大山の紅葉はと言いますと、昨年に比べてかなり悪い状況に見えました。 

急激な気温低下で木々の葉が紅葉する前に霜によって枯れてしまっている 

ような状況で、色づきは余り良くありません。

 何本かの紅葉(もみじ)だけが綺麗に見えましたが、一般の広葉樹は 

色あせて枯れてしまっているように見えました。

Ike_24431

 

 ケーブルカーは定刻と増発便で動いていると思いますが、構造上一対の 

ケーブルカー同士で、上下に動く仕組みとなっているので、二つのケーブ

ルカーの乗降者のタイミングが合わないと安全に動けないもののようです。 

 ケーブルカーの待ち時間が60分もあれば、女坂をテクテク歩いてでも

十分に大山中腹の下阿夫利神社に到着してしまいます。 

 小さな子連れの親子の姿も沢山ありました。

Ike_24661

 ゆっくり歩いて、途中小休止をはさみながら約1時間で下阿夫利神社に

到着しました。

 真っ赤な紅葉が目に飛び込んで来ましたので、先ず写真撮影です。

Ike_24631

 同行した友人は、既にバテ気味だったので、なるべく荷物を軽くするため

私の空いているスペースのリュックに荷物を移し押し込みました。

Ike_24691

 ここから更に、大山山頂を目指します。時刻は、既に午後2時を回ってます。 

下阿夫利神社の急こう配の石段を避けて、その奥にある蓑毛よりの登山道

から頂上へと目指すルートをとりました。

Ike_24771

 

 倒木した古木を眺めながら更に頂上へと歩きますが、久し振りの登山と 

あって、汗が半端なく湧いて来ました。  

 適度に小休止をとりながら水分を補給し、やっと木漏れ日の尾根まで 

出て来ました。 

 こちらの登山道は、メインの急勾配の登山道と違って行き交う人はほんの

少しだけです。余りに人が少ない為に、上から降りてこられた方から

こちらの道で下阿夫利神社まで行けるか尋ねられるほどでした。

 

Ike_24801

 杉や檜などの針葉樹の中では日が殆ど差さない為、うっすら暗い空気に 

包まれておりますが、尾根に出ると一気に辺りが明るくなり風の通りも良く 

気分も清々しくなります。  

 下阿夫利神社から約2時間後の午後4時少し前に大山山頂に 

到着ししました。  

 山頂では、直ぐに売店に駆け込みチョコレート2箱とカップラーメン 

2個をオーダーし、温かなカップ麺で身体を温めました。  

 私の中では、大雪の大山の過酷な状況が頭にあった物ですから 

雪の無い大山は大したことは無いと思って、適度な飲料水は持って 

登って来ましたが、チョコや飴と言った非常食は何も持たずに来て 

しまいました。  

 同行者が登山の初心者と言うこともありますが、途中から荷物の 

重量を少し変えた為に足への負担も大きく、また日没時刻が近づいて 

いる大山山頂の気温は、太陽が沈みだした午後4時15分頃から 

一気に急降下します。  

 周りの登山者の姿も急に無くなりかけたことから私達も急いで下山の 

準備へと入りました。

 

Ike_25061_2  

  大山の頂上から撮影しました。 午後4時16分の富士山です。 

 

Ike_2501 

 富士山を真ん中に持って来て撮影。 

 太陽が沈みかけたことから、急いで下山し大山山頂から少し下がった

撮影ポイントからの撮影が下の写真です。

Ike_25181

 

  太陽が沈んでしまうと暗闇の迫って来るのは早いものです。

この時間でも、山頂を目指す登山者がおりましたのできっと山頂から眺める

夜景を楽しみに上って来る人だとは思いますが、帰りは真っ暗闇に包まれて

しまうのでランプが無ければ身動きが出来なくなってしまいます。

 大山21丁目までメインの登山道を下り、ここから下阿夫利と蓑毛とに

向かうルートへと一本違う道を降りて行きました。
 
 

 約1キロほど下山したところで、下阿夫利神社と蓑毛とに分かれる道に

差しかかり、ここから帰りのケーブルカーと秦野駅行きのバスの混雑を

考えると蓑毛まで向かってからバスに乗った方がスムーズに帰れる

だろうと私は、思ったことから下阿夫利神社には向かわずに蓑毛バス停

を目指しました。道のりは約2キロ程だと思います。

 

 しかし、周りはすっかり暗闇で木と木の陰と木が異常なまでに暗闇を

更に暗くし、慣れていない暗闇の登山道は人気は全くなく、鳥のさえずり

も全く聞こえて来ません。

 あるものは、疲労感と暗闇の中の恐怖感だけです。

単純な下り坂を蛇行しながら、時より車が通らなくなった林道に出ては

また藪の中の登山道へと入って行き、ランプを頼りに下って行きます。

 この時、同行者はランプを持っていなかったので一つのランプを頼りに

下山することとなりました。

 

