« 土用隠れの酒匂川で見せた釣法とは ・・ | トップページ | ヤマメ釣り »

2015年3月 2日 (月)

この先不安だらけ? 漁協とオトリ店との関係

 2015年、渓流が始まりましたね!! テレビのニュースで桂川猿橋上流での釣り風景が放送されてました。

 

  尺物も上がっていたように見えましたよ。

 

 

 

 この時期は、急いで渓流釣りには走らない私ですが山梨の各河川はこの頃から気になるところです。

 特に、昨年久し振りに釣行しました富士川身延管内でしたが残念ながらボーズと言う結果に、しかしながら富士川の様子が多少なりとも良くなって来ているように感じました。 

 

 

 

 富士川身延町と言えば、ノリピーこと酒井法子さんの薬物事件が記憶に新しく、身延町に潜伏しているとの情報から富士川に掛かる身延橋付近がテレビ放映され鮎釣り以外でも一時は注目された山梨県身延町です。

 

 この身延町で大鮎の里として看板を掲げて元気に頑張っておられる芦澤夫妻の経営する芦澤オトリ店の存在を忘れる訳には行きません。

 

 

 

 芦澤オトリさんから発せられる富士川の情報は、富士川から遥か離れた関東方面でも、明日は富士川へ鮎釣りに行くべきか他河川に変更した方が良いのかを的確に教えて貰える頼り甲斐のあるオトリ店です。

 

 

 

 今年も富士川の一匹の大物を目指すために年券を購入しようと久し振りに芦澤オトリ店さんのホームページにアクセスして見たところ、他のブログでも既に紹介されているように芦澤オトリ店さん掲示板に次のような書き込みがなされておりました。 

 

 

 

   **********  お知らせ  ********
前略
私は、オトリ店をはじめて、30年余りになります、店のお客様は富士川の広々とした急流で大鮎を一匹でもいいから釣りたいと言う方がほとんどです、私は遠方からガソリン代・高速代を使ってまで来て下さる釣り人に、楽しい釣りをしていただき日頃のストレス解消してほしいと願って、河川の水色、苔付の状況、今日の釣果などインターネット情報を発信し日々努力をしてまいりました--------。
さて、3月1日からヤマメの解禁が始まりますがオトリ店の更新が出来なくなりました大変困っております、不本意でありますが、27年度の、日券・年券・オトリの販売が出来ません、釣り人の皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願いします。
釣り人の皆様には長い間、ご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 詳しい理由は記されておりませんが、「不本意ではありますが ・・ 」

 

との書き込みから芦澤さんの意とするものとは別に、何らかの問題が発生し今年は、オトリすら販売することが出来なく

なってしまったようです。

 

 富士川漁協をWeb検索し、出て来たサイトから情報を見ても富士川漁協マップとオトリ販売所の名前と電話番号が辛うじて表示されるだけで、その他の情報は何も出て来ません。

 

 富士川漁協から芦澤オトリ店へのリンクはあるものの、その他のオトリ店へのリンクは無く今後は、組合あるいは各オトリン店に対し直接電話による問い合わせをすれば良いのか??

 

 不安がいっぱいです。

 

 

 

 富士川(静岡県側)では、松野オトリ店さんのHPやブログから大よその富士川の状況が分かりますが、芦澤オトリ店さんの情報が今後は入らないとなると、富士川の釣果報告が分からなくて釣り人にとってはとても不便となります。

 

 

 

 また、富士川のように広い河川では芦澤オトリ店さんに集う釣り人のように釣り場や状況を良く把握した腕の立つ釣り人が多く、富士川が現在危険な状況なのか、それとも安全な状況なのか ・・

 また、富士川を切る場合に昨年の長良川で発生してしまった悲しい水難事故が起きる前に、ベテランの釣り師からここは危険ですよ!! 

 

とか、川を切るならここの肩から切れば安全ですよ!!

 

 と言う安全講習会的な情報も詳しく教えて貰えることから現在まで富士川身延町の鮎釣りにおいて大きな事故もなくやって来られたのではないのかと思います。

 

 正に、オトリ屋さんと釣り人との深い信頼関係から来る素晴らしい情報交換があったからこそだと私は思っております。

 

 

 

 特に、富士川身延町の場合、その河川敷は広く駐車場からポイントまでかなりの距離を歩くところもあってまた、ポイントによっては一般の車道からは見えないところも存在し、釣り人同氏がお互いに声を掛けあって注意を促しあってこそ安全な釣りが可能となります。

 

 

 

 また釣り人同氏が注意し合うことにより車上荒らしにも合う事なく安心して大鮎を釣り上げることが出来るようになるには漁協の涙ぐましい努力があったからこそですが、そんな涙ぐましい漁協を心から応援して来たオトリ店の存在と、そのオトリ店を信頼し集まって来た釣り人との絆があったからこそ、ここ数年不調の富士川身延町でも釣り人は大鮎への想いを胸に富士川の大鮎と出会う為に、不調の富士川を見捨てる事なく、今年も竿を出せるかどうか分からない時季に、毎年、毎年、年券を購入して来た釣り人は多いと思います。

 

 

 

 2015年の芦沢オトリ店さんから発せられた情報はとても残念な内容でした。

 

