フォト

最近のトラックバック

ブログ村

  • *
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月27日 (金)

土用隠れの酒匂川で見せた釣法とは ・・

鮎釣り情報2013

  ブラウン管テレビから液晶テレビに買い換えて、3ヶ月が

過ぎようとした頃、3.11あの忌まわしい震災が発生し

相模原市内を震度5弱の大きな揺れが襲いました。

 その時に、購入したばかりの液晶テレビは脆くも

テレビ台から落ち液晶の裏側の基盤が僅かではありましたが

反るように曲がって、その基盤の歪みからレコーダーからの

入力時に音声が出ない状態に陥ってしまいました。

 普通にテレビは見られたのでそのまま使用して来ましたが

その液晶テレビが遂に、力尽きて画面には何も映らない状態に

このような理由から、新年早々に2代目液晶テレビを購入。

 テレビが新しくなって良い事は、スカパーの試聴が

1カ月間出来る事!

 たまたまのタイミングで、釣りビジョンを見ることが出来

その番組の中で、2014鮎総集編なるものを放送して

おりました。

 釣りビジョンをご覧になられている方は直ぐに分かると思いますが

そう言う方々ばかりではないと思いますので、少し補足して

おきますが

Ike_46871
 釣り人は、秋川の名人であります坂本晴義さん、坂本さんは

JPAジャパンオープントーナメントにおいて2度の優勝を

成し遂げた超凄腕のトーナメンターです。

 

 坂本さんを中津川で良く見かける事がありましたが、私も

秋川で鮎釣り大会があった頃には、大会で坂本さんを見かけた

事もあって、釣りの年代も同じくらいで何処となく目がいった

ものでした。

 

 私が見た坂本さんの釣りは、昔、昔その昔・・ 

酒匂川で偶然居合わせて、 ・・ しょっちゅう

オトリを交換しながら泳がせて ・・ オトリを交換する。

 また、中津川ではしょっちゅう ・・ 天井糸の長さや

目印の位置を変えて

オトリを泳がせる。

 何か ・・ しょっちゅう ・・ 変えて 

次々と鮎を掛けていました。

 

 そんな坂本んの釣技をテレビで見ることが出来ましたので

少し紹介したいと思います。

 舞台となっていた河川は、丹沢山系から育む酒匂川です。

タイトルからもありますが土用隠れの渋い時期に釣っていた

ので8月後半の収録ではと思います。

 

 川には多くの釣り人が見えます。

 

 酒匂川の水は、渇水のようで釣り人が多い割に水が少なく

如何にも土用隠れと言った悪い環境の中で、坂本さんの釣技は

神の竿捌きの如く、次々に鮎が掛かって来ました。

 酒匂川と言えば、やっぱりチャラ瀬と言う程

鮎の溜まり場となる石と石との間の流れのちょっとした

垂水やよれですが、本当にここで??

Ike_46891

 と思うような究極の石ごろごろ出ている浅場での

入れ掛かりシーンは、凄い凄い!!

 1匹や2匹と言った単発であれば、狩野川や相模川

でも石が出ていて瀬切れのような場面で、オトリを泳がせて

掛けた経験もありますが、ブーツが水に隠れないような

下手をすれば根掛りで、場所を荒らしてお終いのような

場面は次から次と良型の鮎を掛けていた坂本さんの釣技は

流石としか言いようがありません。

Ayutsuri_03_2


 その坂本さんのオープニングシーンで

子供の頃オトリを泳がせていて、見釣りをしている時に

オトリを上に引き上げるウエーブ釣法をすることによって

1尾や2尾しか釣れなかった群れ鮎が、次々に釣れるよう

になったと言う発言、これは正に球磨川の三波迫等

連日、撮影や大物狙いの釣り人が責め立てるポイントに

おいて、オトリに何らかの変化を加えることによって

釣れなかった大鮎が釣れるようになる上でも

とても重要な発言であったと思います。

 

 全国大会で優勝するにはそれなりの秘訣を持った人しか

上ることが出来ない領域ですが、坂本さんのウエーブ釣法は

チャラ瀬のみならず、急瀬や荒瀬においても

学んでみたい釣法だと思いました。

 

 見てない方や、中・上級者の釣り師は是非見て欲しい

シーンだと思います。

      最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

      にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
        にほんブログ村

        無断転載禁止

       Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月26日 (木)

私の購入計画 ・・ 竿と曳舟編

鮎釣り情報2013

 前回、サラリーマン鮎師にとって暇な季節 ・・ なんて題名で

ブログを書いてしまってから、公私共に何かと忙しく ・・ 精神的にも

肉体的にも余り宜しくない日々が過ぎて行きました。

 ブログもサボってしまうとランキングが急降下 ・・ 

精神的にも肉体的にもブロガー的にも凹む凹む更に凹む ・・

 

 明日に希望を持って今回は、2015年鮎に向けて私が決断した

鮎用品の購入計画の中で、特に高価な鮎竿と曳舟について紹介して

みようと思います。

 近年のシマノさんには最強の鮎師であるテスターが揃っており

その最強の鮎師が提唱する鮎竿はどれも素晴らしいものばかりで

一時はダイワ鮎マスターズで王国を築いたダイワ様のファンも

1人 ・・ また1人とダイワ製品ではなくシマノ製品に変わって行った

友人も多く、購入するならシマノの鮎竿で間違いないような状況に

なっているように感じます。

 しかしながら、私も一時はシマノさんの鮎竿リムプロTRUSTYを

購入したことがありましたが、ちょっと自分の釣りには合わなくて

また、相模川で使用するにはパワー不足を感じ直ぐに手放してし

まった過去もあります。

 ダイワの鮎竿も使用しておりますが、過去5年間で一番使用した

鮎竿と言えば、がまかつの競技SPv5急瀬90が私には相性が良い

ようで主に相模川で育った23~28cmクラスの鮎を釣り上げるには

ある程度の無理も効いて、竿の汚れやスレ傷は車のコンパウンド

を付けたサラシでシュッシュッと拭けば大体は綺麗に消えてしまい

更に自分の感度と言う感覚を高める上での修行の道具と考えれば

貴重なアイテムであったと言えます。

 そんながまかつ競技SPv5ですが、今年はバージョンアップして

v6へとバトンタッチされて行きます。

 

 では単純にV6購入でいいんじゃないの?