 大山頂上から下山開始の約2時間後の午後6時15分、無事に蓑毛

バス停に到着、ハザード灯を着けて停車していたバスに飛び乗って

バスは、直ぐに秦野駅へと出発しました。

 この時の乗客は、我々二人だけでした。


 

 暗闇の恐怖を体験してしまいましたが、今回の蓑毛バス停のルートは

始めて歩く道だったので少し不安もありましたが、丹沢山系の登山ルート

は実に良く整備されているため、ライトが無いと危険ですがライトが有れば

特に不安なく暗闇の山道でも歩くことが出来るとは思いますが、余り

安全な行為とは言えないと思うので、夜景や写真を楽しむためには

それなりの装備を準備してから、山に入るようにしたいと思います。

 

 このブログを書き上げた今日(26日)は、太ももの表側(大腿二頭筋)

が痛くて階段の上り下りが苦しい状況です。

 

 私がこれ程までに筋肉痛になるなんて15年前に走ったハーフマラソン

の大会以来かもしませんが、9月下旬から歯の痛みや疲労感等で

大した運動もしていなかったことが原因と思われます。

 

 これを機にまた少しずつ運動しようと思います。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月23日 (土)

色づいてきましたね!・・紅葉

鮎釣り情報2013

 夜桜見物ではなく夜の紅葉見物用にライトアップが始まっていると

テレビのニュースで報道されていおりましたが、連日透き通るような

秋晴れが続く太平洋側では朝晩は急激な気温の低下が続き、日中は

ポカポカ陽気の小春日和とあって、公園や山々の樹木は綺麗に色づいて

参りました。

 人間にとっても体感温度の調節が微妙で厚着をしたり薄着になったりと

忙しい感じはしますが、職場ではゴホンゴホンと風邪を引いている人も

増えて来ていることと思います。

 

 この季節は、夏場の疲れも出て来て寝込んでしまう人も居るのかも

しれませんが温度調節を上手くやって、なるべく体を動かし山へと足を

運びたいところです。

Ike_24121

 

 今朝の丹沢山系の様子を、日の出時刻からカメラで追ってみました。

  
 

Img_0051
     

 紅葉は、山側だけではなく都内の公園でも始まっております。

 この時期になってもまだ、狩野川で鮎釣りをしている人も居るようですが

狩野川の鮎が段々小さくなって、こんな終盤に10cmにも満たない鮎が

釣れるようです。

 

 春先から遡上した鮎なのか、今頃遡上した鮎なのかは分かりませんが

何とも不思議な川が狩野川だと思います。

 

 某釣具店のサイトで、がまかつの鮎竿v5が25パーセント引きで販売され

おり、これはチャンスと思ってよくよく見るとやはり既に完売となってました。

 リコールの掛かった竿とは言っても、調子の良い竿だけに25パーセン

ト引きで購入された釣り人は、ラッキーだと思います。

  来年の鮎竿の噂もチラホラ聞こえて来るようになりました。

ダイワでは、競技SP-Aとメガトルクあたりがモデルチェンジするようです。

買う買わないは別としても、来年のモデルが楽しみですね!

 さて、私もそろそろ山登りを始めようと思ってますが昨年購入したモンベル

のジャケット・ファスナーが壊れてしまい、現在修理に出しています。

 

 修理に 4,000円程掛かるようですが、また新品を購入するにはバカらしい

ので修理依頼を掛けました。 修理に3週間程掛かるようです。

身体の調子が悪いのも困りますが、身の周りの衣類や道具の調子が

悪くなるのも困ったものです。

 

 今後の楽しみとしては、来月上旬に向かう予定の鮭釣りです。

今年は、ダイワの冬用のジャケットを購入してみました。

 

 現在在庫切れと言うことで、まだ手元には届いておりませんが

手にしたらブログで紹介してみようと思ってます。

 皆さんも風邪を引かないように、小まめに温度調節をし身体を

動かしてみて下さい。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月20日 (水)

結局、左上奥歯を抜歯することに ・・ "(-""-)"

鮎釣り情報2013

 子供の頃から虫歯で苦労したような痛い思い出もなく、歯並びは良くない

ものの一般的な虫歯歴で約半世紀を生きて参りましたが、まさかこの年で

歯が原因でここまで苦しめられるとは思いもよりませんでした。

 

 この記事を書くにあたり、まだ治療が全て終わった訳ではありませんが 

奥歯の痛みは、こんな事例があるよとの意味で、もし同じように苦しんで

居る方が有れば、歯医者を変えてでも歯の治療を優先すべきであって

歯から来る炎症は苦しい日々が続き精神的にも苦痛であって、食事も

嫌な時間になってしまいますので、私の体験を参考まで書いてみます。
 
 

