フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

ハンドメイドの仕掛け作り

鮎釣り情報2013

 帰宅してから出る言葉は、暑い ・・ 暑い ・・ もう本当に暑い ・・

職場や通勤電車の中では、エアコンが効いて快適な生活でありますが

我が家にはエアコンが有りません。

 昔から扇風機オンリーの嗜好でしたので、毎年のこと ・・ 今更エアコンを

買ってもな~ ・・

 また、太平洋側に現れた二つの大型台風も気になるようになってまいりま

したがまだまだ鮎釣りを楽しみたいものです。

 トーナメンターの方々は、地区大会は殆ど終了し残るは全国大会だと思い

ますが、私を含め地区大会で負けてしまった選手の皆さんも、全国大会に

行けなかった分フリーな鮎釣りを楽しみたいものです。

 と言う事で、今日はこれと言ったネタも無いことから明日の相模川用に

作ったチョット大き目の鮎用の仕掛けを公開します。

 

Ike_37081
 

 一昔からハナカンも逆さ針も全て手曲げの物を使用して来ましたが

フックハナカンが良いと言った風潮から、また既製品のフックハナカンを

使ってみたり、今年は特にシマノ製品のワンタッチハナカンを多用しており

まが逆さ針だけは、まだ自分で作った物よりも使いやすい物が現れない

ので相変わらず手曲げの物を使ってます。

 逆さ針の形は、年々変わって来ましたがここ数年は現在の形が

使いやすく、巻いたナイロンやフロロがズレなくて良いのかなと思ってます。

Ike_37091


 明日の出番は有るのか? 分かりませんがフロロ1.5号でハナカン周り

作ってみました。

 明日からは8月ですからね!

これなら27cmが来ても大丈夫だと思います。

 ハナカンの接続は、編み込みではなくプールジップ結びが気に入って

作ってます。

 逆さ針、虫ピン2号使用(通常は1号を主に使用してます。) 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月30日 (水)

土用の丑の日に ・・ 相模川&うなぎ屋

鮎釣り情報2013

土用の丑の日は、狩野川の天然うなぎが食べられると思っておりましたが

うなぎを採りに出かけた釣り仲間の尺鮎ハンターさんが、1匹しか採れなか

った。と言う事で、うなぎ半分を貰えないか交渉した結果、次回の時に ・・

結果、天然うなぎを諦めて横浜のうなぎ屋八十八さんまで出かけて来ました。

P7291119

 

 うなぎの身はまずまずの厚みがあって美味しい。

 

 うなぎ屋と言うと、静岡県の浜松や吉田町のような立派な店構えを想像

してしまいますが、都会のうなぎ屋さんは極普通な感じでした。

 

 ビールと日本酒も頂いて、もう ・・ もう ・・ 動けない状態に ・・・ (^^;)

 

 ・・・・・・・

 この日の午前中、相模川へ午前6時から9時半頃まで竿を出して来ました。

 現在の相模川は、ダム放流量が25トン/秒を切り、22トン/秒前後まで

減水しています。

 水中の石も良く見えるようになって来ましたが、鮎の方はナーバスになって

来たのか、初めから数が少ないのか思うようには掛からなくなって来ました。

 P7291106


 3時間半頑張って、9尾掛けて1尾キャッチミスをしてしまい8尾を確保!

 朝日が眩しく鮎の銀影を追いかけきれずに、掛り鮎がタモを持つ左手に

当たりワイプアウト!

 

P7291112


 最大は、22.5cmでした。

 午後からの方が大物が出るようです。

P7291117


 太陽ギラギラで、水面に反射する光線も眩しく日焼け止めと熱中症には

十分注意したいものです。

 相模川の水温は、21~22℃と低めで推移しているためタイツで水に

浸かっていると気持ちいいくらです。

 中々、連休の無い私には天然うなぎを採るチャンスもありませんが

ガキの頃に覚えた、うなぎの穴釣りや捨て針等をもう一度やってみた

いと思います。

 勿論、うなぎを捌くのも出来ますが串打ちはやったことが無いです。

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月27日 (日)

石の色は良くないのに何故掛かる?

鮎釣り情報2013

 釣り仲間のトーナメンターT君から鮎を50尾くらい釣りたいな~週末は神通

川へいかない? との誘いのLINEが入りましたが、私からの返事は  ・・ うん

・・ 行かない。

 

 神通川も釣れているようですが、トーナメンターT君からの結果はまだ来てお

りません。    どうだったのかな?

P7261070

 朝の太陽がもやっていた相模原市内。

 

 

 

 さて、私はダム放流量が久し振り25トン/秒まで落ちた相模川が気になり

昨日の土曜日に相模川まで行って来ました。

 

 

 相模川の水量が25トン/秒まで落ちたのは、実に半年振りくらいかな?

解禁からずって30トン/秒以上あったからね!