 

ってことになりそうですが、そこは私も悩みました。

さてどうしようか?

 Fショーで気になった鮎竿は、

シマノ競いFW・がまかつ競技スペシャルv6、ダイワ競技SP-T LIGHT

 

 最近の自分の釣りスタイルを考える大会よりもどうしても

プラべートとなる釣りの時間が多く、それも他河川への遠征よりも

近場となる相模川での釣り日数が圧倒的に多い事。

 相模川で釣れる鮎の大きさが23~28cm前後の年が多いこと。

 等々を踏まえて、気分転換に選んだ2015年鮎竿は ・・

 

 昨年、新しくエントリーされましたダイワさんの

銀影競技メガトルク急瀬90wとしました。

 

Ike_4681


 このメガトルク急瀬90wのノーマル穂先(チューブラ)が

2.0ミリとちょっと普段使うには太く、SMT(スーパーメタルトップ)を

殆ど使わない私にとって、それなら急瀬ではなくライトモンスターの

早瀬ではとここでも悩みましたが、ダイワ鮎テスターの知人の知人

から急瀬が良いよ!! との後押しを受けて決定しました。

 

 ここで、気になる急瀬クラスのライバル社となるシマノさんの

トリプルフォース急瀬、この竿は穂先が1.9ミリとダイワさんよりも

0.1ミリ細い設計で非常に気になる存在です。

また、私が愛用して来たがまかつさんのv5急瀬は、1.9ミリ

でしたが、v6では2.1ミリと変更がなされてます。

 

 この穂先の0.1ミリの違いは、感覚的には微妙かも知れ

ませんが、対象となる鮎の大きさによって

また、チャラ瀬など浅い所や流れの緩い所ではかなりの違い

が出て来て、釣り易さを左右する大きなウエイトを持っている

ように感じます。

 また、竿の重さは、メーカーの表示ではメガトルク90wが

244グラム、シマノトリプルフォース急瀬90NL 245グラム

がまかつ引抜き急瀬競技SPv6 90は245グラムと

各社ともに殆ど変らないものになってます。

 後は、実際に竿を持ってみた感覚や持ち重り感、オトリを

付けてみた操作性や感度等によって購入して良かったのか

失敗だったのかが決断されるものと思います。

 

 そして、曳舟は過去にシマノさんの引き舟を使用し水圧抵抗の

少なさから腰痛持ちの私にとって、曳舟を引きながらの釣りも

そう苦痛を感じずに使用することが出来ましたが、ダイワさん

引き舟のようにひっくり返っても自分で復元する能力はなく、良く

足先でひっくり返った曳舟を元に戻した経験がありました。

 

Ike_4680


 そんなシマノさんの曳舟ですが、今年は片手で開閉OK!

更に、反転しても自分で元に戻る復元力も着いたアドバンス

パワーⅡ、かなりいい値段のする引き舟となってますが

メガトルクを購入したポイントを当てれば半額以下で購入する

ことが出来るので、こちらの引き舟も購入を決定しました。

 

 これで今年の相模川を頑張りたいと思います。

 

 

     最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

     にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
        にほんブログ村

        無断転載禁止

    Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月18日 (水)

サラリーマン鮎師にとって暇な季節

鮎釣り情報2013

 楽しみにしていたフィッシングショーも終わり、各メーカーから発売され

DVDもほぼ見尽くした今日この頃、渓流が解禁になった川もあります

が全国的な解禁は来月からとあってサラリーマン鮎師にとってはちょっと

暇な時間が持てる季節、そんな休日に釣り仲間から畑の手入れをするの

で良かったら見に来ない?

との連絡を受け、中津川の上流域にある畑まで車を走らせて来ました。

P2151113
 

 購入したと言う中古のトラクターを運転していたのは、仕事中に

頭をハンマーに打ち付けてしまったと言う丈夫な頭の持ち主の

ハンターさん、その後の頭は軽傷だったと言うがハンマーは粉々に

壊れてしまったらしい!! 

 相当丈夫な頭ではありますが、痛々しくメロンのようにネット被り

ご覧の状態。

 

P2151115


 農家の方にとってはトラクターの運転なんて、ただの作業かも

知れませんが、普段農業に携わってないサラリーマンにとっては

トラクターも楽しい乗り物と化しているようで、ハンターさんもハングオン

と言ってご覧の恰好でトラクターを操縦しておりました。

 捥ぎ立ての野菜や果物が美味しいのは、畑で限界まで育てたも

ので一般のスーパー等で売られている野菜や果物は、販売される

時間や時期を見込んで摘まれているので少し早い収穫の物が多く

ギリギりの収穫時まで待ってから口に入れる野菜や果物はかなり

味が違うとハンターさんは力説してくれました。

 私は、子供の頃から毎日こんな畑や田んぼを見て育った為か

土には興味も無く、家庭菜園なんてのも手掛けた事はありません

が、食べて美味しいと言われると ・・

 少しやってみようかな~ ・・ とも思ってしまいます。

15225

 畑や田んぼをやり出したら、手入れが大変なことは子供の頃から

承知しているだけに、直ぐに飛びつく程の興味は湧きませんが

自分で育てた野菜や果物を自分で味わって食べる満足感は

TVのダッシュ村を見ても頷けるものがあります。

P2081100


 上の写真は、ハンターさんの師匠が捕まえたイノシシのホルモン

焼きを頂いて、自宅で調理したものです。

 殆ど食べるだけに調理済みの物でしたが、私好みにキャベツを

加えて炒めてみました。

 風邪を引いた時に、直ぐに治るから食べてごらんと言われて

頂いて来たイノシシのホルモンをその夜に食べたところ

翌朝には本当に熱も下がり楽になってました。

 

