フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月29日 (月)

尺鮎を釣り上げました。

鮎釣り情報2013

 昨日、球磨川入りしてから5日目にしてようやく32.5センチ383グラムの

メスを釣り上げました。

  今年は数は望めませんが、まだまだ大物がいるように感じます。

明日までですが…頑張ってみます。

 写真を追加しておきます。

P9280386


 分厚い筋肉質な鮎です。

P9280383


 腹ボテの重量ではなく筋肉身の重量ある鮎です。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月23日 (火)

雨男が行く先は ・・ 雨 ・・

鮎釣り情報2013

 ダイワ鮎マスターズ全国大会(那珂川)が、大会史上初と言う悪天候に

見舞われた年、私は那珂川におりました。明日大会が開催されると言う前日

の夜に大量の雨が降り大会は延期に!!

 そして迎えた延期となった大会の時に、私は那珂川におりました。

この時も大会前日になって急に土砂降りの雨のとなり1日目は中止に、そして

迎えた2日目、トーナメント方式の大会は1日で完了する特別ルールの大会

となってなんとか終了しました。

 何を言いたいかと申しますと、肝心な時に私は雨男らしく天候が崩れ大雨

見舞われ川が増水してしまう運命にあるようです。

 さて、私は明日から鹿児島を経由して熊本人吉市に入る予定でおります

天気を見ると案の定、台風16号の雲が待ってましたとばかりに九州南部

を覆い厚い雨雲が待っています。

 この雨がどのくらい降るのか??

 明日行って明後日帰って来なくてはならないのか ??

雨男は、困ったものです。

20140924

 最後まで諦めずに、1個でも多くの針を巻いて明日からの球磨川遠征

に向けて着々と準備は進んでおります。  

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月22日 (月)

GFG相模川大鮎釣り選手権 山梨支部

鮎釣り情報2013

 21日(㈰)相模川上大島地区においてGFG大鮎釣り選手権が開催され

ました。

 大会出場選手は、57名により相模川で最も大鮎が出ている地区での

大会とあっ今シーズンの相模川レコード28.0cmを超える鮎が現れる

か ・・ どうか?

 大いに期待される大会となりました。

 私も休日となった日曜日でしたが、台風16号の進路が鹿児島直撃から

九州の遥か北側を通る進路に変わりつつあることから球磨川遠征を決断し

準備に追われ、この日は大会を見学することも出来ず、鮎竿やタイツ等大き

な荷物は全て宿泊先へ発送としました。

 さて、大会結果ですが相模友釣り同好会の大御所 平井幹二さんが

見事今シーズンの相模川レコード28.0cmで優勝!!

 

 28.0cmを釣り上げた場所は、ウドマリの瀬とのことですが最近は渋く 

大物の気配すら余り感じられなかったところとあって大御所流石と言えます。 

 平井幹二さんと言えば、鮎釣りの本の著者でもありますので 

平井さんの本をまだ読まれたことの無い方は、是非ご覧になって下さい。  

つり人社からアユ友釣り と言う本が出版されてます。

 

 相模川は、ダム放流量が20トン前後と安定し濁りも殆ど無くなりつつ

あって場所によっては釣果の中々上がらない所もありますが、鮎はまだ

若く禁漁となる10月14日(火)まで、楽しめることが出来ます。

 雄も雌も抱卵してますので、静かに釣るのがコツなのなかも知れま

がオトリは雌が断然有利です。

  

 昨日、富士川尺遊会メンバーのO氏が釣り上げた27.5cmの鮎を

見せて頂きましたが少し痩せて来た感に見えましたがとても立派な鮎

でした。

 

 私の球磨川遠征は、24(水)からとなります。

流されないように頑張って来ます。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月19日 (金)

今季自己最大級!!

鮎釣り情報2013

 昨日、私の上流の瀬を攻めていた釣り人が下って来たので、大物は出ま

したか?

