フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

SHIMANO JC 2日目 in 相模川 参加しましたが ・・

鮎釣り情報2013

 今日は朝から雨、雨、雨、、、

 今年初となる大会でしたが、予選の3時間は長く感じられました。

 あくびも出ました。

 根掛りばかりで一向に鮎は掛かって来ません。

 終了30分前でようやく煙草サイズの鮎1匹を釣り上げることが出来ました。

 竿1本違うだけで釣れる人と釣れない人に分かれました。

 相模川  ・・ 難しいです。

 もう少し、鮎が育ってくれれば全体的に釣れるようになると思います。

 予選終了後は、中津川に移動してしまいました。

 従って、決勝戦の模様は全き分かりません。

 噂では、一本瀬の肩で入れ掛りになったとか ・・

 来週末は、ダイワ鮎マスターズです。

 頑張りましょう!!

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月28日 (土)

SHIMANO JC 1日目 in 相模川 速報!

鮎釣り情報2013

 仕事から帰ってくるや、直ぐさま相模川に向かいました。今日は、シマノジャ

パンカップ相模川予選が雨の中開催されました。

P6280872

  

 到着してみると、既に決勝戦も残すところ30分と言ったところ。

P6280878


 城山ダム放流量は、約38トン/秒と言ったところで午前の予選では

オトリ込の5匹でじゃんけん勝負に、6匹持ってくればセーフのようでした。

 

 決勝戦には、30人程が参加してました。

 やはり高田橋付近が人気のポイントのようです。

P6280886


 短い時間でしたが、下流の一本瀬にも行ってみました。

ここも人気のポイントです。

 更に、下流の石切場も人気なようですが時間も無いことからここで

観戦はお終いにしました。

P6280890


 決勝戦の検量の様子ですが、8匹から9匹の人が多かった。

P6280913

  
 いよいよ結果発表です。

P6280903


 テントの中の選手10名が、ブロック大会進出者です。

 ボーダーラインは、8尾で早掛けに!!

P6280924


 優勝は、若い 根本さんが 11匹で相模川を征しました。

おめでとうございます。

P6280930


 上位10名の決勝戦の結果です。

P6280899


 参加の集合写真ですが、予選落ちの人は会場を離れる人も多いです

よね!

 今日の大会は30分毎に雨がザアザアーに降ってきたり傘が要らないほ

どに空が明るくなったりと不安定な空模様でした。

 まだ相模川は、釣れると言うよりも釣れない川となってますがスイッチが

入ればもっともっと釣れだすものと思われます。

 明日の空模様も雨となりそうですが、26日(木)のがまかつの大会よりも

遥かに条件は良くなっていると言ってましたので、明日参加さる選手も

上位を目指して頑張りましょう!!  

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月26日 (木)

G杯相模川大会無事に終了!

鮎釣り情報2013

 今朝の城山ダムの放流量を見るとやっと50トン/秒台になったばかり

しかし、G杯は予定通り開催されたようで、大会に参加したトーナメンターの

T君から予選通過ラインはオトリ込の3尾との連絡が届いた。

 私も、当初この大会に参加する予定でおりましたが急用の為に欠場する

ことしました。

 相模川の場合、ダム放流量によってですが、友釣りが出来るのと大会が出来

るのとは別問題です。

 相変わらず、ニゴイの猛アタックを喰らってしまった選手もいたようですが

無事に大会が終了できことは良かったと思います。

 今週末から相模川は、シマノJCが2日連荘で続き来週にはダイワ鮎マス

ターズが開催予定となってます。

 現在の、城山ダム放流量は40トン/秒、前後まで落ちて来てます。

 選手の皆さんは頑張って下さい。 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月25日 (水)

微妙な水位 ・・ 相模川

鮎釣り情報2013     

 

  明日26日(木)は、第38回G杯争奪全日本アユ釣り選手権予選相模川大

会が予定されておりますが、現在の城山ダム放流量が61トン/秒と川切が

無理な水量となってます。このまま雨が降らなければ、明日朝には40~50ト

ン台までダム放流量が下がる見込みもありますが、大会関係者にとって12日

(木)の大会が既に荒天の為に延期した経緯があるだけに、明日の大会実施

が望まれるところではありますが、現在は、まだ水量が多く危険な状態。

 また、明日は報知鮎釣り選手権狩野川予選もあることから、大会出場選

手がそんなに多いとは予想されませんので、相模川大会は、川切りを禁止と

して左岸側からだけの特別ルールで実施しては如何かと思います。

 何れにしても、安全第一なので大会の決定は、大会運営者側の判断に委ね

られるところでありますが、100名程度の規模であれば左岸側だけでも何

とかなるものと思います。

 大会が実行された場合、出場選手は流されないように無理をしないことが

大切だと思います。

 明日朝に、城山ダム放流量が40トン台まで下がっていれば川切りも注意

すれば問題なく出来る水位となるので、明日朝まで大会関係者は、微妙な

判断に悩まされそうです。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月23日 (月)