 

 

 そう言う訳で、今までオトリが入っていないだろうと思われる急瀬の流心用

のメタルラインも準備し針も9号までの3本イカリやチラシ等も装備し、何時も

のように川を切り相模川の対岸に立ちました。

 

 

 川を切りながら川底の石の様子を足で確認し、石色の見えるところは石色

も見ながら切るようにしてますが、石色は余り良いようには見えない。

 

 

 特に、ヘチは白色に濁っている物が多い。

 

P7261090


 このような石色が水深のあるところでも、点在しているものと思われる。

 

 石色の悪さから鮎の薄さを感じることも出来ますが、とりあえずヘチから

養魚のオトリ君に頑張って泳いでもらう事に!

 

 この日のオトリは少し小ぶりではありますが良く泳いでくれました。

 

開始早々に天然のような少し小さ目の元気な野鮎に交代、その後もパラ

パラと掛かり出す。

 

 

 

 時刻は、午前7時を少し回ったところ ・・・

 

 

 

 午前10時を過ぎた頃、集中力も途切れ出し午前10時半には少し早い

ランチタイムとする。

 

 

 ここまでの釣果は、18尾。

 

 最大は、22cm程で特別大きなものは居ません。

 

 

 掛かっている感じは、錘を外してべた竿に近い泳がせでオトリが逃げれば

そのままオトリの自由にこちらが付いて行く感じで ・・ ガツーンと来る。

 

 

 警察、消防もこのあいだの水難事故の為か、川の様子を見に来ていました。

 

 今日は、さすがに飛び込んでいる若者はいない。

P7261072


 石色が良くないのにヘチでも掛かり出す。

黄色鮎がガガンと来る。

P7261080


 22cm級がオトリを背負って吹っ飛んで行きます。

 ランチタイム後は、少し流れの強い所を狙ってみるも既に抜かれてしまった

のか思ったような入れ掛りにはならない。

 また、この日の最大の23.5cmの鮎も心臓に掛かり即死に!!

 特に派手な入れ掛も無く、ポツポツ掛かって、午後の部は20尾で終了。

P7261095


 クーラーボックスに鮎を入れて撮影。

P7261098


 この日は、良型が揃いました。

 相模川でオトリ込の40尾は、私には余り経験の無い数値で特に釣れたと

言うイメージは無かったものの、ポツポツ掛かって来たので鮎が引き舟に

溜まったと言う感じです。

 バレ具合は、相変わらずで午前よりも午後の方がバレが多発する感じが

します。

 針を8.5号とアップしても針先が深く入らず、針の大きさは7.5号が

ベストと感じました。

 特に針の大きさだけ言えば、がまかつの即7.5号の4本イカリが良いと

感じますが、  即は、   即折れる。

 良い所2尾釣れれば、3尾目には針先が折れている。

 使った針をゴミケースに入れる時に分かると思いますが、即はパキパキ

折れてしまう。 

 これって、狙って焼きを硬くしているのかな?

 最近のG・HARDは直ぐに折れるので、とても残念に思います。

 値段が高いだけにもう少し改良して欲しいと思います。

 意外と良いと思えたのは、刻の7.5号4本イカリ

 こちらの針は、軸が細めなので刻の8号を帰宅途中で相模屋さんに

寄ってみましたが、刻の8号は無かった。 残念!

P7261092

 

 相模川の水温は、午前中の早い段階で21℃でしたが午後の暑い時間

帯でも23℃と幾分ヒンヤリするくらい冷たい。

 

 水源は、富士山麓の水源が桂川に注ぎ途中ダムが幾つか点在するも

水温は、富士川等のように25℃を超えることは余りないように思われる。

 

 帰宅後に持帰って来た鮎の処理も大変、日中の暑さも加わり昨夜は

早く就寝、その分早起きしてブログを更新してます。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月24日 (木)

悲しい水難事故発生! in 相模川

鮎釣り情報2013

 梅雨明け発表後初となる釣行ではありますが、この日も朝から晴れ

間が広がり太陽が照り付け絶好の鮎釣り日和。

 

 相模川の水温も22℃まで上昇し、鮎も本番を迎える。

 朝、6時半過ぎには川辺に立ってヘチを狙うと17cm前後の小型が掛かっ

て来た。

気温の上昇と共に大型を狙って流の芯へとオトリを誘導する。

P7231056

 この日は、兎に角掛かってはバラシ、掛かってはバラシの3連荘!!

 対岸のk兄から、鮎を傷物にするな!!  と怒りの声が飛ぶ。

P7231063

 私も、鮎に対してすまないと思いながら、針の大きさを

7.5号、8号、8.5号と3本にしたり、4本イカリにしたり、チラシに変えたり

と可能な限り試すも全てにおいてバレは止まらない。

 水中でのバレも多発したが、ガガンと掛かってタメてこちらに誘導すると

ころでバレてしまう。

 23cmまでは寄って来るが、それ以上の体高のある個体では、水圧を

受けて身切れによりバレが発生してしまうと推測する。

 

 対応は、のんびり下っていくしか方法はないのか??