15226


 自然食品のエネルギーの強さを感じてしまいますがイノシシなんて

本当のハンターでなければ捕まえる事も出来ないようです。

 このハンター(猟師)も高年齢化が進んでいるようですが最近では

猟師ガールなる20代の女性も銃を持ちイノシシを追っかけていると

聞きます。

  本物の肉食女子が誕生してます。

 

 これらの贅沢な食材は、山に入りイノシシを捕まえた人や

野菜や果物等を育てた人の特権であり、その本当の美味しさを

知ってしまったら山に入ったり畑や田んぼを耕し種や苗木を植えて

育てる喜びを感じ収穫する日を楽しみに生活することが出来るの

だろうと思います。

 

  帰りに畑から捥ぎ立ての長ねぎを頂いて来ましたので、バター

で炒めて、塩と醤油を少々付けて食べてみました。

 ビールと合って最高に美味かった!!

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
        にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月15日 (日)

この季節に球磨川の尺鮎釣りが見られたなんて幸せ!!

鮎釣り情報2013

 12日(木) にBS TBSで放送されました「日本釣り百景」の番組は

多くの釣りファンが見られたのではないでしょうか?

 特に、今回は球磨川の尺鮎釣りに挑む放送内容であり、球磨川で

釣られた本人が横浜フッシングショーで尺鮎の剥製を披露されていた

だけにその番組の注目度も高かったものと思います。

 もしまだご覧になられていない方や、BSと言う事でご覧になれない

環境の方は録画された方に頼んで見られてはと思います。

 放送の中で、尺鮎が掛かったポイントがDAIWA鮎の王国

THE MISSION DVDに収録されている「尺鮎を釣るまでは帰れません」

と言うコメディー風 THE MISSIONのポイントと全く

被っている点に私は注目しました。

P2151106_2
 何故注目したかと言うと、昨年は私もこのポイントで竿を出し

ハリス3.0号を切られたり、中ハリス2.5号が何度か寸断された

苦い思い出もあるからです。

 

P2151108

 また、昨年私が釣り上げた尺鮎もこのビデオに映っている範囲内で

掛かった鮎でした。

 細かい分析をすれば色々なデータが出て来るのでしょうが

限られた期間内で、球磨川の尺鮎を釣ると言う事はそう簡単な

ものではない事が、テレビやDVDを通じて分かっていただけたのでは

ないかと思いますが、私も坂本さんも尺鮎が釣れた理由は単に

運が良かったと言うものでは無いことが、DAIWA鮎の王国DVD

THE MISSIONを見て瀬田さんがバラシてしまったあの大鮎の

引きを見て納得出来ました。

P2151112  

 もう気が付かれている方も多いかもしれませんが、球磨川で

  尺鮎を掛けることと

  尺鮎を取り込む事

のどちらが難しいか?

 それはどっち? 

 球磨川経験者であれば、”どちらも難しい” と言うかもしれませんが

どちらかと言えば、掛ける事よりも

  取り込む事が難しいと私は思います。

 

 現実的な問題として、DAIWA鮎の王国DVDの瀬田さんに掛かった

鮎は、大きかったと思うし逃げられてしまったので何とも言えませんが

逃げられたからこそ言いますが、あの鮎は尺鮎だったと思います。

 

 だったらどうすれば良かったのか?

 

 答えは簡単、逃げられないようにすれば良かったのです。

 

 話は、釣り百景になりますが、坂本さんの釣りは豪快で見応えのある

映像だったと私は思いました。

  私も槍倒しの瀬に入り、あの岩盤の下もやりました。

  山が一つ岩で凄いロケーションの所で、瀬の流れも強く

厳しい釣りを強いられた思いがあります。

 

 人間て余りの強さで竿を引っ張られてしまうと変に身体が動かなくなって

足で踏ん張ってしまうところが有るように思いますが、そこを上手く流れに

足を取られないで下って行く様は流石に大物師としてベテランの領域に

ある方だと感じました。

 また釣り百景では坂本さんの仕掛けが詳しく放送されて居ませんが

そこに、尺鮎を釣り上げられた運以外の秘密があるのだと私は思って

おります。

 瀬田さんもフリーで球磨川に来ていたのなら昨年のあの場所で

あの鮎は逃げられずに取り込めたのではないかと思います。

 瀬田さんの仕掛けを改めてDVDで拝見すると、

 天井糸 3号

 水中糸Mステ 0.3号 

 強力な編み込みと付け糸 3号 

 そして、中ハリス3号

ここまでは、私も殆ど同じ仕掛けです。

しかし、ここから先が違います。

 

 一番弱い部分は分かると思いますがメーカー側もそこは分かって

いるものと思いますので敢えて書きません。

 収録中に見事尺鮎を釣り上げられた坂本さんは、オーナーの針を

使ったのかは不明ですが私は、がまかつの針を使いました。

 DAIWAの宣伝DVDでまさか他社の針を使う訳には

行かないと思いますので、瀬田さんにとってそう言う点では

不運があったものと思います。

 DVDや釣り百景をご覧にならなかった人には全く訳の分からない

内容になってしまいましたが、DAIWAさんには大鮎用の針を

開発して頂き今季終盤に期待したいと思ってます。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
             にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月11日 (水)

球磨川の尺鮎を釣り上げろ!! ・・ THE MISSION~

鮎釣り情報2013

 同じDVDを見ていても20cmそこそこの鮎の数釣りも

良いのですがやはり目が行ってしまったのは

球磨川を舞台とした ”尺鮎を釣り上げろ!!” と言うミッション

 このミッション始めて見た時には気が付かなかったのですが

2度見したときに、三波迫の瀬の紹介のテロップを見て

ダイワさんやっちゃった!! と思いました。

 球磨川と言えば、戦の瀬等と同等または最近の玉造さんの

ビデオにも良く登場するこの ”三波迫の瀬” を、なんとなんと 

”南迫” と表示してしまった。

 ダイワさんにだって九州球磨川を知る名手がいた筈なんだけれど

こんな有名な瀬の表記を間違えてしまっては、尺鮎を釣り上げる事は

無理だろうと思いました。

 

 しかし、そこはT-LIGHTのMISSIONとは違いここ数年力のある

若手二人テスターですから見せてくれる筈です。

P2111104

 まだ見てない人の為に敢えて詳しくは書きませんが

 

 このDVDを見ていて思ったことはメーカーさんにも考えて

欲しいのですが

 この2人でも獲れない鮎と獲れる鮎の違いは何か? 