何故か引きつけられて ・・ 鮎釣り

鮎釣り情報2013

 ゴミの川で鮎釣りが出来る川は、私の知っているところでは静岡県の富士山

麓から流れるU川も凄まじい程のゴミが堆積し、こんな川で鮎が生息しているの

かと思える程ですが秋口には尺鮎の出ることもあるくらい天然の鮎が逞しく活き

づいている川もあります。

 ゴミの川と言ってしまいましたが、今日行った川も午後からの雨でペットボトル

空き缶が沢山流れて来ました。

P6230862

 
     

 何故か分かりませんが、こんなゴミの多い川でも近場の相模川では無い

ものを感じ小遣いの許す限り燃料代を掛けてまでも行ってしまいました。

 昼頃からの雨で川は濁りが入り釣果も今一つでした。

P6230863

 濁りだけなら何とか釣りになっても、ゴミが流れて来てはダメです。

 

P6200809


 答えは、この綺麗な鮎の魅力にあるのだと思います。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月22日 (日)

お詫びと訂正! 都留川って何処の川?

鮎釣り情報2013 
     

 読者の皆さんで週末に鮎釣りへ出かける予定を立てられた釣り師様には迷わ

せるような河川名を表記てしまい申し訳ありませんでした。

 桂川の上流に都留川などと言う名前の川はございません。

 正確に書きますと、桂川上流の都留漁業協同組合管轄内となりますが名称が

少し長いので、ここでは桂川上流の都留管内と略して表記します。

 

__ma









 地図で調べて見ても、相模湾に注ぐ相模川はずっと内陸部に入って富士山

の麓の山中湖まで続いていたとは、かなりスケールの大きな川であることが

ご理解いただけるかと思います。

 この相模川の上流に桂川と言う桂川漁業協同組合が管轄する区域があり

、通常この管轄内を桂川と言っているようです。

 今回私が行きました都留市内を流れる川は、桂川本川の上流となる

都留漁業協同組合が管轄する河川と言う事になります。

P6220850


 上の写真が、遊漁券です。

P6220851


 この写真の地図では分かり難いのですが、この地域がメインの都留管内となります。

P6220855


 下流はダムから下流の桂川大橋付近で、桂川漁協との境界のようです。

P6220856

 上流は、更に別な漁協が管理しているので少しややこしい河川となってます。

 

 桂川の場合、一般的に京都の桂川が有名で桂川の上流だからと上桂川と

言ってしまうと京都の上桂川を意味してしまうので、桂川都留管内と言う事を

ご理解いただけたらと思います。

 

 一番理解出来てなかったのが、この私でした。(≧▽≦)

 

 一言で桂川と言っても広くて迷ってしまうほどです。

 

 渓流釣りで有名な鹿留川(ししどめかわ)は、桂川の支流となりますが私が

鮎釣りをしたり、虹鱒を釣ったポイントよりも更に上流のエリアとなります。

 水源が、富士山ろくの湧水とあって素晴らしい水質であると言えますが、こち

らの人達はゴミを川に捨てる風習が未だ消えて無いようで、河原の中には信

じられないような大きなゴミが有ったり、釣りをしている時でもヘアースプレー

缶のような缶や生活ゴミが流れてきたりと残念な想いをしてしまいます。

 

 都留管内で釣れて来る鮎は、香りもあって癖の無い美味しい鮎です。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月20日 (金)

二回目の桂川上流、都留管内 釣果速報! 良型揃い!!

鮎釣り情報2013

 今日の晴れ間は、そう続かないとのことなので桂川上流の都留管内までリベンジに

行って来ました。

P6200834


 天気も良く水も透き通って綺麗です。

P6200848


 鮎は、17~19.5cmの型揃い!!

P6200838


 ヤマメは、27cmと25cmの2尾をゲット!  残念 ・・ 尺に届かず!!

P6200815


 鮎は綺麗です。

 すみません。朝早かったので、、、今夜はこれにて失礼! 

 限界 ・・・ 眠いです。 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月19日 (木)

尺ヤマメをゲット! 更なる巨大魚との対決! in 都留管内 完結編!