 私が歯の痛みを強く感じるようになったのが、9月22日の勤務明けの 

朝の時間でした。  

 急に歯が痛み出したと言うより、左顔面が痛くなり我慢できない程で直ぐ

痛み止めの薬を仲間から貰い飲みました。

 この日は、休日でしたが休日でもやっている歯医者さんを見つけて病院

へと向かいました。 

 病院に到着し診察が始まる頃には、歯の痛みがとれてしまい何処の歯が

痛いのか特定に至らず、ドクターも特に虫歯等見当たらず様子を見ましょう。

と言うことでレントゲン写真2枚を撮影し帰宅しました。 

 9月24日から始まる九州球磨川遠征の為に今まで準備をして来たもの

を持って球磨川へと向かいました。 

 しかし、ここでまた再び左顔面の痛みが発生しました。この時は、多分この 

歯だろうと見当をつけて、過去に治療したことのある左下顎の5番の歯を 

治療して頂きました。 

 しかし、連日痛みは続き痛み止めの薬を飲みながら鮎釣りをすると言う

過酷な条件で生活をしておりましたが、体の不調と疲れから今度は風邪を

引いたような症状が出て、9月30日に帰宅した頃から微熱が続き身体も

ダルク感じられ、集中力も無く、左の鼻からはドブの水のような匂いのする

鼻汁が出るようになり、耳鼻咽喉科に行くと 副鼻控炎(蓄膿症)と診断

され抗生剤を飲むこととなりました。 

 約2週間、この抗生剤を飲み続けて副鼻控炎は完治しましたが、11月に

入り今度は、口の中からドブのような臭いがするようになりました。

S0006_p5_2

 

 具体的に言うと、玉ねぎの腐ったような味が左奥の上の歯からして来ました。

ネットで調べて見ると、歯周病(歯槽膿漏)のような症状です。

 この症状で歯医者に行きましたが、その時のドクターは良く分からないと

抗生剤を3日出して貰い帰宅。

 翌日、耳鼻咽喉科へ行き歯は何ともないようですがと前置きして症状を

訴えると即、大学病院への紹介状を書いて大学病院へ行くようにと

指示されました。

 

 自分の症状からすると耳鼻咽喉科では無く、口腔外科であると思ったので

再び、歯医者に赴きこれまでの経緯を話し、もしもう打つ手がないのであれば

潔く大学病院への紹介状を書いて欲しい旨、お願いしたところドクターは

CTで撮影したレントゲン写真を見ながら、左上奥歯7番 (私は親しらず8番

目は無い)を良く見ましょうと言ってくれて、治療が開始されました。

 一番奥の歯の上とあって、口を大きく開けているのも楽ではありませんが

自分の口臭が自分で臭いと分かるくらい最悪な状態でしたので

ここは、必死で我慢しドクターの腕に全てを委ねました。

 

 結果、現在匂いは無くなり歯や歯茎、顔の周りの痛みも無く食事も

美味しく、痛みが酷い時は右の歯だけで噛んでいたものが今では

左側でも噛めるように回復しました。

 しかし、この左上奥歯7番は歯茎に亀裂が入っており今後このまま

使用することは出来ない。との説明を受け抜歯することになります。

 

 この歯が原因で蓄膿症に掛かったしまったのは不明ですが、この奥歯

が原因で左顎付近に激痛が時より発症していたものと思います。

 歯の亀裂は、経年劣化のようですが実は、7年前にこの歯も治療を

受け、治療の途中で歯医者に行かなくなった事を思い出しました。

 何故歯医者に行かなくなったのかは治療の為の指が煙草臭くて

私には我慢出来なかった事が理由です。今になって思えば歯医者を

変えてでもキチンと治療を続けておけば今回のような痛みに遭遇する

ことなく済んだものと思います。

 特に、奥歯の治療は大切であると今回感じました。

もし、歯に痛みがある方は、 歯医者の言うことを鵜呑みにせず

歯医者を変えてでも治療されることをお勧めいたします。

   

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月18日 (月)

異様な夕焼け空! in 相模原

鮎釣り情報2013

 11月15日(土)の夕方の出来事でした。窓の外の雰囲気がどこか違うな

と思いベランダに出てみると富士山が噴火したのか、山が燃えているような

異様な明るさの夕焼け空になってました。

 

 私は、直ぐにカメラを持ち出し撮影してみました。

 それから数日、そう言えばあの時の写真はどうだったかなと思いパソコン

上で見てみると、やはり凄いと思えた写真がこれです。

Ike_2327

 

 大山から丹沢に掛けて山が燃えているよな光景です。

 
 

Ike_2337

 

 夕闇が迫る中、大山が燃えているのか富士山が噴火しているのか?