と声を掛けてみると、今日は出ませんが最大は28cmを釣り上げたとのこと。

 

 上大島の大会時にも28cmが出ましたが、その方ではなく大会後の2日後

くらいに釣り上げたとの事でした。

 釣り上げたポイントを聞くと、昨日私もオトリを入れたポイントでした。

今シーズン何故自分には大物が掛からないのか、自分では全く理解

出来てない状況です。

 例年狙うポイントも相模川で掛かる大物ポイントも大体ではありますが

把握している筈なのに、掛かりません。

 ようやく釣り上げた大物は、やっとの26.5cm。

今となっては極々平凡サイズながら自分にとってはやっと

このサイズまで辿り着いたと言った心境です。

 昨日お声掛けした28cmを釣り上げた方から今シーズンの相模川

尺鮎は出ますかね??

 と質問されました。

 さて、私は28cmも釣り上げてないので答える権利など有りませんが

28cmが出れば、必ずその上の29cmも潜んでいる訳ですので

水温、天候、釣り人の居ない等の条件が揃えばもしかしてもしかすると

えっ ・・ ??

 こんなところで31cmが!!??

ってことになるかもしれません。

P9160125


 深い場の瀬で狙い11mでを使い勝負に出るも25cm止まり。

P9160126


 釣れそうで釣れない。

P9170155


 上の瀬が気になり、錘を噛まし攻めてみるも不発に終わる。

P9170163


 若い鮎はまだ瀬に入っていました。

P9170176


 更に上流に行き、釣り上げたのが26.5cm。

今季自己最大級。

P9170177


 200グラムには達していない。

 

 天候等の条件を見て好きな時に何時でも行ける訳ではないので

仕方ないかと諦めてはおりますが、本命の球磨川で大物が間違って

でも掛かってくれれば良いかな ・・ と期待と夢は持ち続けております。

 ダイワ狙い11mは、持ち重りも少なく1日使用して見ましたが

メタコンポ0.07号から使用も出来て、普通に泳がせやチョットした

荒い瀬でも錘2~3号を使用し安心して使用出来ました。

 長竿に慣れていない自分ですが、これで球磨川でも大丈夫かと

思います。

 26.5cm 173グラムの鮎は、この狙い11mで釣り上げました。

 相模川の水温は、現在22℃前後となってます。

一番下がった時で20.5℃でした。

 微妙な水温かと思いますが、0.5℃違っても魚にとってはかなり

影響のある世界なのかも知れません。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月18日 (木)

釣れるタイミングってあるよね!!

鮎釣り情報2013

 相模川の水も上流のダム放流量20トン/秒と落ち着いて来ました。

天気も曇りから晴れ間が広がるとあって本日は大物の出没に期待し、午前

6時半に起床しましたが、連日の釣行で三本イカリが足りないことから針巻

きをしてからの釣行となりました。

 時刻は、午前10時半を回ったところ上大島下流の瀬を何時ものように

攻めるも1時間半やってボーズです。

 それならばと大物出没に狙いを付けたポイントに午後から向かうも、なんと

狩野川へ行ったと思っていた富士川尺遊会のメンバーがいるではありません

か!!

 正にあちゃ~です。

 お話によると既に27cmを4本もとったとか、、O氏が大物6本入れ掛り

させたとか ・・ 私はまだボーズです。

 この瀬は何度もチャレンジしていますが、釣れる時と釣れない時がハッキリ

しており今日は、正に釣れ日和となったようです。

 すっかり抜かれてしまい私は何時ものように25cm止まり。

P9180180


 25cm級は揃いましたが、特に大物はおりません。

 来た!!と思った大物は石ずれによりラインブレーク!!

ドンブリによりハイさようなら!!