を考えて欲しいと思いました。

 

 そして足りないものが有るとすればそれは何か?

 

 私が思ったことは、ダイワさんのグランドスリムの竿の

技術を大鮎用の竿に活かしてみてはどうかと言う事。

 実際に私はグラスリ派ではないので、自分で購入してまで使用した

ことはありませんが、実際に使っている人や、持っている人の意見を

聞くと、

 決して競技用の竿ではない事。良く竿が曲がる事。

細身で風の抵抗が少ない事。頭が意外と重たい事。

グラスリが折れた!!って話はあまり聞かない事。

 肉厚細身の竿の技術は、やはり競技用では無く鮭釣りや鮎釣りの

大物用に研究を進めて欲しいと思いました。

 

 これらの特徴の中で、細くて長く、折れにくい竿が出来たなら

日本記録を塗り替える事が出来る大鮎に出会えそうな気がして

来ました。

 

 ダイワさん宜しくお願いします。

 

 このDVDを見た方は分かりますが、私も昨年この映像に

流れて来る線路の直下辺りか下流の瀬までを行ったり来たり

しました。 

 線路の直下は岩盤で良い所なんですが、昨年は全くアタリが

無かったですね! 観光の電車が止まって、私が釣りながら手を

振ったら乗客の皆さんが手を振り返して下さり楽しい思いも

しました。

 私が釣り上げた380グラムオーバーの尺鮎もこの映像に入るか

入らないかのポイントで釣り上げましたので、懐かしい映像として

楽しむ事が出来ました。

 このミッション事態はサッサ終わってしまった感のするものでした

ので、もう少しじっくり楽しませて欲しかったですね!

  

 球磨川のDVDに出て来る瀬は、三波迫の瀬が正しいと

私は思ってますが、地域の表示で ”南迫の瀬”と表示されることも

あるのであれば、どなたか教えて下さい。

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
        にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月 9日 (月)

入れ掛かりか? THE MISSIONか? ・・ DVD

鮎釣り情報2013

 買うか買わないかを左右する決め手となるものは何だろう?

やはり予算でしょうか?  予算が無くても買ってしまう人も

居るようだけど、そんな無謀なことをしてしまうと鮎が始まった

シーズン突入から生活が苦しくなり鮎釣りどころではなくなって

しまいます。

 相模屋さんの展示会で気になった鮎竿を更に知りたくなって

その鮎竿が使われているDVDが見たくなって再び相模屋さんに

出かけてみましたが、既に売り切れて在庫がないとのこと。

 諦めて帰ろうと思ったところ、国道16号線沿いに出来た

釣具屋ジャイアントを思い出しお店に立ち寄ってみました。

 しかし、鮎用品には力を入れて無いようでシマノの入れ掛かり

DVDすら店内に置いてなかった

 それならと思って同じ16号線沿いのブンブンと言う釣具店に

立ち寄ってみたところ、今年の入荷分はあったけれども既に完売

してしまったとのことで私が見たいダイワの鮎の王国のDVDが

無い。

 買いたい物が無いとなると意地でも買いたくなってしまうもの。

 

16号線を行ったり来たりしてようやく相模原の上州屋さんで

鮎の王国のDVDを発見し無事に購入して帰って来ました。

Ike_4675


 今年は、皆さんダイワの竿に注目されているのでしょうか?

 シマノの入れ掛かりDVDの在庫は目にしますが、鮎の王国の

DVDが品薄になっている感じがします。

 シマノ・スペシャル競いFWとダイワ競技スペシャルT90LIGHTとを

見比べてみて、両社が選んだフィールドは九頭竜川。

 釣れている鮎の大きさもほぼ同じように見えます。

 FWは、H2.6とH2.75を披露し、ダイワSP-T90では

一歩も下らずに引抜く事をテーマにやっていました。

 両社のテスターの竿の構えも違う事から難しい観点もありますが

とりあえず見たかったダイワのSP-T90LIGHTは

かなりの上竿で攻めれば瀬でも伸されることもなく

23cmくらまでは引抜けることが分かりました。

 今年のスペシャル競いFWがテーマとした

   ”軽さとパワーの融合” 

良い感じに見えます。

 ダイワでは敢えて穂先の感度の話は出してませんが

T感度は既にお墨付きですので、感度なんて今更ってところが

あるのでしょう。

 

  悩むな~  更に ・・ 悩むな~

              最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
             にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月 8日 (日)

2015気になる鮎竿 ・・ 相模屋展示会

鮎釣り情報2013

  友人からLINEでこれから相模屋さんの鮎展示会に向かう旨の

連絡を受けました。

 