何とも凄まじい夕焼け空でした。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月15日 (金)

がまかつ鮎竿節落ち点検実施へ ・・ がまかつ

鮎釣り情報2013

 私のブログでも何度か取り上げて来ました、がまかつ鮎竿競技SPECIAL

V5急瀬抜き90にリコールが掛かり、メーカーにて無料点検及び改修

情報が、たまたま同モデルの鮎竿の修理の為に相模屋さんに立ち寄った

際に知らされました。
 

 インターネットのがまかつHPにも載せるか検討中とのホットな情報でした

が、この他にもがまかつの鮎竿2種類程リコールが掛かっているようです。

 

 新品に交換するのではなく、あくまで点検と改修のようですが期間が

ありまして、12月中旬頃までにメーカーに出せば来年の4月中旬頃に

戻って来るようですが、遅くなれば鮎解禁までに間に合わないことも

考えられますので、もしがまかつの竿を持っていて頻繁に節落ちが

起こっていた竿をお持ちの鮎師は、釣具店に問い合わせてみたら良い

かと思います。

 私の愛用しておりましたがまかつ鮎競技SP V5急瀬90は、購入から

毎年メーカーに送って節落ちの改修を依頼して来ましたが、あまりこれと

言った決定的改修までには至っておりませんでした。 

 これを機に悪い部分が発見され、節落ち防止に繋がれば良いと思います。

 竿の節落ちは、最悪竿の内側を切り裂いてしまう事故にも発展するので

重大な欠陥とも言えるものです。

 v5は、調子の良い竿だけに、スムーズな改修を願っております。

   

Ike_2313


  
 そんな訳で、相模屋さんから高田橋のところにある鮎供養塔に寄り

気持ちお賽銭を奉納し、今年の感謝と釣り人の安全と来年も豊漁である

ことを祈願し、お参りして来ました。

  
 

 相模川の水色は、薄い笹濁りとなっておりましたが釣り人の姿は無く

ひっそりしてました。

  

Ike_2318

   
  

 河川敷の公園で犬が元気に吠えて飼い主さんとじゃれてました。

紅葉も進み秋の深まりを感じる相模川でした。


  

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月14日 (木)

NIK WAX防水スプレー使用 ・・ 匂いが強い

鮎釣り情報2013

 早速、amazonから取り寄せたNIKの洗剤とスプレー式ワックスを使用して

みました。

 

 天気も良く洗濯日和の今日とあって、以前中性洗剤で洗った鮎ベスト

とゴアテックスの鮎カッパをもう一度、洗濯機の中に入れてNIKの洗剤

ボトル1本300mlを全て注ぎ込んで洗濯し直し、濡れた状態のまま

スプレーしました。

Ike_2303

 

 今回初めて使用したNIKの洗剤です。この一本で300mlですが鮎ベスト

4着と鮎カッパ1着の計5着を洗いますのでボトル一本使い切りました。

Ike_2305

 洗濯機の中は、白い泡に覆われて中が見えない状態となってました。

洗濯機のモードは、おうちクリーニングと言う優しい洗濯モードを選び

時間を掛けてゆっくり洗濯しました。

Ike_2302

 

 こちらが仕上げ用の防水剤の入ったスプレー式ボトル300mlです。

鮎ベスト等濡れた状態でスプレーすると記載されていたのでその通り

実行しました。

 

 お風呂場で鮎べスに吹きかけてみたところ、匂いが強くお風呂場が

臭くなってしまったので、鮎ベストは外に掛けてからスプレーしました。

 

 Ike_2308

 

 年月が過ぎるのは早いもので、昔メーカーさんから頂いた鮎カッパも

洗濯機から出て来た時には、全く水を弾く様子もなくビトビトで重くなって

ました。

 洗濯を機に綺麗になって新品のように水を弾いてくれれば言う事なし

です。

 

 自宅に、乾燥機がないので外で乾燥させてます。

 

 鮎ベスト4着とカッパ1着に防水スプレーを施してみましたが、スプレー

缶のボトルには3分の1程、液体が残りました。

乾燥させたベスト等の結果を追記するならば、しっとりと濡れた状態で

スプレーをした箇所は綺麗に仕上がってますが、半乾きの状態でスプレー

したものは少し白く色が着いてます。

 防水剤のスプレーは少し慣れないと綺麗に仕上がらないかもしれません。

垂れた液体は、なるべく綺麗な乾いたタオルで拭い取った方が良いように

感じました。

 

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月 9日 (土)

