« 2018年2月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年9月

2018年9月 2日 (日)

大鮎のシーズン到来!

 こんにちはご無沙汰しております。

久しぶりの書き込みとなりますので何をどう書くか迷ってしまいますが、先ずはタイトルどおりに2018年の夏も9月に入りましたし、友人が早くも球磨川で30.4センチ290グラムの尺鮎を釣り上げてしまったので、台風21号が日本に接近中と言う、余り良い状況下ではありませんが、思い腰を上げてブログに向かっているところです。

 昨年釣り上げた、自己最大級の尺鮎の剥製のお披露目もしてなかったのでブログにて披露します。

20170924_05

 意外と難しいのが、剥製の写真撮影です。どうしてもプラスチック風になってしまうので、撮影後に少し色合いを変えています。

 何度も書きましたが、運搬途中で死んでしまった鮎でしたので色合いも過去の鮎に比べて白っぽくなってしまい残念です。

 本当は、大きな声で34.0cmと書きたいところですが、生きている時に全長測定をしなかったので、死後硬直の33.3cmと言うことになってしまいました。

Img_9995

 また釣ればいいじゃん!

と友達から言われますが、球磨川で33cm超えの鮎は、そう簡単には釣れなません。

 大鮎は、時の運!!

と球磨川の名手が言われるように、自由奔放な

スーパー尺鮎と言われる33cm超えの大鮎は、気ままな生活をしているようですので、あの石を狙え!!

と言われても、その時にあの石にいるかどうかも分からず狙いは間違っていなくても、狙ったから直ぐに33cmの鮎が釣れると言う計算式にはなりません。

 少なからず、鮎の動きと、水量やタイミングが絶妙に合致した上でスーパー尺鮎と言われる33cm超えの大鮎を手にすることが出来ると思っております。

 また、昨年は特に大鮎シーズンの球磨川でした。

私も、この剥製よりも大きな鮎を掛けて引きずられるように竿を持っていかれて、グイグイと綱引きの途中でメタル0.3号が切れてしまった失敗もありました。

 あの時、何故0.4号に張替ておかなかったのか?

 悔いが残りますが、だからと言って絶対に切れないワイーで勝負と言っても、ワイヤーだから34cmが来ても大丈夫だけどだからって34cmが来るとも限らず、鮎釣りはある程度のアドベンチャー切れるか切れないかのギリギリのラインであるからこそ、超大物が掛かる場合もある。

とも思っています。

 

 だからって切れることが分かっているような細糸は絶対に使いませんがだからって絶対に切れない糸を使う訳でもないのが大鮎釣りの難しさでもあると思います。

 今年も、球磨川へ来週あたりから向かう予定でおりますので宿や川でお会いしましたら気軽にお声がけ下さい。

 私も、昨年以上の結果を残せるように頑張りたいと思ってます。

                 最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

        にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

        にほんブログ村

      無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2019年1月 »