« 過去に声かけられたこと! | トップページ | 謹賀新年! »

2019年12月13日 (金)

ハリスの長さについて!


 大鮎釣りにとっても数釣り同様にハリスの長さが意外と重要となります。

特に、太いハリス3号に大 10号の3本又は4本イカリをオトリに付けて泳がせようとすると、イキナリ根掛かりなんてパターンも珍しくはありません。

 根掛かり外しの為に竿を煽っていると、いつの間にかパキッと鮎竿が折れてしまうことも、時としてあります。

 一般的には、ハリスを短めとすれば根掛かりし難く、先のもちも良くなるように思いますが、口や目に掛かり易くなり、掛かり鮎へのダメージが大きい心臓や目に入ってしまうように感じるとともに、大鮎の胴回りを見てみると背中の筋肉の太さ加減が半端なく発達しており、ハリスをある程度長く出さないと、せっかく大鮎がオトリを追ってくれているのに掛かりしなかった。なんてパターンにならない為に、私は適度な長さを出すようにしています。

 が100パーセント目や心臓に入らないとは言えませんが、ハリスは根掛かりしない程度に長さを出した方が、球磨川の筋肉質な野鮎の胴回の膨らみを見て感じています。

01f94b7923a7862b4c06c546421a68ad19ab1e5b  

 掛かり鮎のの位置が目やエラ付近にある時は、オトリの循環が悪くなるためハリスの長さを変えるか逆さの打つ位置を変えます。

 私の場合は、ハリスを根掛かりしない程度に長く出して、広く確実に背中に乗せるイメージを持って狙っています。

 昔は、ハリスをムチのようなイメージを持ってテーパー状のものも良いと思って使用したことがありましたが、結果的に釣果が変わったと感じるものではなく、それよりも大鮎釣りにとってはハリス切れのリスクが高まり、テーパー状のものよりも平行線のものが強度も強く安心感があります。

 従って、3~4本イカリで釣れる時であればハリスの長さは尾鰭から指2~3本、長めに出すときは4本以上程出すことによって、野鮎の尾っぽ側に針が掛かるようにセットすれば、早い流れの時にガツンと強い当たりが来た直後に、竿を上に煽ることにより、掛かり鮎はビックリしてか、逆テンションの掛かる下流へと走りますが、頭が下流へ向いても竿でいなしてやれば、横っ腹や背中に掛かった時よりも自分の立っている側のヘチに寄ってくれて、最後の取込が楽になります。

 岩盤の窪み石裏では、イカリ針がアンカーとなって石に引っ掛かりやすくなりますので余り長いハリスは根掛かりの元になるので注意が必要です。

 また、逆さが外れた状態のように、鈎がオトリとは別に泳いでしまっているような状態では掛かりません。

 私の場合は、釣っていて余り反応がないような時は逆さ針の位置を変えることによって、オトリ鮎から後方に垂れ下がるイカリの状態を変えるイメージで、逆さ鈎の打つ位置を変えています。

P9280393_inpixio_inpixio

 逆さは、尻鰭の間に打っていますが上の写真のAからBまでの範囲が大鮎をオトリにするとなると、まあまあな距離がありまので、この距離を生かすべく釣れ具合や反応、野鮎の掛かり場所などを見てA~B間で微調整をして、それでも納得できない場合や、極端にオトリの大きさが変わってしまうような場合は、鈎を交換し逆さ鈎からのハリスの長さを変えてます。

 友釣りの鈎は昔に比べて針先のもちも良くなり軽量化されたように感じてます。数釣りの時は、4本イカリになるべく伸びの少ない細いハリスを使用し、大鮎の時は、ハリス2号から4号までの間で、ハリスが太くなるとどうしても硬さが感じられるので、しなやかなナイロンに3本イカリをメインに、更に大物が期待されそうなポイントでは、4号のナイロンハリスに4本イカリも準備しています。

 やはり掛かった瞬間の鈎の立ちと食い込みでハリスへの負担等々を考えると私は、フロロよりもナイロンハリスかなと思っておりますが、河原で大鮎狙いの名人さん達は意外とフロロ派が多いことを感じましたので、自分の釣りスタイルや自分の仕掛けのセッティングに合ったハリスを使えば、特にナイロンに拘ることはなく、ここぞと言う1匹の時に切れることなく取込めるものであれば良いと思います。

