富士川

2019年12月10日 (火)

過去に出会った変わった釣り人 その2

 10年以上昔のことになりますが、富士川で変わった釣りをしている2人組の釣り師に出会ったことがあります。
この時は、富士川へ2日連続で行ったある日のこと、その2日間とも同じ場所で竿を出していた2人組の釣り人に遭遇しました。
 同じポイントに今日もいるな・・・と思いながら川の様子を見て歩き、私は下流へと移動し午後からまたこの場所に戻って来てみると、その2人組の釣り人は午前中と殆ど変わらず、同じところにいました。
 
 鯉釣りでもしているのかな?
と思いながら2人の釣りを観察していると、竿は9メートル程の鮎竿を竿立てに置いて、釣り糸の先にはオトリ鮎がついているように見えました。
2人は座っておりました。
うなぎ釣りか?
毛バリつりか?
 
 富士川2日目の午後、下流から移動して来て2人組がいたところに入ろうと思って来てみると2人は慌てふためいて、
来た来た!!
尺鮎が来た!
竿が折れた。
と言って興奮しておりました。
 
 どうしたんですか?
私は2人組に声を掛けてみると、今・・・ほんの今、尺鮎が掛かりましたが、寄ってこないものだから竿を少し煽ったら竿が折れてしまった。
と2人組の1人は興奮して話してくれました。
 
Photo_20191209172701
 昨日もここに来てましたよね?
 と私が聞くと
 ハイと応えました。
その2人組の釣り人は千曲川をホームにしており、千曲川から富士川の大鮎を釣りにに来たと話してくれました。
 2人組の1人がボスのようで、そのボスは、千曲川では尺鮎を何匹も釣り上げておりネット等を使って公開していないので、私を知る人は少ないものの千曲川での大鮎は、私が1番だと話しておりました。
 
 その釣りスタイルは、鮎の友釣りではありましたが、オトリをあっちこっちに移動させる訳でもなく、またその釣り人が曳き舟を曳いて移動することもなく、ただただひたすら置き竿にしたような形で座りこんでの釣り方でした。
 ちょうど私がその釣り師の方のポイントに到着したのは、その方が既に鮎竿を折られてしまった後だったようで、その方はお連れさんと2人で富士川に来ておられましたが、もう何日も富士川に通いポイントにオトリを置いて、今さっきやっと尺鮎が掛かったのだけど、余りにも強い引きで、竿を堪えることが出来ず、掛かった鮎が岸辺に寄って来ないために強く竿を煽った結果、竿の3〜4番辺りから折れて行ってしまったと言うものでした。
 折られた釣り人は、千曲川の尺鮎は何匹も吊り上げているけど、富士川の尺鮎の引きは半端ないと言ってました。
 私は、その現場を目撃した訳ではないので本当に尺鮎が掛かって竿が折れてしまったのかは分かりませんが、私も以前にオトリをヘチに泳がせた状態で置き竿とし、ちょっと上流に置いた曳き舟を取りに行っている間に、鮎が掛かり竿がグタグタに破壊された苦い思い出もあったので、あらがち嘘でも作り話しでもない事は想像出来ました。
 この2人組が私に教えてくれたことは、尺鮎は尺鮎が移動する道があると言うものでした。
の気配を消して大鮎の通り道に錘を付けたオトリを泳がせてジッと待っていると、予想を遥かに超えた大鮎に巡り会える事が出来ると言う釣法でした。
 
 当時、2人組は70歳前後の年齢だったと思います。
 
 もうちょっとお爺ちゃんになったら私も置き竿による尺鮎釣りに挑戦してみようと思います。

 