 

P7231060

 瀬落ちのぶつかりの淵で毎年目にする岩場からの飛び込みの風景。

威勢のいい若者が今年も出現かと思って目をチラリとやったりもしていた。

 淵への飛び込みが始まると、その直ぐ上の瀬で夕方入れ掛りになるこ

とがある。今年も、夕方は、瀬落ちかなと思っていた

午後3時40分を回った頃、

P7231057
 この日の釣果は、オトリ2尾込の28尾で終了。 

  

 

 対岸の釣り人が大きな声で私に向かって、下流で溺れたようだ!

と言う。下流を見ると、岩場の若者がどうも喚いているように見える。

 辺りが急に騒然となる。テントを張ってくつろいで居たカップルなのか

ご夫婦なのか走って下流へと向かい電話を掛けている。

 周りの釣り人も竿を置いて、下流へと ・・・

もうこうなったら釣りどころではない。  私も急いで下流へ向かう。

 上空には県警ヘリがホバリングし、消防のダイバーも到着!

警察、消防、救急車と自動車の台数だけでかなりのもの。

 報道のヘリも上空に見え、報道のカメラマンの姿も岸辺に確認出来た。

 溺れた若者は、1名で瀬のぶつかりの石の下付近から救出されたが

水没してから既に1時間近く時間が経過していた。

 我々釣り人も現場付近で、浮いてくることを願って下流側で待機してい

たが急流と深みと淵の下流側は大トロがずって下まで続き ・・

なす術もなかった。

 水難事故は、遊泳者だけでは無く釣り人も注意しなければならないが

釣り人は、それなりの装備をして川入しているだけに無茶しがちかも

知れませんが、油断大敵です。

 遊泳禁止の場所での遊泳を目撃したら注意するのは当たり前の事ですが

今回の現場は、毎年目にする光景だっただけに ・・ 地元の若者達の

遊び場と思っていただけに誰も止める者は居なかった。

 

P7231054


 既に救助された後に撮影したものですが、自分の身近で起きた水難事故

自己管理責任と言う言葉もありますが、お互いに注意と呼びかけしか

方法はないものか ・・ 

 

 第二の犠牲者が出ない事を願うばかりです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月22日 (火)

500グラムの豪竿届く!!

鮎釣り情報2013

 渓流竿と言っていいかどうか、、、兎に角凄いモンスターと対決!出来る

竿が早くも届きました。

Ike_3414


 3月のフッシングショーでこんな凄い竿があるのか??

と興奮しGインズの後ろポケットに仕舞い込んだパンフレットのみを持ちか

えて来た日に岡野釣具店に予約を入れました。

Ike_3664


 頑丈なケースに入ってます。

Ike_3666


 ケースから取り出すとこんな感じです。

 

Ike_3675

 がまかつの鮎竿競技SPv5急瀬90の元竿よりも気持ち太い程度の元竿!

 

 

Ike_3676


 実際に重さを計測してみると上栓を抜いて、507グラム!

 

Ike_3682

 ラインは、5号から12号までが規格範囲の仕様となる穂先は丈夫そうです。

 

Ike_36841


 細山長司名人のサイン入り!

 

Ike_3695

 これが二代目 鱒の介です。

 まだ支払は、終わってません。 (≧▽≦)

 早く送金しなければ ・・・・ 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月20日 (日)

少し増水した相模川 ・・ ちょっと苦しいもう一歩前!

鮎釣り情報2013

 世間では、三連休の中日となる日曜日各河川では激混みが予想されました

神奈川県を流れる相模川では、天気予報も余り良くない曇り時々雨の予報

とあってか釣り人はそれ程多いと言うものではありませんでしたが、大人気の

ポイントは大賑わいで多くの色とりどりのベストで包んだ釣り師とカラフルな

鮎竿が並んでおりました。

 相模川のダム放流量も前日の雨の影響か40トン/秒台と増水しており17日

(木)難なく渡れた川切も今日は、え~流されると思いながらのかなり危ない

様相となってました。

 

P7201049

 

 釣り仲間の富士川尺遊会のメンバーの皆さんも集まるとの連絡が来てお

りましたので、早めに起きて午前6時半を過ぎた頃には釣り姿に変身し

引き舟と竿を持っていざ川切!

 何時もは、減水した河原のヘチの黒くなった部分が浮かんで見えてくるのですが

この日は、へちまで綺麗な石が見えるほどに満水の状態。

 

P7201037



 午前8時半頃までは渋く、時より針に当たるも掛からず、また掛かったと思

っても蹴られて苦戦。

 やっと掛かった鮎も定番の身切れ放流。

 午前9時近くになってやっと1尾掛かるも写真撮影するよな鮎ではなく

どうも見る限りに色がくすんだ鮎で、17日放流したと思われるオトリサイズ。

 芯では中々、来なかったのでヘチで狙っているとオトリサイズの天然ポイ

ものと、放流ポイものがポツリポツリ掛かり出しました。

 午前9時を過ぎた頃から、芯付近でも掛かり出し、やっとカメラに残せる

綺麗な鮎が釣れました。

 

P7201040

 鮎の掛からない筋で待っていても、あくびが出る程で鮎の掛かる筋にオト

リを入れるとガガン、、と連発します。

 追い気のある鮎が居れば、掛りはほぼ秒殺に近い速さ!

