« D社 HYPER Mstage0.4号 12m EX、大鮎Ⅱ10号を使ってみた | トップページ | 過去の尺鮎でシーズン最終に釣れたのは何月頃か? »

2019年11月 9日 (土)

大鮎狙いでの錘マジックのイメージとして!

 大鮎狙いにおいて、オトリの鮮度が1番大切であることは前々から述べたとおりでありますが、釣れた28cmや30cmの大鮎をオトリにして流れに沈める場合、背針だけに頼らず錘を打ってオトリを沈めた方が安定するために、錘を多用することが多いと思います。

 ここでは錘を打つイメージとして私の考え方を書いてみます。

 一般的に、錘をオトリに打つとなると、オトリの元気がなくなったり、オトリが流れに着いていけなくなったりと、オトリを助けるために錘が必要になる条件が思い浮かびます。

 オトリを助けるイメージよりも、釣り人が釣りやすくするために、オトリをとにかく沈めやすくするために錘を打つ、イメージの方が強いかと思いますが、私の中での大鮎釣りでの錘使用のイメージは、釣りを助けると言うよりオトリ本来の泳ぎを錘を打つことによって助けてやりオトリが更に楽に泳げるようにするために錘を打つイメージを持って錘を使用してます。

 一般的に錘を打つ意味としては、オトリが野鮎から逃げにくくする為や、オトリを確実に狙いのポイントに入れる為等、錘による効果は大鮎釣りにおいても重要な手段だと思います。

 そこで私の錘に対するイメージを絵で解説すると

_

 ウエイトトレーニングでベンチプレスをやったことがある方ならお分かりになると思いますが、ある程度筋肉強化した人がベンチプレスで自己限界重量に達した時、ベンチプレスの両サイドに図の矢印の↑の方向に補助者が指先程度の重量をベンチプレスに加えるだけで、限界と思われたベンチプレスを以外と簡単に上げる事が出来ます。

 このベンチプレスの力の配分を急瀬を泳ぐ大鮎に例えて、流れに入ったオトリ鮎が流れについて行けるか行けないかの限界に達した時に補助者の指に変わる力加減を鉛の錘に置換えて、限界にあるオトリの泳ぎを錘で助けてやることによってオトリをより一層元気にそしてフレッシュに保つ大鮎マジックのイメージです。

Photo_20191109114601

 錘を打ち位置等は、人それぞと思いますがオトリの鼻からそんなに遠くない位置(鼻錘ではない)であって、錘の号数も1号から又は0.5号程度から打つことによりオトリを沈めると言うより、オトリの泳ぎを助けるくらいで天然の大鮎のオトリの操作はかなり楽になりオトリを追う野鮎の目にも止まりやすくなるのではと思ってやってます。

 1号では足りなければ、2号に変えるのではなく更に1号を追加して2号とする方法をとってます。

 オトリに使用した錘よりも、掛かり鮎を交換した時の錘を少し軽くしてみるのも根掛かり防止とオトリの泳ぎを更に良くする錘マジックを感じられることと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

 

 

 

 

 

|

« D社 HYPER Mstage0.4号 12m EX、大鮎Ⅱ10号を使ってみた | トップページ | 過去の尺鮎でシーズン最終に釣れたのは何月頃か? »

球磨川」カテゴリの記事

コメント

今晩は。オモリのなす役割についてとてもわかりやすい説明でした。オモリは使い方次第で大きな武器になることは実感しつつも、まだまだ使いこなせてません。ベンチプレスを補助する例えをイメージするよう心がけようと思います。

投稿: 鮎の友釣りに克 | 2019年11月10日 (日) 17時17分

鮎の友釣りに克さんコメントありがとうございます。
オトリが大きくなればオトリのパワーも違って来ます。
普段の錘のイメージよりも案外軽くてもドンドン入って行きますが、超コワ面の尺鮎から逃げないようにするのも錘は有効と考えてます。
単に鎮めるといったイメージではなくオトリの泳ぎを手助けしてあげる程度のイメージでも随分と釣りが変わってくることと思います。

投稿: 尺鮎対決! | 2019年12月 5日 (木) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D社 HYPER Mstage0.4号 12m EX、大鮎Ⅱ10号を使ってみた | トップページ | 過去の尺鮎でシーズン最終に釣れたのは何月頃か? »