 私は、昨晩から寝込んだまま出かけるのは無理だろうと思って

ましたが検温してみると、38度超えていた体温が36度台まで下がって

ガンガンしていた頭も幾らかスッキリしたように思えたので

フッシングショーで気になった鮎竿をもう一度握ってみようと思い

相模屋さんまで出掛けてみることにしました。

P2081096


 釣具店の展示会は、フッシングショーのよな華やかさは全くないものの

同じ河川で良く顔を合わせる釣り人とダイレクに意見交換が出来るなど

お祭り的なフッシングショーとは違って、ガチで買う物を決定付ける場と

して重要な行事とになっています。

 それもその筈、ダイワからは伊藤正弘テスターが大阪には行かずに

相模屋さんに来店し、販売促進を図っている点からも釣具店の展示会

の重要性を窺い知ることが出来ます。

P2081084


 ダイワでは、競技スペシャルT90LIGHTが一番気になる存在です。

 

 値段もスペシャルなんですが、現行モデルのSP-T90と比べてみて

一番違うと思うところは、持った感じの軽さです。

  シマノのFWを思うような軽さでいて、竿の曲がりは現行のSP-T90

よりも遥かに良く曲がって、手元に掛かる負荷が少なく感じます。

 Zカーボンの反発が強すぎるのか、LIGHTバージョンでも十分な

早瀬タイプの90に仕上がっていると思います。

 この竿であれば細糸も安心して使用できるでしょう。

 

 大会出場なら絶対に欲しい競技SP-T90LIGHT。

 この他に、ダイワから競技モデルのTYPE-Sが出てます。どれも

持った感じは良いように感じます。

P2081088_3

 続いてシマノでは、やはり気になる製品は競いFWでしょう。

 

 競いFW H2.75と、ダイワ競技SP-T90LIGHTと曲げ比べて

見ましたが、パワーはどちらも互角か少し競いFWの方があるかな

と言った感じでした。

 現行モデルFWに比べて、竿のペラペラ感が無くなったようにダイワ

の競技モデルに似たしっかりした作りになったように感じます。

 

P2081086


 続いては、ガマカツの競技スペシャルV6です。

 

 がまかつの大会ではブロック大会が廃止されたことから、地区大会

上位者が直ぐに全国大会に出場出来るとあって、全国区に名前を

轟かせ安くなったことから、がまかつファンも年々増えて

来ているようです。

 ダイワやシマノの竿と比べてしまうとやっぱり重さ等を感じて

しまいますが、長い年月で使用することを考えれば、竿の腰抜けも

少なく塗装の劣化がまず無いがまかつの竿で、十分行ける

ものと思います。

P2081093


 竿以外も見て来ました。

 ダイワのブーツですが、フェルトの部分に横に切り線が入っている

タイプは、靴底が柔らかくて瀬釣りには最も良さそうに感じました。

P2081095


 また、コマネチタイプの鮎タモも皆さん気になっているようです。

 

 タモやタビであれば、とりあえず買ってみて失敗したと感じるものは

余りありませんが、竿に関して単に持っただけでは良く分からないのが

事実で、実際にオトリを着けて泳がせてみたら、、

 

 なんだこの竿 ダメよ~ダメダメ

 

って事が良くある話です。

 相模川だけ考えればメガトルク急瀬かな ・・

 狩野川や興津等の数釣りを考えれば、競技SP-T90LIGHT

 がまかつの大会も考えれば、競技SP急瀬90V6か ・・

 

 何れにせよ老後の為の蓄えも考えると以前のようにポンポンとは

買えなくなりますが、折角蓄えたお金を振込みサギ等に騙されて

持って行かれるくらいなら、買える時に思い切って買っておいた方が

良いのか ・・

 鮎が始まると高い竿は要らないな ・・ と感じるが

さてどうしようか  悩むところです。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
             にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月 7日 (土)

熱発で寝てます ・・ トホホ (>_<)

鮎釣り情報2013

 

 Fショー2015で釣り用品のチェックよりも力を注いでしまった

コンパニオンのチェック  ・・ の崇りか? 

 昨日から急に寒気を感じ早目の帰宅となった今日は箱根の

麓で釣り仲間との新年会が盛大に開催される日でした。

 私も楽しみにしていたのですが、体温38.5℃と頭がクラクラして

酒を飲めるような状況ではないので欠席としました。

 インフルの検査では、ただの風邪と判定されましたので大丈夫だと

思います。

 今夜は、早目に寝て早く治したいと思ってます。

皆さんも、風邪やインフルエンザにお気をつけ下さい。

Ike_46531


 私は、お腹は大丈夫ですが喉が痛くて ・・

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
             にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月 5日 (木)

My Collection - Fishing Show 2015

鮎釣り情報2013

 横浜フィッシングショー2015会場において沢山の関係者が

一丸となんて盛り上げて下さいました。

 そんな中、接客に追われたコンパニオンの皆さんを私のカメラで

捉えてみました。

 コンパニオン1人1人に承諾を得ての撮影ですが

中には接客が忙しい等を理由に撮影に対して快諾してくれない

コンパニオンの方もおられました。

 昨年もでしたが撮影を断られり、撮影禁止ですよ!と

ガードマンに声かけられたりと全てがスムーズに撮影出来た

訳ではありませんが

 もしも ・・ よかったら、写真展覧会のような気持ちで

笑顔で応えてくれたビーナス達を見て頂きたいと思います。

 所々、ピーナスではない方も写っているかも知れませんが

皆さん必死で活躍されていた方々ですのでご愛嬌下さい。

 

 また、他のブロガーの方から連絡を受けましたが、私のブログを

無断で転載し、あたかも自分が記載したかのように公開している

ブログを私自身も認知致しました。

 このブログの著作権は私にありますので、どうかこのブログの

画像、文章を無断で、他のブログ等に転載する行為は止めて下さい。

 

 それでは横浜フィッシングショー2015 ビーナス達の登場です。

Ike_4428
 トップは、JACKALLさんから

 

 

Ike_44301

 JACKALLさん

 会場内を転々とおりました。  

 

Ike_44351
 フナッシーじゃないです。 

 GAMAKATSUさんのキャラクターです。

 

Ike_44381
 EVER GREENさん

 

Ike_4443
 海保のキャラクター 海丸君の海猿バージョンです

 

Ike_4447
 ANGLER'S UTOPIA APIA さんです。
 

 

Ike_4449
 50cm近い真鯛も泳いでました。 

 真鯛の目はうつろです。

 

Ike_4450

 神津伝説さん

 

Ike_4455 

 Shoutさん  

 スーツが窮屈そうでした。

 

 

Ike_4457
 YAMAHAさん
 

 

Ike_4460

 REALISさんの宣伝カー  

 車やさんではなくルアー屋さんでした。

 

Ike_4463
 DUOさん

 

Ike_4468
 SOUTHERさん 

  色々なポーズをとって下さりありがとうございました。

 

Ike_4479
 GAMAKATSUさん

 

Ike_4484
 HIROKYUさん 

 昨年もおられましたよね!!