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

過去に出会った変わった釣りをしてた人-その1

 変わった釣り方をする人と出会った話し Ⅰ

 25年程昔、私が富士川で出会った釣り人のお話ですが、広々とした富士川で私が尺鮎狙いで9.5メートルの竿を使い中々届かない深場を胸まで遣って攻めていると、上流から凄い太い竿を担いで近寄って来た釣り人がいました。
 下に入らさせて貰っていい⁇
と声をかけられ、私は内心、もっと向こうでやれよ!とは思いましたが、そんな悪そうな人にも見えないので、いいですよ!
と応えました。
 その太い竿を担いで来た釣り人は、私よりも約20メートルくらい下流に立ち膝くらいまで立ち込み、竿を右足の太腿辺りに置いて、水中糸には浮くような物が目印上に多数付いており、水中糸は竿から5~10メートルほど長く、更に竿は私の9.5メートルの倍程の長さに見えましたが、おそらく13メートル竿だったと思います。
Ike_
 この前はいい鮎が釣れたんだけどね!
 今日は少し小さいね!とか言って泳がせ釣りで大鮎を釣っていました。
 手尻が5~10メートルそれ以上あったかな?
 目印にラインが浮く素材を使用しており、長い手尻糸でも絡まることなくオトリを下流から私の目の前辺りまで泳がせて来てました。
 
  12~13メートルであると思うけど、15メートル程に見えました。
 元竿の太かったこと!!
 ビックリするような孟宗竿でした。
 私も真似して手尻を5メートルほど出してやってみたことがありますが、06ナイロン通しでも上手くやらないと絡まってしまったとりと中々大変でした。
 年齢は、当時60歳くらだったような!?
 この釣り人との出会いは、この時だけでこれ以降にこの釣り人と出会うことも同じような釣りスタイルで釣っている人とも出会うことはありませんでした。
 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村

無断転載禁止

Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

 

| | コメント (5)

2015年3月 2日 (月)

この先不安だらけ? 漁協とオトリ店との関係

 2015年、渓流が始まりましたね!! テレビのニュースで桂川猿橋上流での釣り風景が放送されてました。

 

  尺物も上がっていたように見えましたよ。

 

 

 

 この時期は、急いで渓流釣りには走らない私ですが山梨の各河川はこの頃から気になるところです。

 特に、昨年久し振りに釣行しました富士川身延管内でしたが残念ながらボーズと言う結果に、しかしながら富士川の様子が多少なりとも良くなって来ているように感じました。 

 

 

 

 富士川身延町と言えば、ノリピーこと酒井法子さんの薬物事件が記憶に新しく、身延町に潜伏しているとの情報から富士川に掛かる身延橋付近がテレビ放映され鮎釣り以外でも一時は注目された山梨県身延町です。

 

 この身延町で大鮎の里として看板を掲げて元気に頑張っておられる芦澤夫妻の経営する芦澤オトリ店の存在を忘れる訳には行きません。

 

 

 

 芦澤オトリさんから発せられる富士川の情報は、富士川から遥か離れた関東方面でも、明日は富士川へ鮎釣りに行くべきか他河川に変更した方が良いのかを的確に教えて貰える頼り甲斐のあるオトリ店です。

 

 

 

 今年も富士川の一匹の大物を目指すために年券を購入しようと久し振りに芦澤オトリ店さんのホームページにアクセスして見たところ、他のブログでも既に紹介されているように芦澤オトリ店さん掲示板に次のような書き込みがなされておりました。 

 

 

 

   **********  お知らせ  ********
前略
私は、オトリ店をはじめて、30年余りになります、店のお客様は富士川の広々とした急流で大鮎を一匹でもいいから釣りたいと言う方がほとんどです、私は遠方からガソリン代・高速代を使ってまで来て下さる釣り人に、楽しい釣りをしていただき日頃のストレス解消してほしいと願って、河川の水色、苔付の状況、今日の釣果などインターネット情報を発信し日々努力をしてまいりました--------。
さて、3月1日からヤマメの解禁が始まりますがオトリ店の更新が出来なくなりました大変困っております、不本意でありますが、27年度の、日券・年券・オトリの販売が出来ません、釣り人の皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願いします。
釣り人の皆様には長い間、ご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 詳しい理由は記されておりませんが、「不本意ではありますが ・・ 」

 

との書き込みから芦澤さんの意とするものとは別に、何らかの問題が発生し今年は、オトリすら販売することが出来なく

なってしまったようです。

 

 富士川漁協をWeb検索し、出て来たサイトから情報を見ても富士川漁協マップとオトリ販売所の名前と電話番号が辛うじて表示されるだけで、その他の情報は何も出て来ません。

 

 富士川漁協から芦澤オトリ店へのリンクはあるものの、その他のオトリ店へのリンクは無く今後は、組合あるいは各オトリン店に対し直接電話による問い合わせをすれば良いのか??