富士川上流紅葉狩り・・in 昇仙峡

鮎釣り情報2013

 八王子からかいじ111号に乗車し甲府駅まで行き、ここからバスに乗り

換え富士川の上流となる笛吹川の支流に位置する荒川、昇仙峡まで

行って来ました。
 

  山梨県とは良く言ったもので八王子を過ぎると視界に入ってくるものは

山ばかりです。JRから見える山々も紅葉が進み綺麗に色着いてました。

Ike_2238_2


 本来のコースとして、時間と体力が有れば上の写真の左側市営駐車場と

なっている天神の森をスタートし、歩き又は馬車に乗って荒川の畔を遡上

する(写真の左側から右側へ歩く)コースがもっともポピュラーであると

思いますが、甲府駅から飛び乗ったバスは天神の森には止まらずダム上

行きのバスでしたので、更に上流エリアへと進みました。

 

Ike_22411


 従って、上の写真の石門でバスを下車して仙が滝(仙蛾滝)を登るコースに

入ればまだ、良かったのですがバスの乗客も座れないほどのギューギューな

状態で、とりあえず最上流部を目指そうと言うことで、仙蛾滝の上流の昇仙峡

ロープウエー近くまで行ってバスを降りることとしました。

Ike_22821


 ダム上の荒川沿いから上流を見たところです。

 

Ike_2204s


 鮮やかな色が目に飛び込んで来ます。

紅葉も十分満足と言ったところですが、青空には恵まれず

寒いと言うほどでもなく観光地らしい沢山の人で賑わっており

まずまずの行楽気分を味わうことが出来ました。

Ike_2223s


 これが笛吹川支流となる荒川の仙蛾滝です。 

高さが30メートルあると言っておりましたので、渓流釣りでこのような滝を

登るとなると山側をかなり大きく迂回する必要があります。

Ike_2226s


 カメラにフィルターを着けてカメラ小僧風にシャッタースピードを落とし

撮影してみました。

Ike_2269s


 昇仙峡と言えば水晶の御山ですね! 

水晶の専門店が沢山ありました。35年前にも訪れたことがありますが 

その頃と余り変わってないように感じました。

Ike_22161


 ロープウエーに乗って来ましたが、ロープウエーよりも下流側の方が宜しい

感じました。

Ike_2262s


 紅葉(もみじ)は綺麗でした。 

  ロープウェーで上った山頂からは、残念ながら富士山が雲に隠れて見えず 

直ぐに、降りて来てしまいました。


2_2

 時間も正午を回り、いい香りがして来ました。



Photo

  

  扇風機を巧みに使い、このお店では鮎と岩魚の炭火焼です。

  

Ike_22711


 私は日本酒とイワナを頂きました。   美味かった!! 

    最高の味でした。

 この他、ただでワインも飲むことが出来楽しい休日を過ごすことが

出来ました。
 

Ike_22971

 

 〆に温かなほうとうを美味しく頂いて来ました。

 電車ですと安心して飲めるので、多少の自由は犠牲となりますが

渋滞にも巻き込まれずに帰りもスイスイで帰って来られました。

 次回は、天神の森から荒川沿いに歩いて仙蛾滝まで行ってみたいと

思います。 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月 7日 (木)

2013鮎シーズンの総括! ・・ in相模川

鮎釣り情報2013

 

 今シーズンの鮎釣りは、夜勤明けの日でも積極的に相模川へと足を運び

午後2時過ぎからも何度となく竿を出してみました。

 果たして、何日竿を出したのかブログを元に計算してみしまた。

 先ず、2013年の鮎開幕は5月20日、静岡県興津川からでした。

最終日、11月2日の狩野川となりました。

 この間の鮎釣行回数は、おおよそ 61回でした。

思ったよりも少ない回数ですが、10月は体調不良が続き、5回だけ竿が

出せたのみでした。

 釣果を見てみると、総匹数は 807尾とこちらもごく普通の匹数です。

1日の平均値は、13.23尾となりました。

 月毎に見ていくと5月6月は、解禁日があるためか256尾と良く釣れたように

思いますが、相模川だけで見ると以下のようになりました。

 良く通った相模川の結果

 6月    10回釣行  160尾

 7月    12回     159尾 

 8月    13回     201尾 

 9月     6回      58尾

 10月    1回       1尾

 6~10月までに、42回釣行 579尾となりました。

 これも9月15日に台風接近の為に大雨が降り、10月上旬まで川入り

出来なかったことと、10月に入り体調不良のため川入り出来なかった

為に、総匹数が思ったよりも少なかったかなと思います。

 また、今シーズンは午後2時過ぎからの釣行が多く釣果も一桁台と

振るわない日が多かったことから、釣行回数の割には釣果が余り

良くなかったと言えます。

 