 鈎も大鮎に関しては3イカリ有利なんて昔は言っておりましたが、現在、数釣りと同様に4本イカリを使用して大鮎を狙っている名人さんも多いようですので、3本に拘ることもないのかなと思ってます。

 また、渇水となり鮎が中々掛かりにくくなったような場合は、チラシも有効と思います。

 私のイメージでは、適度な大きさ重さの鈎を使用して、しなやかなナイロンハリスを使う。と言うことで鈎はがまかつのドン又は要10号、今年からダイワ大鮎Ⅱ10号もメインに、ハリスはダイワスペクトロン3号をメインに使用してます。

P9301167

 上の写真のものが実際に使用した鼻環と逆さ鈎です。

 鼻環は、オーナーの9.4ミリフックを使用。

 逆さ鈎は、虫ピン3~4号を手曲げして使っています。

 手曲げの良いところは、自分の好きな形に作れると言う点と逆さ鈎をある程度深く打っておいても、ガツンと強烈な当たりの時でも、逆さ鈎が折れることなく適度に伸びて(変形)してハリスへの瞬間の力を分散してくれているのかな?!が良いと思ってます。

 伸びた逆さ鈎は、指で簡単に元に戻せるのがいいと思います。

 今回は、逆さ鈎をガスコンロで焼きを入れて使用してみましたが、ステンの虫ピンそのものがバネ上に仕上がっているため、素人の私がガスコンロでこの虫ピンに焼き入れしても、強度がどれほどか?

疑問もありますが、折れることなく使うことが出来ました。

 逆さ鈎の焼き入れについては、もう少し時間が必要だと思います。

Pa160551  

 大鮎釣りの場合、特に重い鈎を使用している為か、逆さが外れるとオトリのバランスが崩れ良い泳ぎが出来ません。

 オトリを引いていて、オトリがスッと下がるような時は逆さ鈎が外れてしまっていることが多いので先さ鈎のチェックは重要な作業になります。

 逆さ鈎が外れていては、大鮎は掛かりませんので逆さ鈎の打ち方は、ある程度ガッチリ打ってハリスも適度に出した方が良い結果が出ると信じてます。

 単に、ハリスの長さだけを考えるのであれば、チラシの方が尾っぽから長く出せるので有利な筈と考えるのが普通だと思います。しかし、チラシでは掛かり難い場合が存在します。それは、チラシのように鈎2本又は3本と付けていても流れに負けてハリスそのものがオトリとは無関係に流れてしまっていると考えられます。このような場合は、やはりチラシではなく重さをとれる3本又は4本のイカリが威力を発揮すると考えます。

 また、3本イカリでハリスを長く出せばチラシと同じように流れに負けて泳いでしまっている状態も予想できます。このような場合は、3本イカリのハリスの長さを短くセットしたり3本から更に重さのある4本イカリに変えてみる方法が良いと思ってます。

 オトリの前には、錘があって、オトリの後ろには仕掛け鈎があります。養魚から開始する場合は少しアンバランスな状態となりますが、尺鮎を狙う場合はバランスを考えて適度なハリスの長さを調節することによって根掛かり防止と大鮎ヒットの可能性が上がることと思います。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

 

 

|

« 過去に声かけられたこと! | トップページ | 謹賀新年! »

球磨川」カテゴリの記事

コメント

初コメです
大鮎釣りのハリスの長さの開設、よく理解できました。
思わず最後まで読みました。
とても参考になりました。
インスパイアしたいと思います。

私の場合、釣れる鮎はせいぜい26~7センチ止まりですが、ハリス止めはいつも皮うちです。囮の弱りがちがうように思います。そこが違う程度です

投稿: あゆのすけ | 2019年12月15日 (日) 08時37分

あゆのすけさん書き込みありがとうございます。
皮打ちは数釣りではしてますが、大鮎釣りはいかにいかに一発でしとめるかですかね!
インスバイヤありがとうございます。
350グラム以上の大鮎には効果大と思ってます。
逆さ針のフクロの大きさが大事ですね!

投稿: 尺鮎対決! | 2019年12月16日 (月) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去に声かけられたこと! | トップページ | 謹賀新年! »