 

 不安がいっぱいです。

 

 

 

 富士川(静岡県側)では、松野オトリ店さんのHPやブログから大よその富士川の状況が分かりますが、芦澤オトリ店さんの情報が今後は入らないとなると、富士川の釣果報告が分からなくて釣り人にとってはとても不便となります。

 

 

 

 また、富士川のように広い河川では芦澤オトリ店さんに集う釣り人のように釣り場や状況を良く把握した腕の立つ釣り人が多く、富士川が現在危険な状況なのか、それとも安全な状況なのか ・・

 また、富士川を切る場合に昨年の長良川で発生してしまった悲しい水難事故が起きる前に、ベテランの釣り師からここは危険ですよ!! 

 

とか、川を切るならここの肩から切れば安全ですよ!!

 

 と言う安全講習会的な情報も詳しく教えて貰えることから現在まで富士川身延町の鮎釣りにおいて大きな事故もなくやって来られたのではないのかと思います。

 

 正に、オトリ屋さんと釣り人との深い信頼関係から来る素晴らしい情報交換があったからこそだと私は思っております。

 

 

 

 特に、富士川身延町の場合、その河川敷は広く駐車場からポイントまでかなりの距離を歩くところもあってまた、ポイントによっては一般の車道からは見えないところも存在し、釣り人同氏がお互いに声を掛けあって注意を促しあってこそ安全な釣りが可能となります。

 

 

 

 また釣り人同氏が注意し合うことにより車上荒らしにも合う事なく安心して大鮎を釣り上げることが出来るようになるには漁協の涙ぐましい努力があったからこそですが、そんな涙ぐましい漁協を心から応援して来たオトリ店の存在と、そのオトリ店を信頼し集まって来た釣り人との絆があったからこそ、ここ数年不調の富士川身延町でも釣り人は大鮎への想いを胸に富士川の大鮎と出会う為に、不調の富士川を見捨てる事なく、今年も竿を出せるかどうか分からない時季に、毎年、毎年、年券を購入して来た釣り人は多いと思います。

 

 

 

 2015年の芦沢オトリ店さんから発せられた情報はとても残念な内容でした。

 

 

 

 天候不順により漁協でもオトリ店でも単に努力だけではどうにもならない厳しい状況の年が続きましたが、ここに来て漁協とオトリ店が分裂することなく、地域のチームワークの良さを取戻してどうか乗り切って欲しいと願うばかりです。

 

最後にポチリ!とお応援クリックお願いします

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村

無断転載禁止Copyright©2015 Ikejima All Rights Reserved.

 

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

富士川釣行 in 身延

 ここ数年良い話のない富士川ですが、減水が進み水も綺麗に澄んで29cmの鮎も出ているとの情報から、台風18号の影響を受ける前に球磨川の釣果報告等も兼ねて、長さんと富士川身延の芦沢オトリ店さん待ち合わせをすることに。!

 

 

 

Pa040457


 お店の前の瀬が良いとのことなので、1日ここで辛抱しましたが午前中も午後からも、ピクリとも反応の無いまま私は、午後4時半に上がって帰途につきました。

 

 

 

Pa040456


 釣り人は、私と長さんの他にM田さんも参加、後に尺遊会のM本さんも午後から参加されましたが、M本さんは身延の堰下に入られました。

 

 

 

 この他、静岡から来られた若者1名芦澤オトリ店前に入られておりましたが皆さん大苦戦です。

 

 

 

Pa040460


 条件的には、晴れ薄曇りの中、風も弱く日中は日射しが有って汗ばむ陽気で、水温もさほど冷たくもなく川を切る事も出来て如何にも釣れそうな感じだったのですが ・・・

 

 

 

 私が帰った後の午後5時頃になって長さんが待望の1尾25cm程の鮎を掛けたとの情報を頂きました。

 

 

 

 今年の富士川身延は、漁協の鮎放流に失敗し多くが死滅したようです。

 

原因は、酸素濃度の調整ミス。

 

 

 

 従って、今年身延で釣れている鮎の殆どが駿河湾から遡上して来た天然鮎とのことです。

 

 

 

 富士川の天然鮎は、神経質で中々掛かりません。

 

その神経質な鮎が、また薄いと来ているので更に掛からない。

 

 

 

 身延堰下に入られた尺遊会のM本さんは、立派な28.0cm220グラム超えの鮎を頭に3本持ってこられたようです。

 

 

 

 台風の影響が少なければ、堰下であればまだまだ行けそうな様子ですがどうなることでしょうか?