 

 

Ike_4489
  SHIMANOさん

 

Ike_4507
 XESTAさん

 

Ike_4601
 BOZLESさん  

もう圧巻でした。

 

Ike_4610

 BOZLESさん4人勢ぞろいには驚きました。

 

Ike_4608
 BOZLESさん カメラ目線で!!

 

Ike_4520
 GEECRACKさん

 思わず日本人の方ですか? って聞いてしまいました。

 

Ike_4522
 JACKALLさん 

 忙しい中、撮影に応じて下さりありがとうございました。

 

Ike_4528
 SHIMANOさん

 

Ike_4532
 JACKSONさん

 

Ike_4537
 JACKSONさん

 

Ike_4542
 imaさん

 お人形さんのように綺麗な方でした。

 

Ike_4546
 DAIWAさん

 

Ike_4548

 GAMAKATSUキャラクター販売店さん

 フナッシーがいると言うんで近づいてみたら ・・ 

違いました。 失礼しました。

 

Ike_4555
 高級エギ店のエギギャルさん

 

Ike_4558
 SUNLINEさん

 

Ike_4562
 Hapysonさん 

 今年もお会いでき光栄でした。

 

Ike_4567 

 KAHARAさん

 

Ike_4568
 JACKALLさん

 色々なところにJACKALLさんおりました。

 

Ike_4572
 JACKALLさん 

 さわやかなイメージで素敵な女性ですね!

 

Ike_4573
 MAGBITTさん

 

Ike_4577
 MAGBITさんはおへそが見えてましたよ!

  私は、お腹が冷えると直ぐに下痢に ・・

 

Ike_4582
 林釣り具製作所さん

 

Ike_4586
 ZENITHさん

 

Ike_4590
 Arukazik Japanさん

 

Ike_4593
 2014ミス日本さん

 

Ike_4500

 オグショーさん 

 浜松から来られたと言うオグジョーさんは、ハイエース等の

車を釣りやサーフィン等の専用タイプに変身させてくれる会社です。

 

Ike_4530
 IKKEIさん

 マネキンよりも凄い筋肉は圧巻でした。

 

 

 そしてそしていよいよ最後です。

Ike_4601_2
 BOZLESさんで

ご覧の背中を見せて頂いては、もうクラクラでした。

 

 今年も沢山の人達が思い思いの時間、楽しく観覧された

横浜フィッシングショーではなかったかと思います。

 全てのブースで全ての人達を写真に収めることは不可能

ですが、気持ち良く応じて下さった皆さん本当に

ありがとうございました。

 

 今週末は大阪会場となりますが、横浜に負けずに

頑張って下さい。

 そしてまた来年、笑顔でお会い出来れば幸いと思います。

 

 横浜フッシングショー2015は、これにて閉幕です。

皆さんありがとうございました。

              最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
        にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月 4日 (水)

BOZLESで記念撮影!! in Fショー2015

鮎釣り情報2013

  やっぱり楽しむところは楽しむのが大人の釣り人でしょうか?

綺麗なお姉さんとの記念写真が撮れる雛壇まで設置してあった

今年のFショー皆さんも記念撮影されましたか?

 私は、カメラマン役でしたので記念写真はありません。"(-""-)"

 でも、私と同行してくれた釣り仲間と美女軍団との記念写真

仲間の顔には、ボカシを入れておきましたが顔の大きさまでは

修正出来ませんでした。(爆)

 美女軍団は、皆さん小顔でスタイル良し!! 

 特に真ん中の子は超美人!! 

Ike_4628


 前後入れ替わって ・・  ハイ ポーズ!!

 前に出てくると、更にデカクなってしまった。(汗)

 修正不能!!

Ike_4633


 これでこの3人にはボーズなんて言葉は無くなりました。

 私も美女軍団と写して貰えば良かったかな~早速、昨日の

海釣りは風向きが悪くボーズでした。(泣)

 

 BOZLES美女軍団との記念写真いい思い出になると思います。

 今年は横浜から始まりました2015フィッシングショーですが

人の入りも例年よりも遥かに多かったと思います。 

 私達もこのように楽しませて頂きました。

 

 私は都合により、31日(土)のみ参加させて頂きましたが

また来年も横浜発でFショーお願いしたいと思います。 

 関係者の皆様、お疲れ様でした。

 そして、楽しいFショーありがとうこざいました。

  

 (Nikon D700 Nikkor 24-70mm F2.8 ストロボ使用)

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
            にほんブログ村

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月 3日 (火)

2015Fショー ・・ 針編

鮎釣り情報2013

  水中糸に続いてSHIMANOが針にも参入して来た

ことはG社にとってもD社にとっても国内だけの鮎市場を

考えると脅威なことなのだと思います。

 それを頷けるようにG社の競技SPECIAL OF速攻とDFキープ

の針の形が良く似た宣伝になってしまったことは失敗なのか 

成功なのか?? たまたまなのか??