 瀬では雌の綺麗な鮎が釣れますが、オスは比較的ヘチか流の弱い所。

 オトリにメスを着けて出すと直ぐに反応が ・・ ガガガ

 しかし、やっぱり雄です。

 またメスを着けて ・・ また雄です。

 午後から頑張ってなんとかツ抜け出来たものの大物は富士川

尺遊会メンバーにまんまとかっさらわれてしまいました。 "(-""-)"     

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月16日 (火)

ポジティブなあたし

鮎釣り情報2013

 連日の相模川釣行により使い切ってしまった仕掛けを作り針を巻く。

正に自転車操業の如く時間だけが経って行く。

 

 今日の天気を見ると朝一番に河原へ飛んで行きたい衝動ではあるが、昨日

天井糸から飛ばされ水中糸の予備もろくにない。 

 

 ましてや鼻環回りの仕掛けも底をつき急遽仕掛け作りを済ませてから相模

川へ出かけてみた。

 

 

 相模川は急激な減水で、芯に着いた一番鮎を運良く捕えた人以外は日に

日に厳しさを増している感じです。

 

 午前中の3時間で20尾も釣る強者もおりますが、まあ1日10尾釣れれば

良し言ったところだと思う。

 

 

 そんな14日(㈰)の夜に友人からエキストラコールド銀座特設店に飲みに

行こうとの誘いを受けた。

 

 

 エキストラコールドなら最寄りの駅近くのお店でも出しているのは承知して

 

ましたが、そこはポジティブなあたし。

 銀座まで足を伸ばしエキストラコールドを頂いてきました。

 

P9140051


 泡がクリーミーで美味しい!!

P9140072


 店内は大人の雰囲気です。(撮影許可を得ております。)

P9140076


 店員さんを撮影してしまいました。

P9140083


 秋きの夜長にはま早ですが、鮎釣りの終えた夜はお洒落なお店で

 

たまには飲んでみました。

 

 

 

 鮎の方は、厳しいと言わざる負えない状況です。

P9140047_2


 14日(日曜日)の釣果。  朝から午後3時半まで頑張りました。

P9150123


 15日(月)の釣果。

P9160153


 16日(火)の釣果。

 既に鮎の雄は白子が大きいです。

 雌も卵が入っている物もいます。

P9160134


 今日釣れた鮎です。

P9140013


 色々と攻めてみるも中々掛かりません。

 本日、11m狙いを持ち出し頑張ってみましたが、26cmを超える鮎は

掛かりませんでした。

 

 航空機代まで出して球磨川までよく行くね!!?

 と質問されても ・・・ 困る。

 行きたいから行くのであって、そこには未知の大鮎が潜んでいるから

もしかしてその大鮎が釣れてしまったら ・・ なんて夢を見る。

 ネガティブではなくポジティブに私は生きていたい。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月11日 (木)

遠征組からの情報

鮎釣り情報2013

 全国各地へ鮎釣りに出かけられている釣り師が多いと思いますが、そんな

遠征組から今日突然電話が掛かって来ました。

  

 はいもしもし ・・ 

その遠征先の釣り師は八王子から向かった球磨川情報です。

 

 ブログ村球磨川の元気なオトリさんと一緒に竿を出し今日は最高!!

とのこと。

 今年は不漁が伝えられている球磨川ですが、場所を選べばそこそこ楽しめ

るとあって、今日釣れた鮎は30cm位が混ざって15~25匹とか ・・

 今が旬の球磨川へ早く行きたい!!

 

 昨年球磨川へ遠征し撮影した写真をご覧下さい。

P9291225


 川辺川と球磨川が合流し、両川の水が綺麗に混ざるポイントは

この三波迫の瀬辺りです。

 川辺川は、日本一綺麗で低水温の川として有名すが、球磨川本流は濁り

あって水温も比較的高く、どちらかと言えば汚い川です。

 そんな両河川がこの上流約800メートルで合流し三波迫の瀬で一気に

かき混ぜられて一つの水質となるポイントです。

 

 三波迫の瀬から下流にかけて大きなトロへと繋がり、更に下って行くと

有名な戦の瀬の瀬肩が見えて来ます。

Ca3i0939


 更に1,5キロ程下ると人吉市内に入って来て、見た目緩やかな流れと

なる球磨川。

Ca3i0938

 人吉市内を流れる約5キロ区間は、緩やかに見えますが実際に

川に入って見ると、流れは強くそう簡単には釣れない事が直ぐに実感

されます。

Ca3i0949


 更に1キロ程下ると産卵場が沢山作られる通称トヨタ前が現れます。

 