 

 

 

 相模川でも、高田橋から下流で30尾超えの釣果もあったようです。

 

これからは天然遡上のある河川が楽しみですが、台風18号の影響が

 

気になるところです。 

 

最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ

      にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

行くか行けるか分かりませんが富士川仕掛けを作成!

 知らなかったのは私だけだったのかもしれませんが富士川の静岡県側で尺鮎が釣れたとの情報で盛り上がっているのは私だけではないと思います。

 既にこの連休中に富士川は大物目当てに釣り人が入っているものと思いますが私も黙って見ている訳に行かず、年券を購入した富士川身延にも今年はまだ一度も行っておりません。

 

 

 

 そんな訳で、この連休中は仕事で自由は効きませんが富士川用の仕掛け作りをしてます。 

 

 休みになったらボーズ覚悟で一度は富士川へ行ってみようと思ってます。

 

 

 

 最後は、釣れても釣れなくてもいいんだよね~ ・ ・ 納得出来れば素直に納竿と致します。

 

最後にポチリ!とお応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ   にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  にほんブログ村 釣りブログへ
         にほんブログ村

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月16日 (木)

プチ遠征?

2012815sagami

 

15日の相模川上大島で釣り上げた鮎が上の写真です。

 

午前10時過ぎに上大島に行ってみましたが、凄い釣り人の数でした。

 

森ちゃんの下のトロ場に入れてもらいましたが、森ちゃんの釣った後は釣れない。

 

悔しい想いから、16日も相模川に行こうと思っておりましたが、朝0500起床してみると昨日メールを来れた板さんの内容が気になる。

 

「富士川売店下は さらばで竿ヌケ ・・・・・・・・・・」

 

と言うことから久し振りに富士川身延地区に行って来ました。

 

実に3年ぶりの富士川です。

 

ここ数年富士川は、減水することが無く竿を出せない日々が続きました。

 

久し振りに減水した富士川は、やはりデカイ石が特徴です。

 

2012816_01

 

瀬から落ちた深トロも釣れそうです。

 

2012816_05

 

こちらは、肩の写真ですが、間違いなく一匹は釣れてくる一級ポイントです。

 

2012816_02

 

橋下の瀬です。

 

相模川だったら間違いなく三連発以上の入れ掛かりになる瀬です。

 

しかし富士川は、全く釣れませんでした。

 

釣り人数人の中に、一匹釣りあげた人が二人居ました。

 

凄いラッキーな人です。

 

私も、一匹来たように思いましたが1.0号のハリスが瞬断しました。

 

鮎であれば間違いなく26センチ以上のものだと思いますが現在の富士川の状況を見ると砂が常時上流から下流へ流れている状況で魚が呼吸するにしても、目を開けているにしても邪魔になるような砂です。

 

また、石の肌はがさがさで虫が石の表面を覆ってしまい鮎が石に着いて垢をハムことが出来る状態には見えません。

 

更に、鮎のアミ跡が全く確認出来ない状況でした。

 

上から見ると石が黒いように見えますが、手で触って見るとガサガサでした。

 

芦沢さんの言うには、後10日頃には鮎の食める垢が着き出すとのことですがそうあって欲しいと願うばかりです。

 

河原の状況の悪い時は、何処の河原も良くないですね!

 

平成21年に釣りあげられた沢山の尺鮎の魚拓が飾ってありましたがこの平成21年は、相模川でも尺鮎フィーバーで沢山の尺鮎が釣れた年でした。

 

九州球磨川でも沢山の尺鮎が釣れてました。

 

今年は、ダメダメな様相です。

 

さて、今後改善されるか注目な河川ではあります。

 

 

 

 

 

2013年1月2日より日本ブログ村に入村致しました。

アクセスランキングにも登録しております。

訪問者様の応援をお願いします。

下記アイコンをクリックしてからご退場下さい。

 

  ↓↓↓  

にほんブログ村 釣りブログ 大鮎釣りへ
にほんブログ村

応援宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)