 

 

 天候不順により漁協でもオトリ店でも単に努力だけではどうにもならない厳しい状況の年が続きましたが、ここに来て漁協とオトリ店が分裂することなく、地域のチームワークの良さを取戻してどうか乗り切って欲しいと願うばかりです。

 

最後にポチリ!とお応援クリックお願いします

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村

無断転載禁止Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

 

 

 

|

« 土用隠れの酒匂川で見せた釣法とは ・・ | トップページ | ヤマメ釣り »

富士川」カテゴリの記事

コメント

管理人さんのおっしゃる通りですね。

自然豊かで四季に恵まれ程よい河川の長さなどいくつもの偶然が
重なって初めて鮎と言う日本が世界に誇れる素晴らしい香魚が
進化してきたわけです。

ほぼ日本にしか生存できない食べても美味しい鮎。

20世紀の人間の勝手から自然/生態系を破壊するダムや堰
ができ、その鮎の生態にも大きな影響を与えています。

昔はそこら中の河川で当たり前に育っていた尺鮎も今では極端に
少なくなりました。東日本では、富士川(身延)が最も尺鮎の可能性が
ある河川であることは多くの尺鮎師の方々がご存知だと思います。

日本各地の海や川の漁協の役割は、漁師・釣り人の役に立ち、資源の
保護をして持続可能な事業としても成り立つようにすることだと思います。

今回の富士川漁協と多くの大鮎釣り師の架け橋に真剣に取り組み、
数十年に渡って尽力されてきた芦澤オトリ店さんと富士川漁協のこと
は、一刻も早く解決されて、漁協・オトリ店・お客である我々・更に
地元の方々のための地方創生が進むことを強く願っています。

全ての関係者が大局的に考えて、皆が幸せになることは難しいことでは
ありませんよね。このままでは私は二度と富士川では釣りはしません。

投稿: 長さん | 2015年3月 2日 (月) 20時19分

長さん

私は、富士川身延に足を延ばす前は毎年、静岡県側で

秋の大鮎を楽しんでおりました。

その時には、松野オトリ店さんを良く利用しておりましたが

この松野オトリ店さんのご夫婦も良く親切にしてもらいました。

鮎釣りは、単に鮎を釣る楽しみの他にオトリ店さんとのお付き合いや

お話等も重要な楽しみの一つだと思ってます。

特に、身延の芦沢オトリ店さんの場合は新聞等により遠路遥々

大鮎を求めてやって来る釣り客の方もいるのではないかと思います。

そんな時に、温かな飲み物を出してい頂いてお茶菓子等を頂きながら

何処が釣れて何処が釣れなくて、ここが危ない場所で、ここなら

渡れますよ! ・・ 富士川のような水量のある川は、球磨川でも

同様ですが、丸山水産さん等先ず毎日川見ていらっしゃるオトリ店さんの

意見をよく聞いて川に入ることが、身の安全や良い釣果に繋がる第一歩

だと思いますので、現在の身延の状況は楔の取れてしまった

木造家屋のように今は不安定な状態に見えて仕方ありません。

投稿: 管理人 | 2015年3月 3日 (火) 07時38分

管理人様
ブログご意見 有難うございます。
今回の富士川の件、不本意での芦澤おとり店様がおとり店の営業が出来なくなるだけの 事では 済みません。
管理人様もブログで書いていた通り、情報無くして、富士川では 鮎釣りは 出来ません 見た目以上に 押しが強く深い瀬が多くあり、今まで事故が無く鮎釣りが、出来たのも、おとり店主の各釣り場の説明
釣り人同志の懇談の場を提供してくれたおとり店(時には3時過ぎに釣から上り囮店で延々と釣場の情報交換会等)です。
芦澤おとり店様、無くして富士川の鮎釣りは、考えられません。
鮎釣り師は、今こそ話しを聞いて頂ける
部署に嘆願をする時では ありませんか、
東日本唯一大鮎の里(身延)を、無くしては
ならないと思い 麦わらは 行動します!
鮎釣り師の皆様へ ご支援を 宜しく!
管理人様 今後共 ご指導をお願いします。

投稿: 麦わら帽子 | 2015年3月 4日 (水) 01時51分

麦わら帽子さん

和解で済む事なのか、訴訟問題まで発展するのか

何れにしましても、当の芦沢オトリ店さんがどうしたいのか?

を良く聞いてオトリ店が経営出来なくなった賠償請求に向かうのか

それとも単に営業を再開したいのか ・・

我々、素人には水利権や河川敷開発・環境維持等の繋がりが

分かり難いと思いますので、無駄に動くのではなく弁護士さん

に相談したり、身延町役場や富士川漁協に出向いて詳しい

経緯等を確かめてから嘆願するなどしたら如何でしょうか?

投稿: 管理人 | 2015年3月 4日 (水) 13時44分

ご指導有難うございます。
法律家の意見を参考に準備を進めています。又 ご支援の程 お願いします!

投稿: 麦わら帽子 | 2015年3月 4日 (水) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この先不安だらけ? 漁協とオトリ店との関係:

« 土用隠れの酒匂川で見せた釣法とは ・・ | トップページ | ヤマメ釣り »