鮎釣り情報2013

 6月17日(火)、曇りのち雨の天気となった桂川上流の都留管内初釣行で

すが、現場で着替えてから、さあ入川と言う時に鮎ベストを自宅玄関先にそ

のまま掛け忘れて来たことに気付く。

 単独行動の多い私にとって、忘れ物は致命的なもの。仲間の仕掛けを借り

ることも出来ず途方にくれる。 

 既にオトリ2尾と入漁券とで3000円の支払いは済ませていた。

 履いてしまったウエーダーを一度脱いで、短パンに履き替えて、今朝寄った

オトリ屋さんにとりあえず戻ることにした。

 オトリ屋さんには別のお客さんが来ておりましたが、横浜からの釣り人は、ま

だ未着のようで、仕方なくオトリ屋さんに鮎ベストと仕掛け類を自宅に置き忘れ

て来てしまった事を伝えると、奥から鮎ベストと仕掛け類を出して来てくれた。

 鮎ベストは、渓流用として使用している旧鮎ベストを車の中に積んでおりま

たが、仕掛けは鮭釣りのようなゴツイ針や糸ばかり。

 3本、4本イカリは、予備の針ケースに入っていたので、オトリ屋さんから

天井糸付の水中糸メタコンポ0.07号を2セット、鼻環回りの仕掛けが数個

入ったケース1個を借り受けることにした。

 オトリ屋さんは、ゴルゴ13のよなゴツくて強面の風貌ですが、優しい笑顔で

快く仕掛けを貸して下さったので、ホットした気持ちで再びお勧めの釣りポイ

ントへと車を走らせた。

P6170800


 桂川上流都留管内は、透明度の高い水質で約30センチ高との事で水量

的には申しのない状況でしたが、曇天の為か水温も思った程上がらず

鮎は思った程、掛かると言った感じではなく、どちらかと言えば余り釣れ

ない感じ。

 

P6170788_2


 午前前10時半頃までに20匹を釣り上げて、貸して頂いたメタコンポⅡ

0.07号の2セット共に、根掛りで天井糸よりのナイロン部分からブレーク

し万事休す。

 

 都留管内の川底を見ると透明度が高い分、川底や石の周りに着いた生活ゴ

ミの引っかかった物が目立つ。

 

P6170782


 掛かって来る鮎は、15~17cm程度の真っ黄色で尾鰭と背びれが長くと

ても綺麗な鮎。

 ベストの中を覗くも、2号や3号と言った極太仕掛けのラインしか見当たらず

昼食の時間に近づいたことから一旦車まで引き返すことにしました。

 車の中を探すとナイロン0.3号があった。

 追加の針を帽子に射し込んで、再び鮎竿を持ってポイントへと向かう。

 ここで、ナイロン0.3号で水中糸を作って、オトリ屋さんから借りた鼻環回り

の仕掛けと結束し、即席の仕掛けが完成。

 勿論、目印も付いている。

 これで、気持ちも新たにオトリを着けて狙っていくと、かなり重たい当たりと

共に巨大な魚影が見えて一瞬でオトリごと消えた。

 今のは何だ ?  

 竿を立ててみると鼻環の上で切れた水中糸がヒラヒラと靡いている。

 今作ったばかりのナイロン0.3号と新しいオトリが、消えてしまった。

 

 もう一度、鼻環回りを着けて再びオトリを泳がすと、暫くしてまたもや

かなり強い引きが有ったなと思った瞬間に水中でギラギラしたものが

浮いてきた。

 慎重にタモで掬ってみると なんとヤマメ!

P6170794


 いかつい顔をした尺ヤマメが釣れた。

 こいつは、下顎に針が掛かり自分で外そうと回転した挙句、水中糸が鰓に

絡み苦しくなって浮いてきたようだ。

 兎に角、運良く尺ヤマメをゲットした。

 しかし、先ほどの強い引きはこんなもんじゃなかった。

 追加の鮎は、10本程釣れたが、あの巨大魚の魚影が見えた付近にオトリ

を持って行こうとするとオトリガ嫌々をする。

 何かとんでもない大物が潜んでいるに違いない。

 そう思った私は、何度か嫌がるオトリをそのエリアに運んだ。

するとやっぱり来た!!

 しかし、ナイロン0.3号なんて簡単に切られてしまった。

 午後2時を回った頃から、空は暗くなり雷の音も聞こえて来たので車まで

避難することに。

 雨と雷が収まり出した、午後3時半頃から再び川へと向かった。

 

 この時、もう鮎釣りは諦めて車に積んであったシマノメタゲームトルプル

 

H8.3mとサンテック大物本流竿8.5-9mとで、悩んだがフロロ1.5号

 

が有ったので、サンテックの本流大物竿8.5-9mをチョイスし餌は、今日

 

釣り上げた鮎ちゃんを持って、まだ正体の見ない大物との対決!に備えた。

 

 

 

 竿先からフロロ1.5号を通し、鮎が15センチ程と餌にするには少し大きく 

針を刺す所も浮かばず、鼻環とサクラマス用の4号針と鮎釣り用の錘を

利用して即席で、思いつくままに仕掛けを作り、これに目印とオトリを着け

て泳がせで誘ってみることにした。

 

 簡単に言えば、フロロ1.5号の通しに友釣りのように餌となる鮎は生き

たまま泳がせて、鮎釣り用のイカリ針は使用せずサクラマス用の4号針を

着けた仕上がりに。

 オトリには、オトリ店さんから借りた鼻環回りの仕掛けの中に切れた

鼻環だけの物が1個有ったので、この鼻環を使わせてもらった。

 

 