 しかし、身切れやトラブルも多く増水気味の深瀬では時間を掛けて掛り鮎

ヘチに寄せてもバレル時は、バレました。

 オトリ込の36匹と満足できる釣果。

 

P7201053_2


 放流仕立てと思われるオトリのような色の鮎が3匹掛かりました。 

オトリと放流したばかりの鮎と掛かりどころが悪く死んだ鮎を川に戻して

お持ち帰り28尾。

 

 朝0645開始の午後3時ジャスト上がりです。 

 最大は、22.5cm。 

 もっとデカイだろと思われる奴も来ましたが、残念!身切れでさようなら

でした。

 

 他の釣り人を観察していると、折角掛かっても高切れさせてドンブリを

させてしまっている残念な釣り人が多いです。

 私は、メタコンポ00.5号に付け糸は0.5号を使用。

ナカハリスに、1.25のナイロンを使ってます。

 次回辺りからは、メタコンポ0.07号に張り替えて、付け糸も0.6号に

アップしようと思ってます。

 針は、意外なのか がまかつの刻7.5号の4ホンイカリが良かった

ですよ!

 しかし、日照不足なのか鮎の肌がとてもデリケートで、鮎の皮が軟らかな

状態です。

 針先も大切ですが、取込みや寄せも大切な作業となってます。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月18日 (金)

凶暴な鮎に注意・・ in 相模川

鮎釣り情報2013

 昨日、相模川上大島地区に行って参りました。上流のダムの水も水力発電

用と農業用等々で使用されている為か、日によってダムの放流量に僅かな

ブレが生じています。

 減水しているのには変わりないのですが、日によってはかなり減水してい

たり、余り減水は無く、逆に少し増水していたりとです。

 

 しかし、減水傾向にあることには間違いありません。また、水温の上昇が

今年は、昨年に比べて3~4度程遅れています。

 昨年では、既に22~25℃近くあった水温が今年は、19~22℃程と低

水温です。

 しかし、台風が去ってから曇りや晴天の日が続き、鮎の活性も高くなって

来ました。

 そんな相模川ですが、今年巻いた4本イカリの4本針がすっぽ抜けるケース

4回程発生し、改めて瞬間接着剤は新しい物を使用する重要性を感じて

しまった1日でした。

 その他、がまかつG・HARED即の7号4本イカリを巻いて行きましたが、ガガン

と来たと思って、針を確認すると2回、4本が3本イカリに変身してました。

 これは、針が抜けたのでは無く、折れてしまったものです。

 また、PEとの付け糸に0.4号のナイロンを使用してましたが、これも

チチワの部分から切れてドンブリで行ってしまったケースも ・・ (≧▽≦)

 そんなこんなで、釣果は伸びませんでしたが、最大22.5cmを頭に21尾

(オトリ別)を曳舟に収めることが出来ました。

P7171012


 相模川の鮎も追い気が立つと、白色の鮎から黄色の追い星がハッキリ

して来ます。

P7171020


 釣っている最中に、放流がありました。

成魚放流約1000匹と言ったところのようです。

P7171025


 今日の放流物は、掛かりませんでしたが鮎の引きと掛り方は本番を

思わせる、強烈なものとなって来ました。

P7171027


 まだまだこれからが本番の相模川です。

Ike20140717


 最大は、氷漬けの状態で22.5cmでした。

生きていれば、23cmはあったでしょう。 

 更にデカイ鮎は、逃げられてしまいました。

___2


 オトリ屋さんのオトリが悪いと言われてましたが、昨日のオトリ全く問題

なく2尾購入し、1尾は全く使用せずに終わりました。

 たまたま、酸素の濃度が間違っていたりと何らかのトラブルがあったもの

と推測されますが、安心して相模川のオトリ屋さんで購入して下さい。

 オトリ屋さんによっては、鮎の購入元が違うようですので一軒だけでは無く

複数のオトリ屋さんを確認しておくことも重要かもしれません。

 私は、高田橋左岸側の所の井上オトリ店さん、葉山島の斉藤オトリ店さん

そして、上大島では売店で購入しております。

 昨年は、鮎が大きいのは、斉藤オトリ店さんでしたが今年は、まだ行って

ないので分かりません。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月15日 (火)

