フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 誕生月は何かと忙しい! | トップページ | 岡野釣具店へ・・GO! (^-^)v »

2014年1月31日 (金)

神奈川県の西の壁、丹沢表尾根へアタック!

鮎釣り情報2013

  現在の生活と言えば、電車に乗って大きく移動し、エスカレーターやエレベー

ターに乗って更に上下に移動し、オフィッスに到着すれば長時間ディスクに

張付くような生活が続いております。  

 体力的にも身なり的にも急降下する年齢に突入し、果たして運動出来る

体力は有るのか? 

と自問したくなる今日この頃ではありますが、25日(土)は自由な時間がとれ

ましたので1年振りに丹沢表尾根で最も人気がある塔ノ岳(1490.9m)に

登って来ました。

 

 Ike_274x2

 

 塔ノ岳を相模原市側から見てみると、上の写真の山になります。

 

 頂上付近が白くなってますので雪が深いと想像され装備も冬山に必要な

アイゼンは必需品となります。

 表尾根縦走となるとピッケルも必要な場合もありますが、塔ノ岳登山だけ

ならピッケルを持つ必要はないと思います。

 また、だいぶ日が長くなったとは言えまだまだ日没時間は早く山は真っ暗に

なってしまうので、ヘッドライトも忘れずに持参します。

 

 塔ノ岳のアプローチとして幾つものコースがありますが、今回は最も最短の

コースとなる小田急電鉄で渋沢まで移動し渋沢駅からバスに乗って大倉へ

移動。 ここから、バカ尾根と言われる6.5km (往復13km)続く勾配の

尾根をひたすら登り帰って来るコースとしました。

このコースは、バカ尾根のピストンで単調なコースとなりますが、自分の

体力・脚力に自信がない場合は、最も安全なコースと言えるでしょう。 

 25日は土曜日と言うこともあって、小田急電鉄車内には多くの登山者が

乗り込んでおりました。 

 本厚木や伊勢原で下車する人が多かったので、この日は大山を目指された

方が多かったと思います。 

 私は、更に乗車を続けて渋沢駅で下車、バス停には多からず少なからずの

登山者の姿がありました。 

 どちらかと言うと若者達の姿が目立ちますね!

  

 0905、準備体操をした後にいよいよスタートです。  

 大倉バス停を後に6.5kmも続くバカ尾根と言われるほぼ直線的な、登山

道を登って行きます。

P1250016

 

 しばらくは、森林の中を進んで行きます。 

 

P1250014

 

 休憩場所となるところは、やはり混雑してましたが、大渋滞と言うほどでも

ありません。  

 

P1250021

 

 スタートから1時間30分程すると登山道の左側方向に富士山が見えて

来ました。  

 

P1250023

 足場の悪いところも少しありますが、バカ尾根登山道は綺麗に整備され

階段状態となってます。

 

 

P1250025

 

 登っても登っても階段が現れて来ます。

 

P1250030

 

 スタートしてから、2時間が経過しました。 

残雪がありますが、登山道は雪解け水でグチャグチャな状態でした。

 

P1250037

  富士山の姿がだいぶ大きくなって来ました。 

手前の山が鍋割山の尾根だと思います。

 

P1250043

 スタートしてから、2時間30分が経過。

 

頂上までは後少しです。 花立山荘から相模原方向に見える山は、三ノ塔です。

三ノ塔の山小屋が確認出来ます。 

 三ノ塔の手前の少し低い山が、烏尾山です。 

 昨年は、毎週のように山に登ってましたので足腰も登山仕様となり三ノ塔から

尾根を伝って塔ノ岳までのピストンも行いましたが、今年は足が出来てないので

無謀な事は出来ません。   

 

P1250042

 花立山荘から更に八王子側を見るとずっしりと構える大山が見えます。 

登山用の足作りに、大山へ毎週3~5回は登らないとダメですね!