 オトリ鮎の前には、2.5号の錘を着けて巨大魚のテリトリーへと鮎を運ぶ。

 追われるとオトリは逃げる。

暫く繰り返すとかぶりついているような当たりが伝わって来る。 

 このタイミングで、何度か合わせてみるも乗らない。

 

 仕掛けの針をサクラマス4号から3号へと少し小さ目にし針の位置を微妙に 

調節し、オトリを別な元気な鮎に変えて再び狙う。

 

 巨大魚は、自分の歯型が着いたオトリを2度と狙ってくることは無かった。

 

 辺りも少し薄暗くなりだした午後5時頃になって、5本目の鮎になった時に 

また、巨大魚がオトリ鮎を狙っている感じが伝わって来た・・・ 噛んでいる

 

感じが ・・  時間を掛けてゆっくり   ・・ そして  

 合わせる。

  乗った!!

 巨大魚は、  動かない。

 

 

 竿を溜める。

 

 

 巨大魚との綱引きが始まった。

 

川下には絶対に向けさせないように頭を上流へと引っ張る。

 

 時より強く顎を振るわせる。

 

 鮭みたいなことをする生意気な巨大魚!

 

 正体を見るまでは絶対に逃がさないぞ! 

 

 

 慎重にも慎重ではあるが、絶対に魚に主導権を与えないようにギリギリまで

 

竿を上側に寝かせて保持する。

 

 

 巨大魚は、何度となく瀬の芯へ戻ろうとするが戻らせない。

 

 少し浅場に寄って来た時に、今度はローディングを展開し尾っぽでライン

 

ブレイクを図る。

 

 

 正に動きはヤマメのようだ!

 

 

 高ぶる気持ちを抑えながら、少し強引気味に砂地へと引き上げる。

 

 

 正体は何だ?

 

 

 

 なんだ ・・・・・ アマゴ ?   ヤマメ ?

 

 

 

 なんだ ・・・  

 

 虹鱒か ・・・・ 

 

P6170807
  

 引き吊り上げた巨大魚は、お腹パンパンの膨れたメタボな虹鱒だった。

 シマノのオトリ箱でも狭く尾っぽが曲がるほど!

 オトリ屋さんで計測の結果、59cm。  60センチに僅か1センチ足りない。

 

 やっと食わせて取り込んだのに虹鱒 ・・・ 

少し残念んでしたが、狙って釣り上げた 1匹に乾杯!!

     鮎は、余り釣れませんでしたが満足な1日でした。

 

 オトリ屋さん鮎仕掛けありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げます。  

 

 また読者の皆さん、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月18日 (水)

都留市を流れる桂川上流、都留管内へ初釣行!!・・ 前篇

鮎釣り情報2013

 情報によれば、桂川の垢着き状況が余り良くなく釣果も出水前のような

爆釣はしていないとの事。この状況の中、桂川の上流となる都留管内が釣れて

いるようだ。

 これは行くっきゃないだろうと前日から仕掛け作りや、仕掛けの点検を

入念に行い床に就いた。

 

 釣行当日となる6月17日(火)、午前3時半に思い切って起床、そのまま

荷物を車に積み込み中央道都留インターを目指す。

 友人からオトリ屋さんは、都留インターを降りた向いの看板の裏側と聞いて

いたので迷うことなくオトリ屋さんに到着。

 横浜からの釣り人が午前5時に到着と聞いていたが、まだ未着のようで

私が先に到着してしまった。

 

 私は、都留川には初めて来たので様子が全く分からなかった。横浜から

釣り人に場所などを案内して貰おうと思っていたのですが、、、

 オトリ屋さんとは、昨年の相模川鵜止まりの瀬でご一緒したことがあった。

オトリ屋さんは私の事は覚えていないようでしたが、お勧めポイントを詳しく

聞いてから足早にポイントへと向かった。

 ここまでは、順調すぎるほど順調だった。

 初めて見る都留管内の状況は、水の透明度が高く正に渓流の様相をして

いた。

 こんな綺麗な川で釣れる鮎はきっと美味しいだろうな!! などと思いなが

らそそくさと着替ることにした。

 最後の勝負ウエアーとして、鮎ベストを探す。  ・・・・ 見当たらない。

  頭から急に血の気が引く ・・

 そうだった、 鮎ベストを玄関に掛けたまま来てしまったことに気付く ・・ 

 

 ここまで、朝の時間帯で1時間45分程掛かった。

 このまま帰るか、、 これは不味い状況に ・・・ 緊急事態!!