 今シーズン通しての最大は、9月7日釣り上げた相模川の大鮎で

30.3cm 242グラムの立派な雄鮎でした。

P9071027

  球磨川へも行きましたが、この鮎を超える大物を手にすることが出来ずに

残念なシーズンとなってしまいました。

 

 相模川は、大物を狙おうとすると数が中々伸びない川ではありますが

今年は組合の発表する天然遡上の前評判の良い割には天然鮎の掛かる

時期が遅く、また上流部では天然鮎らしき姿が薄く感じられ余り数も出な

かったように思います。

 最釣果は、8月3日の 37尾、   続いて 7月30日の 29尾

となりました。
 

 大物の月別で見てみると、 

 6月29日、 22.5cm 111グラム  

 7月17日、 25.5cm  

 8月24日、 29.2cm 236グラム  

 9月  7日、 30.3cm 242グラム 

でした。

P8240867

 上の写真は、29.2cm 236グラムの立派な鮎です。

この鮎が8月に入っての最初の29cmの鮎となりました。

 ポイント的には、一般の釣り人が遠慮がちな流れのかなり早い瀬で

ガツンと写真の傷のところに針が掛かり、グイグイと引きずられるように

下流へと走られました。

P9071003


 上の写真は、鮎を斜めにして計測している訳ではなく、上大島の売店では

釣れた鮎を生きたままの姿で計測し鮎の鮮度を落とすことなく持ち帰ることが

出来ます。

 上の写真は、釣り立てのビチビチ30.3cmの鮎の計測器での

記念写真となります。

 相模川の鮎は引きが大したことのないものもありますが、一般に8月

下旬から9月上旬頃に掛かる大鮎は、まだお腹に卵も入っておらず

鰭が発達し、かなり強い急瀬や荒瀬でも掛かってくるので面白味が

あると思います。

 

 この写真の尺鮎は、口掛りでしたが上にグイグイと走り竿の曲がりも

良くまずまずの引きでした。

P9030950


 今年の相模川は、さあこれからと言う9月15日に増水してしまった

為に、超大物には巡り会うことが出来ず、結局250グラムを超える

鮎を釣り上げる事が出来ませんでした。

 大鮎ファンのみならず、数釣り派にとっても都心部から近い相模川の鮎

釣りに対し、天然鮎遡上の多さをもっと生かせられるよう行政には川鵜の

駆除等をお願いし、来シーズンはもっと良い年になるよう期待したい

ところです。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月 5日 (火)

鮎閉幕に伴いお片付け ・・ 洗濯もこなす!

鮎釣り情報2013

 三連休はあまり良い天気に恵まれなかったようですが、連休明けの今日

皮肉にも本州は、移動性の高気圧に覆われ全国的に晴れ間の広がる行楽

日和となりました。

 洗濯指数も関東で 90 と高い値です。
 
 

 この晴天を目の当たりしてしまうと、また鮎釣りに行きたくなってしまう

衝動を抑え、朝から布団干しと車に積んであった鮎釣り道具類の片づけ

を行いました。

Pb051487


 ベランダから見渡す限り雲一つ無い晴れ間が広がり丹沢山系の大山も

霞が掛かるもくっくりと見えます。

 風も弱く気持ちのいい朝を迎え、さあ洗濯・洗濯。

 先ずは鮎ベストの各ポケットに詰め込んであった鮎の仕掛け類 

を収納ボックスへと移していきます。

Pb051497


 1着のベストからこんなにも沢山と思えるほど、仕掛け類が出て来ます。 

今日片づけた鮎ベストは2着。渓流ベスト1着もついでに掃除しました。

Pb051498


 ポケットの隅々まで、チェックし小物を出し切ってから洗濯機に入れて

中性洗剤でコロコロとのんびり洗濯しました。
  
 

 過去に鮎ベストの洗濯なんてやった事はありませんでしたが、本職の

せんたくやさんが洗濯しているブログを拝見し、私も1年の汗を流して

みようと今年は鮎ベストを洗濯し綺麗にしてみました。 

 

 特に、嫌な臭いが完全に取れて気持ちの良い仕上がりになります。 

洗濯した鮎ベストは、外で日干しました。

Pb051481


 そして次は、鮎竿の手入れです。
 

 鮎竿の手入れは、下手に手入れしようものなら返って傷が増えてしまい

反省の念や後悔の日々を過ごすこととなるので要注意です。

 鮎竿を水で流す必要がある場合は、バラバラにせず一本のまま

上栓と下栓のみを取り外した状態でお風呂場に持って行き、蛇口を竿の

上栓に着けて手で押さえて水を勢い良く流す方法がありますが、可能な

限り水流しはせずに、広々としたリビングあるいはその他の一番広い

部屋で竿一本一本を抜いて、ワックス掛けします。

 