昨日の相模川にて ・・ 針編

鮎釣り情報2013

 最近は、もっぱら4本イカリの使用が多いのですが昨日は、てっぺんG・HA

RD7.5号とZaitoフロロ1.0号のハリスで3本イカリを作って使ってみました。

 追い気のないような真っ白な鮎も、何尾か口掛りで釣れたのでこれはハリス

と針の相性が良いかなと思って使いましたが、針先が細すぎるのか、針先が

長すぎるのか、この時期のプヨプヨした鮎には、針先が鋭すぎるのか、行き良

い良く掛かっても丁寧にヘチに寄せて取り込もうと引抜きの体制に入った所で

ポロンと落下する鮎が続出しました。

 釣れた鮎を見てみましたが、どの鮎も針傷が大きくて身が切れ状態です。

 この時期の3本イカリは、余り良いとは思いません。

少し、小さ目の針で4本イカリかチラシが良いのかな ・・・・ 。     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月14日 (月)

相模川・・爆発!! もう一歩前へ ・・ in 相模川

鮎釣り情報2013

 今日は、城山ダム放流量30トン/秒台に落ちるだろうと予測したとおりに水

一気に15トン程、下がりました。

 

 狙うは、深場の瀬です。

P7140999


 肝心な時に限ってカメラを持って行くのを忘れました。

P7140998


 車を止めた地点からポイントまでかなり歩きました。

歩き疲れたかな・・

P7140994

 今日は、釣れる筋が見つかり良いテンポで掛かります。

しかし、バラシも多かった。

 バラシの原因は身切れでした。

P7141005


 掛かりどころが悪く死んだ鮎と、オトリは川へ返して来ました。

P7140996


 うだるような暑さで、午前10時30開始、午後5時30分まで頑張って

オトリ抜きで37尾と、今シーズン自己最釣果でした。

 今日は、オジサンも頑張りました。(^◇^)

 サイズは、15.5cmから21.5cmで大物は、身切れによる放流でした。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月11日 (金)

いよいよ鮎本番シーズン始まる か ・・in 相模川

鮎釣り情報2013

 今世紀最大級とも言われた台風8号、大きな被害を受けた地方の方々も

おられましたが、関東地方では、静かに通り過ぎて台風の存在すら気付かずに

朝を迎えられた方もおられたのではないでしょうか?

 台風の過ぎた朝は蒸し暑く、今夜は熱帯夜になりそうです。

 心配された相模川の水量も、現在60トン/秒くらいと多少の増水はあった

ものの、明日には40トン/秒台まで減水すると予想されることから

いよいよ、鮎シーズン本番を迎えることになると思います。

 相模川の鮎も、私がダイワ鮎マスターズの予選で石切場で釣り上げた鮎が

22cmと立派に成長しており、上大島では台風の前に23cmが出たと売店

のおばちゃまが話てくれました。

 来週には、24cmも釣れだすものと思いますので相模川は余り細糸では

なく少し丈夫な太糸で攻めた方が良さそうです。 
     

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月 9日 (水)

釣れなかったな~ ・・ in 相模川

鮎釣り情報2013

 

 台風8号のニュースがテレビやラジオから頻繁に聞こえて来るようになった

8日(火)、上空を見上げれば、梅雨明けを思わせるような抜けた青空広がり

太陽が眩しく輝いている。 

 今日は台風前の爆発があるか?と内心大きな期待を込めて午前5時半に

自宅を出発、目指す場所は、相模川上大島地区、先週から釣れ出したと言う

上大島地区は、毎日攻められているとの情報ではありますが、釣れる! 

と言う事で朝からの釣行は今回が初めて。

 

 友人の森ちゃんに電話をし、どの辺りが良いのか聞いてから午前7時頃より

開始するも何の反応も無い。 

 直ぐ下に別の釣り人がおりましたので、その釣り人の直ぐ下に移動し

午前9時半までの2時間半で頑張るも、17cmと15cm程を2匹釣り上げた

だけ。

  流れも弱く、波際では根掛りばかり発生するので少し掘れた深めを探るも

反応は弱く、あくびも止まらなくなり竿を仕舞って石切場に移動したました。

 石切場は、テトラ周りと左岸側の落ち込みまでびっしりと釣り人が入ってま

した。 

 右岸に渡り、瀬落ちから広がる緩い流れに入る。(通称:横綱ポイント)ここ

から開始するもマスターズの頃とは感じが違い、何の変化も無い。

P7080990

 

 釣れているのは、左岸側のテトラ周りくらい ・・ 

 では、下流を見ると瀬落ちの肩の部分の右岸側(通称:せんたくやポイント)

には誰もいないので、ここまで移動し竿を出す。

 オトリを投げ込み、3分も経たないうちにガガーンと来た! かなり派手な

当たり!