 

P1250046

 

 スタートから3時間半も掛かってやっと塔ノ岳山頂に到着しました。

 

P1250056

 塔ノ岳山頂には多くの登山者がおりました。

 

 

 私は、花立山荘を出発してから塔ノ岳の最後の登りに入るところで、アイス

パーンに足を取られてひっくり返りました。 

 この時、左足首をねじってしまい、捻挫してしまいました。 

変な転び方をしたので暫くは歩けませんでした。

 

 手前で、10人程がたむろって居たので何の疑問も持たずに群衆を追い抜い

たところでスッテンと転びました。  

 ここからアイスバーンが始まっていたので、皆さんアイゼンを装着してしたの

です。 

いや~参ったな~!!  ざまっ!!  って感じに転んでしまいました。

 

P1250049

 塔ノ岳山頂から見る富士山は綺麗です。

 

P1250045

 

 平面でも3Dのように立体的に見える富士山は塔の岳からの撮影の特権の

ような気がします。

 

P1250055

 江ノ島方向です。 相模湾が一望できます。

 

P1250060

 塔ノ岳の頂上は、昨年に比べて雪は少な目でした。 

天気も雲が多く出てましたが、富士山が見られただけでも嬉しい気持ちにな

ります。 

 転んで捻挫した左足首が、ヒリヒリするので写真奥の尊仏山荘で休憩しまし

た。 

 スタートから、塔ノ岳山頂まで何度か休憩を入れて3時間30分で登って来ま

した。 

 昨年は、2時間30分程で到達出来たので、今年はやはり運動不足により思う

ように歩けません。 

 また転んでからアイゼンを装着しましたが、足が更に重く下山が心配になって

来ました。 

 尊仏山荘に約1時間程の休憩をとった後、1330下山開始です。 

 自分の予定では、0905に大倉を出発、1130塔ノ岳到達、1530大倉着。 

くらいの見込みで考えておりましたが、今回は大きく時間的に遅れてます。

 

P1250063

 登って来た登山道と全く同じ道を下山しましたが、左足をかばう余り右足も

痛みが出て来て、思うように足が動きません。 

 登り以上に何度も何度も休憩を入れて、やっとの事でスタート地点となった

大倉まで下山して来ました。 

 時刻は、うす暗くなりだした1700です。 

 今年の初登山となる塔ノ岳は、登りに3時間30分、下りは約4時間と苦しい 

ものとなりました。 

 これも日頃の生活形態が電車や車に頼り、上下の移動はエスカレーターや 

エレベーターに乗っていた自分の体力低下の結果だと思います。

 

 滑って転んだなんて ・ ・ トホホ の登山でした。

(使用カメラ: OLYMPUS TOUGH TG2)

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 誕生月は何かと忙しい! | トップページ | 岡野釣具店へ・・GO! (^-^)v »

登 山」カテゴリの記事

コメント

尺鮎さん、鮎釣りの足さばきは、ないですね、50代は、まだ気持ちは、少し頑張ればついていきますが、60代は、年間通し身体を、いじめなくては、直ぐころびます。
貴方の体力は、まだまだ素晴らしいです。
山も良いですが、友釣りと共通点がある
アオリイカ(板さん)らと、しませんか、
私も板さんに、ご指導頂きハマっています。 オフにこんな、楽しい釣りが、会ったこと、ハジメテ知りハマっています。

池ちゃん ご無沙汰しております。
塔ノ岳に登って来られたようですが、大変な目に遭いましたね。
単独での行動は万が一があっては為りませんので、お互い気を引き締めて楽しみましょう。
今シーズンの丹沢は全般的に雪が少ないようです。雪が降り次第、私も丹沢に登りたいと
想います。では今年も宜しくお願い致します。

麦わら帽子さん

ご無沙汰しております。

膿釣り良いですね! エイが釣れたのには驚きでした。

しかし、厳寒の防波堤は私は苦手で海の夜釣りは一度誘われて行ったきりで

その後は、ご無沙汰してます。

私もまだまだ膿釣りをやってみたいですが、スズキなどの走る魚にも

トライしてみたいと思います。

鮎地蔵さん

ご無沙汰してます。

今年も宜しくお願いします。

転んで怪我と言うほどのものでもなかったのですが、山の上は

平地と違って下りも辛かったです。

足首の症状は楽になって来ましたので、もう少し簡単に上れる大山

あたりで準備してから、再トライしようと思ってます。

鮎釣りもですが、転んでいては話しにならないですからね!

運動不足には参りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530292/59042425

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県の西の壁、丹沢表尾根へアタック!:

« 誕生月は何かと忙しい! | トップページ | 岡野釣具店へ・・GO! (^-^)v »

最近の写真