 

P6170798

 
     

  川の状況は、非常に良い  ・・  さてどうしよう ・・

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月15日 (日)

予想以上に減水した相模川

鮎釣り情報2013

 新緑の季節でもあり木々達の活発な成長と、急激な気温変化による電力利用

の増加等により相模川の水量は70トン/秒まで落ちて来ました。

 

 見た感じは、濁りも弱く気の早い攻めの釣り思考の釣り師達は既にオトリを引

いて観察体制に入ってます。

P6140756

 

 そんな中、私は午後の4時半を過ぎた頃から毛鉤を流してみましたが、、、、

 

昨年のようには釣れません。

 

P6140769


掛かって来たのは、やせ気味の小物達ばかり、、、

P6140763


 他の毛鉤派の人達も  1人・・ 2人 と去って行くので

 

P6140766


 日の沈む午後7時前に私も現場を後にしました。

 相模川の水量は、15日0730現在で、60トン/秒まで落ちてます。

濁りも弱く、意外と早い回復に今後の期待が高まりますが、果たして

鮎は、成長しているのでしょうか 、、 少し不安もありますが

天然鮎に期待したいところです。

 お隣の中津川も、現在11トン/秒台まで水位が下がって来ました。

照り込めば爆釣の予感がします。  

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月12日 (木)

今週末は無理でしょう! in 相模川

鮎釣り情報2013

 6日から7日に掛けての豪雨の爪痕も、日に日に回復を見せていた相模川で

はありますが、水位が上流のダム放流量70トン/秒台まで落ちて、気の早い

釣り人は友釣りで釣果を上げた神様のような強者もおられたようですが、昨日

の雨により現在のダム放流量は145トン/秒と友釣りをやるにはかなり危険な

水位となってます。

 

 従って、今週末の相模川は無理な状況と言えます。

 また、お隣の中津川の状況ですが、現在の宮ケ瀬ダムの放流量が

45トン/秒となってます。

 こちらも、このまま続けば無理な水位であると言えますが中津川の場合は

突然、水位が11日(水)のように11トン/秒台まで落ちる事が有りますので

状況は、オトリ屋さんに確認された方が良いと思います。

 参考までに、中津川の状況を角田橋から撮影した画像を入手しましたので

ご覧下さい。

Img_0653


 上の写真は、6月9日(月)、角田橋から上流側を撮影したものです。

濁りは、弱く見えますが、ダム放流量は、100トン/秒となってます。

P6110728

 上の写真は、6月11日(水)、ダム放流量11トン/秒の中津川の様子です。

 

Img_0652


 6月9日(月)の角田橋から下流を撮影。 ダム放流量100トン/秒

P6110732


 6月11日(水)の同位置での撮影です。

 たった1日で、100トンから11トンまでダムの放流量が低下した事例です。

 一気にダム放流量を減らしたのは、10日(火)の事だと思います。

 魚もビックリしたと思いますが、中津川はこんな急激な変化もありますので

大雨の後は、直ぐに釣行を諦めずにオトリ屋さんに状況を確認して見ると

無理だと思っていたのに、釣りが可能な場合が多々あります。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月11日 (水)

水温15℃、天気 雨 in 中津川

鮎釣り情報2013

 車を買換えたのは良いのですが、ハンドルを好みの物に交換したりと何かと

車両の為の浪費が続き、鮎の釣れる川まで到達出来ない私は、昨日ダムの

放流量が100トン/秒から一気に11トン/秒まで激減した神奈川県の中津

川を目指しました。

 中津川は、相模川の支流となるので車で走ってもそう時間の掛かる河川で

はありませんが、梅雨入りの真っ最中と言うこともあって、今にも泣き出しそう

な空模様。

P6110734

 角田橋に近い野口オトリ店に立ち寄りオトリ2匹を購入。

 

旦那さんは、雨がポツリポツリ落ちて来たのでオトリの販売を放棄して畑仕

事に行ってしまったとか ・・ 代わりに奥様がオトリ鮎を出してくれました。

 

 こんな天気と大増水後の川の様子は、オトリ店に聞くのがベスト!

 奥様の口から出た言葉は、残り垢狙い!

 ダム放流量100/秒の後に残り垢は果たして有るのか?

P6110728


 角田橋(すみたはし)から上流を見たところ ・ ・ ・

P6110732


 角田橋から下流を見る。

P6110731


 角田橋直下にも良い石が入っているのが分かりますが、垢が残っている

のかは分からない。

 弱い雨の降る中、着替えて川の中に入って見ると中津川の石は底石がしっ

かりしているので石の裏を手で触るとぬるぬる感が残っている。

 

 垢が残っている。

 

 水温を測ると、15℃しかない。

マジ冷たい。 ウエーダーを履いていても足先から冷え込んで来る冷たさ。

 開始早々、全く変化なし。

 これは、今年のパターン

 

 オトリ店の奥さんが大石の裏が良いよ!

   と言っていた。

 その言葉の通り、水に入って大石の裏を探ると変化 有り 有り。

 針に魚が当たる感覚が伝わって来ます。

ただ、中々掛からない。

 尾っぽからのハリスの長さを調節して、ようやく1匹をゲット!!