P2031073_3




 こちらはG社の宣伝用紙です。

 6.5号と7号の試供品付。

イメージとしては、軸がいやに長い針となっている。

P2031079


 こちらはS社の宣伝写真。

 鮎針では先駆者のG社が正にS社に対し真っ向勝負を

挑む針の形状の2種であることが良く理解出来ます。

 実際どちらが良いのかは、今シーズン使ってみなければ

分かりません。

 そしてD社は、昨年評判の良かったサクサクシリーズを

鮎針以外の釣針にも展開。

P2031075
 

 試供品を貰って帰って来ました。

Ike_4414


 D社では、標準販売されていない針とハリス糸の太さの

組み合わせをオーダーメイドの形で受注し発注して貰える

サービスを展開するとの事でした。

 

 ここでメーカーではあくまで未定となっておりますが

これが本当なら大鮎師には嬉しいサービスとなるかもです。

 

 それはサクサク大鮎専用アイテムが追加予定となって

いることです。

 

 M-MAX 鮎SS 大鮎尺超 価格・入り数/未定

10.0号 3.0号のセットが用意されて

いますので、ついにDAIWAから10号針が登場するのか!?

 

 実に楽しみになって来ました。

 

 その他として、針ケースがコンパクトになるのは良いのすが

大針を入れるケースが見当たらず、大針となるとハリスも

一般の仕掛けよりも長くなり、現在のハリケースでは入らないか

入ったとしてもハリスがハリケースから出てしまって

雑な大針収納となってしまうので、大針専用ケースの販売も

DAIWAさんご検討願います。

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
           にほんブログ村

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015Fショー気になる鮎用品 ・・ 竿編

鮎釣り情報2013

 DAIWAのカタログが私の手元に届いたのは、Fショー初日

となる1月30日(金)の夕方でした。 

 この日は、都内でも雪が舞う寒い日でしたが会場まで辿り着くも

時刻が合わず入場出来ずに帰宅してしまった日でした。

 帰宅後、私の手元には、釣具店から持って来たG社を含め

大手3社のカタログが全て揃いました。

P2031064


 DAIWAさんは辛うじてFショーに間に合った ・・ かな ・・

 前日にカタログを見ながら気になった商品を頭に入れて

31日(土)いざ会場となるパシフィコ横浜へ ・・

 鮎用品では、各社が力を注ぎ込んだものに鮎竿の

穂先の部分と針の開発の2点を強く感じました。 

 特に、SHIMANOが鮎針に参入するとあってG社と

D社は、かなり警戒したように感じます。

 この2点を特に注目して見ていきたいと思います。

 先ずD社のフラグシップとも言える鮎竿のグランドスリムが

全面リニューアルされております。

Ike_44151

 今までに無かったグランドスリムに85が加わったことも

ニュースではありますが、一番のポイントはやはり

スーパーメタルトップにチューブラーが登場したことでしょう

P2031066


 Fショーで伊藤正弘さんの解説で従来のSMTと持ち比べてみた 

鮎師も多い事と思いますが、頭が重く感じられる従来のSMTは

どうしても私は、好きになれませんでした。

 

 しかし、チューブラーでSMTの開発に成功したとなると

これはちょっと気になる商品になります。

 しかしながら、このチューブラーSMTはグランドスリム専用

設計との事ですので、使ったみたい鮎師は今年のグランドス

リムを購入しなければなりません。

 NEWグランドスリムを握ったことのない鮎師は

これからの釣具店の展示会場等で握ってみて下さい。

 抜けるような穂先の解放感までは有りませんが

従来のグランドスリムには無いトップの爽快感は感じられる

筈です。

 肉厚細身設計のグランドスリムは、DAIWA鮎竿の中では

一番のオールマイティな竿で、チビ鮎から尺鮎に近い大鮎まで

行けちゃう竿です。

 このチューブラSMTは、軽さだけでは無く感度も従来の

SMTよりも更にアップしているとの事ですので今後の展開が

楽しみな商品です。

 グランドスリムに関しては、竿の設計自体が全く新しくなって

いるので、聞きなれない言葉だと思いますが

  ”チャージリング”

等も注目して見て欲しいと思います。

P2031082

 そして、DAIWAのスペシャルT-LIGHT90(207グラム)

 これは?? SHIMANOの鮎竿のような軽さを感じる竿に 

仕上がっておりました。 欲しいな~ ・・ 

 

 そしてそして高級品だけが鮎竿ではない!!

P2031067


 70、75も新たに加わった、定価3万円代の鮎竿です。 

 那珂川の鮎師には、絶大な支持を受けていると言う80が

売れ筋商品との事ですが、鮎入門用や支流のサブロッド

としても十分に活躍出来るのではないかと思います。

 

 昨年末に、SHIMANO ナイアード72

を買ってしまいました ・・ (>_<)

 

 ☆次は、SHIMANO商品を見てみましょう!

P2031070
 

 SHIMANOでもカタログのページの前に来ているのは

D社と同じく穂先のエキサイトトップです。

 昨年、SHIMANO鮎竿開発担当の岩成さんとお話をし

その時は、まだ開発途上ではありますが、この穂先にすると

手元に伝わる信号が大きくなるんですよ!!

 

 と言われていた穂先は、ダブルテーパー状の物でしたが

今回のエキサイトトップは、穂先の先端部分と穂先の

中間部分とのカーボンの硬さを変える事によって手元に

伝わる信号を増幅させる方式のようです。

Ike_4425
 

 SHIMANOブースには、エキサイトトップを体感することが 

出来る装置がありました。  

 私も、ビデオの鮎の動きにリンクしていると言う装置に設置 

された竿に触れて手に伝わる感度を体感して来ましたが 

鮎が針に掛かる瞬間の様子までは分かりませんでした。

 

 この装置は、ビデオに映る鮎の動きとリンクして鮎竿の穂先に

取り付けられたラインを引っ張る仕組みのもので、ここまで

やっと扱ぎ付けた。とメーカーでは言っておりましたが竿の上に

手を添えて感度を体感する仕組みです。

 

