フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月29日 (火)

相模川の友釣り専用区が変更されまた。

鮎釣り情報2013

 昨日からJA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会が国立代々木第一

体育館で始まりました。 

 ご存じの方も多いかと思いますが、日本代表男子チームが大切な第1戦と

なるギリシャに負けてしまいました。 女子は愛ちゃんが怪我で欠場するも

白星スタートです。 

 近年の卓球では、シェークハンドと言われるラケットグリップを握るスタイル

が世界的にも主流となり、昔ながらのペンラホルダー選手も健在しております

が国内でもどちらかと言えば男女共にシェークハンドが主流となっております。

 

 これはペンホルダーに対しフォアバックともに打ちやすいと言った長所を活

かしたプレーにシェイクハンドのラケットが向いているとの理由からですが、

 道具を握るスポーツの中で、テニスやバトミントン等も、ラケットを握るスポ

ーツとして共通する点もあると思いますが、卓球の場合はテニスやバトミントン

違って握った手元からボールを打つ面の位置が凄く手元に近いと言う事が

言えます。 

 ラケットを握る握りの強さとラケットを振るラケットのしなやかさとは相反する

ものでラケットを強く握ってしまうとアームとなる腕の動きが硬くなり卓球では

しなやかな動きや伸びのあるボールが打てません。 

 かと言って、握りが弱すぎるとラケットの位置が安定せず打球するボールも

ブレてしまって相手のコート内にボールが入らなくなってしまいます。 

 この握り過ぎず、緩め過ぎないラケットグリップ感覚と鮎竿を持つ竿の操作

感覚が全く関係の無い卓球と言う競技と少し似ている点があるように感じてし

まいました。 

 温泉卓球程度のレベルでは、分かり難い感覚なのかもしれませんが握り過

ぎずブレ無いグリップ感覚こそ安定した釣果に繋がる一つの方法かもしれない

と自分ながらに思った次第です。 

 

 さて、本題に入りますが今年から相模川の友釣り専用区が昨年と変わって

変更となってます。 

 下流区は、何年も前から噂されてましたが今年から昭和橋までが友釣り

専用区であると正式にアナウンスされました。 

 上流は、昨年は小倉橋から下流100メートル程の瀬肩の下流から友釣り

専用区でしたが、今年からは小倉橋の上流から正式に友釣り専用区となり

ました。 

 上流も下流側もコロガシ愛好家達の既得権問題もあるようで、すんなり友釣

り専用区になるのか疑問な点もありますが、変更されてますので友釣りファン

にとっては良報だと思います。 

 特に、下流側の昭和橋付近は天然鮎が集まるポイントも多く現在河川敷の

工事が行われておりますが、良い瀬も存在し駐車場もあることから有望な

ポイントと思われます。 

 疑問点やトラブル等不安な点は相模原第一漁協または、相模川漁業組合

合まで問い合わせ下さい。

 

Photo

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
        にほんブログ村

2014年4月20日 (日)

今シーズンの中津川 (神奈川)は楽しみかも ・・

鮎釣り情報2013

 相模川の稚鮎遡上の情報が相模川漁業組合連合のHPから知ることが出来

ますが、4月1日から海老名市に位置する相模大堰の魚道を遡上する稚鮎の

数が、13日現在で149万尾と発表されております。

 

 この149万尾が例年に比べて多いのか少ないのか、ピーンとは来ない

数値ではありますが、とりあえずは天然鮎の遡上は順調と見て良いと思い

ます。

 昨年のように豊漁と言われた天然鮎の遡上の筈が、いざ鮎釣りが解禁して

みると余り豊漁と言えるようには釣れませんでした。

 魚道が完成した、高田橋上流の堰でしたが、この堰から上流の葉山島や

澤、上大島では殆ど天然鮎が針に掛かることは無かったように記憶して

おります。

 大水が出た終盤戦の禁漁間際に、高田橋から下流で天然遡上の鮎が良

く掛かり出しました。さあこれからと言う時に神奈川県内は、禁漁を迎えて

しまいました。

P1310091  

 「冬場工事中の葉山島の様子。堰の上で堰き止められて川の水は左岸側を

流れてました。」

 

 相模川の支流となる中津川は全く元気が無く、昨年のダイワ鮎マスターズ

中津川大会での予選や決勝の結果を見ても、決して好調と言える状況からは

程遠い良くない結果が目立ったように思います。

 こんな昨年の中津川管内でしたが、今年は相模大堰から更に下流に位置

する寒川取水堰付近で天然遡上して来た全長約5cmの稚鮎を採取し、トラ

ックで中津川管内に運ぶ汲み上げが18日実施され放流されております。

3077daid42d

 「寒川取水堰インターネットからの写真です。 」

 

 この天然鮎の汲み上げは下流に幾つものダムが存在する河川では良く

行われている方法で、大鮎でも有名な熊本県を流れる球磨川でも実施され

ます。

 一般の買い付けの海産鮎と違って、既に川の水に馴染んでから寒川取水

堰まで遡上して来ていることから、鮎の仕上がりが良くて病気にも強く、元気

があってすくすくと育つようです。

 また今年の相模川組合連合では、放流した人工産鮎にF2と言われる

親鮎の種から継承された遺伝子を持つ子供の鮎(簡単に言えば二代目の鮎)