 時間は、9時半を少し回ったところ、、、

P6110743

 中津川の鮎は、相模川の鮎に比べて香りが強い。

釣れた鮎は、小さいながらも鼻先が尖って綺麗。

 その後、諦めない程度に釣れては来たものの、強い雨と冷え込んだ身体

の為に、昼過ぎた頃には    ギブアップ。

P6110740
 

 丁度、本降りの雨となった所で、

 オトリ店の女将さんが、どう? 釣れましたか?

 と見に来てくれたので、女将さんの前で鮎を数えて終了としました。

 オトリ込みの12匹でしたので、やっとこツ抜け出来たと言うところ。

太陽が、照り込んで来れば50尾超も理解できる今年の中津川でした。

P6100727

 帰りに相模川の様子を撮影。

 

 ダム放流量は、80トン/秒と少なくなって来ましたがダムの濁りが少し

づつ強くなって来た感じもあります。

 今週末の相模川は、微妙なところです。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月 8日 (日)

相模川の状況

鮎釣り情報2013

 12日(木)G杯予選会の下見を予定していた釣り人も多い筈、しかしながら

昨日の大雨の影響で12日の大会もほぼ延期となることが予想されますが

実際に相模川の様子を見て来ると秋口のような強い濁りはなく、どちらか言え

ば笹濁りに近い状況であることから水が引けば友釣りは可能と考えられます。

 現在で、城山ダムの放流量は116トン/秒、前後となっているので60トン

位まで下がれば、場所を選んで竿が出せそうです。

P6080681


 昭和橋左岸側、昭和橋直下付近の流れの様子です。

昭和橋ピーヤのところに出来た特設のオトリ屋さんの家屋は消えて

おりました。

 

 

P6080711
  

 圏央道付近の様子です。 気の早い釣り人達が竿を出してました。

鮎は、沢山跳ねてますね!

 毛鉤では、釣れてます。

P6080700

 高田橋付近の様子てず。  釣り人は、誰も居ませんでした。

濁りは、そう強くは有りません。

 

P6080709

 葉山島の堰の様子です。   鵜も見えませんでした。

P6080704


葉山島の堰から下流に来た、瀬落ちの様子です。  

まだ強烈な流です。

P6080685

 こちらは、中津川宮ケ瀬ダム100トン/秒 放流中。 

濁りが薄く、ダム放流量が20トン以下になれば友釣り可能だと思います。

(平水は、8.5トン/秒 前後)

 

P6080696


 最後に、高田橋下の相模川への下り口に出来た水たまりで雀が水浴び

をしてました。

 今日の天気は、そんなに暑いと言う感じではありませんでしたが雀にとって

暑いのかな ・・ 

P6080697


 頭から突っ込んでましたので心配しましたが無事でした。

 

 今後の相模川ですが、雨が強く降らなければ今週末あたりから友釣りが

出来そうな感じに見えて来ました。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月 7日 (土)

10日間くらいは様子を見て in 相模川

鮎釣り情報2013

 昨日から今日にかけ梅雨入りと同時に大量の雨が関東地方に降りました。

今日予定されていたシマノジャパンカップ狩野川予選も、朝になって急遽

中止が決定。

 7日1830、相模川上流の城山ダム放流量は約300トン/秒と言った値と

なってます。昨夜のダム放流量は、最大では、600トン位かと思ってましたが、

733トンまで出たよと板さんからLINEも飛び込んで来ました。

 

 このダム放流量600トン、700トンと言う数値は川の流れはそう変わる大洪

水と言うほどではありませんが、川底の石はある程度動いてしまい工事によっ

て流れを人工的に変えたような所は、もしかして元に戻ってしまう可能性も

あります。

 いずれにしても青藻は綺麗さっぱり流れて、リセットされますが少し降り過ぎ

の雨に週末鮎釣りを予定していた鮎師にとって残念な結果となりました。

 

 気になるのは、何時頃から鮎釣りが出来るのだろうか?

 

と言う点ですが、まだ梅雨入りしたばかりで今後の雨量も予測できない事から

ハッキリとした事は言えませんが、少なくても10日間くらいは様子を見て

降雨量が少ないようで有れば、水位の低下は、意外と早いと思われます。

 

 また、濁りも秋口のようには長引かないと思われますので、今月末頃には

友釣りが出来るのではないかと、しかし、昨日、今日のような大雨が更に降る

ようなことになると、相模川の復活は、遅れて最悪は梅雨明け頃となる7月

下旬頃までダメな状況になるやもしれません。

 今後10日間くらいの天候を見て望みを繋げたいと思います。

 

 今日は、尺鮎ハンターさんが川見に出かけて写真を送って頂きましたので

本日、午後2時頃の相模川の様子を紹介します。

13968


 厚木の三河合流付近の様子です。 奥が相模川、手前が小鮎川

左の護岸が切れた辺りが、中津川からの合流

 

13965

 

 相模川本流です。 昭和橋から上流側を撮影したものです。

 川幅が広がり、工事で出来た中洲も隠れそうな勢いです。 

ダムの放流量は、約400トン/秒です。

 