 私は、自分の車用に購入したカーワックス(ホワイトパール用・固型ワックス)

毎回手入れしてます。 

 

 車のワックスでは ・ ・ と思われる方もおられるかと思いますが、汚れが

取れて光沢も出て、水も弾いて傷にも強い為に私は愛用しております。

Pb051494


 特にがまかつの竿は、ピカピカに仕上がるので使用して数年が経過した

竿でも新品のような光沢が出て気持ちの良いものです。

 

 竿の表面も大切ですが、竿の内側は竿の性能を発揮させるためには

重要な部分ですので、内側に黒いカビが出ている人はしっかりと

掃除をする必要があります。

 竿の内側は、一度サラシと556等で綺麗に磨いておけば後は、ティッシュを

詰めて抜くだけでも十分な効果が期待でき黒カビも防止出来ます。

 黒カビを放置しておくと、竿の感度が低下するとともに竿の腰抜けも早いと

言われております。

Pb051493


 鮎竿の亀裂や砂によるスレ傷等もチェックし、必要があればメーカーに

修理依頼をかけます。 

 

 私は、上の写真の塗装部分が少し掛けておりますが、このくらいでも

なるべく修理するようにしております。

Pb051500


 また針ケースから使い残りの針を全て抜き取って、針は保管するものと 

錆びたものは捨ててしまいます。

 

 針ケースも日干した後に保管します。

 
 

Pb051486


 最後は、各河川の年券です。 

 今年購入した年券は、相模川、狩野川、興津川、球磨川、富士川の5河川 

でした。その中で、富士川には一度も行かずに終了。
 

 また、興津川にも解禁日の数日行ったのみでした。

殆ど相模川で終わりました。

 年券は、特に保管する必要が無いものはハサミで切って小さくし

ゴミの区分けでは、ビニール・ナイロンのゴミ袋に入れて廃棄処分と

してます。


 まだ仕掛け類の片づけも続きます。 
結構大変な作業ですね!


 来年の為に頑張って片づけしましょう!

     

  もう知ってる方ばかりかな?

狩野川旭水園さんのHPが出来てました。

ご参考まで、  http://www4.tokai.or.jp/kyokusuien/

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月 4日 (月)

鮭釣りの針のお話し ・・ ご参考まで!

鮎釣り情報2013

  三連休でお休みされた方も多かったと思いますが、私は土曜日のみの

お休みで連休とは縁もない生活を送っておりました。
 

 今日は、既に鮭釣りに行かれた方や今後、行かれる釣り人の方へ参考

までに鮭釣りの針を紹介してみようと思います。
 

 私が使用している針は、北海道釧路市の釣具店から取り寄せたものです。

Ike_2175

 針の号数で言うと、22号となります。 どのくら大きいか他の針と比較

してみると、↑の写真を見て頂いて一番上の針がサクラマス4号の針です。 

 上から2番目の針が鮎釣りの要10号、そして3番目が、大鮎10号の

針です。 

 一番下の針と、その上の2つの針が鮭釣り用の針になります。 

 日本の川で釣る針の中では、一番デカイ大きさの針になるのではないか

と思います。 こんなデカイ針ですが、鮭の口に掛かって来ます。
 

 2つの大きな針の違いは、私には良く分かりませんが、黒色の針が

タコベイトとセットで売られていたもので、一番下のシルバーの針は

針だけの単品で売られていた物です。 

 この素針に、PEライン4号ダブルで外掛け結びで結びます。

 

Ike_2179
 

 上の写真のように、PE4号をダブルに取りより戻しに着けて針側で外掛け

結びでグイグイと巻きます。  

 PEのエンドは、ライターで焼きスッポ抜け防止策を施します。

 鮭の大物は9~10キロもあるので針がすっぽ抜けないないようにかなり 

頑丈に結ぶ必要があります。 

 この針にタコベイとを取り付けて完成です。

Ike_2182xx

 上の写真のようにです。タコベイトは、2.5~3号程度。 

タコベイと針の間隔は、餌となるサンマの切り身を着けるのである程度距離が

あった方が良いように感じます。 

 このあたりは、作り手が微妙に変化を着けて、またタコベイトの大きさや色も 

変えて何個か作って鮭釣りに向かいます。

 

 鮭釣りの錘は、1~3号を使用します。 

錘を先に流すと根掛りしやすいので、餌となるサンマを着けた針が先行して

流れて行きその後を錘が着いて流れて行くように流します。 

 錘が水底の石に引っかかって餌が止まった瞬間に良く鮭が掛かって来ます。
 

 