Ca3i0948


 この付近までは比較的釣りやすいと言われる球磨川です。

Ca3i0951


 更に車で30分程走って、球磨村の下流域に入って来ると凄い様相を

見る事が出来ます。

 

 川の流れも半端なく早い瀬が幾つも存在します。

P9271201


 河原一面が岩盤となっていて、下流に大きく口を開けた石の深みに

飲み込まれて行きそうに感じました。

 こんなところで流さてしまったら、絶対絶命です。

 簡単に球磨川を紹介しましたが、まだまだ沢山ポイントもあって雄大な

自然に守られた川だと感じられます。

 今月下旬の末遠征予定ですが、今年は落ちが早いよ!!

との事でした。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月10日 (水)

悲しい知らせが舞い込む ・・

鮎釣り情報2013

 コメントにも投稿して下さっているように9月6日~7日(土・日)に掛けて

3人のトーナメンターの方がお亡くなりになられました。

 6日(土)は、全日本鮎釣り大会の長良川で、続く7日(㈰)も長良川と

寒狭川で、その生涯の命を絶たれました。

 ここにご冥福をお祈り致します。

 急な訃報は7日(㈰)仕事帰りの相模川上大島地区において、たまたま居合

わせた釣りガールから元ダイワ鮎マスターズチャンピョンの方が今日、堰下で

うつ伏せ状態で発見されたとの情報でした。

 詳しい事は分かりませんが、同じ釣り人として立て続けに水難事故が

続きますと、次は誰の番? ではありませんが誰もが危険な罠が待っている

環境で釣りをしている訳ですので、お互いに注意したいと改めて思いました。

 特に、川切りの際は、無理をせず流されても良い服装を着装し臨もうと

思います。

 

******************** 7日(㈰) **************

 

 

 では、7日(㈰)の釣りガールのお話から、、

詳しい鮎釣り歴は聞いておりませんでしたが、私は初心者と名乗る釣り

ガールは昨夜、大酒を飲まれたようで記憶がぶっ飛ぶまで飲み続けて

ダイワペアマッチに出場する予定で相模川まで来られたとのこと。

 残念ながら相模川は、大雨による急な増水で大会は中止となりました。

しかし、昼頃には水も落ち着き鮎釣りが出来る状態に復活。

 私は、上大島売店前に到着するなり釣り仲間のN崎さんやT合さんが

見えましたので川へ降りると、なんとなんと

超可愛い釣りガールの姿が目に飛び込んで来ました。

 その釣りガールに今日の釣果を聞くと、 

    まだ釣れていない。

 との返事でしたので、難しい相模川ではありますが何とか5匹 ・・ いや

10匹は釣って帰って頂こうと、当直明けの眠たい時間帯ではありましたが

何処から湧き上がるこの漲るパワー!? ・・ 正義の味方でもなったよう

な気分で ・・

 私が、恐縮ながら釣り指導をさせて頂きました。

 しかし、初心者の釣り人に釣りをしてもらうと言うのは、本当に難しい

ことです。何故ならば、ついついチョット貸してみて ・・ と釣竿を取り

上げてしまうからです。

 丁度、その時に彼女はトイレに行くので ・・ と私は竿を持てしまい

ました。また、そう言う時に限って鮎は釣れてしまうのです。

 釣れた鮎をタモの中で野鮎と交換している時に彼女が戻って来ました。

釣りの指導と言っても私には私の釣り方と言ったものが誰れにもあると

思いますので、先ずは仕掛けのチェックをしてみると自分の仕掛けとは

違ったもので、天井糸から下は全て張替えさせて頂きました。

 