 

  2009年の9月のダム放流量600トン/秒の相模川は葉山島の様子です。

862


 上流の葉山島の堰ですが、強烈な水量でした。

863


 堰から下のトロ場も囂々とした瀬に変身。

861


 ダム放流量600トン/秒ともなると高田橋上流の堰も一杯に滝のような

強い流れに変身。

 この流れであっても、相模川の天然鮎は特に支障もなくすくすく育って

欲しい物です。     

 しばらくは、相模川での友釣りは出来ませんが、お隣の中津川であれば

週明け辺りから友釣りが出来るものと思います。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月 5日 (木)

小雨の降る中激渋で撤退 ・・ "(-""-)"

鮎釣り情報2013

 家を出る時には雨が降っていませんでしたが、田名のコンビニ到着する頃に

はフロントガラスがポツポツと濡れて来ました。

 

 今日も諦めることなく相模川へと向かいます。本来なら釣れている中津

桂川に行きたいところではありますが、天気も午後から本降りの雨との予報も

出ていることもあって午前中でも楽しめればと思い、何時もの相模の瀬へと

入ります。

 前回は、対岸に渡りましたが今日は上流で大雨が降って何時、増水する

とも限らないので、安全のために渡らずに釣りをすることに。

 川の見える範囲、およそ上流側と下流側の500メートルに釣り人は私だけ。

こんな時に、流されでもしたら 誰にも発見されずに ・・ 相模湾まで行って

しまいそうです。

 さて、天候が悪いのか、釣れないのか、釣り人の姿がないまま午前9時半

釣りを開始しました。

 今日も、開始早々全く変化なし。

 水温は、かなり低めで水位は15cm程高くなってました。

(帰宅後、城山ダム放流量を見ると38トン/s)

 約1時間、200メートル程を移動しましたが全く掛かる気配がありません。

掛かって来ると言うかまつわり付いてくるのは青藻だけです。

仕方なく、分流へはいりました。

 分流では、弁天からの水が混ざって水温が一定している為か何のためら

いも無くバタバタと9尾掛かって、3尾空中でバレました。

 しかし、分流で釣っても仕方がないので1時間程で本流に戻ります。

 相模川は、本流勝負の川です。分流で釣ってもインチキ釣り師と言われ

しまいます。

 本流では、流れの弱い所のヘチよりを狙ってみると2尾掛かって来ました。

しかし、どれもチビ鮎ばかりで我慢も限界に。

 時計を見ると正午を過ぎたところ、気になっていた中津川は、直ぐ隣なので

車で30分も走ればポイントに着いてしまいます。

 

 ・・ 車移動 ・・

 

 中津川には、わんさかと釣り人が居るものと思って角田橋から覗いてみまし

が釣り人が殆どいません。

  電光掲示板には、宮ケ瀬ダム放流中と出ています。

 

しかし、川の水は綺麗でそんなに増水しているようには見えません。

 

P6050665

 相模のオトリを中津で着けて再び午後1時から開始です。

釣り人は、私の上流に二人見えました。 安心と言うか釣れる気がしました

が、石の色は緑掛かって良いようには見えません。

 水位は、沈んだ石から見て約20cm高いと言ったところ ・・ 

 午後2時までの1時間、オトリを3尾交代させて約50メートルの範囲を移動

しながら攻めてみるも当たりもありません。

 結局、1尾も掛からずに今シーズン初の中津は終了。

 他の釣り人も上がったので、私もは上がることにしました。

 本当にこれで釣れるのか? 疑問の残る中津川でしたが、ダム放流中との

ことなので、中津の鮎も低水温でダメージが大きいのかも ・・ 

 今日は、相模も中津も鮎にフラれてしまった思いでした。

P6050670


 結局は、相模の鮎のみ8尾で本日は、終了です。

 この時期の雨と急な水温の低下は、まだ育ってない鮎にはダメージが

大きいものと思います。

 釣り人の姿が無い時は、本当に釣れません。

この雨で、相模川の川底が綺麗になれば青藻も暫くは流れて来なくな

るので釣りやすくなると思います。また、鮎も動いて成長すれば今後は

期待出来るものと思います。 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月 4日 (水)

初物を頂く ・・<*)) >=<

鮎釣り情報2013

 私が鮎釣りを覚えた理由は、鮎を食べる為に鮎を釣るのであって釣りが上達

するために、鮎を釣るようなことは無かった。

 私の幼少の頃は、6月1日はどんなに農繁期であっても大人達は身体を休め

鮎釣りに没頭してました。

 

 そんな大人達と私は、訳も分からずに竿を持たされてオトリを付けられて

引っ張っていました。

 そんなガキでも小学校2年生の頃には鼻環を通し、3メートル程の竹竿で

で何匹かの鮎を友釣りで釣り上げて笑ってました。

 そんな初めて釣り上げた、オトリと掛り鮎との2匹の鮎の光景を今でも

覚えています。

 今年は、6月1日の鮎ではありませんが初物の鮎を頂きました。

P6020650
 

 先ずは、背開きにし片栗粉を薄くまぶして揚げたものです。

 骨も軟らかく、美味いです。

 続いては、定番の鮎の塩焼き!

