フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 50尾の鮎! | トップページ | 土用隠れか? »

2014年8月24日 (日)

針が折れる原因と対策とは ・・

鮎釣り情報2013

 昨日から長良川においてDAIWA鮎マスターズ全国決勝大会が開催されて

おります。

 既にベスト4が出そろい本日、王者誕生と言う熱戦が繰り広げられ、気に

なる方は他のブログで対戦結果等が表示されておりますので、そちらをご覧

なって下さい。

 新王者誕生か? はたまた返り咲か? 東日本ブロック大会から勝ち上が

った選手はどうだったのか?

 気になりますね!!

 今の私は仕事が忙しく大会どころではありませんので応援や観戦にも行け

ませんが選手の皆さん関係者の皆さん頑張って下さい。

 さてさて、本題に入りますが相模川で鮎釣りをしていて針が折れる現象に

遭遇してます。これは今始まった事ではなく昔から起きているものだと思いま

すが、私の鮎釣り人生の中ではここ数年特に多発している問題です。

 折角ガツンと勢い良く来たアタリの筈が、アレ? と思うほど軽くなってまい

どうしたのか?  と思ってオトリを引き寄せてみると針が折れてしまってい

ました。

 この現象は、アタリの強い鮎に原因があるのか? 

 それとも使っている針に問題があるのか?

 

 私的には使っている針に問題があると思っています。

 以前、Fオリジナルと言う鮎竿を購入しあらゆる場面においてFオリジナルを

使用してみたところ、シーズン中4回も鮎竿が折れる現象に見舞われました。

 これは使っている私に問題があるのか? それとも製造販売しているメ

ーカー側に問題があるのか?

 鮎竿をメーカーに送り検証して貰ったことがありますが結果は、言わずと

知れたメーカー側に問題無し。

との回答でした。

 この鮎竿は、保険で修理しましたが保険会社側からも少し疑惑の念を

持たれたような気も致しました。

 針の話に戻りますが、同じメーカーでも針の種類によって折れるものと

折れない物が存在し、折れる物はその全てのパッケージ内(100本程度

のケース内)の針において発生しております。

 特に針先が折れ易いものと針の軸側(人間で言うと腰の部分)で折れて

しまう針もあります。

P8231282


 上の写真は、撮影用に手でグイッとやって折った物です。

 このように糸を巻く直ぐ上の腰部分から折れてしまいます。

 上の針は、D社製のキープ7.5号、下の物はG社製てっぺん7.5号

何れも相模川の20~23cm級の鮎を対象として私が最も多用する7.5号針

なんですが、使っていて簡単に折れてしまうのでなるべく使わないように

しております。

 D社のキープであれば対策として、7.5号から8号の針にサイズアップして

使用することで何とか我慢し、G社のてっぺんであれば買わないようにして

おります。

 以前に、てっぺんは折れると言う事でメーカーに送った事が有りましたが

この時も、メーカーのてっぺん開発担当者が出て来て3年もテストしてから

製品化したので問題ありません。との回答でした。

 言うだけ損するような風潮と、言えば言ったでクレーマーと思われてしまい

そうです。

 一般の釣り人だったらどうなんでしょうか?

 そんなに針をあれこれと使用している訳ではないので比較対象も無く

折れてしまったら、掛かった鮎が大きかったと言う事で特に問題にも

していないような気も致します。

 私よりも経験が豊富で上手なフィールドテスターと言われる方々が

製品前の段階で入念にテストし、ようやく製品化に扱ぎ付けラインに乗せ

物をメーカー側としても、そう簡単に改修や改良も出来ない事情は薄々

理解出来ますが、同じ会社の製品であっても折れる製品と折れない製品

の違いは何だろうか? 

と不思議に思ってしまいます。

 

P8231255




 上の写真は今シーズン良く使うG社製品の刻(とき)と言う針ですが

同じ7.5号であっても、まだ一度も折れた事はありません。

P8231257


 上の写真は、同じG社製品のてっぺんと言う針で大物用の10号まで出て

おりますので終盤の大鮎対応に良く使用した経緯のある針ですが、針先が

折れやすくなるべく使用しないようにしております。

 

P8231256

   
 個人的には、D社製品のマルチやキープと言った形の物が好きですが

7.5号の針では、現在の相模川で折れてしまって使い物になりません。

  従って、ワンランク上の8号を使用。

 

P8231259
      

 現在、7.5号の針として知人からこれが良いよと言うので「忍」と言う針を

使用してみようと思ってます。

P8231277


 結果から言いますと、折れる針はクレームを付けるよりも使用しないように

していること。  買わないこと。

 折れない針を探して使用すること。

 こう言ってしまうと鮎釣り界の主用の大きさの7.5号ですが現在王者不在に

思ってしまいますが、皆さんは何を使用していますか?