 これがいいのか悪かったのか ・・ 反省点も

 オトリを元気な状態にし、私は対岸に彼女をそのまま残し、言わば

置き去り状態で離れました。

 対岸から彼女を見ていると1匹は釣ったように見えましたが

どうも気になって自分の釣りに集中出来ません。

 

 4匹釣ったところで、そろそろオトリの交換時期だと思い、また釣り

ガール元へ ・・

 やはりオトリが浮いて、知らないオジサンからオトリの交換をして貰っ

たとの事

 釣りたての元気なオトリに交換し、彼女に釣って貰おうと上へ下へと

動きますが、中々掛かりません。

 そろそろ暗くなりだす午後5時に近づいたところでようやく1匹良型を

追加、更にその筋の少し上で2匹目を追加し終了となりました。

 単なる釣りガールなら、外野も騒ぎ立てないと思いますが、そこは

超可愛い? 可愛く見える? 年齢不詳の釣りガール。

 繁殖欲旺盛なT○さんやN○さんが黙っている訳がありません。

男って、女性に対し優しいのですが、その反動でしょうか

私には、厳しい口調が飛んで来ます ・・ 男はつらいよ!!

 でした。

 釣りガールさん、また相模川へ遊びに来て下さい。

元気なオトリを取って待ってます。

 貴重な時間と言うか楽しい時間はあっという間に過ぎ去り

また、孤独との対決が待っています。

 

 

******************* 8日(月) ****************

 

 

 

 翌8日(月)は、天候くもり、気温は25℃以下と低く相模川の水温も

20.5℃と今シーズンでの低めを記録。

 しかし、鮎は不思議と釣れました。

20140908

 

 城山ダム放流量が、7日(日)は最高で90トン出てましたが、昼過ぎには

60トン程に、翌8日(月)は、60トンから30トン台まで低下。

 日曜日に足が立たないようなポイントも、月曜日には胸くらまで下がって

ました。

 

 ************* 9日(火) **********

 

 

 9日(火)は、天候も良く久し振りに青空が広がりました。

P9090015


 今年は、特に気温が低く秋の訪れが早く感じられます。

今日、中秋の名月です。この天気らな中秋の名月を拝む事が出来るで

しょう。

 

 

 天候とは裏腹に、急な減水が続いたことと濁りが殆どとれて川底の石が

 見えるようにになった事が、鮎への警戒心を高めたのかこの日の鮎は

 追い気も悪く思った場所で掛かりません。

P9090014


 釣り人も来ては移動、また別の釣り人が来て、移動 ・・ と

右岸も左岸も余り釣れておりません。

 私は、売店前のテトラ前で少し、更にキャプ場前のトロ場で少しオトリを

泳がせてみるも反応が弱いことから、更に下流の瀬まで歩きました。

P9090010

   
 瀬で釣れて来る鮎は、パワーもありますが何処となく綺麗に感じます。

 

P9090006

   
 雄と雌がしっかりして来ました。

 メスは、真っ白と美白の鮎が多い相模川。

 

P9090024_2




    
 特に大物は出ませんでしたが、22~24cmクラスが釣れました。

 

20140909

   
 9日(火)の釣果です。

 ついつい、立ち込みたくなりますがヘチでも釣れてました。

 

Ike_3746


 貴重な体験をしました釣りガールとの時間でしたが、残念ながら防水デ

ジカメに水が浸入し使えなくなっておりました。

 防水デジカメに水が浸入すると普通のカメラに変身!!