これは、入れ掛り間違いなしか!? と思いきや、次が中々掛からない。

 水中での鮎のバトルはなんとなく見える。 銀色に輝く姿も見えるのに針

には軽く触れる感触が伝わってくるも中々掛からない。

 錘の大きさを変えて、オトリが逃げないようになるべく止めて5匹程釣り上

げましたが入れ掛りには到底及ばない。

 また、瀬落ちから横綱ポイントに移動しポツリポツリと飽きるか飽きない程度

微妙な間隔で釣れるだけでした。

 午後4時を回る頃、下流の瀬落ちの早いところにオトリを入れて1尾追加す

るもその後がやっぱり来ない。

 今年の、相模川は本当に難しいと感じた1日でした。

 天気は、良いのにマスターズの時のあの雨の中で釣れた事を思うと何故?

今日は釣れないのか? 不思議に思えてしまいます。

 こんな時に、相模川の神と呼ばれる ”せんたくや”さんや

 相模の貴公子と

呼びたい ”次男坊”さん の釣りを見てみたかった。

P7080988

 と思いました。

 結果、1日やって14尾と疲れた1日でした。

 全て、白っぽい鮎で天然のように見えました。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月 7日 (月)

ダイワ鮎マスターズ相模川大会で感じた事 ・・

鮎釣り情報2013

 

 大会開催者、漁協関係者、選手の皆さんお疲れ様でした。

 相模川の大会も無事に終了しました。

 

 予選で石切場まで走って筋肉痛の足となってます。

 河原に降りる付近で、先頭に追い付き渡りますか?と声を掛けてくれた選手

良かったら結果を教えて下さい。

 

 

 さて、大会の進捗ですが、がまかつの大会が1度延期となっただシマノ

ダイワと予定通りに開催され無事に終わってホットしている選手や大会関係

者の方も多いことと思います。

P7050953

 H26.0705、ダイワ鮎マスターズ予選 雨の降る中の大会

 

 相模川の癖として、例年の事ですが6月の解禁から月末に掛けて釣果が不安

定となり釣れたり釣れなかったりの期間が続き、本格的に釣れ出すのが7月10

前後からとなっています。

 大会は、この釣れたり釣れなかったりする期間に開催されてしまうので参加選

手にとっては、ポイントを絞ることが難しく今年のような天候の不順な年は、相模

川の水も増えたり減ったりと不安定要素が増し、選手の頭の中は何処に入ろう

と迷いが多かった大会では無かったかと思います。

 特に、今年は上流の城山ダム放流量が60トン/秒を少し切るくらいで開催さ

れた6月26日の大会は、大会中に約10トン/秒近く減水し釣果も不安定と

なって、午前中行われた予選は、半数近くがボーズだったように聞いてます。

 何が原因で釣れないのか、水温を測ってみましたが相模川の水温は18~

19度前後で水温の低下が原因ではないように感じました。

 シマノの大会で釣れた高田橋上流の右岸側の岩盤もダイワマスターズの

時には、余り釣れなかったようで、私もシマノの大会の後に竿を出してみまし

たが余り釣れませんでした。

 ダム放流量が45トンから50トン前後の少し多めの時に、この岩盤が今年

は良かったのかなとも思ったりもしてますが、ダム放流量によって釣れるポイ

ントが変動するのは、極々普通の事ですのでここで釣れたと言っても水量と

の兼ね合いも判断基準に入れないと、2匹目のドジョウは釣れてこない事

になります。

 がまかつでもシマノでもそんなに釣れたと言う感じではなかった、石切場が

ダイワマスターズの時には、爆発しました。

 これは近年ではあまりない現象で、予選では釣れても決勝では釣れない

と言ったところが普通でした。

 それが、ダイワマスターズでは予選も決勝もトップはこの石切場で釣った

選手でしたので、石切場の護岸工事も終わって底石が安定し鮎が溜まる

環境が整ったのか、川鵜から上手く逃げられる方法があるのか、私もダイワ

マスターズでは、予選も決勝もこの石切場に入ってみましたが、大きな鮎は

22cmとこんなデカイ鮎が居るんだ?!とたまげるような引きでニゴイだと

ばかり思ってやり取りをしていたら水面から上がって来たのは鮎だったのに

は驚きました。

 相模特有の真っ白な天然鮎も混じり石切場の鮎の濃さを感じた次第です

が、まさかブロック大会決定戦となる決勝でも予選で釣れたポイントが釣れる

とは思いもよらなかったので、私の順番では余裕で優勝者の入ったポイン

トに入れたのに入らなかったのは、予選の時は私は左岸側から竿を出して

いて対岸となる右岸側の釣れている様子が良く見えていました。良く見えて

しまったお蔭で、決勝でもあんなにポンポン釣れる筈がないと思って瀬落ち

の波に入った訳ですが、結果的には流の緩い下流側の吐き出しの方で鮎が

掛かりました。

 大会に出場し感じたことは、釣り方や仕掛け等の情報はほぼ出尽くした

程にあって、道具となる釣竿やタモ、曳舟、水中糸から針まで全てにおいて

高度な技術で完成度が高まっており、鮎釣りを始めた3年位の選手と30年

も40年もやっている選手との差が、余り無いようにも感じます。

 これは、特に荒っぽい瀬とか激流とかになれば話は別かも知れませんが

普通に鮎釣りが出来る場所であれば、使っている道具も使っている針も水中

糸も変わらなければそんなに差が出ないのでは、増してや現在の新人鮎師

は、本やビデオ等で良く学習をして挑んでいます。

 では今後、何を鍛えなければいけないのか?