 バラの針も安い買い物ではないので困ってしまいます。

 私のブログをメーカーのフィールドテスターの方が読んでいてくれたなら

是非、私の上げた針を現在の相模川で使用し結果をメーカーに上げて

欲しいと思います。

 ハリスは、ザイトトップハリス1.5号を使用しハリス抜け防止の為に

ハリスのエンドは、8の字結びで結んで使用してます。

 

 
     

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 50尾の鮎! | トップページ | 土用隠れか? »

相模川」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。私も相模川が近いのでホームとして使用しています。私は針は、もっぱらメーカー作り置きタイプなのですが・・・D社のダブルテーパーハリスの針すべてかな←ハリスが切れが多発。そしてキープ7.5号4本イカリは針折れがあったので最近は使用していません。オーナーの一角7.5号3本イカリがお気に入りでしたが先週の土日に、1本ずつ大島で折られてしまいました(ToT)今週は、夜勤出勤で日中行こうと?思えば釣りに行けるので・・・相模屋でG社の入れ掛かりの刻!!あれば、購入してためしてみます。G社の黒針7.5号バレン4本イカリも使用していますが、とりあえずは今もとこ?不具合には遭遇していませんね~???さて・・・折れる時は、簡単に折れる。のか?バンバン釣れていれば、あ~あっ。で、済むけど、厳しい時も多々有りますからねーメーカーさんも頑張って開発してもらいたいもんです。

こんにちは。お久しぶりです。
硬い針は確かに折れますね。粘りがない分、たわみ(遊び)がなくポッキリいきます。
メーカーもたぶん分かってはいるのでしょうが『それは当社のミスです』とは言えないんでしょうね・・・熱処理で硬さを出してると思うのですが、全てが同じ温度、同じ時間で行われてるのかなどを考えると大量生産ですから多少のズレはでるはずです。私も使えないものは買わない派です。
それはさて置き、最近『Fオリジナル』の竿が気になってたんですが折れましたか・・・まぁ、竿は折れるものですが出来るだけ強くて柔らか折れないものが欲しいものです。

佐藤様

貴重な情報ありがとうございます。
折れる針は手で簡単に折れてしまうので
使うまえに手で持ち試してみると良いと思います。
針先の刺さった鮎を食べてしまったら…
熱を加えれば安全だとは思いませが…危険なのは
誰もが思うことです。
相模川中々釣れなくてシビレが切れそうになって来ました。
これからが腕の見せ所です。
昨日、相模屋さんに行きましたが刻7.5は売れ切れでした。
無難は8号パワーキープです。
ハリスはザイトフロロトップハリス1.5が良いと思います。
Wテーパーは誰も使って無いですよ❗️

まさきさんご無沙汰してます。
稲刈り大変ですね❗️
今年も松屋旅館に泊まり1週間遠征を計画しておりますので
宜しくお願いします。
昨年は歯の痛みに泣かされ…副鼻腔炎にもかかり
球磨川の尺鮎にも逃げられ…散々な結果でした。

Fオリジナルは使い方次第です。
私のように寄せて網で掬う派には竿が硬く余り良くありませんが
エイヤーと飛ばす派には完璧過ぎる竿だと
思います。
私はFオリジナルスーパーライト94を愛用してますよ❗️

折れる針は消耗品なんでメーカーの儲け主義
の結果ではないかと思ってます。
だから文句を言うなら買わない。
ことがお互いに幸せな事だと思います。

粘りの有る竿ならやはりがまかつのロングレンジでは無いかな❓

私はダイワの狙いを使用してますが粘りはあると感じてます。
終盤の球磨川なら最高の竿だと思いますよ❗️

管理人様
昨日はありがとうございました。いつも尺鮎対決を拝見していましたので、白のハイエースが来た時、「もしかして?」と思いました。自宅まで車で1時間半程度かかるので3時半に納竿しました。名前をお伝えせず失礼しました。M崎さんとは友技会の時に一緒でしたが、現在私は所属していません。昨日はキャスティングの大会よりも水量が多く大変苦戦しました。目印が見難かったので、ベタ竿で囮を引いた釣りをしていましたが、ねずれがあったようで今日仕掛けを点検したら、水中糸の下の部分が傷んでいました。昨日4匹目の時に切られダブルで放流したのもこれが原因だったと思います。昨日川切りの仕方を拝見し、大変参考になりました。また、川でお会いしましたらよろしくお願いします。

稲葉 勝之 様

どうもお疲れ様でした。
相模川40トン超えの川切は場所によっては楽な所もありますが
流が有るところは斜め切りをしないと流されてしまいます。

天気も余り良くなかったので、身体が冷えてしまい冷えた身体を暖める
為に、動く釣りをするしかないような状況になります。

ご自宅から1時間半は近からず遠からずの距離ですね!
明日日曜日は、ダイワの大会と上大島の地区大会が予定されて
いますので、また相模川は賑やかになると思います。

今後とも宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530292/60198275

この記事へのトラックバック一覧です: 針が折れる原因と対策とは ・・:

« 50尾の鮎! | トップページ | 土用隠れか? »

最近の写真