P6020656


 こちらも適度に塩が効いて美味しいです。

 鮎は、そんなに食べる方ではありませんが、せめて解禁の日に釣れた鮎ぐ

らいは食べてみようと思ってます。

 特に、今年は遅い初物食いとなりました。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年6月 2日 (月)

解禁2日目 in 相模川

鮎釣り情報2013

 釣りのブログともなれば、釣りの釣果を自慢できる良い機会が与えられてい

るにもかかわらず、釣れない釣果を自慢するブログなんてありゃしないだろう! 

そろそろ2桁を釣り上げて来ないと尺鮎対決!も危ないかもしれない。

 

 今シーズン初となる鮎の塩焼きと行きたいところではありますが、今年は

思ったように釣れないのが事実です。

 今日は、午前10時頃から相模川に出かけてみましたが昨日の釣果が思わ

しくないことは釣り人の少なさで直ぐに分かりました。

 オトリは、高田橋麓の井上オトリ店さんで購入しましたが、店主が数釣るな

ら中津川だよ!  とおっしゃる。

よほど昨日の相模川は厳しかったことが伺える。

 

P6020640


 そんな相模川ではありますが、ブログによっては20匹以上の釣果を叩き

出した強者もおります。

 果たして、解禁2日目の相模川はどうなんでしょうか?

 

 午前11時に開始!   

 開始早々 全く釣れません。  反応無し。

約30分程して、下流へと移動しながら反応を見ます。

 ようやく1匹目が釣れたのは、1時間以上となる午後0時半過ぎ ・・ 汗 汗 

P6020627


 かなりトリッキーなポイントでオトリサイズをゲット!!

 これで夢の入れ掛りかと思いましたが、 後が続かない。

 また あっちこっち ・・ 動いて 

    (釣り人が少ないので動きたい放題 しかし、掛からない)

 釣り人は、私の他に見えるのは6~7人。  1人は毛鉤り!

 石の色の良いところを狙って、錘を付けたり、背針にしたり、両方付けたりと

色々試して、ようやく二桁台に ・・・ 汗 汗

P6020629

 小さな鮎も掛かりましたが、空中でのバラシも多かった。

P6020635


 午後、4時まで頑張って16尾の釣果(オトリ含まず) やれやれ ・・ 汗

 厳しい相模川の上に、解禁2日目と言う事でかなり厳しい状況でした。

釣れたポイントもかなり厳しい所ばかり。   汗 汗

 今年は、また釣れない病供養に桂川でも行かねばなりま

せんな~

 塩焼き用に掛かりどころの悪いチビ鮎と、今日の大物サイズを10尾程持ち

帰って来ました。

今夜は、これで一杯やります。  (*^^)v

P6020649


 お腹の中は、大量に食んだ苔が入ってましたので直ぐにぷっくらした鮎に

育つことと思います。  

 最大は、17.0cm メタコンポ0.04号 シマノワンタッチ丸型ハナカン使用。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

祝!鮎解禁 in 相模川 しかしこれはチョットな~・・

鮎釣り情報2013

 6月1日(㈰)は、既に真夏のような天気で気温も30℃超えでした。気温の

上昇と共に南風が入り竿が煽られてしまいましたが、仕事帰りに昼過ぎから

約2時間半、相模川の鮎解禁に石色の余り良くない高田橋エリアに入川して

みました。

 正直言って、今年は釣れない癖が着いてしまっているのか釣れません。

まだ、午後3時前だと言うのに竿を畳む釣り人が目立ちました。

 

P6010614

 昨年、釣れた高田橋の右岸側の筋から始めてみましたが、キラキラする

魚影も見えますが、昨年のように釣れる感じではなかった。

 私の対岸にY山さんが居て、全く竿が立ちません。

その下流の体格の良い釣り人が5本程釣り上げたのを見ましたが、竿を

畳み上がってしまいました。

 その他の釣り人は1匹か2匹、、、、私も3匹掛かって1匹バラシしてしまい

暑さで疲れが湧き上がる思い。

 流れ弱い堰下に移動し、ここで1匹追加するも

 

P6010618


 このサイズばかりでは、、、、

 もう少し我慢して粘るも、、、

P6010613




 良い当たりのものは、うぐいだった。

 もう我慢も限界で、午後3時には川から上がって着替えてしまいました。

 情報では、下流の一本瀬ではまだ釣れたようです。

今年は、放流鮎も少ないようですので暫くは様子見な感じもします。

 今年は塩焼き用の鮎が、まだ1匹も手に入りません。今日の鮎も全て

放流です。 トホホ、、、

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

最近の写真