 このあたりは、難しいですが感じとして、今朝方海から上がって来た元気

な鮭1メートルでも上流へと向かいたい為に下流へ流れていく餌を

わざわざ下流に反転してまでも追わないと思われる為に、針を流すスピード

を如何にゆっくりと底を舐めるように流すか ・ ・ ・

 こんなに針はデカイですが鮭の当たりは意外と小さく、釣れない時は

何をやっても釣れないのですが、周りで釣れだすと、結構テンポ良く

釣れる時間があります。
 
 

 竿は、ダイワのサーモンハンターと言う鮭釣り専用の一本竿を使用し 

道糸は、3~4号でハリスは、3号前後を使用します。

 鮭が掛かったら自分が河原に持って行かれないように体制を低くし腰で 

鮭竿を操る感じで一匹釣り上げるだけでかなりの疲労感と達成感が 

味わえられます。


 

 今年の鮭釣りは、12月上旬に越後荒川へ出発する予定で準備して

おります。 楽しみです。(^-^)   


Ike_2184

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2013年11月 2日 (土)

納竿じゃ!・・in狩野川

鮎釣り情報2013

 天気の良い日に気持ち良く鮎釣りをシーズンの閉幕と思い土曜日の

朝に狩野川へ向けて出発しました。 

 この日は、釣り仲間と久し振りに会う約束をしており待ち合わせ場所は

旭水園さん(http://www4.tokai.or.jp/kyokusuien/)の駐車場です。

 この時期に入ると狩野川も、下流の方が釣れのではと思いましたが

旭水園の親父さん曰く、ここ数日で1日20尾釣るのは難しいけど

15~18尾くらないなら皆な釣って来るよ!

 鮎は小さいけど!大きくても20~21センチくらいだな!!

 旭水園さんの駐車場に午前7時に到着しましたが、駐車場に車は4台程度、

釣り仲間の車はまだ来ていません。

 携帯に電話を掛けると今名古屋を出たところとの事で、都内組は

東名に乗る手前で重体に嵌っているとのこと。

 そんな訳で、軽く川見をして午前8時から鮎釣りを開始しました。

Pb021456


 水は冷たく透き通った狩野川で気持ち良いですが、かなり厚着をしないと

ヒンヤリと寒さを感じます。

 このポイントも今シーズンは、解禁日以来で川の様子も余り良く

分かりませんでしたが、例年大体鮎の着くところは同じなので

先ずは、少し流れの緩いところからオトリを泳がせて行きます。

 幸先良く、開始早々に1尾を釣り上げました。

大きさは、18cmと言ったところ。

Pb021461


 誰も釣り人が居なかったのですが、午前10時を回る頃には釣り人の

姿も多くなって来ました。

 流の緩い所から徐々にオトリを引き上げて行くとテンポよく掛かりだしました。

Pb021469


 お昼を少し過ぎましたが、オトリ2尾込の20尾と良く釣れました。

掛り鮎は、15cm~21cmくらいまで雄が多いなか雌も4割程混じりました。

 

 駐車場に戻ってみると名古屋から来たN崎さんと八王子のT合さんが

既に昼食をとっており、私も着替えて椅子に腰かけました。

 少し遅れて都内から来た栗ちゃんも釣りから戻って来ました。

今日は4人で鮎談義と車の話です。

 

 今日の釣果は、私以外は余り釣れて無いようです。

1~4尾と言ったところ。

 T合さんに、豚トロと〆のラーメンまで作って頂き身体も温まったところで

午後の部再開です。

 時計を見ると午後3時に限りなく近い時刻。随分と話が弾んでしまった

ものです。

 急いで着替えて、また下流へと私は向かいました。

Pb021472

 

 午後の部からは、背針を付けて午前中よりも更に流の強いところへ送り

込んで見ました。 

 元気な鮎が掛かって来ましたが、2尾根掛りでロストしてしまいました。

 

 

 2013年の鮎最終日は、大鮎には凝らずに普通に普通に釣りをする

ために仕掛けも、解禁日の時のように細い複合糸に鼻環回りもノーマル

仕掛けをチョイス! 

 ハリスもフロロ0.6号まで落とし、針に触れただけで掛かりやすいように 

少し工夫し、針は7号4本イカリでやってみました。 

 

 結果、昼休みが長くなりましたが26尾とまずまずの成果ではなかった

かなと思います。

 

 これで、気持ち良く納竿となりました。

 感じたことは、ある程度流のあるところの方が針掛りし易いと思いました。

流の緩い所には、鮎もかたまっているようでしたが、一緒に泳いでしまい

中々、針掛りまで行きません。

 

 帰りは、温泉に入りゆっくりして来ましたが、箱根周りで渋滞に絡むことも

なく厚着からは、圏央道に入りすんなりと帰宅出来ました。 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

最近の写真