と考えてみると昔も、今も同じこと、道具や針がどんなに進歩してもやっぱり

これは外せないと言うのが、

 

 鮎が着くポイントを学ぶ事!

 特に今年の相模川は私の竿一本上に釣り仲間のT合さんが入ってオトリを

引いてました。作日は、ここが釣れたんだよな!!

 しかし、結果は予選落ちでした。

P7050950

 H26.07.05 予選終了後に撮影したので良く釣れた選手は既に現場を

離れています。

 

 

 自分が狙っていたポイントに、前日竿を出していたのか居なかったのか?

なんて毎日会場を偵察している訳ではないので分からないのが一般だと思

いますが、考え方として連日竿が出ていたと思った方が良いのではないかと

思います。

 毎日、釣れるポイントと毎日釣れないポイントがあるのも鮎釣りの難しい

現実ではありますが、ここれを 運 で片づけて良いのか ・・ 

 特に、自由に動くことの出来ない鮎釣り大会の予選は、厳しいものです。

 決勝においても、予選で釣れたポイントが釣れると言うものでもないので

ポイントの選択に迷うところではありますが、今年の相模川は、予選も決勝も

釣れる所は、やっばり釣れた。

 と言う事で〆たいと思います。

 もし、私は違うよと言う意見の方がおられましたらコメントでもメールでも

ご意見を頂きたいと思います。

 

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月 6日 (日)

ダイワ鮎マスターズブロック大会出場決定戦 ・・ in 相模川

鮎釣り情報2013     

 

 大会ルールも年によって変わるものですが、今年の相模川の大会もAB

上流と下流とのエリア別はなく、上下流を一つのエリアで大会が開催されま

した。

 予選通過ライン7尾以上の選手と、シード選手を含め総勢43名程でブロッ

ク大会出場決定戦が、午前11時45分に開始。

 私のオトリの配順は予選の釣果の成績順で、上位から9番目と早い方で

したが、シード選手が更に先に貰うと言う優先ルールがあって、14番目くら

いでオトリを貰いました。

 上流の高田橋と一本瀬は、下見をしてあったのでこのどちらかに行こうと

おもってましたが私よりも先頭の選手7~8名が、高田橋目指して吹っ飛ん

でいったので高田橋エリアを諦め、一本瀬も考えましたがこれまた上位選手

が足早に向かっていったので私は下見で竿は出していなかったものの、予選

で良く釣れた石切場を目指すこととしました。

 予選でも石切場は、大人気で多くの選手が竿を出し多くの選手が予選を

通過しておりました。

 予選最釣果の25匹も石切場だと思います。

 石切場には、4番目で向かいましたので好きなポイントには入れますが流石

に竿を出してないと何処が良いのかピンポイントで決めることが出来ません。

 とりあえず予選で釣った場所は避けようとその対岸に位置しました。

 

 大会本部から石切場まで、早足で歩いて15~18分程かかります。

まだ歩いている間に開始のホーンが鳴りました。

 正直、石切場は、過去のデータを見ても予選釣果が良くても決定戦では

釣れないと言う結果が出ていたので、ここまで歩いてきても疲れるだけかな

とも思いましたが開始早々に、下流の流れの緩いように見える選手がテンポ

良く掛けています。

 私は、波がある瀬にオトリを入れましたが鮎の反応は伝わって来ますが

掛かる様子はありません。

 雨の影響か、追いはそんなに良いと言うものでもないように感じましたが

60トンから一気に34トンと水位が下がった影響と7月に入った相模川の

エンジンが掛かり出すのは毎年の事で、丁度グッドタイミングでポイントも

更場の状態で、ポンポンとテンポ良く掛けてます。

 私もこれではダメだと思い、良く釣れている選手の下流の筋に移動し

やっと1尾を釣り上げました。

 残り1時間15分といったところでした。

 予選では、錘を着けてオトリをなるべく止めて待っているとガガンと来る感じで

決定戦では、流が緩くオトリを少し引いては止めて引いては止めてを繰り返し

針当たりが有ったポイントで、止めて待つよな釣法をしました。

 錘は、軽めの1号です。0.5~0.8号でも良かったかなと思います。

頑張りましたが、あと一匹が釣れず込の8尾で検量を終えました。

結果、ブロック大会出場ボーダーライン16人の選手が

決まりました。

P7050979


 更に、上位3選手です。

P7050976

 

 2名は、石切場からの釣果です。
 

 

 私も、相模川で優勝した年に運よくマスターズ全国大会に出場することが

出来ました。

 その後は、毎年のようにこの16名の中から全国大会出場選手が出てます

ので今年のブロック大会の動向も気になるところですが、選ばれた選手の

皆さんは出費も膨らむとは思いますが、頑張ってマスターズチャンピョンを

目指して戦って来て欲しいと思います。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月 5日 (土)

ダイワ鮎マスターズ参加 ・・ 予選通過!