を採用し放流したようです。

 このF2と言われる人口産の鮎の成長が良く活発に追い気がある鮎に育つ

ようです。

 こうなれば昨年調子が上がらなかった中津川管内の今シーズンの鮎は

昨年のような解禁当初の天竜等からの人工産の買い付け鮎に翻弄され

ることもなく、釣果が期待できる解禁日を迎えらることが出来そうです。

 もし、解禁日がダメであったとしても、7月に入った頃から天然鮎の汲み

上げ鮎が竿をグイグイ曲げてくれることでしょう。

 今年の中津川は、要チェックです。

 勿論、汲み上げ天然鮎や人工産のF2は、中津川だけではなく相模川にも

流されたようですので相模川ファンにとっても非常に楽しみな鮎釣りシーズ

となりそうです。

 

P1310093

 

 冬場工事中の葉山間島の大トロのポイントですが、水も枯れて寂しいもの

でしたが現在は河川工事も終了し、普通に水が流れておりますので賑やかな

フィールドになると思います。

 

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年4月12日 (土)

今シーズン初の釣行 ・・ 結果は如何に??

 今月に入り気が付けば鼻汁が垂れている症状に悩まされ、てっきり花粉症

発症かとおもっておりましたが、そのうちに喉も居たくなり咳も出始めて体温も

38.5度まで上昇!

 これはやばいと思い、なるべく栄養価の高い食物を食べて仕事に行ってました

がやっぱり思わしくないので、行きつけの医者に行って薬を貰って来ました。

 そして今日、やっとシーズン初となる釣りに出かけてみました。

 

P4120453

 

 全身銀の鱗に包まれた眩しくて、目つきが悪い魚をゲット!!

P4120445

 計測の結果、43cmでした。

 50cmオーバーを釣りたいのですが、中々釣れないですね!

たまに来るデカいのは虹鱒が殆ど!

 今日は、これで大満足でした。

虹鱒の銀系化した個体とサクラ鱒の個体は似てますが、これで違いが

はっきりしました。

 尾鰭全体に黒い斑点があって背中の斑点が少し小さくて沢山あるのが

虹鱒でサクラマスも尾鰭に斑点は有りますが、尾鰭の上の部分にしか黒い

斑点が有りません。

 また、背中の黒い斑点も虹鱒よりも大きくて数も少な目でした。

久し振りにガンガン引く感触を味わえられて楽しい時間を体感しました。

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年4月 9日 (水)

相模川 桜祭と稚鮎情報(上大島)

鮎釣り情報2013

 4月に入り何かと忙しくしんどい日々が続いています。新しい仕事環境に

新人として異動する人、またその新人を受け入れる人それぞれではあります

ずれにしても新しい職場環境と言うものは、ストレスも溜まりやすく大変

ものです。 

 そんな4月第一日曜となる6日、相模川の様子を見ながら上大島まで車を

走らせてみました。

Ike_35731

 

 生憎の曇天模様とあって、見ごろを迎えた桜も見栄えが今一つと言った

状況ではありましたが、上大島では桜祭が開催されており多くの家族等で

賑わっておりました。 

 

 相模川漁業協同連合会のHPにはまだ、相模川への稚鮎放流のアナウンス

はありませんが、上大島では鵜避けのワイヤーが張り巡らされており放流の

準備は整っているようです。 

 

 そんな中、川鵜は相変わらず居座っており売店前の対岸には数羽の川鵜

が潜って餌を捕食している姿も確認出来ました。

Ike_35861

 
  田植えの時期も近いことが、燕の群れで知ることも出来ます。

 

この燕達は今か今かと田植えの時期を待ち、新鮮な田んぼの土を運んで

巣を作る姿も間もなく見られるでしょう。

 

Ike_36131     

 桜祭会場には、地震体験車なるものが設置されており震度1~7までの揺れ

を体感することが出来ます。 

 

 この地震体験車に乗ろうと子供連れのお父さんやお母さん達で長蛇の列と

なってました。

Ike_36161

 震度7クラスの地震は、今後必ず来ます。  とのアナウンスでご覧の

模擬室は良く揺れてました。

Ike_35891

 桜の方は、ほぼ満開と言ったところです。

Ike_35871

 時より、青空も見えましたがその後は、雨も落ちて来て肌寒い1日と

なりました。

Ike_36111

 釣り人の居ない相模川は、寂しいものですが川鵜にとってはパラダイスと

言ったところでしょう!

 この日の相模川城山ダム放流量48トンと豪快に流れており稚鮎の遡上も

始まっているものと思いますが、今のところ相模川への稚鮎天然遡上

放流の情報は入っておりません。

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年4月 5日 (土)

桜も散り始めました

 鮎釣り情報2013

 月曜日に一斉に咲き出しました相模原の桜もおよそ1週間が過ぎようとする今日は

散り始めて来ました。

 Ike_35301

 

 目を楽しませてくれたのも約一週間と短きもの、この一週間は天気も悪く残念なもの

でした。

 

Ike_35461

 

 おっ綺麗だ!と思ったのもつかの間

 

Ike_35551

 今日は、すっかり散って行く桜

Ike_35611

 桜の花びらのじゅうたんが出来てました。

 桜が散った後は、いよいよ相模川でも稚鮎の放流が開始されます。

例年ですと、4月10日前後から第1回目の稚鮎放流が開始されますが今年は、何時頃に

なるのかはまだ情報がありません。

 組合としては、稚鮎の価格の下がる今月末から来月上旬頃に掛けて放流したいと

考えているようです。

 明日は、相模川を散歩して見ようと思ってます。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

最近の写真