 それも使えないカメラに!!  (泣) 

 ビックカメラに修理に持って行きましたが、修理はまず無理でしょう。

との事でしたので、新たに防水カメラ  TG3を購入しました。

 次回は、シャッターチャンスは逃がしません。  

 しかし、次回があるかどうかは分かりません。 

 

 人生何事もですが、チャンスを逃がす人って多いと思います。

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

2014年9月 4日 (木)

相模川 3日間の釣行 ・・ ダム放流量20→81→43トン/秒

鮎釣り情報2013

 今日から9月と言う初日の天気は生憎の雨、釣り仲間の森ちゃんが上大島

向かうとの連絡が入ったので、私も仕事帰りの午後4時過ぎから上大島へ

明日から2連休となる待望の連荘釣行の為のオトリ取りをやることに。

 雨降りの午後4時ともなると辺りは薄暗く、雨の中の着替えも億劫に

なるものですが、ここのところ夕方鮎が釣れるとあって、着替えるにも

それ程苦痛には思わなかった。

 それよりも早く川に入って竿を出したいと言った気持ちの方が強い。

 

 売店で養殖オトリ2尾を購入し、対岸で森ちゃんが入れ掛りをしていると

S藤さんが教えてくれる。また、S藤さんから今日釣りたての野鮎2尾の

提供を受け曳船の中は既に4尾の鮎が入った。

 しかし、着替え等の準備の為に時刻は刻々と過ぎて4時半を回ろうとして

いる。

 キャンプ場の下付近の瀬脇に入るも、反応無し。

 対岸にはT井さんが手を振る。 

 瀬の落ち込みで1尾!!

 その下の瀬に行って ・・ 反応なし。

 森ちゃんの対岸まで戻って来て待望の2尾目が掛かった。

午後5時を知らせるチャイムが鳴り残り時間は約1時間。

 

 しかし、針アタリはあるものの中々掛からず2尾を追加して

この日は4尾のみで終了。

 森ちゃんは、午後2時半から開始したと言うのにオトリ2尾込の

23尾と凄い釣果だ!!

 おまけに25cm級の鮎も数尾揃っていた。

 私の最大は、24.0cmと言ったところ。

 

 防水カメラに水が入り、カメラ撮影出来なくなり正に、

参った参った ・・  "(-""-)"

 この日は、天気雨、気温23℃と肌寒く、相模川のダム放流量は

20トン/秒前後と平水以下の渇水状態。

 水温23℃。

********************** 9月2日 (火) ****************

 雨は、夜中中まで降り続き翌朝、車を走らせながら相模川を覗くと

昨日の20トン台からどうも増水したように見える。

 濁りはそれ程でもないが昭和橋下の左岸側の流れが、昨日乾いて

いたのに今日は、いい瀬になっている。

 城山ダム放流量を確認すると、なんと81トン/秒となっていた。

 これは、参った参った。

 折角朝早く出て来たのに、もしかしたら鮎釣りが出来ないか!?

中津川か ・・ と思いながら車を走らせ昨日同様に上大島に到着。

 オトリを埋けた場所を確認すると昨日よりも50~60センチ

増水していた。オトリ箱は無事に流されずに済んだ。

 中のオトリは元気 ・・ 元気 ・・

 売店前の対岸に車を止め、下のトロと売店前の瀬と入るところを

悩んだが、増水の時は川底が良く分かっている瀬だろうと思い

売店前に入った。

 昨日水があった付近まで入水し、足元 から野鮎オトリを走らせると

コツコツと反応があった。

 これなら大丈夫と思った午前7時頃に1尾が掛かった。

 その後、連荘は無いもののポツリポツリと掛かって

 午前10時半に13尾の釣果だった。

 少し早い昼飯の後、午後の部を開始。

 下のトロが気になるのでトロに向かってみたが、トロと言うより

だだっ広い平瀬と言った感じに変貌していた。

 ここで1尾追加するも後が続かないので、また午前中に入った

売店前に移動。

 水位も下がり出し、81トン→57トン/秒となっていた。

 ここまでの大物は、25cm程度と今年の相模川でも26cmを超える

ような大物が掛かってくれない。

 また、がまかつの競技SP急瀬90vであるがここのところ節落ちが

頻発するようになり、釣っていて何度も竿を伸ばし直す作業が増えて

来た。

 暗くなる午後6時まで楽しんで、午後も13尾と合計26尾の釣果。

02


 ダム放流量が81トンでも濁りが無ければ上大島売店付近は、安全に

鮎釣りを楽しむ事が出来る。

20140902


 最大は、氷付けの状態で24.5cmでした。

 増水時は、流れの中で腰付近まで入水したので非常に疲れました。

 水温は22℃と低めの為、1日ウエーダーを履いての釣行。

********************* 9月3日(水) **************

 