 エキサイトトップその物は、穂先の先端部がかなり硬く

仕上がっていて殆ど曲がらないように感じました。

 これは、G社のチタンテクノトップにも言える事だと思いますが

穂先の硬い部分がある程度長い方が、竿の感度としては良い

ようです。

Ike_4422_2

 鮎竿としては、SHIMANOから LIMITED PRO VSと

SPECIAL 競い FWを持ってみました。

P2031080
 リムプロVSは、三本の穂先を使い分けることによりチビから

30cm近い大鮎までこの1本の鮎竿で対応してしまおうとする

欲張りな竿ですが、正直言ってリムプロでこんな竿が出来たら

他のリムプロは要りませんからね ・・

 

 って事で、リムプロの領域に入るにはちょっと厳しいかもと

言うのがメーカー開発担当者の本音でした。

 

P2031081

 スペシャル競いFWは、前回のモデルよりもしっかりした

作りに感じました。

 

 ではどの竿が2015、SHIMANOが最も売りたい竿なのか

訊いて見ると 

   赤い衝撃 NAIAD 

とのことでした。

 私が昨年末に購入したナイアードとは違ってかなり自信作

であるとの事で、SHIMANOのお客さんの多くは

リムプロとナイアードの組み合わせで購入されるようです。

   


 続いて気になる商品は、

☆GAMAKATSUの名竿、競技スペシャルV6が登場しました。

 V5の時のような派手な宣伝は感じられませんが、がまテスター

に話を伺ってみると、V5よりも更にパワーはアップしている

との事です。

P2031076

 竿の価格設定がダンシングスペシャルと同じ領域になっている

ことについては、ダンシグは昨年と比べると値段が上がり

V6は従来の価格設定で行ったので、同じ価格帯に見えますが

V6の方がお得感はありますよ!との事でした。

 改めて、ダンシングスペシャルとV6とを持ち比べてみましたが

ダンシングはGAMAKATSUらしからぬ細身と明るいカラー設定

で、若いガマラーに強い支持を受けいる理由が頷けます。

Ike_44321

 

私は、節落ちのするV5を多用して来ましたのでそろそろV6に

変更しようか、それとも他社の急瀬クラスを購入しようか迷う

所ではありますが、多少感度が悪くてもG社の竿の感度に慣れて

しまえば、鮎の動きが伝わって来ない訳ではないし、また

自己の指先感度を鍛えるには、何時も高感度ロッドばかりを

使うのではなく普段は、ノーマル感度くらいで指先を鍛えた方が

良いのではないかと思ってます。

 正直言って、D社の競技や競技SP90を使用していて

秋口に急に、G社のPS100やD社の狙い11mを使うには

その竿の重さに慣れることも必要ですが、感度と言った面では

全くの別ものと言えますので、大鮎師には高感度ロッドは

お勧め出来ないです。

 2015Fショーを通じて、高価な鮎竿と低価格な鮎竿の

両方を紹介させて頂きましたが、低価格な鮎竿で十分なら

何故、高価な鮎竿が必要なのか?

 誰もが疑問に持たれることと思います。

 この事に付いて、シマノ鮎テスターの三嶋さんと鮎開発

担当の岩成さんとお話して来ましたが、カーボンの材質の

違い即ち、反発の強いカーボンは値段も高く

反発の低いカーボンは値段が安い。

 では具体的に鮎竿がどのように変わるかと言うと、反発の強い

カーボンを使えばカーボンが少なくても(軽くても)簡単に引抜きが

出来る竿を作ることが出来ます。

 反面、反発の弱いカーボンで鮎竿を作ると掛かった鮎を抜くまでに

一苦労する竿が出来上がります。

 ある程度の反発を強めるためにカーボンを沢山使うとどうしても

重い竿が出来上がります。

 このような理由から、低価格帯の90竿は重く、高価格帯の90竿は

軽く仕上げる事が出来ます。

 もし、低価格帯の90竿で軽い表示の商品は、掛かった鮎を取込む

にはかなり苦労させられることになります。

 この他に、感度の面や竿のしなやかさや塗装など色々と

価格設定によっては違いが出て来ます。

 

P2031083


 このようなカーボンの性質や価格から、単竿であれば

沢山のカーボンも必要なく、竿が短いだけ重さも抑えられる

7~8mの長さの低価格の鮎竿に注目が集まっている

のだと思います。

 

 決して高価な竿イコール良い! と言う事ではありません。

 竿は、自分にあった使い方の出来る竿が一番良いと思います。

 

 続いて針について書こうと思ってましたが、ここまででかなり

長くなってしまいましたので、一旦ブログを閉じまして針については

改めて書くこととします。

 

 

 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
             にほんブログ村
Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

2015年2月 2日 (月)

エギって ・・ Fショー2015から

鮎釣り情報2013

 鮎の話ではないのですが、2015フッシングショーから

やはり綺麗なものには目が行ってしまいます。

 そんな綺麗なものの中に ”エギ” を発見!!

Ike_45801


 このように普通に展示してあると余り感じなかったのですが、

Ike_45511


 こちらに展示してあったエギには高級感を感じて

しまいました。 

 こんな ”エギ”に逢ってしまうと ・・

何処か可愛らしい和服姿の女性を想像してしまいます。

 上の写真のエギは、1本 5,000円とのことです。

生きた伊勢海老が一尾購入出来る金額!!

Ike_46441


 こちらのエギは、フィッシングショー記念モデル

1本 1,000円で発売中とのことでした。

 初めてエギングに出かけて、昨年の秋

3投目にしてラインがガイドに絡みエギだけが

海の彼方へと消えて行った。

 こんな高級なエギを使用してみたいが、まだまだ先の

話になりそうです。

 このような高級なエギであればお祝い事にも

使えそうな気がしました。

 ”エギ” って可愛らしい!!

 次回は、鮎用品のお話に入ろうと思ってますので

 はもう暫くお待ち下さい。 

 

 
     

              最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
                   にほんブログ村

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

最近の写真