鮎釣り情報2013     

 午前4時半に起きてダイワ鮎マスターズ会場となる相模川に行って来ました。

 

 予選は、オトリ込みの14尾を持って来て9位となり久し振りにブロック大会出

場決定戦に進みました。

 

 予選の最釣果は、25尾とこれまたビックリです。

 予選通過ラインは、7尾と平凡な数字でしたが、雨にも拘わらず良く

釣れました。

 

 

 私の脳裏にもブロック大会の文字が見え隠れしましたが  ・・・ 

今夜は限界です。

P7050959

 おやすみなさい。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月 4日 (金)

ダイワ鮎マスターズ前日の相模川 ・・ in

鮎釣り情報2013

  いよいよ明日はダイワ鮎マスターズチャンピョンを狙った暑い夏が始まりま

すが、本当に暑い夏が来る前に大会が終わってしまう釣り師も多いでしょう?

 がまかつ、シマノ、シマノと続いて明日はいよいよダイワ鮎マスターズ相模川

大会が開催されます。

 前日からの雨で、相模川上流の城山ダム放流量が一時的に60トン/秒まで

上がりましたが現在は、34トン/秒ほどとほぼ平水に近い状態まで減水して

来ました。

 このまま局地的な豪雨が無い限り相模川の水量は、城山ダム放流量30トン

/秒台で推移するものと思われます。

 濁りは殆ど無く、水温は19度前後と会場となる相模川の状況はとても良い

コンディションとなっておりますが、果たして明日はどのくらい鮎が釣れてくれ

るのか?  

 全体的に釣れてくれれば大会も楽しめると思いますが、そう行かないのが

相模川ですので辛い長い予選の3時間になることも覚悟して参加して欲しい

と思います。

Ike_3632

 今日は、大会エリア下流の石切場に出かけてみました。

Ike_3634


 水色も良く釣れそうな気配ですが、果たして明日はどうなりますか?

Ike_3643


 上流側から下流へ竿を出さずに歩いてみました。

Ike_3650


 午後、4時過ぎに川へ出かけましたので釣り人は数人でした。

Ike_3641

 写真では、分かり難いのですが大きな鯉が群れで泳いでましたので仕掛

けは多めに準備しようと思ってます。

 これからまだ仕掛け作りをやらねばなりません。

今年初の針巻きもしようと思います。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年7月 3日 (木)

ダイワ鮎マスターズ下見 ・・ in 相模川

鮎釣り情報2013

 
     

 久しぶりに太陽が照り出した7月2日(水)、相模川に行って来ました。シマノ

JC(㈰)では散々な結果だっただけに、下見と言うよりも本気釣りで兎に角

相模川の鮎を手に取って見たかったのが本心です。

 シマノJCの時は、ゼッケン番号も22番ととても良いポジションで、狙った

ポイントにも一番に到着し、内心やった!と思った程です。

 

 しかし、今年の相模川は、竿一本ポイントを誤ると全く釣れません。

 私以外にも、ゼッケン番号1番のTさんも、ゼッケン番号2番の師○さんも、

予選通過はおろか釣り上げた鮎は、ゼッケン番号と同じくらいと苦しんだ

3時間だったようです。

 そんな訳で、今日は天気も良いことから大会は忘れて、のびのびと竿を

出して来ましたが、、、

 

P7020933


 城山ダムの放流量は、38トン/秒とシマノJC(㈰)とほぼ同じくらいの

水量です。

P7020942


 久しぶり掛かった大物は、掛かった瞬間にオトリをひったくっていったので

ニゴイだとばかり思ってしまいましたが、釣り上げてみてビックリ!! 

  鮎でした。

 20cmある立派な鮎。

P7020938


 昼頃までに15匹と、私にすれば釣れたと思える数が出ましたが、午後の

部は苦戦!

 釣れるポイントが限られ、この日は、左岸側からの人が良く釣れてました

私は、ウロチョロウロチョロするも掛からず。

P7020943


 午後3時頃からT合さんも見えて、竿を出して探ってました。

P7020947


 この日は、氷水に入れて絞めた後に計測すると20cmの立派な鮎が釣れ

ました。

最近、河原でブログ見てるよ!  と良く言っていただけます。

 とても嬉しいです。 

 敢えて大物を狙っているのではないのですが

現在の私の技量では、今年の相模川の鮎は、何処に居て、何処で釣れる

のか、、

 全く予想も出来ず、多分ここだろうなと思って、○脇さんと朝一から並ん

例のポイントをやってみるも、私には1尾釣れたのみ。

 全くお手上げな状況です。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

最近の写真