 何処まで水位が低下するか楽しみな朝でしたが、40トンを切ること

なく43トン/秒でスタートしました。

 昨日のように午前6時頃に上大島に到着するも、既に河原では場所取り

が始まってました。

 

 売店前のトロ場付近はの両岸ともに、曳船や竿を置きここは

俺の場所だ!!と主張してます。

 私は、昨日埋けたオトリ箱をもって下流の瀬に移動。

 k兄も現れるとのLINEが入ってましたが、K兄はおらず遊技会の

方でしょうか、M崎さんをご存知で日曜日のキャスティング2尾大物

対決で優勝された方が見えられ、朝の挨拶と川の様子について

お話させて頂きました。

 その中で、日曜日のキャスティングの大会で28.1cmが上がった

との情報は、どうも誤報だったようです。

 皆さん、大きくても25cm台だったとの証言を頂きました。

 従って、現在までの暫定大物チャンピョンは、森ちゃんの27.5cm

のようです。

 左岸の車の前から開始、反応はあるものの中々掛からず

逆針が2度外れるアタリがあるも、掛からず。

 朝一番に会話したキャスティングチャンピョンは、流石で最下流で

野鮎を掛けてます。

 私も頑張って、開始から約1時間後に1尾をゲット!!

 

 その後、掛かる気がしなくなり対岸に渡りました。

 43トンの川切は、水が首近くまでありましたので足で蹴って

泳ぎながら渡る感じでした。

 水温は、21.5℃低い!!

 

 この日は、タイツですのでブルブル来ます。

 しかし、対岸でも中々掛かりません。

 流心近くにオトリを誘導したり、へちよりに泳がせたりと色々しましたが

渋いです。

 竿3本分位を行ったり来たりするも掛からない。

 対岸となる左岸側は、k兄以外皆さん釣り上げてオトリが変わってます。

 私の周りにも別の釣り人が入って来ました。

 右岸側に私を含め4人。

 皆さん、1尾以上は釣り上げております。

 そんな状況下で、ヘチのヘチと言うのか直ぐ手前でオトリを引くと

掛かることが判明。

 ここで、6尾ポンポンと掛かって午前の部は8尾で終了。

 さあ上がろうかと思った矢先に、せんたくやさん登場です。

 彼は、釣り人の動きを良く見ているので午前11時前後の釣り人が

動く時間に良く現れて、良く釣って行きます。

 午後の部も左岸側は、釣り人でほぼ満席状態となったので

右岸に渡り開始!!

 開始早々に3尾パンパンと掛かるも1尾をバラシ後が続かない。

 一旦、バラシてしまうと群れ鮎が散ってしまうようで今年の相模川は

バラシも禁物です。

 特に終盤に近づくと鮎は神経質になり散るのも早くなりそうです。

00903


 この日、午後5時に終了。

 

 終了間際に、ダム放流量が31トンまで落ちましたが私が釣っている間は

丁度下がり出した頃で、減水による恩恵は有りませんでした。

20140903_2


 この日は、釣果28尾(初日からの養魚と死んだ鮎は流に戻して来ました。)

でしたが最大は、24.0cmと小物も混じり個人的には、少し不満の残るも

のでした。

 3日間とも同じ場所となる相模川上大島地区でしたが、水量が

全く違い難しいと感じる場面もあって、楽しめた3日間だったと思い

ますが、26cm超える鮎が掛かってくれないので不満も残り

ますが、無事に終了し良かったと思います。

 中でも選択の難しい針ですが、D社のパワーキープ8.0号の

製品仕掛けが、(ハリス1.5号ストレート)が身切れも針折れも無く

良かったと感じました。

 相模川狙い目は、明日と言うか今日4日(木)です。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近の写真